調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ニュースアプリ

「ニュースアプリ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2020年7月8日ジャストシステム★フィードバック数:0ライフスタイル

約半数が「推し活」を認知。10代の4割近くが「推し活中」

約半数が「推し活」を認知。10代の4割近くが「推し活中」 推し活と消費に関する実態調査約半数が「推し活」を認知。10代の4割近くが「推し活中」「推し活グッズ」を購入する際に約6割が「推しカラー」を意識調査結果サマリー好きなアイドルやアニメキャラクターなどを「推し」と呼び、「推し」を応援する活動を「推し活」と言います。事前調査における「推し活」の認知度は48.3%でした※1。また、実際に今、「推し活をしている」人は20.7%で、年代別に見てみると、10代(37.7%)、20代(26.3%)、30代

2019年5月8日NTTレゾナントフィードバック数:0モバイル

スマホ・タブレットにおける「ニュース閲覧」に関する調査

スマホ・タブレットにおける「ニュース閲覧」に関する調査 政治、国際、科学、経済のニュースは過半数以上が読むべきと考えているが読んでいないという結果に スマホ・タブレットにおける「ニュース閲覧」に関する調査 政治、国際、科学、経済のニュースは過半数以上が読むべきと考えているが読んでいないという結果に お知らせ2019年4月23日NTTレゾナント株式会社スマホ・タブレットにおける「ニュース閲覧」に関する調査政治、国際、科学、経済のニュースは過半数以上が読むべきと考えているが読んでいないという結果に

2019年3月29日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

「Vチューバー」を、10代の約7割が認知

動画&動画広告 月次定点調査(2019年2月度)「Vチューバー」を、10代の約7割が認知10代の約3割に、「ライブ・ビューイング」の経験あり調査結果サマリー「Vチューバー」を、10代の約7割が認知 CG(コンピュータグラフィック)などで制作した架空のキャラクターを使ってYouTubeに動画配信や投稿を行っている「Vチューバー」(Virtual YouTuber)について、「知っている」人は37.0%でした。若年層ほど認知率が高く、10代は67.9%、20代は50.0%の人が認知していました。※「

2018年11月12日アクトインディ★フィードバック数:0マーケティング

新聞に関するアンケート

子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!3分の2、新聞購読せず 「ニュースアプリで充分」、「お金がかかる」から ~新聞週間を前に全国の子育て層に調査~アクトインディ株式会社(本社:東京都品川区 代表:下元敬道)が企画運営する、国内最大級の子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」( https://iko-yo.net )は、10月15日からの「新聞週間」を前に12歳以下の子どもを持つ全国の保護者366名を対象にした「新聞に関するアンケート」を実施しました。【総括】

2018年6月18日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

人気のダイエット方法は、1位「食べ順」、2位「糖質制限」

人気のダイエット方法は、1位「食べ順」、2位「糖質制限」 シニア世代が最も効果を感じているダイエットは「糖質制限」人気のダイエット方法は、1位「食べ順」、2位「糖質制限」最もつらかったダイエットは「運動・筋トレ系」調査結果サマリーシニア世代が最も効果を感じているダイエットは「糖質制限」最も効果を感じたダイエット方法は「ジョギング等有酸素運動系ダイエット」(12.9%)、次いで「糖質制限(または炭水化物抜き)ダイエット」(12.0%)でした。年代別にみると10代では「筋トレ系ダイエット」(21.3

2016年5月17日ジャストシステム★フィードバック数:0社会/政治

18、19歳の1,000名に聞いた!選挙に関する実態調査

18、19歳の1,000名に聞いた!選挙に関する実態調査 6割以上が「次の選挙に行こうと思う」18、19歳の1,000名に聞いた!選挙に関する実態調査約半数が「消費増税」に反対。賛成は2割調査結果サマリー6割以上が「次の選挙に行こうと思う」18、19歳のうち、今夏に予定されている参議院選挙に「必ず行こうと思っている」人は26.9%、「行けたら行こうと思っている」人は33.3%でした。合計すると60.2%の人が選挙に行きたいと考えていることがわかりました。男女ともに「消費増税」に最も興味。女性は「

2015年10月15日MMDLaboフィードバック数:0ビジネス

アプリとブラウザの利用実態調査

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 トップページ調査データPCブラウザ、スマートフォンアプリは男性、スマートフォンブラウザは女性の利用が多い傾向PCブラウザ、スマートフォンアプリは男性、スマートフォンブラウザは女性の利用が多い傾向 MMD研究所は、20~59歳のスマートフォンを所有する男女892人を対象に「アプリとブラウザの利用実態調査」を実施致しました。この調査では、下記のWeb

