調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ネットリサーチ

「ネットリサーチ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年11月16日高橋産業フィードバック数:0大型消費/投資

スカーフ所有の女性400人にアンケートを実施  75%以上の人がスカーフを更に有効活用したいと回答

スカーフ所有の女性400人にアンケートを実施 75%以上の人... スカーフ所有の女性400人にアンケートを実施75%以上の人がスカーフを更に有効活用したいと回答1928年創業、自社工房も持つ額縁のタカハシ(高橋産業株式会社)【本社所在地:長野県長野市、代表取締役:高橋 淳】は、スカーフの利用について自社調査を実施しました。<額縁のタカハシホームページ>■75%以上が「有効活用したい」ネットリサーチ(Q.あなたはスカーフを更に有効活用したいと思いますか?)額縁のタカハシは、自社の技術を活か

2020年6月4日テスティーラボフィードバック数:0ライフスタイル

メンズコスメ・スキンケアに関する調査

株式会社TesTee(テスティー)が運営する若年層(10代、20代)を調査するアンケートメディアメンズコスメ・スキンケアに関する調査 2020/05/22 2020/05/25Lab名、20代男性564名)を対象に「メンズコスメ・スキンケア」に関する調査を実施しました。肌の悩みの有無やその悩みがなにか、スキンケアの頻度、メンズコスメの認知率や利用率などに関する調査結果を御覧ください!また、この調査データをできるようになっておりますので、ご興味のある方は是非ダウンロードしてみてください! まずは、

2020年1月20日テスティーラボフィードバック数:0ライフスタイル

【2020年】中学生・高校生のお小遣い事情に関する調査

株式会社TesTee(テスティー)が運営する若年層(10代、20代)を調査するアンケートメディア【2020年】中学生・高校生のお小遣い事情に関する調査 2020/01/14 2021/01/29Lab中高生のお小遣いの使いみちや、高校生のアルバイトに関する調査の結果をご覧ください!また、この調査データをできるようになっておりますので、ご興味のある方は是非ダウンロードしてみてください!お小遣いに関する基本調査【中学生・高校生対象】まずは、お小遣いに関する基本調査を行いました。中学生・高校生の男女6

オンライン消費に関する調査

無料調査レポート クロス・マーケティングで実施した調査レポートを無料で提供しております。 ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。 カテゴリやタグから調査のテーマや内容別に検索することも可能です。 オンライン消費に関する調査 2018 / 05 / 15 インターネットやスマートフォンの普及により、ネットショッピングなどオンライン上での商品購入者が増加しています。オンライン上で購入する商品と店舗などリアルで購入する

食意識に関するアンケート

食意識に関するアンケート2017 / 09 / 25株式会社クロス・マーケティング 食事に気遣う人は「栄養バランス」を最も意識食の制限に対する悩みの対応方法は、雑誌・ネットで情報取得する人が約4割で最多 -食意識に関するアンケート- 株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、全国47都道府県に在住する20歳~59歳の男女を対象に「食意識に関するアンケート」を実施しました。調査結果 (一部抜粋) 普段の食生活に気を遣っている人800人に、どのような

2017年7月13日マクロミル★フィードバック数:0大型消費/投資

働く大人の夏休み事情(2017年版)

HoNote(ホノテ)とは、消費者のHonto(本当)やHonne(ホンネ)がわかるNote(ノート)です。 市場調査レポートや、調査ノウハウ、マーケティングに役立つポイントなどを掲載。 これから調査を始めたいと考えている方や、マーケティングリサーチの初心者をはじめ、 マーケターや商品開発担当者など、消費者の声や行動をビジネスに役立てる方に向け情報をご紹介しています。運営元 : 株式会社マクロミル運営元の株式会社マクロミルは、ネットリサーチのリーディングカンパニーとして、 これまで6,500社を

2017年2月20日マクロミル★フィードバック数:0社会/政治

防災意識と備えの実態を調査

HoNote(ホノテ)とは、消費者のHonto(本当)やHonne(ホンネ)がわかるNote(ノート)です。 市場調査レポートや、調査ノウハウ、マーケティングに役立つポイントなどを掲載。 これから調査を始めたいと考えている方や、マーケティングリサーチの初心者をはじめ、 マーケターや商品開発担当者など、消費者の声や行動をビジネスに役立てる方に向け情報をご紹介しています。運営元 : 株式会社マクロミル運営元の株式会社マクロミルは、ネットリサーチのリーディングカンパニーとして、 これまで6,500社を

