調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ネットリサーチ

「ネットリサーチ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2020年6月4日テスティーラボフィードバック数:0ライフスタイル

メンズコスメ・スキンケアに関する調査

株式会社TesTee(テスティー)が運営する若年層(10代、20代)を調査するアンケートメディアメンズコスメ・スキンケアに関する調査 2020/05/22 2020/05/25Lab名、20代男性564名)を対象に「メンズコスメ・スキンケア」に関する調査を実施しました。肌の悩みの有無やその悩みがなにか、スキンケアの頻度、メンズコスメの認知率や利用率などに関する調査結果を御覧ください!また、この調査データをできるようになっておりますので、ご興味のある方は是非ダウンロードしてみてください! まずは、

2020年4月27日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2020年3月度)「note」利用者の約9割に、課金経験

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2020年3月度)「note」利用者の約9割に、課金経験LINE BLOGは「エンタメ」、はてなブログは「日常」の記事を閲覧調査結果サマリー現在、「note」を利用している人のうち、「記事の購入をしたことがある」人は49.2%、「記事の定期購読をしたことがある」人は38.5%、「記事を読んでサポートをしたことがある」人は52.3%、「いずれもしたことがない」人は9.2%でした。90.8%の人に課金経験があることがわかりました。※複数回答あり。■20代男性

2020年3月17日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

出前アプリ利用に関する実態調査

約7割が、「出前アプリで、楽しみ方が広がった」 出前アプリ利用に関する実態調査約7割が、「出前アプリで、楽しみ方が広がった」「総合型出前アプリ」利用率1位は「出前館」。「専門型」は「ピザハット」調査結果サマリー 「出前アプリ」を利用する前後での変化を聞いたところ、74.9%が「食事の用意が楽になった」と回答しました。また70.6%が「出前の楽しみ方が広がった」、68.9%が「新しいお店を知ることができた」、67.0%が「食べたことのないメニューを知ることができた」と答えました。 ※ それぞれの項

2020年1月20日テスティーラボフィードバック数:0ライフスタイル

【2020年】中学生・高校生のお小遣い事情に関する調査

株式会社TesTee(テスティー)が運営する若年層(10代、20代)を調査するアンケートメディア【2020年】中学生・高校生のお小遣い事情に関する調査 2020/01/14 2020/01/20Lab中高生のお小遣いの使いみちや、高校生のアルバイトに関する調査の結果をご覧ください!また、この調査データをできるようになっておりますので、ご興味のある方は是非ダウンロードしてみてください!お小遣いに関する基本調査【中学生・高校生対象】まずは、お小遣いに関する基本調査を行いました。中学生・高校生の男女6

2019年7月30日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2019年6月度)スマホ決済の利用率1位は「LINE Pay」、2位は「PayPay」

スマホ決済の利用率1位は「LINE Pay」、2位は「PayPay」 Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2019年6月度)スマホ決済の利用率1位は「LINE Pay」、2位は「PayPay」EC利用者の4割以上が、「商品を探し疲れて、購入を諦めた」調査結果サマリースマホ決済の利用率1位は「LINE Pay」、2位は「PayPay」 スマートフォンを活用した決済サービスや電子マネーの利用者に、利用しているサービスを聞いたところ、「LINE Pay」が最も多く(41.2%)、次いで「PayPa

2019年4月19日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

「メルカリ」の利用率が、「ヤフオク!」超え

「メルカリ」の利用率が、「ヤフオク!」超え Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2019年2月度)「メルカリ」の利用率が、「ヤフオク!」超え4割強が、「ECの試着サービスに、興味あり」調査結果サマリー「メルカリ」の利用率が、「ヤフオク!」超え 個人間商取引(CtoCサービス)を利用した経験がある人のうち、現在利用中のサービスとして「メルカリ」を挙げた人は47.1%で、「ヤフオク!」の46.2%を上回りました。「メルカリ」の利用率を年代別に見てみると、10代(70.0%)、20代(62.3%)