2015年7月29日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

オウンドメディア活用に関するアンケート調査

マーケッターに聞く!オウンドメディア活用実態調査2015 オウンドメディアの認知度は約4割。所有率は約1割マーケッターに聞く!オウンドメディア活用実態調査2015課題は「コンテンツの継続性」と「集客・リーチ調査結果サマリーオウンドメディアの認知度は約4割。所有率は約1割オウンドメディアについて、「知っており、既に所有している」人は13.3%、「知っており、以前は所有していたが、今はしていない」人は6.3%、「知っており、所有はしていないが、所有したいと思っている」人は5.5%、「知っており、所有

2015年4月8日マッチアラームフィードバック数:0マーケティング

ニュースアプリ、1番人気は「Yahoo!ニュース」と判明。2位以下は男女で異なる結果に

[マッチアラーム株式会社] ,調査 恋愛 ニュース Yahoo! マッチング 婚活 Facebook LINE 恋活 アプリ

2015年3月4日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

レシートに関する調査

レシートクーポンは、クロスセルに繋がるか? 約6割が、レシートクーポン経由で、商品認知した経験ありレシートクーポンは、クロスセルに繋がるか?半数以上が、「レシートクーポンは他店に行く動機になる」調査結果サマリークロスセルに効果的。半数以上が、「レシートクーポンは他店に行く動機になる」レシートに別業種の他店の商品クーポンが付いていた場合、「商品・サービスを購入するか分からないが、他店へ行った経験がある」人は12.7%、「商品・サービスを購入するか分からないが、他店へ行く動機にはなる」人は45.7%

2014年12月21日東洋経済新報社フィードバック数:0モバイル

最新版!「スマホアプリ」人気ランキング スマニューが米市場でニュースアプリ首位に

最新版!「スマホアプリ」人気ランキングスマニューが米市場でニュースアプリ首位に スマホで流行っているアプリ、どれだけ知っていますか?(写真:naka / Imasia) 「アップ・エコノミー」は、iOSやAndroidの上で提供されるアプリが生み出した新たなビジネス領域を指すバズワード。スマホのアプリとデータセンターに置かれたサーバーを通信させることにより、さまざまなサービスを実現する、というものだ。「WhatsApp」「LINE」などのコミュニケーションアプリ、タクシー配車の「Uber」、

2014年11月26日ニールセン★フィードバック数:0マーケティング

スマホでのニュース利用についてのデータです。

ニュース・キュレーションアプリ TOP3は年初からの利用者が2倍以上に増加

2014/11/26 [データ] ニュース・キュレーションアプリ TOP3は年初からの利用者が2倍以上に増加「ニュースと情報」サービスのスマートフォンからの利用者は、今年6月にPCの利用者を逆転し10月の時点で3,900万人にニュース・キュレーションアプリのSmartNewsとグノシーは年初からの利用者が2倍以上に増加-「ニュースと情報」サービスのスマートフォンからの利用者は、今年6月にPCの利用者を逆転し10月の時点で3,900万人に- ニュース・キュレーションアプリのSmartNewsと

2014年9月26日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

ニュースキュレーションアプリに関するアンケート

1年後も使ってそうな新興系ニュースキュレーションアプリはどれ? 印象に残ったニュースキュレーションアプリのCM1位は「Gunosy」、2位が「SmartNews」1年後も使ってそうな新興系ニュースキュレーションアプリはどれ?最も閲覧しやすく、デザインもよいのは「SmartNews」調査結果サマリー6割以上が、1年後も使ってそうなニュースキュレーションアプリは「SmartNews」「Gunosy」「Antenna」「SmartNews」について、それぞれの利用者に1年後もそのニュースキュレーション

ニュースアプリの利用者は1割弱、各サービスの利用者も調査

ニュースを仕入れる際、ユーザーはどのような手段を使っているのだろうか? 新聞や TV などはもちろん、最近では自分の興味があるニュースだけをピックアップしまとめてくれるニュースの「キュレーションサービス」を使う人も増えているようだ。インターネットコムと NTT コム リサーチでは「ニュースアプリ」に関する調査を行ってみた。調査対象は、全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,085人。男女比は男性53.6%、女性46.4%。年代比は10代13.7%、20代15.7%、30代21.4%、4

2014年4月21日Gunosy★フィードバック数:0ビジネス

Gunosyの調査です。

ビジネスパーソン600人に聞いた雑談力に関する実態調査

[株式会社Gunosy] ,ビジネスパーソン ビジネススキル 情報収集 スマートフォン ニュースアプリ 雑談力

2014年3月26日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

マーケティングトレンドに関する調査(後編)

マーケッターが最も利用するニュースアプリは「日本経済新聞電子版」 マーケッターが最も利用するニュースアプリは「日本経済新聞電子版」マーケッターが最も利用するニュースアプリは「日本経済新聞電子版」マーケッターの約4 割は、動画プロモーションに興味あり調査結果サマリーマーケッターから最も支持が高いニュースアプリは「日本経済新聞電子版」セルフ型ネットリサーチのFastaskにおいて、37.4%のマーケッターが「ニュースアプリを利用」し、マーケッターに最も多く利用されているニュースアプリは「日本経済新聞

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

特集データ

新着データ

お知らせ