2016年5月18日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム ハム・ベーコン(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ市販のハムを食べる人は9割弱、週1回以上食べる人は4割強で、男性20代で低い比率。食べ方は「サラダ」や、「サンドイッチなどパン類にはさむ」「ハムエッグ」「ハムだけで、生で食べる」などが上位 市販のハムやベーコン購入時の重視点は「価格」「味」に続き、「容量、サイズ」「賞味期限・消費期限」「原材料」「成分、添加物」などが上位。ハムでは「使いきりタイプ、小分けパックかどうか」「メーカー」などを重視する人も多い 市販のベーコンを食べる人は9割弱、週

2016年1月19日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 買い物の仕方(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ「流行しているものや皆が持っているものはついつい買いたくなる方だ」にあてはまる人は2割弱。 「服装や持ち物は、自分らしさが出るものを選ぶ方だ」は5割強。いずれも女性の比率が高い 衝動買い派は3割、男性10代や女性10・20代での比率が高い 「銘柄や品質、性能に納得のいくものしか買わない」「より安く購入できるのであれば苦労を惜しまない」が各4割弱、「信頼できるメーカー・ブランドの商品を選ぶ」「ネットのクチコミを参考にしている」「買い物をすると

2015年9月17日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

ハロウィンに関する意識調査

“オトナ女子だってはじけたい” 「ハロウィンに関する意識調査」 30代女性の半数がイベント参加!その理由は、「非日常感」“オトナ女子だってはじけたい” 「ハロウィンに関する意識調査」イベントに参加する30代女性の7割が、SNSなどで写真をシェア調査結果サマリー30代女性の半数がハロウィンイベントに参加。その理由は、「非日常感」飲食店でのハロウィンメニューやイベント開催中のテーマパークに行くなど、自宅以外の場所でハロウィンを楽しみたいと思う30代女性は50.5%で、20代女性の41.1%、40代女

2015年4月23日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

コンテンツマーケティング実態調査

マーケッターに聞く!コンテンツマーケティング実態調査 コンテンツマーケティング認知率は半数以上。3割以上が興味ありマーケッターに聞く!コンテンツマーケティング実態調査今後、実施したい手法1位は「動画コンテンツ」、2位「リサーチ」調査結果サマリーコンテンツマーケティング認知率は半数以上。3割以上が興味ありコンテンツマーケティングを「知っており、既に実施している」人は11.7%でした。また、「知っており、実施はしていないが、興味はある」人は14.6%、「知っており、実施はしていないが、実施したいと思

2015年2月26日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 恵方巻き(11)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ恵方巻き認知率は95.5%。食べた経験者は認知者の7割強。今年食べる予定・食べた人は認知者の半数強で2010年以降ほぼ同率、近畿は7割強、中国・四国は6割 恵方巻きを食べる予定・食べた人の購入場所は「スーパー」が6割、「コンビニエンスストア」「寿司専門店」「デパート」が各1割。手作りは2割強 恵方巻き購入時のポイントは「価格」「具材」「味」がトップ3。女性40代以上では「具材」を重視する人が最も多い 節分にちなんでしたこと(予定)がある人は

2015年2月26日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 冬の味覚(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ冬の味覚を意識する人は5割強。冬の味覚の楽しみ方では「普段の食事に冬の味覚を取り入れる」の他、「季節行事の行事食を食べる」「素材の味を引き出すような調理法」などが多い 自分にとっての冬の味覚とは、「みかん」「白菜」「牡蛎」「蟹」などが各4〜5割で上位。近畿では「蟹」、中国では「牡蛎」が最も多い 冬の味覚の重視点は「鮮度」が最も多く、「価格」「見た目(彩りなど)」「国産かどうか」「調理の仕方」「食材の産地」「におい」などが続く 冬の味覚にあう