2019年3月15日ジャストシステム★フィードバック数:0企業情報システム

AIツールとマーケティング業務に関する実態調査

5割が「マーケティング業務へのAIツール導入」に前向き AIツールとマーケティング業務に関する実態調査5割が「マーケティング業務へのAIツール導入」に前向きAIツールの導入により、4割強が「業務効率が向上した」調査結果サマリー5割が「マーケティング業務へのAIツール導入」に前向き 現在、所属部署においてAIツールやサービスを「導入している」人は、17.3%でした。また、現時点では導入していなくても、「2019年中には導入予定」(8.7%)、「導入する案は持ち上がっている」(13.2%)、「導入す

2019年2月27日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

スマホ利用時の検索手法

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2019年1月度)音声検索は、10代より60代に浸透約半数が、スマホアプリの改変後に「使いにくいと感じた」調査結果サマリー音声検索を、60代の約2割が「文字検索と同程度に利用」 スマートフォンでの検索方法を聞いたところ、「テキスト入力しか利用しない」(52.5%)と答えた人が最も多く、次いで「テキスト入力が多い」(34.3%)、「テキスト入力と音声入力を同程度に利用」(9.8%)、「音声入力が多い」(3.5%)※でした。年代別で見ると「テキスト入力しか利

2019年1月31日ジャストシステム★★フィードバック数:0マーケティング

2018年、最も利用が伸びたECアプリは「ZOZOTOWN」

Eコマース&アプリコマース月次定点調査 2018年総集編2018年、最も利用が伸びたECアプリは「ZOZOTOWN」スマートフォンからのEC利用は、約6割が「アプリ」調査結果サマリー2018年、最も利用が伸びたECアプリは「ZOZOTOWN」で昨年の1.6倍に 主要なECアプリのなかで、特に利用している人の割合が増えたのは「ZOZOTOWN」で、14.4%(2017年4月度調査)から22.6%(2018年12月度調査)と、約1.6倍に増加しました。10代に限って見ても、「ZOZOTOWN」の利用

2018年11月26日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

お一人様消費とSNS投稿に関する実態調査

20代、30代が、お一人様消費をするとき、SNS投稿するのは3割超 お一人様消費とSNS投稿に関する実態調査20代、30代が、お一人様消費をするとき、SNS投稿するのは3割超約6割が、「お一人様とわかるようにSNSへ投稿」調査結果サマリー20代、30代が、お一人様消費をするとき、SNS投稿するのは3割超20代、30代において、一人で飲食店や施設を利用することに「抵抗感を抱かない」人の割合は、男性が65.9%、女性50.9%でした※1。また、何らかのSNSを利用している人のうち、直近1年以内に一人

オンライン消費に関する調査

無料調査レポート クロス・マーケティングで実施した調査レポートを無料で提供しております。 ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。 カテゴリやタグから調査のテーマや内容別に検索することも可能です。 オンライン消費に関する調査 2018 / 05 / 15 インターネットやスマートフォンの普及により、ネットショッピングなどオンライン上での商品購入者が増加しています。オンライン上で購入する商品と店舗などリアルで購入する

2018年2月19日ジャストシステムフィードバック数:0社会/政治

4人に1人が、商品・サービス名に「AIが付くと、購入してみたい」

4人に1人が、商品・サービス名に「AIが付くと、購入してみたい」 人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年12月度)4人に1人が、商品・サービス名に「AIが付くと、購入してみたい」7割以上が、「将来、気象予報士はAIに置きかわる」と回答調査結果サマリー4人に1人が、商品やサービス名に「AIが付いていると、購入してみたい」「商品やサービスの名称に『AI』や『人工知能』という言葉が含まれると、購入してみたいと思う」人は24.5%でした(「あてはまる」と答えた人4.2%、「ややあてはまる」

2017年9月18日ジャストシステムフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年7月度)

半数が、「AIを利用しての過失責任はメーカー側が負うべき」 人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年7月度)半数が、「AIを利用しての過失責任はメーカー側が負うべき」7割以上が、「AIに対する法規制が必要」調査結果サマリー半数が、「メーカーはAIを利用しての過失責任を負うべき」AIを利用して生じた過失の責任について、利用者とメーカーのどちらが負うべきかと聞いたところ、「利用者側」と答えた人は32.4%、「メーカー側」と答えた人は48.5%でした。※「過失責任があると思う」「どちらかと

