調査のチカラ TOP > タグ一覧 > バッテリー販売

「バッテリー販売」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2019年4月22日GfKフィードバック数:0エンタテインメント

2018年玩具の販売動向

27.03.2019 「2018年 玩具の販売動向」  GfK ジャパン(東京:中野区)は、全国の家電量販店、GMS、インターネット販売における2018年の玩具*1 販売動向を発表した。 【概要】・ 2018年の玩具は金額前年比3%増。基礎玩具・女児玩具・ゲーム分類がいずれも同6%増と成長をけん引・ クリスマス商戦はスロースタートながら後半に需要が盛り上がり、前年並みの販売を維持 【2018年の分類別販売動向】2018年の全国の家電量販店、GMS、インターネットにおける玩具販売は金額前年比3%

2018年3月19日GfKフィードバック数:0社会/政治

「Anholt-GfK 都市ブランド指数 2017年の結果を発表」 - パリが首位を堅持

GfK Auto Syndicated Monitor オートシンジケートモニター調査 これからのモビリティに求められることを知っていれば、消費者の期待を超える体験を提供することで、彼らを自社のロイヤルカスタマーにできるでしょう。 「POSデータとは?」どのように活用され、何に役立つのか。 数十年にわたって、家電・IT製品を中心に、ゴルフ、玩具、オプティックス、ミュージック、自動車関連など幅広い分野でPOSデータを取り扱っているGfK Japanが、「POSデータ」について簡潔にご紹介し

2018年3月19日GfKフィードバック数:0エンタテインメント

「2017年 映像ソフト市場総括」- Blu-rayシフト進む

27.02.2018 「2017年 映像ソフト市場総括」- Blu-rayシフト進む GfKジャパン(東京都中野区)は、2017年のセル映像ソフトの販売動向を発表した。※1 【概要】 ・ 2017年の映像ソフト市場は数量前年比10%減、金額前年比8%減 ・ 「君の名は。」を含む邦アニメは数量・金額ともに前年比4%増。ジャンル別構成比では前年から3%ポイント拡大。 ・ Blu-rayソフトの金額構成比は前年の51%から54%へ拡大 【映像ソフト全体】2017年のセル映像ソフト市場(通常DVD、B

2018年3月19日GfKフィードバック数:0エンタテインメント

「2017年のゴルフ用品販売動向」 - 4年ぶりのプラス成長に

28.02.2018 「2017年のゴルフ用品販売動向」 - 4年ぶりのプラス成長に  GfKジャパン(東京:中野区)は全国有力ゴルフ用品取扱店の実店舗およびインターネット通販における販売実績を基に2017年の主要ゴルフ用品の販売動向を発表した※1。 【概要】・2017年の主要ゴルフ用品販売は金額前年比4%増とプラス成長に転じる・クラブは同6%増。ドライバーをはじめ多くのタイプがプラス成長に・スパイクレスが拡大するシューズは同6%増。用品類としても同5%増に 【2017年のゴルフ用品の小売市場

2018年3月19日GfKフィードバック数:0エンタテインメント

「2017年 ハイレゾ音源ダウンロード市場概況」 - ダウンロード数は前年の1.4倍

01.03.2018 「2017年 ハイレゾ音源ダウンロード市場概況」 - ダウンロード数は前年の1.4倍  GfKジャパン(東京:中野区)は、主要ハイレゾ音源配信サイトにおけるダウンロード実績集計に基づく「ハイレゾ音源ダウンロード市場レポート」※より、2017年のハイレゾ音源ダウンロードの市場概況を発表した。 【概要】・2017年のハイレゾ音源のダウンロードは数量前年比43%増、金額前年比同16%増・トラックのダウンロード数が前年の1.7 倍と大きく拡大 【ハイレゾ音源ダウンロードの広がり】

2018年3月19日GfKフィードバック数:0デジタル家電

「2017年の玩具販売動向」 - 販売額は前年から7%拡大

08.02.2018 「2017年の玩具販売動向」 - 販売額は前年から7%拡大  GfK ジャパン(東京:中野区)は、全国の家電量販店、GMS、インターネット販売における玩具※の販売動向を発表した。※ テレビゲーム関連商品、ホビー関連商品、雑貨等を含まない純玩具。 【概要】・ 2017年の玩具は金額前年比7%増。主要分類がいずれも販売を伸ばす。・ クリスマス商戦は同1%増にとどまる。 【 2017年の販売動向】2017年の全国の家電量販店、GMS、インターネットにおける玩具販売は金額前年比7

