調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ネイティブ

「ネイティブ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

「英語のスピーキングに関する実態と意識」調査結果を発表

IIBC「英語のスピーキングに関する実態と意識」調査結果を発表ビジネスパーソン、英語で話すことが「好き」85%、「苦手」52% 5割以上が、4技能のうちスピーキングが一番難しいと回答6割以上は、一番伸ばしたい技能をスピーキングと回答 日本でTOEIC Programを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)(所在地:東京都千代田区永田町、理事長:室伏貴之)は、「英語のスピーキングに関する実態と意識」について、学習方法は問わず、現在英語学習をしている全国の20代~50代のビジ

スマホ・ネイティブの新行動 「情報引き寄せ」―「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」を実施

スマホ・ネイティブの新行動 「情報引き寄せ」―「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」を実施 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ株式会社博報堂D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社2018年7月10日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズのメディア環境研究所、株式会社博報堂の買物研究所、およびD.A.コンソーシアムホールディングス株式会社の広告技術研究室は、近年、コミュニケーションだけでなく動画などのエンターテインメント、さらには買い物の場として、目覚ましくその役割を広げる「

デジタル広告業界関係者への業界動向に関するアンケート調査

◆ アドテクノロジーの定義に含まれるサービス、最も多く認識されているのは、DSPとDMP◆ 認識している“動画広告元年”、最も多いのは2014年◆ 2015年のスマートフォン広告市場の主なトレンドは、“ターゲティング広告配信技術の進化”、“広告主層の拡大”、“クロスチャネルトラッキングと最適化配信”◆ ネイティブ広告に対して感じている“新しさ”は一部、従来手法という認識が大勢を占める 株式会社シード・プランニングのデジタル領域専門の市場・サービス評価機関、デジタルインファクト(本社:東京都文京

子どもでもスマホが拡大、デジタル・ネイティブを持つ親の心得は?

子どもでもスマホが拡大、デジタル・ネイティブを持つ親の心得は? | ニッセイ基礎研究所 子どもでもスマホが拡大、デジタル・ネイティブを持つ親の心得は? 生活研究部 主任研究員 久我 尚子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 携帯電話の売上げはボーナス時期と3月に伸びる1。3月の伸びは子どもの進学・進級にあわせて親が買い与えるケースが多く、この時期、携帯電話会社は学割

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お知らせ