「ノート」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年1月5日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2014年11月分)

2014年11月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 11月の概況○出荷台数は52万台(前年比58.6%)となった。うちデスクトップ:15万3千台(同53.9%)、ノート型:36万7千台(同60.7%)であった。ノート型比率は70.5%であった。○出荷金額は432億円(前年比64.0%)となった。うちデスクトップ:130億円(同61.1%)、ノート型:302億円(同65.3%)であった。Apple Japan

2014年10月23日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2014年9月分)

2014年9月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 9月の概況○9月の出荷台数は88万5千台(前年比81.7%)であった。うちデスクトップ:21万2千台(同68.2%)、ノート型:67万3千台(同87.1%)であった。ノート型比率は76.0%となった。 出荷金額は662億円(前年比85.9%)となった。うちデスクトップ:154億円(同70.2%)、ノート型:508億円(同92.2%)であった。 台数、金額とも

2014年9月25日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2014年8月分)

2014年8月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 8月の概況○出荷台数は61万台(前年比74.6%)となった。うちデスクトップ:18万3千台(同72.3%)、ノート型:42万7千台(同75.7%)であった。ノート型比率は70.0%であった。○出荷金額は448億円(前年比73.2%)となった。うちデスクトップ:138億円(同75.2%)、ノート型:310億円(同72.3%)であった。台数、金額とも6月、7月に

2014年8月27日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2014年7月分)

2014年7月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 7月の概況○出荷台数は66万9千台(前年比84.0%)となった。うちデスクトップ:19万4千台(同79.8%)、ノート型:47万5千台(同85.8%)であった。ノート型比率は71.0%であった。○出荷金額は537億円(前年比90.4%)となった。うちデスクトップ:162億円(同90.0%)、ノート型:375億円(同90.6%)であった。台数、金額とも6月に続

2014年7月23日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2014年6月分)

2014年6月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 6月の概況○出荷台数は81万台(前年比86.8%)となった。うちデスクトップ:25万4千台(同106.8%)、ノート型:55万5千台(同80.0%)であった。ノート型比率は68.6%であった。○出荷金額は617億円(前年比88.3%)となった。うちデスクトップ:193億円(同115.6%)、ノート型:424億円(同79.7%)であった。○第1四半期(4〜6月

2014年7月1日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2014年5月分)

2014年5月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 5月の概況○出荷台数は87万5千台(前年比123.2%)となった。うちデスクトップ:24万2千台(同109.8%)、ノート型:63万3千台(同129.3%)であった。ノート型比率は72.3%であった。 2013年10月以降、単月で8ヶ月連続2桁増となり前年を大きく上回った。 5月としては、現行体系となった2007年度以降、過去最高となった。○出荷金額は731

2014年5月22日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2014年4月分)

2014年4月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 4月の概況○出荷台数は95万4千台(前年比146.9%)となった。うちデスクトップ:27万9千台(同148.2%)、ノート型:67万5千台(同146.3%)であった。ノート型比率は70.8%であった。 単月で2013年10月以降、7ヶ月連続で2桁増となり前年を大きく上回った。○出荷金額は788億円(前年比158.7%)となった。うちデスクトップ:230億円(

2014年4月27日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2014年3月分)

2014年3月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 3月の概況○出荷台数は164万2千台(前年比120.8%)となった。うちデスクトップ:49万8千台(同133.6%)、ノート型:114万4千台(同116.0%)、ノート型比率は69.7%であった。○出荷金額は1,312億円(前年比140.7%)となった。うちデスクトップ:379億円(同150.4%)、ノート型:933億円(同137.1%)となった。○第4四半

2014年3月25日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2014年2月分)

2014年2月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 2月の概況○出荷台数は123万7千台(前年比122.2%)となった。うちデスクトップ:39万9千台(同137.2%)、ノート型:83万8千台(同116.1%)、ノート型比率は67.8%であった。 全体として、5ヶ月連続で2桁増と前年を大きく上回った。また、2月単月でも過去最高の実績となり、単月での過去最高は12月から3ヶ月連続となった。○出荷金額は974億円

2014年3月4日プラスアールフィードバック数:0ライフスタイル

妊娠中にやりたいこと・産院選びに関する調査

[] ■妊婦さん自身のマタニティーフォトについて、「撮っている+撮ってみたい(81.0%)」「撮りたいとは思わない(19.0%)」「マタニティーフォトを撮影してみたいですか?」という設問において、・既に撮っている 8.9%・撮ってみたい 72.1%・撮りたいと思わない 19.0%となり、8割以上の妊婦さんがマタニティフォトを撮ってみたいという結果になりました。■「妊娠中の日記やブログを書いていますか?」という設問において、・すでに書いている 47.2%・書いてみたい 12.2%・書いてみたいが何