2018年1月24日GfKフィードバック数:0デジタル家電

パソコンゲーム周辺機器の販売動向

22.12.2017 「パソコンゲーム周辺機器の販売動向」 - 市場は4年で2倍に  GfKジャパン(東京:中野区)は、全国の家電量販店、パソコンショップ、インターネット通販におけるパソコンゲーム周辺機器およびゲームパソコンの販売動向を発表した※1。 【概要】・パソコンゲーム周辺機器の販売数量は4年間で2倍超に成長。2017年も前年同期から約3割の拡大・ゲームパソコンの販売数量は、前年同期から4割増。 【パソコンゲーム周辺機器】パソコンゲーム用ヘッドセット、キーボード、マウス の市場規模は年々

2018年1月10日GfKフィードバック数:0ビジネス

「2017年度、企業の情報化投資に関する調査」 - 「働き方改革」、約半数の企業で着手済み

19.12.2017 「2017年度、企業の情報化投資に関する調査」 - 「働き方改革」、約半数の企業で着手済み  GfKジャパン(東京:中野区)は、全国1,430事業所を対象に実施したインターネット調査※より、 情報化投資動向や「働き方改革」への取り組み状況、先端ソリューションの導入状況について発表した。 【概要】・情報化投資の2017年度見込みは「前年より増加」が42%と堅調・「働き方改革」への取り組みは約5割の企業で完了または進行中。大企業先行で浸透。・ビックデータの導入率は9%、AI・

2018年1月10日GfKフィードバック数:0ライフスタイル

「GfKグローバル意識調査:いい生活、理想的な生活に求めるもの」 - 「健康」、「経済的安定」は7割超。「子供」は5割未満

15.12.2017 「GfKグローバル意識調査:いい生活、理想的な生活に求めるもの」 - 「健康」、「経済的安定」は7割超。「子供」は5割未満  GfKは17カ国、23,000名のインターネットユーザーに対し、「いい生活(理想的な生活)」に欠かせない要素について調査し、その結果を発表しました。【概要】・「健康」、「経済的な安定」、「自由な時間・余暇の時間」が上位3項目に。・日本では、「幸せな結婚生活」が欠かせないと考える人は4割、「子供」は3割にとどまる 世界17カ国の23,000名にあなた

2017年12月21日GfKフィードバック数:0社会/政治

Anholt-GfK 国家ブランド指数 2017年

GfK Auto Syndicated Monitor オートシンジケートモニター調査 これからのモビリティに求められることを知っていれば、消費者の期待を超える体験を提供することで、彼らを自社のロイヤルカスタマーにできるでしょう。 「POSデータとは?」どのように活用され、何に役立つのか。 数十年にわたって、家電・IT製品を中心に、ゴルフ、玩具、オプティックス、ミュージック、自動車関連など幅広い分野でPOSデータを取り扱っているGfK Japanが、「POSデータ」について簡潔にご紹介し

2017年12月7日GfKフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「フィットネス機器販売動向」- EMS型および振動型の人気により市場が急成長

17.11.2017 「フィットネス機器販売動向」- EMS型および振動型の人気により市場が急成長  GfKジャパン(東京:中野区)は、家電量販店における家庭用フィットネス機器の販売動向について発表した※1。 【概要】・2017年1月~10月のフィットネス機器販売は数量ベースで前年同期の1.7倍、金額で2.1倍・低周波などのEMS型は、メーカー参入により約2倍と大きく伸長 【家庭用フィットネス機器の販売数は前年の1.7倍】家庭用フィットネス機器の販売が大きく拡大している。メーカーの参入と新形状

2017年12月4日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

「フィットネス機器販売動向」- EMS型および振動型の人気により市場が急成長

17.11.2017 「フィットネス機器販売動向」- EMS型および振動型の人気により市場が急成長  GfKジャパン(東京:中野区)は、家電量販店における家庭用フィットネス機器の販売動向について発表した※1。 【概要】・2017年1月~10月のフィットネス機器販売は数量ベースで前年同期の1.7倍、金額で2.1倍・低周波などのEMS型は、メーカー参入により約2倍と大きく伸長 【家庭用フィットネス機器の販売数は前年の1.7倍】家庭用フィットネス機器の販売が大きく拡大している。メーカーの参入と新形状