2017年7月18日ジャストシステムフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年6月度)

医師は「AI」に置きかわってほしくないと思う人は5割、板前は6割 人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年6月度)医師は「AI」に置きかわってほしくないと思う人は5割、板前は6割AIを活用した「スマートスピーカー」の認知率は約4割調査結果サマリー将来、医師はAIに置きかわってほしくないと思う人は5割、板前は6割将来、AIやロボットに「置きかわってほしくない」という回答がもっとも多かった医療系の職業は「救急救命士」(52.1%)で、次いで「医師」(48.8%)でした。飲食系の職業で聞い

2017年6月22日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2017年5月度)

「再配達問題」を知らなかった10代は3人に1人、20代は5人に1人 Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2017年5月度)「再配達問題」を知らなかった10代は3人に1人、20代は5人に1人「1回目の配達で受け取れば、ポイント付与」サービスで、再配達は減る調査結果サマリー10代の3人に1人、20代の5人に1人が、「再配達問題を知らなかった」ECサイト(または、アプリ)で購入した商品の再配達が多いことが問題となっていることについて、「報道内容をよく知っていて、他者にも説明できる」人は49.1%、

2017年5月4日ジャストシステムフィードバック数:0大型消費/投資

GW直前!プレミアムフライデーに関する実態調査

約4割が、大型連休前のプレミアムフライデーは「あきらめている」 GW直前!プレミアムフライデーに関する実態調査約4割が、大型連休前のプレミアムフライデーは「あきらめている」約6割が、「月末の設定はやめた方がいい」調査結果サマリー大型連休前のプレミアムフライデーは、約4割が「早帰りをあきらめている」ゴールデンウィークに近い、4月の「プレミアムフライデー」は、「特にいつもと退社時間は変わらないとあきらめている」という人が最も多く、37.3%でした。「なんとしても15時退社したい」人は4.2%、「でき

2017年4月14日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年3月度)

スマホ入力は、左利きでも4割近くが「左手で持って、右手で操作」 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年3月度)スマホ入力は、左利きでも4割近くが「左手で持って、右手で操作」ゲームアプリは、横向きより縦向き画面を好む人が、4割以上調査結果サマリースマートフォンでの入力は、左利きの人でも、4割近くが「左手で持って、右手で操作」スマートフォンでの入力における利き手を聞いたところ、右利きの人の場合は「左手で持って、右手で操作することが多い」と答えた人の割合がやはり最も多く、59.3%でした

2017年4月9日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

マーケティングオートメーション利用実態調査

マーケティングオートメーション利用実態調査MAツール認知度No.1は「Pardot」、2位は「SATORI」MAは、知名度よりも、費用やサポートなどの条件で選ぶ調査結果サマリーMAツール認知度No.1は「Pardot」、2位は「SATORI」MAについて詳しく知っているというマーケターの間で、認知度が最も高かったMAツールは「Patdot」(59.4%)でした。2位は「SATORI」(54.5%)、3位は「Adobe Marketing Cloud」(37.8%)でした。MAの選定では、知名度よ

2017年3月7日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

ECサイト消費者動向調査【2016年総集編】

商品受取専用ロッカー認知者は56.3%。4割が「コンビニ」に設置希望 ECサイト消費者動向調査【2016年総集編】商品受取専用ロッカー認知者は56.3%。4割が「コンビニ」に設置希望若年層ほど「特典付き有償会員サービス」の利用意欲が高く、20代は3割超調査結果サマリー商品受取専用ロッカーの認知率は56.3%。希望設置場所1位は「コンビニ」直近1年以内にECサイトで買い物をした人のうち、楽天BOXやはこぽすなどの「受取専用ロッカーを利用したことがある」人は7.5%で、認知率は56.3%でした。年代