2014年2月25日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2014年1月分)

2014年1月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 1月の概況○出荷台数は106万1千台(前年比163.8%)となった。うちデスクトップ:35万6千台(同177.4%)、ノート型:70万4千台(同157.6%)、ノート型比率は66.4%であった。 全体として4ケ月連続で2桁増と前年を大きく上回った。 1月単月としても、過去最高の実績となった。○出荷金額は821億円(前年比182.3%)となった。うちデスクトッ

2014年1月24日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2013年12月分)

2013年12月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 12月の概況○出荷台数は133万4千台(前年比116.1%)となった。うちデスクトップ:37万5千台(同139.1%)、ノート型:96万台(同109.0%)、ノート型比率は71.9%であった。 法人向けリプレース需要が引き続き好調で、全体としても3ケ月連続で2桁増と前年を大きく上回り、12月単月としては、過去最高の実績となった。 出荷金額は984億円(前年

2013年12月28日世界平和研究所フィードバック数:0社会/政治

様々な人口推計の下での経済成長率と財政支出の長期推計-出生率回復の重要性と政府による経済・財政の長期推計の必要性について-

トップ研究様々な人口推計の下での経済成長率と財政支出の長期推計-出生率回復の重要性と政府による経済・財政の長期推計の必要性について- 研究ノート2013/12/18様々な人口推計の下での経済成長率と財政支出の長期推計-出生率回復の重要性と政府による経済・財政の長期推計の必要性について-北浦修敏(主任研究員)による報告を掲載しました。・本文(PDF)

2013年12月26日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2013年11月分)

2013年11月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 11月の概況○11月の出荷台数は88万8千台(前年比123.8%)であった。うちデスクトップ:28万4千台(同135.2%)、ノート型:60万4千台(同119.1%)であった。ノート型比率は68.0%となった。 法人向けリプレース需要が引き続き好調で、全体としても2ケ月連続で2桁増と前年を大きく上回った。○出荷金額は675億円(前年比132.6%)となった

2013年11月22日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2013年10月分)

2013年10月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 10月の概況○10月の出荷台数は95万7千台(前年比119.2%)であった。うちデスクトップ:29万6千台(同131.2%)、ノート型:66万2千台(同114.6%)であった。ノート型比率は69.1%となった。 法人向けリプレース需要が引続き好調で、全体でも前年を大きく上回り二桁伸長となった。○出荷金額は767億円(前年比123.8%)となった。うちデスク

2013年10月23日JEITAフィードバック数:0ビジネス

2013年9月パーソナルコンピュータ国内出荷実績

2013年9月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 9月の概況○9月の出荷台数は108万3千台(前年比98.6%)であった。うちデスクトップ:31万1千台(同105.8%)、ノート型:77万2千台(同95.9%)であった。ノート型比率は71.3%となった。 出荷台数は法人向けリプレース需要が牽引し、前年同月並みの実績となった。 出荷金額は771億円(前年比112.6%)となった。うちデスクトップ:219億円(

2013年9月26日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2013年8月分)

2013年8月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 8月の概況○出荷台数は81万8千台(前年比102.1%)となった。うちデスクトップ:25万3千台(同111.6%)、ノート型:56万5千台(同98.3%)であった。ノート型比率は69.1%であった。 出荷金額は612億円(前年比116.0%)となった。うちデスクトップ:183億円(同119.7%)、ノート型:429億円(同114.5%)であった。引き続き法人

2013年8月28日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2013年7月分)

2013年7月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 7月の概況○出荷台数は79万7千台(前年比104.2%)となった。うちデスクトップ:24万3千台(同111.6%)、ノート型:55万4千台(同101.3%)であった。ノート型比率は69.5%であった。 出荷金額は594億円(前年比106.0%)となった。うちデスクトップ:180億円(同114.4%)、ノート型:414億円(同102.8%)であった。法人向けリ

2013年7月24日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2013年6月分)

2013年6月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 6月の概況○出荷台数は93万2千台(前年比87.3%)となった。うちデスクトップ:23万8千台(同94.2%)、ノート型:69万4千台(同85.1%)であった。ノート型比率は74.4%であった。 前年同月が好調だった影響で、全体として前年割れとなった。なお、法人向けはリプレース需要が堅調で、6月単月としては過去最高の実績であった。 出荷金額は699億円(前年

2013年6月25日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2013年5月分)

2013年5月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 5月の概況○出荷台数は71万台(前年比89.8%)となった。うちデスクトップ:22万台(同94.8%)、ノート型:49万台(同87.7%)であった。ノート型比率は69.0%であった。 法人向けは堅調であったが、個人向けの夏商戦主力機種モデルの出荷時期が5月中旬以降であったことが影響し、全体としては前年同月実績を下回った。○出荷金額は559億円(前年比92.5