2017年12月4日GfKフィードバック数:0デジタル家電

「ポータブルBluetoothスピーカーの販売動向」- 防水・防滴タイプが伸長

24.11.2017 「ポータブルBluetoothスピーカーの販売動向」- 防水・防滴タイプが伸長  GfKジャパン(東京:中野区)は、家電量販店、総合量販店、インターネット通販におけるポータブルBluetoothスピーカー※1の販売動向を発表した※2。 【概要】・2017年1-10月におけるポータブルBluetoothスピーカーの販売は数量前年比8%増、金額前年比9%増。・防水・防滴タイプが6割弱へ拡大し、成長をけん引。 【ポータブルBluetoothスピーカーは前年から約1割の伸長】ポー

2017年11月9日GfKフィードバック数:0モバイル

「2017年 MVNOのSIMカードの販売動向と購買行動調査」- 1-9月では3割超の販売拡大

26.10.2017 「2017年 MVNOのSIMカードの販売動向と購買行動調査」- 1-9月では3割超の販売拡大  GfK ジャパン(東京:中野区)は、家電量販店、インターネット通販におけるMVNOのSIMカードの販売動向※1および、購買行動調査※2に基づくMVNOの利用状況を発表した。 【概要】・2017年1-9月の家電量販店、インターネット通販におけるMVNOのSIMカード販売数量は前年から35%増・フィーチャフォンからスマートフォンへの移行した人の内、約1割がMVNOを選択 【MVN

2017年10月29日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

2017-2018年シーズンにおける乗用車用冬タイヤの販売初動

13.10.2017 「2017-2018年シーズンにおける乗用車用冬タイヤの販売初動」- 初動は駆け込み需要で前年比1.6倍 GfK ジャパン(東京:中野区)は、全国のカー用品店、タイヤ専門店(メーカー系列を除く)、ガソリンスタンド、インターネットにおける乗用車用冬タイヤの販売動向*1 を発表した。 【概要】・値上げ前の特需により冬タイヤ商戦の初動(8月第1週~9月第4週)における販売本数は前年の1.6倍。・値上げ直前の8月第4週では前年の4.5倍を記録。【今季の冬タイヤ商戦初動と昨年の降雪

2017年10月29日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

自動車のワイパー交換に関する調査

16.10.2017 「自動車のワイパー交換に関する調査」- 定期的に交換する人は4割強にとどまる  GfKジャパン(東京:中野区)は、全国のドライバー10,657名に対し、ワイパーの購買行動に関するインターネット消費者調査を実施し、その結果について発表した。 【概要】・ ワイパー※1を「定期的」に交換する人は44%にとどまる。・ ワイパー購入・交換場所は「カーディーラー」がトップ。年代が上がるにつれ割合が高まる。 【ワイパーの交換頻度】ドライバーに雨の日の運転で日常的に気を付けていることを尋

2017年10月17日GfKフィードバック数:0ライフスタイル

健康維持の方法に関するグローバル調査

29.09.2017 「健康維持の方法に関するグローバル調査」 - 6割超が家族や友達、ペットと過ごすことが健康維持につながると考え実践していることが明らかに GfKは17カ国、23,000名のインターネットユーザーに対し、健康維持方法についての調査を実施し、その結果を発表しました。 【概要】・グローバルでは、65%が健康維持のために「十分な睡眠」と「健康的な食事」を実施。・グローバル、日本ともに健康維持に対する意識の高まりが顕著に。  世界17カ国の23,000名に、身体の健康を保つために日

2017年10月9日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

カー用品のインターネット購入実態調査

21.09.2017 「カー用品のインターネット購入実態調査」 - 3割のドライバーが1年以内にインターネットで購入  GfKジャパン(東京:中野区)は、全国のドライバー11,901名に対し、カー用品※1のインターネット購入に関する調査※を実施し、その結果について発表した。 【概要】・ 1年以内にインターネットでカー用品を購入したことのあるドライバーは29%。・ 1年以内にインターネットで購入した人の87%が価格比較を実施。・ 1年以内にインターネットで購入した人の購入品目トップは「タイヤ・ホ

