「バーゼル」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

国内外の大手銀行は、バーゼルⅢをどれだけ遵守できている?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 国内外の大手銀行は、バーゼルⅢをどれだけ遵守できている?バーゼルⅢの初歩 第19回 このシリーズでは、バーゼルⅢの仕組みを、可能な限りわかりやすく説明します。第19回は、バーゼルⅢの遵守状況を解説します。 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります

関心の高まりが期待されるCoCo債~日本でも大手銀行が発行開始~

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年3月19日関心の高まりが期待されるCoCo債~日本でも大手銀行が発行開始~ これまで、欧州の銀行が中心となって発行が進んでいたCoCo債* ですが、日本においても、3月17日に、大手銀行グループによって、国内初となるCoCo債の発行が発表されるなど、新たな国際資本規制(バーゼルⅢ)への対応が拡がりつつあります。CoCo債は、バーゼルⅢのもとで、自己資本への算入が認められている資本性証券のひとつです。国際的な金融機関は、ROE(株

2015年1月27日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

家計への影響です。

消費税増税等の家計への影響試算(2015年度予算案反映版)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 消費税増税等の家計への影響試算(2015年度予算案反映版)2011年から2018年までの家計の実質可処分所得の推移を試算 ◆2015年1月14日に閣議決定された2015年度政府予算案の発表を受け、2014年12月に発表した「消費税増税等の家計への影響試算」(以下、要約内では改訂前)を改訂した。子育て世帯臨時特例給付金が2015年度は子ども1人あたり3千円支給されることとなったため、これが支給される世帯

2014年12月15日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

投資家と企業の対話を促す「長期投資」

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 投資家と企業の対話を促す「長期投資」長期投資VS短期志向 第6回 投資家が投資先企業と積極的に対話をして、長期的で持続的な企業の成長を実現していこうとすることを指して、「長期投資」と定義づけるような政策提言が多く出されています。こうした対話をエンゲージメント“engagement”と言いますが、今回は、対話やエンゲージメントの具体的なテーマとしてどのようなものが想定されているか、また実際にどのようなテ

2014年12月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治

消費税増税等の家計への影響試算(再増税先送り反映版)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 消費税増税等の家計への影響試算(再増税先送り反映版)2011年から2018年までの家計の実質可処分所得の推移を試算 ◆安倍首相の消費税再増税先送りの発表を受けて、2013年12月に発表した「消費増税等の家計への影響試算」を改訂した。◆消費税率の10%への引き上げ時期が2015年10月から2017年4月に先送りされることで、2016年の家計の実質可処分所得は上方修正されるが、2015年においては大きく変

2014年11月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治

いろいろな定義がある「長期投資」

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 いろいろな定義がある「長期投資」長期投資VS短期志向 第2回 長期投資とは、いったいどのような投資をすることでしょうか。筆者の職場は、証券系シンクタンクですが、ここで長期投資とはどのようなものかを尋ねると、大抵、保有期間が長い投資であるとの答えを聞かされることになります。しかし、マネー雑誌を開くと、投資信託などを定期的に、定額分だけ買い付ける投資のことを長期投資と記しているのを見かけることが多いようで

2013年12月17日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

「オルタナティブ投資」についての調査です。

金融法人及び年金基金におけるオルタナティブ投資・バーゼルⅢの実態調査

トップレポート・コラム金融資本市場分析資産運用・投資主体金融法人及び年金基金におけるオルタナティブ投資・バーゼルⅢの実態調査 ここから本文です金融法人及び年金基金におけるオルタナティブ投資・バーゼルⅢの実態調査2013年度オルタナティブ投資アンケート結果ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト(LDN駐在) 菅野 泰夫 サマリー◆大和総研では、全国の104金融法人(都市銀行、信託銀行、地方銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、生保・損保)及び125の年金基金(厚生年金基金、企業年金基金、公的年

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