2017年2月27日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

家電の購買行動に関する実態調査

20代男性で、テレビの新機能に期待する人の割合は、約30年間で10ポイント減少 30年前とどう変化した?家電の購買行動に関する実態調査20代男性で、テレビの新機能に期待する人の割合は、約30年間で10ポイント減少~家電を比較する際の情報源は、今も昔も「店頭」が1位~調査結果サマリー20代男性でテレビの新機能に期待する人の割合は、30年間で10ポイント減少50代の男性に、自身が20代だった頃、テレビの新商品が発表されたときの新機能への期待感を聞いたところ、「期待することが多かった」と答えた人は47

2017年2月21日ジャストシステム★フィードバック数:0デジタル家電

IoT家電に関する実態調査

4人に1人が「個人情報の提供が必要なら、IoT家電は使わない」 「IoT家電に関する実態調査」4人に1人が「個人情報の提供が必要なら、IoT家電は使わない」~70%超が購入時のセキュリティに関する説明を重要視~調査結果サマリー4人に1人が、「IoT家電は、個人情報の提供が必要なら、使わない」IoT家電は利便性が高まる一方、利用状況や位置情報などのさまざまな個人情報が蓄積されたり、送信されたりすることになります。利用状況や位置情報などの「個人情報を提供する必要があるなら、IoT家電は無条件で使いた

2016年12月8日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

ECサイト接客サービスに対する消費者動向調査

チャット接客利用者の約9割が、「満足度が高まった」 ECサイト接客サービスに対する消費者動向調査チャット接客利用者の約9割が、「満足度が高まった」ECで衝動買いをした男性の4割が、「トップページの特集」がきっかけ調査結果サマリーチャット接客サービス利用者の約9割が、「満足度が高まった」ECサイトで購入前に不明点や確認したいことがあったとき、チャット形式で問い合わせできるチャット接客サービスを「利用したことがある」人は16.8%、「今後利用してみたい」人は33.9%でした。本サービス利用経験者に利

2016年11月3日ジャストシステムフィードバック数:0エンタテインメント

定額制“し放題”サービスの満足度に関する実態調査

書籍読み放題サービス認知者の3割以上が「あまり期待していない」 定額制“し放題”サービスの満足度に関する実態調査書籍読み放題サービス認知者の3割以上が「あまり期待していない」書籍読み放題サービス認知者の3割以上が「あまり期待していない」調査結果サマリー書籍読み放題サービス認知者の3割以上が「あまり期待していない」定額制書籍読み放題サービスを知っていると回答した人のうち、「より魅力的な、新サービスの登場を期待する」人が27.5%、「より魅力的な、新サービスの登場をまあまあ期待する」人が25.9%、

2016年8月29日ジャストシステムフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

業種別で聞く!自分の仕事が「人工知能」に置きかわると思いますか?

マーケティング従事者の約3割が、「人工知能に仕事が奪われる」と不安 業種別で聞く!自分の仕事が「人工知能」に置きかわると思いますか?マーケティング従事者の約3割が、「人工知能に仕事が奪われる」と不安消費者の立場では半数以上が工場などの製造業務が「置きかわる」と予測調査結果サマリーマーケティング従事者の約3割が、人工知能に自分の仕事が「奪われる」と不安視現在、「企画・マーケティング、広報・PR、市場調査・アナリスト」に従事していると回答したマーケティング関連職種の人のうち、人工知能(AI)によって

2016年7月24日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

スマートフォンアプリに関する実態調査

圧倒的1位!5年後も利用中と思うアプリは「LINE」で4割が支持 企業アカウントのフォローが多いSNSアプリは1位「LINE」、2位「Twitter」圧倒的1位!5年後も利用中と思うアプリは「LINE」で4割が支持3人に1人が、災害時のライフラインアプリとして「LINE」が最も必要調査結果サマリー5年後も継続利用していると思うアプリは「LINE」で、4割が支持5年後も引き続き利用していると思うアプリとして、「LINE」を挙げる人が最も多く(38.0%)、次いで「Twitter」(3.4%)、「Y