2017年9月19日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

2017年冬タイヤの購買行動調査

31.08.2017 「2017年冬タイヤの購買行動調査」 - 所有率は上昇傾向 GfKジャパン(東京:中野区)は、全国のドライバー12,830名に対し、冬用自動車タイヤ(以下「冬タイヤ」)の購買行動調査※を実施し、その結果について発表した。 【概要】・ 冬タイヤの所有率は首都圏を中心に上昇傾向。・ 3割のドライバーが3年以内に冬タイヤを買い替え。・ インターネットで冬タイヤを購入した半数は価格を重視。 【冬タイヤの所有率 】12,830名のドライバーに冬タイヤの所有について尋ねたところ、所有

2017年9月18日GfK★フィードバック数:0エンタテインメント

2017年上半期 映像ソフト市場総括

30.08.2017 「2017年上半期 映像ソフト市場総括」  GfK ジャパン(東京:中野区)は、2017年上半期(1-6月)のセル映像ソフトの販売動向を発表した※。 【概要】・2017年上半期のセル映像ソフト販売は数量、金額ともに前年比二桁減。・UHD Blu-rayソフトは4億円超と順調に推移。・2017年下半期のBlu-rayソフトは、ヒット作の発売などにより市場回復の見込み。 【2017年上半期 映像ソフト全体】2017年上半期のセル映像ソフト市場(通常DVD、Blu-rayなど全

2017年9月18日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

2017年上半期のエンジンオイルの販売動向

30.08.2017 「2017年上半期のエンジンオイルの販売動向」 - ハイグレード製品へのシフトにより販売金額は前年比2%増  GfK ジャパン(東京:中野区)は、全国のカー用品店、ホームセンター、ガソリンスタンド、インターネットにおける2017年上半期(1-6月)の乗用車用エンジンオイルの販売動向*1 を発表した。 【概要】・2017年上半期のエンジンオイル販売量は前年比1%増。1リットルあたりの平均価格は前年同期から11円上昇。・全合成油の普及に伴い、平均価格は上昇が継続する見込み。一

2017年8月3日GfKフィードバック数:0エンタテインメント

2017年上半期における玩具の販売動向

26.07.2017 「2017年上半期における玩具の販売動向」 - 金額前年比11%増と好調に推移  GfK ジャパン(東京:中野区)は、全国の家電量販店、GMS、インターネット販売における2017年上半期の玩具※販売動向を発表した。※ テレビゲーム関連商品、ホビー関連商品、雑貨等を含まない純玩具。なお、シミュレーション・カードゲームも含まない。 【概要】・ 2017年上半期の純玩具販売額は前年比11%増と成長が続く。・「それいけ!アンパンマン」をはじめ、主要キャラクターの販売も前年の実績を

2017年7月25日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

2017年上半期 電動アシスト自転車の販売動向

14.07.2017 「2017年上半期 電動アシスト自転車の販売動向」 - 販売は前年から1割伸長。バッテリー容量16Ahなど高付加価値商品がけん引  GfK ジャパン(東京:中野区)は、全国のGMS、ホームセンターおよび家電量販店における電動アシスト自転車の販売動向を発表した。 【概要】・2017年上半期の電動アシスト自転車販売は、台数、金額共に前年から1割増加。・バッテリー容量16Ah以上モデルが販売台数の2割強へ。高付加価値商品の好調により平均価格は上昇基調。 【2017年上半期は10

2017年6月4日GfK★フィードバック数:0マーケティング

GfKグローバル意識調査:「お金vs時間」、「所有vs体験」 - グローバルの消費者は、時間と体験をより重視

26.05.2017 GfKグローバル意識調査:「お金vs時間」、「所有vs体験」 - グローバルの消費者は、時間と体験をより重視  GfKは17カ国、22,000名のインターネットユーザーに、「時間」と「お金」、および「所有」と「体験」のどちらを重視しているか調査し、その結果を発表しました。 【概要】・グローバルでは、お金より時間を重視する人は31%、お金を重視する人の3倍超に。・所有することより体験することを重視する人は44%、所有することを重視する人の11倍に。  世界17カ国の22,0

