調査のチカラ TOP > タグ一覧 > パンデミック

「パンデミック」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2022年2月14日アイティメディアフィードバック数:0ライフスタイル

Nintendo Switchの快進撃は続く 初代プレステとWiiの通算販売台数を早くも突破

ゲーム機の最新世代であるソニーの「プレイステーション 5」とMicrosoftの「Xbox Series X」は、入手困難な状態が続いています。2020年11月の発売から14カ月以上たっても、状況は改善されておらず、転売取引の問題も記憶に新しいところですね。 一方、任天堂の「Nintendo Switch」に目を向けると、ビデオゲームの出世街道で追い越し車線を爆走しています。据え置きとモバイルの斬新なハイブリッドスタイルは、2020年3月の新型コロナウイルス感染症のパンデミックを経て、さらに大き

2021年12月9日PayPalフィードバック数:0ビジネス

「ペイパル 中小企業によるEコマース活用実態調査」を発表

「ペイパル 中小企業によるEコマース活用実態調査」を発表~日本におけるECの現状と未来~ 消費者による行動の変化や、越境ECへの意欲が明らかに グローバルなオンライン決済サービスのプラットフォームおよびテクノロジーリーダーであるペイパル(PayPal Pte. Ltd. 本社:シンガポール、東京支店 日本事業統括責任者:ピーター・ケネバン、以下「ペイパル」)は、「ペイパル 中小企業によるEコマース活用実態調査」の結果を発表しました。本調査では、新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大(パンデミ

2021年6月24日月刊総務フィードバック数:0ビジネス

8割以上がまだワーケーションの導入を検討したことがない

8割以上がワーケーションの導入を未検討。ネガティブイメージは仕事と休暇の線引きが曖昧になる8割以上がワーケーションの導入を未検討。ネガティブイメージは仕事と休暇の線引きが曖昧になる 『月刊総務』は、全国の総務担当者を対象に「ワーケーションに関する調査」を実施し、178名から回答を得ました。 調査結果 概要】 リリースはこちら ※グラフはクリックで拡大できます。約半数がワーケーションを「なんとなく理解」ワーケーションとは何か知っているか尋ねたところ、「よく理解している」が22.5%、「なんとなく

2021年4月28日月刊総務フィードバック数:0ビジネス

テレワーク手当の実施率は約3割。福利厚生の課題は「平等性」「制度の利用率」「経営層の理解」など

テレワーク手当の実施率は約3割。福利厚生の課題は平等性、制度の利用率、経営層の理解などテレワーク手当の実施率は約3割。福利厚生の課題は平等性、制度の利用率、経営層の理解など 『月刊総務』は、全国の総務担当者を対象に「福利厚生に関する調査」を実施し、148名から回答を得ました 調査結果 概要 リリースはこちら ※グラフはクリックで拡大できます。テレワーク手当を実施しているのは約3割。実施内容は「毎月一律の金額を支給」が多数テレワークを実施している企業に対し、テレワーク手当を実施しているか尋ねたと

2021年4月16日月刊総務フィードバック数:0ビジネス

コロナ対策やテレワーク推進の影響で、約9割が2020年度に会社全体のデジタル化が進んだと回答

9割が2020年度に会社のデジタル化が進んだと回答。2021年度に求めるものもデジタルツールの導入が最多9割が2020年度に会社のデジタル化が進んだと回答。2021年度に求めるものもデジタルツールの導入が最多 『月刊総務』は、全国の総務担当者を対象に「総務の2020年度の振り返りと2021年度の展望に関する調査」を実施し、139名から回答を得ました。 調査結果 概要 リリースはこちら ※グラフはクリックで拡大できます。約9割の総務が2020年度は仕事の内容が変化した 2020年度を振り返り、コ

2021年3月10日アソビバフィードバック数:0マーケティング

世界93のPR会社が回答、広報の実態調査2021

【世界93のPR会社が回答、広報の実態調査2021】「投資家対策にデジタルPRが今注目。新型コロナウィルスの世界的な大混乱において、コミュニケーション産業の社会的価値は高まった」と発表 〜グローバルコミュニケーションプラットフォームIPREX最新レポート情報〜 統合型PRコミュニケーション代理店のアソビバ合同会社(本社:東京都渋谷区、CEO:前田 圭介)が加盟する、グローバルPRコミュニケーション・ネットワークであるIPREX(本部:米国ワシントン州スポーカン 読み:アイプレックス)は、世界各地

