調査のチカラ TOP > タグ一覧 > パワーハラスメント

「パワーハラスメント」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2019年7月24日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

<転職希望者のホンネ調査> 「ハラスメント」について調査を実施

Menu<転職希望者のホンネ調査> 「ハラスメント」について調査を実施 ハラスメントを受けたことがある人が約80% ハラスメントを解決するために退職を選んだ人が約40% 総合転職エージェントの株式会社ワークポート(所在地:東京都品川区、代表取締役社長 CEO:田村高広)は、全国の転職希望者470人を対象に、【ハラスメント】についてアンケート調査を行いました。■ハラスメントを受けた経験がある人が約80%今年5月、職場でのパワーハラスメント防止を会社に義務付けるパワハラ防止法が成立し、6月には国際労

2019年3月1日エン・ジャパンフィードバック数:0ビジネス

ミドルに聞く「パワハラ」実態調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリースミドルに聞く「パワハラ」実態調査 ミドルの8割以上がパワハラを受けた経験あり。パワハラ被害の第1位は「精神的な攻撃」。パワハラを受けた3人に1人が「退職」を選択。 ミドルに聞く「パワハラ」実態調査―『ミドルの転職』ユーザーアンケート―ミドルの8割以上がパワハラを受けた経験あり。パワハラ被害の第1位は「精神的な攻撃」。パワハラを受けた3人に1人が「退職」を選択。 人材採用・入社後

パワーハラスメントに関する調査

パワーハラスメントに関する調査 法制化により共通指針の明確化、当事者意識の浸透を期待~約8割が取り組みを行っているものの、その約4割が不十分と回答~ 2019年01月28日株式会社 アドバンテッジ リスク マネジメント代表取締役社長 鳥越 慎二(東証第一部 コード8769) 株式会社アドバンテッジ リスク マネジメントは、昨年12月下旬、当社のメールマガジン会員を対象に、パワーハラスメントに対する対策への取り組み状況や、政府が推進する法案に対する意識を調査いたしました。268名から得た回答結果

2017年11月9日勝手にランキングフィードバック数:0社会/政治

ハラスメントの加害者にならないよう、知っておきたい内容

>, >ハラスメントの加害者にならないよう、知っておきたい内容近年、職場での問題としてあげられる「ハラスメント」。皆さんの職場でも起こってはいませんか?誰しもが加害者、被害者になりうるこの問題を、勝手にランキングは調べてみました。今の職場環境を思い浮かべながら、読み進めて頂ければと思います。ハラスメントが大きな問題に成ることも多数現在働いている全国の男女約10,000人の協力を得て、まずは実際に職場で「ハラスメント」が問題になったことがあるかを聞いてみました。■ある……22.8%■ない……46.

2017年5月23日厚生労働省フィードバック数:0ビジネス

職場のパワーハラスメントに関する実態調査

平成29年4月28日【照会先】労働基準局 勤労者生活課課 長平嶋 壮州専門官 高橋 嘉寿満(代表電話) 03(5253)1111(内線5306,5379)(直通電話) 03(3502)1589 報道関係者各位「職場のパワーハラスメントに関する実態調査」の報告書を公表します ~全国の企業・従業員を調査し、パワーハラスメントの発生状況や、予防・解決に向けた取組の主な効果・課題を把握~  厚生労働省では、平成年度以来となる「職場のパワーハラスメントに関する実態調査」を実施し、このほど、報告書を

2015年4月1日宮崎県★フィードバック数:0キャリアとスキル

宮崎県の調査です。

労働条件等実態調査

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。 ここから本文です。更新日:2019年3月19日労働条件等実態調査結果調査の概要1.調査目的査は、民間企業に雇用されている労働者の労働条件を把握し、その実態を明らかにし、今後の労働行政の基礎資料とすることを目的としています。2.対象地域下全域3.対象産業・事業所農林漁業及び公務を除く全産業 1.に属する県内民間1,200事業所(総務省統計局「事業所母集団データ

「職場のハラスメントについて」のアンケート

「職場のハラスメントについて」のアンケート結果発表!NCCUでは、6月24日から7月7日にかけて、介護業界におけるハラスメントの実態を把握し、安心して働ける環境づくりの推進に向けた資料として活用するために「職場のハラスメントについて」のアンケートを実施しました。現在、職場におけるハラスメント被害が社会問題化しています。ハラスメントはその判別にあたっての基準があいまいなため、ハラスメントと特定しにくく、加害者がハラスメントをしている、被害者がハラスメントを受けているという意識がないことも多いのが実

2012年12月14日厚生労働省★フィードバック数:167ビジネス

パワハラについてのまとまったレポートです。

職場のパワーハラスメントに関する実態調査

平成24年12月12日(水)労働基準局労働条件政策課賃金時間室大臣官房参事官 里見 隆治研究官 齋藤 文昭室長補佐 小泉 貴人政策係長 川瀬 健太(代表電話) 03(5253)1111(内線5373)(直通電話) 03(3502)6757 報道関係者各位「職場のパワーハラスメントに関する実態調査」の報告書がまとまりました。~全国の企業・従業員を調査し、パワーハラスメントが発生する要因や予防・解決に向けた課題を検討~ 厚生労働省では、国として初となる職場のパワーハラスメントに関する実態調査を

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