2016年7月5日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

窓口対応に関する調査

ネット時代だから真価が問われる!窓口対応に関する調査 評価スコアが最も高い窓口は「旅行会社」、最も低いのは?ネット時代だから真価が問われる!窓口対応に関する調査人工知能やロボットに置き換えたい窓口は「役所」がトップで16.2%調査結果サマリー人工知能やロボットに置き換えたい窓口は「役所」がトップで16.2%人工知能やロボットなどに窓口業務を「置き換えたい」と答えた人の割合が最も多かった窓口は「役所」(16.2%)で、「置き換えられる」と回答した人の割合が最も多かった窓口は「交通機関」(20.3%

2016年5月22日ジャストシステム★フィードバック数:0モバイル

スマートフォンで大きく変わった、イマドキのライフスタイル実態調査

20代の約3割がスマホ利用で「洗濯物を雨に濡らす機会が減った」 スマートフォンで大きく変わった、イマドキのライフスタイル実態調査20代の約3割がスマホ利用で「洗濯物を雨に濡らす機会が減った」10代の4割以上がレジャー時、「SNSネタとして使えるか」を重視調査結果サマリー20代の約3割がスマホ利用によって、「洗濯物を雨に濡らす機会が減った」スマートフォンを利用してから、「洗濯物を雨に濡らしてしまう機会」が減ったと感じている人は21.5%で、「増えた」と感じている人の7.6%を大きく上回りました。天

2016年5月20日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 (2016年4月度)

利用デバイスのモバイルシフトが加速、10代のFacebook離れが進む モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 (2016年4月度)利用デバイスのモバイルシフトが加速、10代のFacebook離れが進むGW期間中の旅行予約はスマホが主流。前年比で2倍以上に調査結果サマリー10代のFacebook利用率が、1年で45%から27%へと大幅減少Facebookを「現在利用している」と回答した10代の割合は27.0%で、2015年4月度調査の45.0%から大幅に減少したことがわかりました。Facebo

2016年5月18日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム ハム・ベーコン(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ市販のハムを食べる人は9割弱、週1回以上食べる人は4割強で、男性20代で低い比率。食べ方は「サラダ」や、「サンドイッチなどパン類にはさむ」「ハムエッグ」「ハムだけで、生で食べる」などが上位 市販のハムやベーコン購入時の重視点は「価格」「味」に続き、「容量、サイズ」「賞味期限・消費期限」「原材料」「成分、添加物」などが上位。ハムでは「使いきりタイプ、小分けパックかどうか」「メーカー」などを重視する人も多い 市販のベーコンを食べる人は9割弱、週

2016年5月17日ジャストシステム★フィードバック数:0社会/政治

18、19歳の1,000名に聞いた!選挙に関する実態調査

18、19歳の1,000名に聞いた!選挙に関する実態調査 6割以上が「次の選挙に行こうと思う」18、19歳の1,000名に聞いた!選挙に関する実態調査約半数が「消費増税」に反対。賛成は2割調査結果サマリー6割以上が「次の選挙に行こうと思う」18、19歳のうち、今夏に予定されている参議院選挙に「必ず行こうと思っている」人は26.9%、「行けたら行こうと思っている」人は33.3%でした。合計すると60.2%の人が選挙に行きたいと考えていることがわかりました。男女ともに「消費増税」に最も興味。女性は「

2016年4月18日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

「ファッションコマース利用動向調査」 (後編)

「ファッションコマース利用動向調査」 (後編) 購入の後押しは「割引クーポン」「ファッションコマース利用動向調査」 (後編)20代女性の4割が、「流行アイテムを、ファストファッションで揃えたことがある」調査結果サマリー購入の後押しは、6割以上が「割引クーポン」ファッションアイテムの購入を迷ったときに、購入の後押しになるものとして、64.0%が「割引クーポン」、51.6%が「ポイント付与」を挙げました。なお、30代男性に限っては、「ポイント付与」が56.2%で、「割引クーポン」の51.7%を上回り

2016年4月13日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

「ファッションコマース利用動向調査」(前編)