2015年2月19日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル要登録

“男性の美活”に関するアンケート調査

30代男性の美活が熱い!6割がスキンケア、7割がデオドラントケアを実施中“男性の美活”に関するアンケート女性の3人に1人は、男性が化粧ポーチや日焼け止めを使うことに好意的調査結果サマリー30代男性の美活が熱い!6割がスキンケア、7割がデオドラントケアを実施中スキンケア用品を日常的に使っている男性は30代が最も多く(59.0%)、続いて20代(58.0%)、40代(40.0%)でした。また、デオドラントケアをしている男性も30代(76.0%)が最も多く、40代(66.0%)や20代(64.0%)を

2014年12月18日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル要登録

格安スマホ関するアンケート

20代は、1割が夏までに格安スマホを「購入予定」 、2割が「購入検討中」格安スマホに関するアンケート格安スマホの月額利用料金は、半数が「安いが、格安というほどではない」調査結果サマリー20代は、1割が夏までに格安スマホを「購入予定」、2割が「購入検討中」格安スマホについて、20代の9.6%が「2015年夏までに購入予定(乗り換えや買い増しを含む)」、18.4%が「時期は未定だが、購入を検討中」と回答しました。20代は28.0%と3割近くが購入意向を持っていることがわかりました。格安スマホの月額利

2014年10月28日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 秋の味覚(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ秋を感じる時期は「9月中旬」「9月下旬」「10月上旬」がボリュームゾーン。地域によって異なる 秋の味覚といえば「秋刀魚」「栗」「梨」「マツタケ」「新米」「ぶどう」などが上位。「栗」「さつまいも」は、女性で多い 秋の味覚を味わうときの重視点は「鮮度」「見た目(彩りなど)」「価格」「におい」などが上位 秋の味覚にあうと思うお酒は「日本酒」「ビール類」「焼酎」「ワイン」の順で多い 【調査対象】 「MyVoice」のアンケートモニター【調

2014年4月10日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2014年3月度)

投稿写真を“消せる”「次世代SNS」の認知度1位は、「Yahoo!コミュカメラ」 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2014年3月度)投稿写真を“消せる”「次世代SNS」の認知度1位は、「Yahoo!コミュカメラ」ニュースキュレーションアプリの広告は、「あまり配信してほしくない」調査結果サマリーニュースキュレーションアプリの利用継続率は、「SmartNews」が1位さまざまなニュース媒体の記事から選別した記事のみを配信するニュースキュレーションアプリの利用率では、「SmartNews」「

2013年10月24日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル要登録

シャンプーとリンスを同時に使い切れる人はわずか7.1%

シャンプーとリンスを同時に使い切れる人はわずか7.1% シャンプー1回あたりの平均使用量、男性は1プッシュ、女性は2プッシュシャンプーとリンスを同時に使い切れる人はわずか7.1%4 人に1 人は詰め替え用ボトルに他ブランドのシャンプーを入れて使用調査結果サマリー半数以上の人はシャンプーを先に使い切り、リンスが余ってしまうセルフ型ネットリサーチ「Fastask」にて、シャンプーとリンスの使用状況について聞いたところ、「シャンプーを先に使い切ってしまう」と答えた人が51.0 %と半数以上となりました

2013年6月19日ジャストシステムフィードバック数:3ライフスタイル要登録

コンビニのカウンターフーズに関する調査

3人に1人が、買うつもりがなかったのに、レジで並んでいる間につい買いたくなるコンビニのカウンターフーズに関する調査約4割がカウンターフーズを「夕食のおかず」として購入したことがあると回答調査結果サマリー買うつもりのないカウンターフーズを、3人に1人がレジ待ち中につい買いたくなるセルフ型ネットリサーチ「Fastask」にて、購入する予定がなかったカウンターフーズを衝動買いしたことがある人に、きっかけを聞いたところ、「レジに並んでいて目に入った」からをよくある理由として挙げる人が29.8 %いました

2013年4月25日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム ハム・ベーコン

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ市販のハムを食べる人は9割強、「週2〜3回」「週1回」「月に2〜3回」食べる人が各2割前後。週1回以上食べる人は4割強。食べ方は「サラダ」「サンドイッチなど、パン類にはさむ」が上位2位、「ハムエッグ」「ハムだけで、生で食べる」なども多い 市販のベーコンを食べる人は9割弱、「月に2〜3回」「月に1回未満」が各2〜3割。週1回以上食べる人は3割弱。「ベーコンエッグ」「炒める、炒め物にいれる」上位2位、「スープ類に入れる」「パスタ、グラタン、ピザ