2017年5月31日GfK★★フィードバック数:0マーケティング

「広告・宣伝が消費者に与える影響」 - デジタルキャンペーンは従来の広告手法と同じくらい重要に

17.05.2017 「広告・宣伝が消費者に与える影響」 - デジタルキャンペーンは従来の広告手法と同じくらい重要に 世界の2万人の消費者に広告・宣伝がどのくらい購入の意思決定に影響を与えているか調査しました。購入にあたり、テレビや紙媒体の広告の影響を受けたと回答した人は31%、そして、デジタルメディアの広告に影響を受けたと回答した人も29%に上りました。アーリーアダプターやインフルエンサーと呼ばれる消費者では、既に従来型広告とデジタル広告の影響度は等しいという結果も見られました。 こうした中

2017年5月31日GfKフィードバック数:0デジタル家電

Tech Trends 2017 - ウェアラブル

22.05.2017 「Tech Trends 2017 - ウェアラブル」 メーカーと小売りはウェアラブルユーザーの使用実態を理解する必要があります。 ウェアラブルユーザーは"何を"そして"なぜ"使用しているのでしょう?以下のインフォグラフィックにて概要をご覧いただけます。 ウェアラブルを含む2017年注目のTech Trendの詳細はこちらのページからダウンロードいただけます。(英語コンテンツです) Related Products 販売動向データや消費者トレンドへのリアル

2017年5月5日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

カー用品のレンタル意向に関する調査

25.04.2017 「カー用品のレンタル意向に関する調査」 - 3割弱のドライバーに「冬タイヤ」のレンタルニーズあり  GfKジャパン(東京:中野区)は、全国のドライバー11,665名に対し、カー用品のレンタル意向に関するインターネット調査を実施し、その結果について発表した。 【概要】・「冬タイヤ」のレンタル意向率は全ての年代で最も高く、全体では27%に。・「冬タイヤ」レンタル意向率は、首都圏、近畿、東海では30%以上に。 【カー用品別レンタル意向】全国のドライバー11,655名にカー用品レ

2017年5月4日GfKフィードバック数:0ライフスタイル

休暇タイプの好みに関するグローバル調査

28.04.2017 「休暇タイプの好みに関するグローバル調査」 - 6割がリラックスできる休暇を希望  GfKは17カ国、22,000名のインターネットユーザーに対し好みの休暇タイプについての調査を実施し、その結果を発表しました。 【概要】・グローバルでは、「リラックスできる休暇」を好む人が6割と「活動的な休暇を」好む人より多い。・「リラックスできる休暇」を好む傾向が強い国は、ブラジル、韓国、日本。  世界17カ国の22,000名に「のんびりリラックスできる休暇」と「様々な事をしたり見たりす

2017年5月4日GfKフィードバック数:0デジタル家電

Bluetooth対応ヘッドホン・ヘッドセットの販売動向

24.04.2017 「Bluetooth対応ヘッドホン・ヘッドセットの販売動向」 - iPhone7登場の9月以降、需要が拡大  GfKジャパン(東京:中野区)は、家電量販店、総合量販店、インターネット販売におけるBluetooth対応ヘッドホン・ヘッドセット※1の販売動向を発表した※2。 【概要】・2017年1-3月におけるBluetooth対応ヘッドホン・ヘッドセットの販売本数は前年比27%増。 【Bluetooth対応製品は数量ベースで市場の2割へ】ヘッドホン・ヘッドセット市場において

2017年5月4日GfKフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2017年3月の自動車タイヤ販売速報

GfK Auto Syndicated Monitor オートシンジケートモニター調査 これからのモビリティに求められることを知っていれば、消費者の期待を超える体験を提供することで、彼らを自社のロイヤルカスタマーにできるでしょう。 「POSデータとは?」どのように活用され、何に役立つのか。 数十年にわたって、家電・IT製品を中心に、ゴルフ、玩具、オプティックス、ミュージック、自動車関連など幅広い分野でPOSデータを取り扱っているGfK Japanが、「POSデータ」について簡潔にご紹介し

2017年4月12日GfKフィードバック数:0ライフスタイル

運転代行サービスの利用に関する調査

04.04.2017 「運転代行サービスの利用に関する調査」 東北、北関東、北陸では半数近くが利用経験あり  GfKジャパン(東京:中野区)は、全国のドライバー10,733名に対し、運転代行サービスの利用経験に関するインターネット調査※を実施し、その結果について発表した。 【概要】・運転代行サービスの利用経験は23%、東北および北関東、北陸では50%近くに。・利用経験者の46%が過去1年間で1回以上利用。年代が低くなるほど利用頻度は上昇 【運転代行の利用経験】全国のドライバー約10,700名に

