調査のチカラ TOP > タグ一覧 > パラリンピック競技

「パラリンピック競技」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2019年8月2日日本財団フィードバック数:0エンタテインメント

日本財団「18歳意識調査」第16回 テーマ:東京オリンピック・パラリンピックについて

日本財団「18歳意識調査」第16回 テーマ:東京オリンピック・パラリンピックについて 日本財団は、2020東京オリンピック開催がほぼ1年後に迫った6月下旬、「東京オリンピック・パラリンピック」をテーマに16回目の18歳意識調査を実施しました。この結果、7割弱が東京オリンピック、パラリンピック、もしくは両方を楽しみにしている、と答えています。 あなたは2020年に開催される東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を楽しみにしていますか。(n=1,000) 「自国開催だから」、「好きなスポ

2019年7月17日サイボウズ★フィードバック数:0キャリアとスキル

都内ビジネスパーソン400人に聞く「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」混雑への働き方対応」に関する調査

TOPブログ都内ビジネスパーソン400人に聞く「東京 2020 オリンピック・パラリンピック競技大会混雑への働き方対応」に関する調査2019.07.12都内ビジネスパーソン400人に聞く「東京 2020 オリンピック・パラリンピック競技大会混雑への働き方対応」に関する調査企業や組織へチームワークや働き方改革のメソッドを提供するサイボウズ チームワーク総研は、開催が一年後に迫る「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」時の働き方対応について意識および実態の調査を行いました。[ 調査概要

2017年12月25日ニールセン★フィードバック数:0マーケティング

スポーツマーケティングのトレンドを読む「SPONSORLINK」 レポート

世界最大のマーケティング調査会社1 ニールセン傘下のニールセン スポーツ ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 秦英之)は、このたびスポーツファンの実態に関する調査結果を発表しました。本調査は『SPONSORLINK』と題し、年4回実施。最新の調査は9月下旬~10月上旬に16~69歳の男女約2,500名を対象にオンラインで回答を得ました。今回の質問では、主にオリンピック・パラリンピックへの興味関心やアスリートのイメージ、さらにはスポンサー企業の認知などを調査しました。また、スポーツ全般

2016 リオデジャネイロ/2020 東京オリンピック・パラリンピックについての調査

市場調査は、株式会社日本リサーチセンター(NRC) TEL:050-3785-0700 平日10:00〜17:00 (土日祝休日)2018年6月1日より、電話番号が変わりました NRCレポート 2016 リオデジャネイロ/2020 東京オリンピック・パラリンピックについての調査公表日 2016年10月7日日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、代表取締役社長:鈴木稲博)は、1960年に設立された民間の調査研究機関であり、民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お知らせ