2021年1月12日月刊総務フィードバック数:0キャリアとスキル

73.4%が対面研修のオンライン化に着手したが、うち59.0%がオンライン研修を対面に戻したいと回答

73.4%が対面研修のオンライン化に着手したが、うち59.0%がオンライン研修を対面に戻したいと回答73.4%が対面研修のオンライン化に着手したが、うち59.0%がオンライン研修を対面に戻したいと回答 『月刊総務』は、全国の総務担当者を対象に社員研修に関する調査を実施し、113名から回答を得ました。 調査結果 概要 ※グラフはクリックで拡大できます73.4%が対面研修のオンライン化に着手これまで対面で実施していた研修について新型コロナウイルス感染拡大後の実施状況を尋ねたところ、「一部をオンライ

2020年12月2日月刊総務フィードバック数:0キャリアとスキル

テレワークで「会社の方向性を伝えにくくなった」が79.1%。そのうち95.7%が社員のエンゲージメント低下を実感

テレワークで会社の方向性を伝えにくくなったが8割。社員のエンゲージメント低下を実感テレワークで会社の方向性を伝えにくくなったが8割。社員のエンゲージメント低下を実感 『月刊総務』は、全国の総務担当者を対象にモチベーションに関する調査を実施し、253名から回答を得ました。 調査結果 概要 ※グラフはクリックで拡大できます94.5%が新型コロナウイルスの感染拡大以降、社員同士が対面で会う機会が減った新型コロナウイルスの感染拡大以降、社員同士が対面で会う機会に変化があるか尋ねたところ、 「とても減っ

2020年11月13日ガートナー★フィードバック数:0企業情報システム

世界のCIO約2,000人を対象にした調査結果を発表

当社サイトでは、最適なエクスペリエンスを提供するために cookie を使用しています。詳細は Privacy Policyをご参照ください。.このサイトを継続して利用する、またはこのボックスを閉じることにより、cookie の使用に同意したことになります。 ガートナー、世界のCIO約2,000人を対象にした調査結果を発表 - 先進企業はパンデミック下でもデジタル・イノベーションを優先していることが明らかに 日本では2020年11月17~19日にバーチャルで開催する「Gartner IT

2020年7月23日ぺガジャパンフィードバック数:0ビジネス

パンデミックに対応する企業・組織のデジタル・トランスフォーメーションへの取り組みに関するグローバル調査の結果を発表

Pegasystems、パンデミックに対応する企業・組織のデジタル・トランスフォーメーションへの取り組みに関するグローバル調査の結果を発表 ・ 74%が、今般のパンデミックにより予想よりも広範なITギャップが顕在化したと回答• 54%は、顧客を支援するためにより多くのことをすべきだったと認識• 71%が、パンデミックの結果としてDX計画を加速すると回答 Pegasystems Inc. (NASDAQ: PEGA)の日本法人、ぺガジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:渡辺 宣

世界36のマーケティング市場から700超の企業回答を基にパンデミックの実影響を緊急調査!

世界36のマーケティング市場から700超の企業回答を基にパンデミックの実影響を緊急調査! 実に78%がマーケティング投資を縮小!約半数が2020年度予算15%以上カットと報告する一方、世界各国でEコマースへの長期的な予算増加に期待感 - アメリカ市場のコロナ打撃はグローバル平均45%を大きく上回り56%を記録 - 電通イージス・ネットワーク*1はこの度、世界的な感染拡大が続くコロナウイルスのグローバルマーケティング市場における影響と実態を調査した緊急レポート『The Reality of R

カンター、企業のインクルージョンとダイバーシティを表す世界初の指標公開

カンターは、各国のパンデミックへの対応についての最新の考えをまとめたニュースレターを毎週配信しています。定期配信をご希望の方はこちらからご登録ください。

2013年7月18日経済協力開発機構フィードバック数:1キャリアとスキル

OECD雇用アウトルック2013

25 November 2021 新型コロナウイルスのパンデミックは、身体的健康と死亡率だけでなく、人々の幸福のあらゆる側面に計り知れない影響を及ぼし、その結果は我々の生活と働き方に広範囲に及んでいます。 18 November 2021 新型コロナウイルス危機から強く持続可能で公正な回復を遂げるには、不平等に取り組み、機会均等を促進することが重要です。しかし、不平等が問題だということについては確実に総意が形成されている一方で、人々はその程度と対策についての意見はますます乖離しています。 9

2010年1月19日日経BP★フィードバック数:11企業情報システム

2010年のITキーワードだそうです。

ITpro読者が選んだ2010年のITキーワード

日経クロステック トップITシステム記者のつぶやき 調査編ITpro読者が選んだ2010年のITキーワード ITpro読者が選んだ2010年のITキーワード2010年もクラウドとWindows 7に注目が集まる 「クラウド・コンピューティング」と「Windows 7」が、2009年に続いて、2010年も注目を集める――。2009年12月後半に、ITproが実施した「ITpro読者が選ぶ 2010年注目のITキーワード」調査では、「2010年に注目したいキーワード」(表1)と「2009年に注目した

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