「ファッションコマース利用動向調査」(前編) 20~30代女性が牽引!情報収集は「スマホ」にシフト「ファッションコマース利用動向調査」(前編)女性が最も反応する通知は、「LINEに届くクーポン」調査結果サマリー20~30代女性を中心に、ファッションアイテムの情報収集は「スマホ」にシフト1年前と比べて利用機会が増えたファッションアイテムの情報収集ツールは、「スマホ・タブレットのWebサイト」(36.6%)、次いで「スマホ・タブレットのアプリ」(26.5%)でした。ともに、20代女性と30代女性で利

2016年3月1日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

月額制オンラインファッションレンタルサービス利用動向調査

月額制オンラインファッションレンタルサービス利用動向調査 非ユーザーも5人に1人はサービスに興味あり月額制オンラインファッションレンタルサービス利用動向調査興味を持つ非ユーザーの約半数が、「スタイリスト提案型」を使いたい調査結果サマリー女性の半数が「月額制オンラインファッションレンタルサービス」を認知月額料金を支払うと決められた点数の洋服やアクセサリー、バッグなどをレンタルでき、利用期間中は何度でも自由に交換できる「月額制オンラインファッションレンタルサービス」を知っている人は49.3%、すでに

2016年1月25日ジャストシステムフィードバック数:0大型消費/投資

カップル専用SNS利用実態調査

従来のSNSの利用時間を奪う!カップル専用SNS利用実態調査 カップル専用SNS利用率は、スマホユーザーの2割従来のSNSの利用時間を奪う!カップル専用SNS利用実態調査交際開始直後は9割が毎日起動するが、半年後は4割に調査結果サマリーカップル専用SNS利用率はスマホユーザーの2割。10代では3割事前のスクリーニング調査で、「現在、恋人がいる」と答えたスマートフォンユーザーにカップル専用SNSを利用しているかを聞いたところ、18.1%が利用中と回答しました。性別・年代別で見ると特に10代の利用が

2016年1月19日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 買い物の仕方(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ「流行しているものや皆が持っているものはついつい買いたくなる方だ」にあてはまる人は2割弱。 「服装や持ち物は、自分らしさが出るものを選ぶ方だ」は5割強。いずれも女性の比率が高い 衝動買い派は3割、男性10代や女性10・20代での比率が高い 「銘柄や品質、性能に納得のいくものしか買わない」「より安く購入できるのであれば苦労を惜しまない」が各4割弱、「信頼できるメーカー・ブランドの商品を選ぶ」「ネットのクチコミを参考にしている」「買い物をすると

2015年8月27日ジャストシステム★★フィードバック数:0マーケティング

ニュースキュレーションアプリに関する実態調査

20代~30代に聞いた!ニュースキュレーションアプリのここが惜しい! 過去記事の閲覧やストックができない点が「残念」20代~30代に聞いた!ニュースキュレーションアプリのここが惜しい!広告とわかりやすくなったが、約70%が「ノイズに見える」調査結果サマリー6割以上が、過去記事の閲覧やストックができない点が「残念」ニュースキュレーションアプリ利用経験者のうち、機能面の不満点として、65.0%の人が「過去記事が読めないことや、ストックできない点が残念」と感じていることがわかりました。また、「検索機能

2015年8月20日ジャストシステム★★フィードバック数:0マーケティング

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年7月度)

Windows 10に「興味はあるが当面アップグレードしない」が4割 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 (2015年7月度)Windows 10に「興味はあるが当面アップグレードしない」が4割Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、利用頻度が最も高いのは?調査結果サマリーWindows 10に「当面アップグレードしないが興味はある」が約4割新しいOS「Windows 10」が7月29日にリリースされて数日後に、Windowsユーザーに状況を聞いたところ、「Windows 10に

2015年5月21日ジャストシステムフィードバック数:0エンタテインメント要登録

コンテンツ視聴に関する実態調査

好まれるコンテンツとは?コンテンツ視聴に関する実態調査 宣伝が一切ないと、コンテンツは最後まで読み、シェアされやすい好まれるコンテンツとは?コンテンツ視聴に関する実態調査10代の半数近くが、「スマートフォン」で主に閲覧調査結果サマリー宣伝が一切ないと、コンテンツは最後まで読み、シェアされやすい宣伝色の強さで5段階に分けたコンテンツの中から、最後まで読み切る可能性が高いコンテンツのタイプを選んでもらったところ、「興味深く、役に立つ内容で、商品やサービスなどの宣伝が一切ない」を選んだ人が最も多く、4

