調査のチカラ TOP > タグ一覧 > パソコン利用

「パソコン利用」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年12月21日コロプラフィードバック数:0デジタル家電

パソコン利用に関する調査結果(2018)

自宅でパソコンを毎日利用しますか? パソコン利用に関する調査結果(2018)スマートアンサーでは、スマートアンサーのユーザー22,002人を対象に、自宅にパソコンがあるか、自宅でパソコンを利用する頻度はどれくらいか、休日にパソコンを利用する時間はどれくらいか、パソコンを利用する主な目的、タッチタイピングをできるかどうかなど、パソコン利用に関するアンケートを実施しました。 高校生・高専生で自分専用のパソコンを所有している割合: 男性は34.0%、女性は17.5%まず、今回のアンケート参加者全員に対

2015年1月29日日経BPフィードバック数:0マーケティング

障害者のインターネット利用実態調査2015(視覚障害者)

レポート/ケーススタディ ソリューション 企業情報 最新情報 お問い合わせ 「障害者のインターネット利用実態調査2015(視覚障害者)」 1月28日~2月28日まで、調査結果データを無償配布2015年01月28日日経BPコンサルティングでは、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(注1)」が、2016年4月1日に(一部の附則を除き)施行されることを踏まえ、視覚障害者のインターネット利用実態を2014年10~11月にかけて調査しました。本調査は2014年12月3日の障害者週間において一部の

2014年12月17日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル要登録

スマートフォンとライフスタイルの変化に関するアンケート

スマートフォンは私たちから、どのような時間を奪ったのか? スマートフォン利用後のテレビ視聴時間の減少を、10代では49.4%が認識スマートフォンは私たちから、どのような時間を奪ったのか?約3割がスマートフォン利用前と比べ、「パソコンの利用時間が減った」調査結果サマリースマートフォン利用後のテレビ視聴時間の減少を、10代では49.4%が認識スマートフォン利用後、40.8%の人が「雑誌を読む時間が減った」、34.9%の人が「テレビを見る時間が減った」、32.6%の人が「新聞を読む時間が減った」と答え

2014年12月4日日経BP★フィードバック数:0マーケティング

視覚障がい者にとってのインターネットです。

障害者のインターネット利用実態調査

Webサイトの閲覧やインターネット上の手続きができなかった経験 全盲者では9割以上 2016年4月から施行される「障害者差別解消法」の認知・理解の普及はこれから 12月3日~9日の“障害者週間”に考える「障害者のインターネット利用実態調査」(視覚障害者)2014年12月03日日経BPコンサルティング(東京都港区)は、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(注1)」(以下、「障害者差別解消法」とする)が、2016年4月1日に(一部の附則を除き)施行されることを踏まえ、障害者のインターネット

2013年12月16日Google★フィードバック数:0マーケティング

シングルソースパネルデータを分析してユーザーを5つの類型に分けています。

調査から明らかになったマルチスクリーン ユーザー解体新書(前編)

*お知らせ*こちらのサイトでは、新しいブログの記事は更新されません。 2016 年 2 月 23 日以降の投稿は、「広告主コミュニティ」の公式ブログにて行われます。 Posted by 多田 翼 / マーケティングリサーチ マネージャー2013 年、富士山がユネスコ世界文化遺産に登録されました。私はそのニュースをテレビで見た時、ふと、日本で 2 番目に高い山はどこかが気になりました。自分ではすぐに思い出せなかったので、スマートフォンで「日本で 2 番目に高い山は」と検索してみることに。手

首都圏では80.8%がPC、37.2%が携帯を所有しているそうです。

小学生のメディア接触や生活実態に関する調査

小学生の8割強がパソコンを利用。高学年女子の携帯電話所有率は6割。~小学生のメディア行動に関する調査報告~ 博報堂DYメディアパートナーズ2012年7月25日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズメディア環境研究所(東京都港区、所長:吉田弘、以下メディア環境研究所)は、1都3県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)の小学生のメディア接触や生活実態に関する調査を行いました。今回の調査で、小学生のパソコンや携帯電話の利用の低年齢化が一層進み、小学生の8割強がパソコンを利用し、約4割が携帯電話を所有し

2011年9月4日価格.com★フィードバック数:11デジタル家電

価格コムがPCについての調査結果を発表しました。

2011年 パソコン利用状況調査!

現在ご家庭で使っているパソコンの最後(最新)の購入時期を聞いた。もっとも多かったのは「3年以上前」(27.4%)だが、そのほかの約7割の人はここ3年以内に何らかのパソコンを購入しており、「2〜3年前」が14.7%、「1〜2年前」が20.5%、「半年〜1年前」が15.2%、「半年以内」が21.4%と、パソコン自体の購入・買い替えは比較的コンスタントに行われている様子が明らかとなった。直近では「1か月以内」が4.9%と、その前に比べるとやや高い数値を示している。この調査が行われたのが、8月11〜17

2011年8月17日日経BPフィードバック数:12マーケティング

「パソコン利用で子どもの学力が向上」、3人に1人の親~子どもとパソコン・携帯の気になる関係(2)

「子どもとパソコン・携帯の気になる関係」についてのアンケート結果の第2弾です。第1弾の前回から分かったのは、子どものパソコン利用を把握している親御さんが8割以上いらっしゃること、そしてお子さんたちは自宅でパソコンを日常的に使っており、利用用途で一番多かったのが趣味に関連する「Webサイト閲覧」ということです。 今回は、「お子さんのパソコン利用と学力向上」という観点から、アンケート結果をまとめました。PC Onlineの読者、およびメルマガ読者を対象にアンケートを実施して調べたものです(有効回答者

2011年2月4日デジタルアーツフィードバック数:0ビジネス

パソコン学習にかかる調査

2011年02月04日 株式会社秀英予備校 デジタルアーツ株式会社秀英予備校とデジタルアーツ、「パソコン学習にかかる調査」結果を発表 中学1年~3年の子を持つ、静岡県内在住の保護者145名に対して実施、 うち約7割がパソコン学習に興味があると回答 株式会社秀英予備校(本社:静岡県静岡市、代表取締役社長:渡辺 武、以下秀英予備校、証券コード4678)と、情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下デジタルアーツ、証券コード2326)は、

2009年8月24日デジタルアーツフィードバック数:7セキュリティ/ネットワーク

青少年のインターネット・携帯電話利用に関するアンケート

2009年08月19日 慶應義塾大学 デジタルアーツ株式会社デジタルアーツ、慶應義塾大学と共同で調査を実施 「青少年のインターネット・携帯電話利用に関するアンケート」調査結果を発表 ~慶應義塾高等学校生を対象に、大学院メディアデザイン研究科がインターネットを安全に利用するための授業を実施後、 ブログの危険性の認識が約40%増加~ 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(横浜市港北区)と、情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫)は、慶應義塾

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