2017年4月10日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

自動車タイヤのパンクに関する調査

31.03.2017 「自動車タイヤのパンクに関する調査」 約4割のドライバーが夏タイヤでパンクを経験  GfKジャパン(東京:中野区)は、全国のドライバー10,689名に対し、自動車タイヤのパンクに関するインターネット調査※を実施し、その結果について発表した。 【概要】・夏タイヤでは40%、冬タイヤでは9%のドライバーがパンクを経験・タイヤ購入からパンクまでの平均期間は、夏タイヤが33.0カ月、冬タイヤが29.8カ月 【パンクの経験率】全国のドライバー約10,700名に自動車タイヤのパンク経

2017年3月29日GfKフィードバック数:0ライフスタイル

2016年、ヨーロッパにおけるメガネ・コンタクトレンズの販売動向

GfK Auto Syndicated Monitor オートシンジケートモニター調査 これからのモビリティに求められることを知っていれば、消費者の期待を超える体験を提供することで、彼らを自社のロイヤルカスタマーにできるでしょう。 「POSデータとは?」どのように活用され、何に役立つのか。 数十年にわたって、家電・IT製品を中心に、ゴルフ、玩具、オプティックス、ミュージック、自動車関連など幅広い分野でPOSデータを取り扱っているGfK Japanが、「POSデータ」について簡潔にご紹介し

2017年3月29日GfKフィードバック数:0エンタテインメント

ゴルフウェアの販売動向と購買行動調査

GfK Auto Syndicated Monitor オートシンジケートモニター調査 これからのモビリティに求められることを知っていれば、消費者の期待を超える体験を提供することで、彼らを自社のロイヤルカスタマーにできるでしょう。 「POSデータとは?」どのように活用され、何に役立つのか。 数十年にわたって、家電・IT製品を中心に、ゴルフ、玩具、オプティックス、ミュージック、自動車関連など幅広い分野でPOSデータを取り扱っているGfK Japanが、「POSデータ」について簡潔にご紹介し

2017年3月17日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

2016~2017年シーズンにおける乗用車用冬タイヤの販売動向

13.03.2017 「2016~2017年シーズンにおける乗用車用冬タイヤの販売動向」 前年比7%増ながら、見込値には届かない販売店も多い結果となる  GfK ジャパン(東京:中野区)は、全国のカー用品店、タイヤ専門店(メーカー系列を除く)、ガソリンスタンド、インターネットにおける乗用車用冬タイヤの販売動向※1 を発表した。 【概要】・2016-2017シーズンの乗用車用冬タイヤの販売本数は前年比7%増、金額ベースでも同7%増に。・主要モデルの市場寡占率が上昇。 【2016-2017シーズン

2017年3月4日GfK★フィードバック数:0大型消費/投資

GfKグローバル調査:車に対する重視点

28.02.2017 「GfKグローバル調査:車に対する重視点」 - 最新のドライビング・テクノロジーをとても重視するのは3人に1人  GfKは17カ国、22,000人に、車に対する重視点を尋ね、その結果を発表しました。 【概要】・グローバル(17カ国全体)では「安全性」、「信頼性」、「燃費」、「ランニングコスト」が重視される上位4項目。・最新のドライビング・テクノロジーを重視する人は36%。高所得者層では44%に。  GfKは世界17カ国の22,000名に対し、17の車に関する項目についてど

2017年3月1日GfKフィードバック数:0エンタテインメント

2016年のゴルフ用品販売動向

24.02.2017 「2016年のゴルフ用品販売動向」  GfKジャパン(東京:中野区)は全国有力ゴルフ用品取扱店の実店舗およびインターネット通販における販売実績を基に2016年の主要ゴルフ用品の小売販売動向を発表した。 【概要】・2016年の主要ゴルフ用品の小売販売金額は前年比5%減。インターネット通販は同3%増と成長。 【2016年のゴルフ用品小売市場規模は前年比5%減】2016年の主要ゴルフ用品小売市場規模※1は、前年比5%減の1,302億円となった(図1)。市場の6割を占めるクラブは