2015年4月23日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

コンテンツマーケティング実態調査

マーケッターに聞く!コンテンツマーケティング実態調査 コンテンツマーケティング認知率は半数以上。3割以上が興味ありマーケッターに聞く!コンテンツマーケティング実態調査今後、実施したい手法1位は「動画コンテンツ」、2位「リサーチ」調査結果サマリーコンテンツマーケティング認知率は半数以上。3割以上が興味ありコンテンツマーケティングを「知っており、既に実施している」人は11.7%でした。また、「知っており、実施はしていないが、興味はある」人は14.6%、「知っており、実施はしていないが、実施したいと思

2015年2月26日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 恵方巻き(11)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ恵方巻き認知率は95.5%。食べた経験者は認知者の7割強。今年食べる予定・食べた人は認知者の半数強で2010年以降ほぼ同率、近畿は7割強、中国・四国は6割 恵方巻きを食べる予定・食べた人の購入場所は「スーパー」が6割、「コンビニエンスストア」「寿司専門店」「デパート」が各1割。手作りは2割強 恵方巻き購入時のポイントは「価格」「具材」「味」がトップ3。女性40代以上では「具材」を重視する人が最も多い 節分にちなんでしたこと(予定)がある人は

2015年2月26日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 冬の味覚(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ冬の味覚を意識する人は5割強。冬の味覚の楽しみ方では「普段の食事に冬の味覚を取り入れる」の他、「季節行事の行事食を食べる」「素材の味を引き出すような調理法」などが多い 自分にとっての冬の味覚とは、「みかん」「白菜」「牡蛎」「蟹」などが各4〜5割で上位。近畿では「蟹」、中国では「牡蛎」が最も多い 冬の味覚の重視点は「鮮度」が最も多く、「価格」「見た目(彩りなど)」「国産かどうか」「調理の仕方」「食材の産地」「におい」などが続く 冬の味覚にあう

2014年12月18日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル要登録

格安スマホ関するアンケート

20代は、1割が夏までに格安スマホを「購入予定」 、2割が「購入検討中」格安スマホに関するアンケート格安スマホの月額利用料金は、半数が「安いが、格安というほどではない」調査結果サマリー20代は、1割が夏までに格安スマホを「購入予定」、2割が「購入検討中」格安スマホについて、20代の9.6%が「2015年夏までに購入予定(乗り換えや買い増しを含む)」、18.4%が「時期は未定だが、購入を検討中」と回答しました。20代は28.0%と3割近くが購入意向を持っていることがわかりました。格安スマホの月額利

2014年10月28日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 秋の味覚(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ秋を感じる時期は「9月中旬」「9月下旬」「10月上旬」がボリュームゾーン。地域によって異なる 秋の味覚といえば「秋刀魚」「栗」「梨」「マツタケ」「新米」「ぶどう」などが上位。「栗」「さつまいも」は、女性で多い 秋の味覚を味わうときの重視点は「鮮度」「見た目(彩りなど)」「価格」「におい」などが上位 秋の味覚にあうと思うお酒は「日本酒」「ビール類」「焼酎」「ワイン」の順で多い 【調査対象】 「MyVoice」のアンケートモニター【調

2014年4月10日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2014年3月度)

投稿写真を“消せる”「次世代SNS」の認知度1位は、「Yahoo!コミュカメラ」 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2014年3月度)投稿写真を“消せる”「次世代SNS」の認知度1位は、「Yahoo!コミュカメラ」ニュースキュレーションアプリの広告は、「あまり配信してほしくない」調査結果サマリーニュースキュレーションアプリの利用継続率は、「SmartNews」が1位さまざまなニュース媒体の記事から選別した記事のみを配信するニュースキュレーションアプリの利用率では、「SmartNews」「