2013年4月3日ジャストシステムフィードバック数:14マーケティング要登録

Webサービスの月額課金に関する調査

3割の利用者は「解約したいのに、まだ解約できていないサービスがある」Webサービスの月額課金に関する調査16.0%の利用者は「500円以上」のサービスでも、新規加入に抵抗はない調査結果サマリー4人に1人は、「月に一度も利用しない」のに、契約を継続中セルフ型ネットリサーチ「Fastask」にて調査を行ったところ、パソコン、スマートフォン、携帯電話を使って閲覧・利用する月額課金サービスの契約の有無について聞いたところ、44.8 %の人が何らかのサービスを契約中であることが分かりました。しかし、そのう

2013年1月10日ジャストシステムフィードバック数:7マーケティング要登録

「若者の○○離れ」に関する調査

若者の○○離れは本当か?20代の男女800名に緊急調査「若者の○○離れ」に関する調査「自動車」「新聞」「テレビ」「雑誌」「読書(活字)」 「生命保険」「お酒」の利用実態が明らかに調査結果サマリー自動車・・・所有率は33.1%。所有しない理由は、「他の移動手段で十分」(45.6%)セルフ型ネットリサーチ「Fastask」にて、所有率は全体で33.1%でしたが、地域別でみると東京は26.5%、大阪は39.8%と大きな差が出ました。所有していない人に理由を聞いたところ(複数回答)、最も多い理由は「他の

2012年12月7日ジャストシステムフィードバック数:13デジタル家電要登録

シニア世代のタッチパネル操作に関する調査

シニア世代のタッチパネル操作に関する調査 スマ-トフォンやタブレットPCのタッチパネルは本当にシニアにやさしいのか?シニア世代のタッチパネル操作に関する調査タッチパネル特有の操作は6割以上が認知し、3割以上が正しく操作できるが、 75.9%の人が「パソコンの方が使いやすい」調査結果サマリー操作しやすいのは「スマートフォン」より、「携帯電話」(42.7%)セルフ型ネットリサーチ「Fastask」にて、携帯電話(フィーチャーフォン)とスマートフォンのどちらが操作しやすいかを聞いたところ、「携帯電話の

2012年9月7日ジャストシステムフィードバック数:7モバイル

“スマホ依存”に関する実態調査

「スマホが手放せない」「忘れたら取りに戻る」「着信の勘違いがよくある」“スマホ依存”に関する実態調査約4割が「食事の時に手元に置く」「朝起きて洗顔よりもまずスマホ起動」調査結果サマリーもはや生活習慣となった「食べながら」などの“ながらスマホ”セルフ型ネットリサーチ「Fastask」にて、スマートフォンがどれだけ手放せないものとなっているかを生活シーン別に調べたところ、「歩いているときにスマホを手に持っている」人が28.5%、「食事のときに手元に置いている」人が41.5%、「トイレの個室に入ってい

2012年8月30日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 夏の味覚(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ夏の味覚を味わう際の重視点は「鮮度」が1位、「見た目(彩りなど)」「価格」が続く 夏の味覚といえば「スイカ」が最も多い。その他「トマト」「トウモロコシ」「枝豆」「きゅうり」などが上位 夏の味覚に合うお酒は「ビール類」。夏に飲みたくなる飲み物は「麦茶」がトップで「炭酸飲料」「スポーツドリンク」「ミネラルウォーター、水」が続く 夏によく食べる味は「さっぱり」「スパイシー」「辛い」「すっぱい」「薄い・あっさり」「塩辛い・しょっぱい」などが上位

2012年7月26日ジャストシステムフィードバック数:1モバイル

iPhone 5 購入意向調査

「バッテリーの大容量化」や「4G LTE(高速新通信規格)」に期待iPhone 5 購入意向調査iPhoneユーザーの約7割が「購入したい」。「検討する」を含めれば85.7%に調査結果サマリーiPhoneユーザーの約7割が「購入したい」。「検討する」を含めれば85.7%にセルフ型ネットリサーチ「Fastask」にて、<iPhone 5>の購入意向を調査したところ、iPhoneユーザーでは、「購入したい」が68.3%、「購入を検討する」と回答した人17.4%と合わせると実に85.7%もの人が購入す