2017年2月28日GfKフィードバック数:0デジタル家電

2016年グローバルのデジタルカメラ販売動向

23.02.2017 「2016年グローバルのデジタルカメラ販売動向」 ミラーレスカメラの販売伸長により東南アジアでは金額規模が拡大  スマートフォンのカメラ性能が進化する中、2016年のデジタルカメラ市場は厳しい状況が続いた。2016年におけるグローバルのデジタルカメラ販売は数量前年比25%減の3,500万台、金額前年比13%減の153億USドルになったとみられる。  主要マーケットをみると、西ヨーロッパでは数量前年比24%減、北米では同18%減となった。ただし、平均価格の上昇により金額前年

2017年2月23日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

2016年の乗用車用エンジンオイルの販売動向

17.02.2017 「2016年の乗用車用エンジンオイルの販売動向」 - リットル換算で前年比1%増  GfK ジャパン(東京:中野区)は、全国のカー用品店、ガソリンスタンド、ホームセンター、インターネットにおける乗用車用エンジンオイルの販売動向*1 を発表した。 【概要】・2016年のエンジンオイルは販売量ベース(リットル換算)で前年比1%増。・指定・推奨車種が多い0W-20等の省燃費オイルの販売量構成比は前年並みと安定。・カー用品店、ガソリンスタンド、ホームセンター、インターネットにおけ

2017年2月23日GfKフィードバック数:0エンタテインメント

2016年 映像ソフト市場総括

17.02.2017 「2016年 映像ソフト市場総括」 【概要】 ・ 2016年のセル映像ソフト販売は数量前年比6%減、金額前年比3%減。・音楽ジャンルの金額構成比が40%に拡大。 ・市場全体に占めるBlu-rayソフトの金額構成比は51%と、通年でも過半に。 【映像ソフト全体】2016年のセル映像ソフト市場※1 (通常DVD、Blu-rayなど全て含む)は、数量前年比6%減の3,897万枚、金額前年比3%減の1,801億円となった(図1)。Blu-ray比率の上昇などにより実売平均価格(税

2017年2月8日GfK★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

パーソナルデータの共有に関するグローバル意識調査

30.01.2017 「パーソナルデータの共有に関するグローバル意識調査」 GfKは17カ国、22,000人のインターネットユーザーに対しパーソナルデータの共有に関する意識調査を実施し、その結果を発表しました。 【概要】・グローバルでみると、メリットがあればパーソナルデータの共有に積極的な人の方が消極的な人より多い。・日本では、パーソナルデータの共有に積極的な人は僅か8%にとどまる。  割引やパーソナルサービスの享受といったメリットや恩恵があれば、自分のパーソナルデータ(健康関連情報、運転記録

2017年2月5日GfK★フィードバック数:0ライフスタイル

2016年の玩具販売動向

25.01.2017 「2016年の玩具販売動向」 - 女児玩具が2年連続の二桁成長で成長を牽引 GfK ジャパン(東京:中野区)は、全国の家電量販店、GMS、インターネット通販における2016年の玩具※販売動向を発表した。 ※ テレビゲーム関連商品、ホビー関連商品(プラモデル、フィギュア等)、雑貨等を除いた純玩具 【概要】・2016年の玩具販売金額は前年より7%増加。・12月の販売はクリスマス3連休を含む第4週に3割強が集中する短期戦に。 【キャラクター製品の販売が貢献】2016年の玩具販売

2016年12月19日GfKフィードバック数:0マーケティング

Anholt-GfK 国家ブランド指数 2016年

GfK Auto Syndicated Monitor オートシンジケートモニター調査 これからのモビリティに求められることを知っていれば、消費者の期待を超える体験を提供することで、彼らを自社のロイヤルカスタマーにできるでしょう。 「POSデータとは?」どのように活用され、何に役立つのか。 数十年にわたって、家電・IT製品を中心に、ゴルフ、玩具、オプティックス、ミュージック、自動車関連など幅広い分野でPOSデータを取り扱っているGfK Japanが、「POSデータ」について簡潔にご紹介し

2016年12月14日GfKフィードバック数:0デジタル家電

暖房器具の販売動向

05.12.2016 「暖房器具の販売動向」 - 気温低下により11月の販売は1割増 GfKジャパン(東京:中野区)は、家電量販店における暖房器具※1の販売動向について発表した※2。 【概要】・11月の暖房器具販売は 前年を1割上回る。「北海道・東北」地区、「関東・甲信越」地区では2割増。 【気温低下により暖房の販売が拡大】気温の低下に伴い、暖房器具の販売が伸長している。2016年の暖房器具の販売台数は、店頭に商品が出始める9月こそ前年を下回ったものの、10月では前年比2%増、販売が本格化する