2014年2月24日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

消費税に関する調査

消費増税による支出控え、「それほどではない」が約7割 増税で支出を控えるのは1位「外食」、2位「洋服・ファッション」消費増税による支出控え、「それほどではない」が約7割約半数の人が、消費税8%に慣れるのに「半年を必要としない」調査結果サマリー約7割の人は、消費増税後も、それほど支出控えをしないセルフ型ネットリサーチのFastaskの調査において、消費増税による支出控えについて聞いたところ、「支出は控えようと意識はするがそれほどではない」が65.4%、次いで「あまり支出を控えようとは思わない」が1

2013年11月18日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年10月度)

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年10月度) 10 代は1 日平均80 分間以上「SNS アプリ」を利用するモバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年10月度)10 代では75 %が利用。スマホ利用率がついにフィーチャーフォンを上回る。調査結果サマリー10代は1日平均80分間以上「SNSアプリ」を利用する10 代では75 %が利用。スマホ利用率がついにフィーチャーフォンを上回る。App Storeの値上げで、半数近くが既に利用中のアプリ課金にも消極的iPhoneユーザ

2013年10月24日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル要登録

シャンプーとリンスを同時に使い切れる人はわずか7.1%

シャンプーとリンスを同時に使い切れる人はわずか7.1% シャンプー1回あたりの平均使用量、男性は1プッシュ、女性は2プッシュシャンプーとリンスを同時に使い切れる人はわずか7.1%4 人に1 人は詰め替え用ボトルに他ブランドのシャンプーを入れて使用調査結果サマリー半数以上の人はシャンプーを先に使い切り、リンスが余ってしまうセルフ型ネットリサーチ「Fastask」にて、シャンプーとリンスの使用状況について聞いたところ、「シャンプーを先に使い切ってしまう」と答えた人が51.0 %と半数以上となりました

2013年6月19日ジャストシステムフィードバック数:3ライフスタイル要登録

コンビニのカウンターフーズに関する調査

3人に1人が、買うつもりがなかったのに、レジで並んでいる間につい買いたくなるコンビニのカウンターフーズに関する調査約4割がカウンターフーズを「夕食のおかず」として購入したことがあると回答調査結果サマリー買うつもりのないカウンターフーズを、3人に1人がレジ待ち中につい買いたくなるセルフ型ネットリサーチ「Fastask」にて、購入する予定がなかったカウンターフーズを衝動買いしたことがある人に、きっかけを聞いたところ、「レジに並んでいて目に入った」からをよくある理由として挙げる人が29.8 %いました

2013年5月30日ジャストシステムフィードバック数:3モバイル要登録

第1回スマートフォンゲーム利用状況調査

スマートフォンゲーム利用者の半数以上が、毎日、プレイ第1回スマートフォンゲーム利用状況調査「GREE」「Mobage」は20代男性、「Ameba」は30代女性が支持調査結果サマリースマートフォンゲーム利用者の半数以上が、毎日、プレイセルフ型ネットリサーチ「Fastask」にて、1 週間におけるスマートフォンゲームの利用頻度について聞いたところ、「毎日」プレイする人が過半数の53.4%と、最も多いことが分かりました。続いて「週3 ~ 4 日」( 13.9 %)、「週5 ~ 6 日」( 12.5 %

2013年5月24日ジャストシステムフィードバック数:2大型消費/投資要登録

富士山の観光・登山に関する意識調査

世界遺産登録で注目が集まる「富士山」富士山の観光・登山に関する意識調査約3 割が登山以外も含む、富士山関連ツアーに興味あり調査結果サマリー富士山に登る目的は、「人生の記念にするため」が約5割セルフ型ネットリサーチ「Fastask」にて、世界遺産登録が確実になり、注目が集まる富士山に、もし登るとした場合の目的を聞いたところ、49.5 %の人が「人生の記念にするため」と回答しました。続いて「(ご来光でなくても)山頂からの景色を見るため」( 38.5 %)、「心身のリフレッシュのため」( 33.5 %

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
 

お知らせ