2012年7月2日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 間食(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ間食をする人は8割弱。毎日食べる人は4割。そのうち、「昼食から夕方の間」に食べる人が7割弱、「夕食後」が4割弱 間食をする場面は「小腹がすいたとき」「くつろぎながら」が上位2位 間食でよく食べる上位3位は「クッキー・スナック菓子類」「せんべい・あられなどの米菓」「チョコレート」。選定時の重視点は「価格」「おなかがいっぱいになりすぎない」「小分けパック、個包装など、包装の仕方」などが多い 間食で気をつけていることは「量を食べ過ぎない」が最も多

2012年5月31日ジャストシステムフィードバック数:2製造業/エレクトロニクス要登録

節電対策に関する意識調査

計画停電を経験した「東京」と、未経験の「大阪」で意識の差節電対策に関する意識調査節電は我慢できるが、停電の場合は原発再稼働を支持する人が「43.8%」調査結果サマリー「節電は我慢できるが、停電の場合には再稼働を支持」する人が「43.8%」セルフ型ネットリサーチ「Fastask」にて、今夏、節電や停電のリスクが懸念されている中で、原子力発電所の再稼働についてたずねたところ、「たとえ停電になっても、再稼働を支持しない」人が35.0%いる一方で、「節電は我慢できるが、停電となる場合は再稼働を支持する」

2012年5月7日マイボイスコムフィードバック数:1社会/政治

マイボイスコム 格差(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ普段の生活の中で何らかの格差を感じる人は9割弱。1位は「所得・収入の格差」で、以下「世代間の格差」「地域の格差」が続く ここ1〜5年前から格差を感じているという比率は、情報、教育、世代間、所得・収入、地域、男女の順で多い。男女の格差は、昔から感じているという人が特に多い 個人の力で小さくできると思う格差は、「情報の格差」「所得・収入の格差」が2〜3割。「地域の格差」は1割以下にとどまる 今後拡大すると思う格差は「所得・収入の格差」が最も多い

2010年5月31日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

コンビニスイーツ

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへスイーツを最もよく買う場所が「コンビニ」の人は21.7%。コンビニの冷蔵コーナーでスイーツを買う人は、スイーツ購入者の8割 コンビニの冷蔵コーナーで買うスイーツは、「シュークリーム・エクレア」(57.9%)、「プリン・パンナコッタ」(57.2%)が上位2位 コンビニでスイーツを買わない理由は、「価格が割高と感じる」(46.9%)が最も多く、「美味しくない」「スイーツの種類が少ない」が各1割強 【調査対象】 「MyVoice」のアン

2010年1月26日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

ミネラルウォーター

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ飲用経験のあるミネラルウォーターは「六甲のおいしい水」「サントリー天然水」「エビアン」が上位 市販のミネラルウォーターを飲む理由は「水道水の飲用に抵抗がある」「健康を意識して」がトップ2 【調査対象】 「MyVoice」のアンケートモニター【調査方法】 インターネット調査(ネットリサーチ)【調査時期】 2010年1月1日〜1月5日【調査機関】 マイボイスコム株式会社【回答者数】 12,917名 ミネラルウォーターの飲用頻度〔あ

2009年3月30日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

カップめん

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへここ1年間でカップめん利用頻度が『増えた』人は18.4%。カップめんの増加により利用が減少したものは「スーパー・コンビニの弁当・惣菜」や「ファミリーレストラン」「ファーストフード」などが上位 購入場所のトップは「スーパー」、購入時の重視ポイントは「味」「価格」 【調査対象】 「MyVoice」のアンケートモニター【調査方法】 インターネット調査(ネットリサーチ)【調査時期】 2009年3月1日〜3月5日【調査機関】 マイボイスコム

2009年1月26日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

ミネラルウォーターの飲用

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ「週に1回以上」のミネラルウォーター飲用者は3割以上 飲んだことのあるミネラルウォーターは、「サントリー天然水」「六甲のおいしい水」「ボルヴィック」「エビアン」が上位 ミネラルウォーター購入時の重視ポイントは「価格」が73.3%で断トツ ミネラルウォーターを購入する理由は、「水道水を飲むことに抵抗がある」「健康を意識」が2割超 【調査対象】 「MyVoice」のアンケートモニター【調査方法】 インターネット調査(ネットリサーチ)【

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

新着データ

お知らせ