2016年12月9日GfKフィードバック数:0社会/政治

人の手助け(ボランティアなど)をする頻度に関するグローバル調査

29.11.2016 「人の手助け(ボランティアなど)をする頻度に関するグローバル調査」 GfKは17カ国、22,000人に対しボランティア活動などの人の手助けを行う頻度を調査し、結果を発表しました。 【概要】・グローバルでは約4割が月に1回以上ボランティアなどの人助けを行っていると回答。・日本では1割強にとどまる。  ボランティアなどの人助けをどれくらいの頻度で行っているか、GfKは世界17カ国の22,000名に尋ねました。その結果、 グローバルでは39%の人が月に1回以上の頻度でボランティ

2016年11月4日GfKフィードバック数:0ライフスタイル

身体の衰えに関するグローバル意識調査

27.10.2016 「身体の衰えに関するグローバル意識調査」  GfKは17の国と地域の22,000人に対し、身体の衰えに関する意識調査を実施し、結果を発表しました。 【概要】・ 現在または将来において、最も多くが不安に感じる身体の衰えは「視力の低下」と「注意力・記憶力の低下」。・ 「白髪」を最も懸念しているのは、日本の女性。加齢に伴う外見の変化を不安視。  GfKは19の身体の衰えに関する症状について、現在および将来のこととしてどのくらいの人が特に不安に感じているかを調査しました。グローバ

2016年11月2日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

2016年1-9月の乗用車用エンジンオイルの販売動向

25.10.2016 「2016年1-9月の乗用車用エンジンオイルの販売動向」 GfKジャパン(東京:中野区)は全国のカー用品量販店、ホームセンター、インターネットにおける乗用車用エンジンオイルの販売動向※1を発表した。 【概要】・2016年1-9月のエンジンオイル販売は販売量ベース(リットル換算)で前年比3%増、金額ベースで同2%増。・付加価値の高い化学合成油と部分合成油の販売量構成比が微増。 【2016年の乗用車用エンジンオイル販売動向】2016年1-9月における乗用車用エンジンオイルの販

2016年10月28日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

夏タイヤに関する調査

21.10.2016 「夏タイヤに関する調査」 - 低燃費タイヤ、メリット啓蒙が課題 GfKジャパン(東京:中野区)は、全国のドライバー12,177名に対し、夏タイヤ購入に関するインターネット調査※を実施した。その調査結果から、購入の重視点や低燃費タイヤに関する認知度について発表した。 【概要】・2割が直近1年以内で夏タイヤを購入。購入時の最重視点は「安価な価格」。軽自動車所有者は特に重視。・「低燃費タイヤ」という言葉の認知度は高いが、性能理解は限定的。 【夏タイヤ購入重視点と購入製品の性能】

2016年10月27日GfKフィードバック数:0デジタル家電

ホームシアター向け立体音響システムの販売動向

20.10.2016 「ホームシアター向け立体音響システムの販売動向」 - ドルビーアトモス対応AVアンプが過半へ  GfK ジャパン(東京:中野区)は、家電量販店におけるホームシアター向け立体音響システムの販売動向を発表した。 【概要】・2016年1-9月におけるドルビーアトモス※1対応AVアンプの販売台数は前年同期の2.4倍 。AVアンプの55%へ。 【販売拡大が続くドルビーアトモス対応AVアンプ】ホームシアターシステムを構成するオーディオ製品の中で要となるAVアンプ。ここ数年で、従来の水

2016年10月14日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

東南アジアの自動車タイヤ市場動向

06.10.2016 「GfK調べ、東南アジアの自動車タイヤ市場動向」 2年間で20以上のブランドが東南アジア4カ国へ参入 タイヤメーカーにとって東南アジアの新興国は新規参入先として魅力的な存在です。原材料の価格低下もこの後押しとなっており、2015年以降では22の市販用タイヤのブランドがタイ、マレーシア、インドネシア、フィリピンの主要都市に参入しました。GfKは同4カ国で自動車タイヤのPOSトラッキング調査を実施しています。市場競争の激化は力のないブランドの市場撤退を促すが、今年の各市場に

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