2013年5月24日JEITAフィードバック数:2ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2013年4月分)

2013年4月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 4月の概況○出荷台数は64万9千台(前年比69.2%)となった。うちデスクトップ:18万8千台(同81.8%)、ノート型:46万2千台(同65.1%)であった。ノート型比率は71.1%であった。○出荷金額は497億円(前年比71.6%)となった。うちデスクトップ:151億円(同83.5%)、ノート型:346億円(同67.4%)であった。アップルジャパン(株)

2013年3月28日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2013年2月分)

2013年2月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。1.四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。2.チューナ「内蔵」とは、PC本体に同梱の場合も含む。3.地上デジタルチューナとワンセグを同時に内蔵している場合は地上デジタルチューナ内蔵としてカウント。パーソナルコンピュータ国内出荷 2月の概況○出荷台数は101万3千台(前年比99.5%)となった。うちデスクトップ:29万1千台(同95.2%)、ノート型:72万2千台(同101.

2012年10月24日JEITAフィードバック数:1ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2012年9月分)

2012年9月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。1.四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。2.チューナ「内蔵」とは、PC本体に同梱の場合も含む。3.地上デジタルチューナとワンセグを同時に内蔵している場合は地上デジタルチューナ内蔵としてカウント。パーソナルコンピュータ国内出荷 9月の概況○9月の出荷台数は109万8千台(前年比100.9%)であった。うちデスクトップ:29万4千台(同89.6%)、ノート型:80万5千台(同

2012年8月29日JEITAフィードバック数:1ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2012年7月分)

2012年7月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。1.四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。2.チューナ「内蔵」とは、PC本体に同梱の場合も含む。3.地上デジタルチューナとワンセグを同時に内蔵している場合は地上デジタルチューナ内蔵としてカウント。パーソナルコンピュータ国内出荷 7月の概況○出荷台数は76万5千台(前年比83.8%)となった。うちデスクトップ:21万8千台(同76.7%)、ノート型:54万7千台(同87.1%

2012年7月25日JEITAフィードバック数:1ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2012年6月分)

2012年6月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。1.四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。2.チューナ「内蔵」とは、PC本体に同梱の場合も含む。3.地上デジタルチューナとワンセグを同時に内蔵している場合は地上デジタルチューナ内蔵としてカウント。パーソナルコンピュータ国内出荷 6月の概況○出荷台数は106万8千台(前年比124.1%)となった。うちデスクトップ:25万3千台(同98.4%)、ノート型:81万5千台(同135

2011年2月6日MM総研フィードバック数:5ビジネス

2010年国内パソコン出荷概要

2011年02月03日■出荷台数は過去最高を更新、出荷金額も10年振りに増加 ■NECが僅差で首位を維持、2位の富士通とは1万台差 ■2011年は小幅減少。タブレット、スマホなど新端末と競争  ㈱MM総研は2月3日、2010年暦年(10年1月~12月)の国内パソコン出荷実績を調査、結果を発表した。それによると、国内パソコン市場は、出荷台数で前年比17%増の1,527.1万台となり、95年の統計開始以来、過去最高の出荷台数となった 。出荷金額はネットブック(小型低価格ノート)の出荷構成比が減少、

Netbookに関する調査結果です。

ミニノート PC、利用者の1割が“100円 PC”で購入

Lookin good

アスキーによるNetbookの購入意向調査です。

ミニノート 購入意向調査

ミニノート 購入意向調査

2008年11月25日アイシェア★フィードバック数:0デジタル家電

Netbookに関する軽い調査です。

低価格ミニノートに6割が購入意欲~8割が価格低下を予想、高まる期待

rTYPEは2017年12月14日を持ちまして閉鎖致しました。

2008年8月25日日経BP★★★フィードバック数:0ビジネス

日経パソコンによるPCの満足度調査です。

パソコンの満足度に関するアンケート

機能、操作性、デザインなど、各社のパソコンの特徴はさまざまだ。では、ユーザーはそれらのどこに引かれてパソコンを選んだのか。そして、その選択には満足しているのか。 それを探るべく、本誌は、パソコンの満足度に関するアンケートを実施。2389人から回答を得た。 今回の調査では、2006年以降に自費で購入したパソコンについて、「性能/機能」「操作性」「デザイン」「コストパフォーマンス」「サポート」の5項目で評価してもらった。各項目には具体的なポイントを聞く細目を設け、それぞれに満足か不満かを質問。それら

2008年6月23日日経BP★フィードバック数:0ビジネス

PCのビジネス利用に関する調査です。

読者の半数は社外でノート・パソコンを仕事に使う

読者の半数は社外でノート・パソコンを仕事に使う

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