調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ビジネスリーダー

「ビジネスリーダー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年1月8日Accentureフィードバック数:0ビジネス

アクセンチュア最新調査――消費行動の変化により、企業の長期的成長における顧客体験デザインの重要性が増加

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新調査―消費行動の変化により、企業の長期的成長における顧客体験デザインの重要性が増加 アクセンチュア最新調査―消費行動の変化により、企業の長期的成長における顧客体験デザインの重要性が増加2020

2019年5月16日Splunk★フィードバック数:0企業情報システム

ダークデータに関する調査 - 多くの企業が業績向上やキャリアアップに対する安定志向が強いことが明らかに

あらゆるデータへのアクセス、高度な分析、自動化を実現するデータプラットフォーム Splunk IT Service IntelligenceAIOpsプラットフォームでITモダナイゼーション Splunk On-Callインシデント対応を自動化してアップタイムを向上 Splunk Infrastructure Monitoringハイブリッド/マルチクラウド環境の監視と管理を実現 Splunk Application Performance Monitoringアプリ

APEC CEO年次調査

PwC、APEC CEO年次調査を発表‐アジア太平洋地域のビジネスリーダーの成長への自信は、貿易摩擦にもかかわらず、過去3年間で最高水準に達する APECの企業投資は増加しており、新たな投資先としてベトナムが人気CEOの63%は、世界における事業範囲が今後3年間で拡大すると予想労働と財の移動に対する潜在的な制約への懸念高まるCEOの58%が自動化に投資2017年11月16日PwC Japanグループ *本プレスリリースは、APEC(アジア太平洋経済協力) CEOサミットの開催に合わせ、P

2017年8月2日アバナード★★フィードバック数:0企業情報システム

人工知能(AI)を活用した業務自動化のニーズを企業に調査

アバナード、人工知能(AI)を活用した業務自動化のニーズを企業に調査 デジタルおよびクラウドサービスを提供するリーディングプロバイダーであるアバナード株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:安間 裕、以下「アバナード」)は、人工知能(AI)やロボティクス、拡張ワークフォースなどを活用した業務の自動化に関する企業実態調査を8ヶ国で実施しました。調査結果から、日本の企業経営に携わる大多数のビジネスリーダー(93%)は、5年以内にAIを活用したインテリジェント・オートメーション*を導入しなければ、

2017年7月5日Financial Timesフィードバック数:0ビジネス

2017年 Corporate Learning Pulse国際調査

<調査報告>日本の上級幹部が直面している主要課題は「将来のリ... <調査報告>日本の上級幹部が直面している主要課題は 「将来のリーダー育成と市場成長」であることが明らかにFinancial Times | IE Business School Corporate Learning Alliance()は、2017年のCorporate Learning Pulse国際調査を行ない、調査結果から「将来のビジネスリーダー育成および市場の成長」が、日本の上級幹部にとって主な課題であることがわか

2017年6月28日avanadeフィードバック数:0ビジネス

業務の自動化に関する企業調査

アバナード、業務の自動化に関する企業調査結果を発表 アバナード、業務の自動化に関する企業調査結果を発表 ビジネスリーダーの大半は人工知能(AI)やロボティクス、拡張ワークフォースなどインテリジェント・オートメーションによる新しい働き方に好意的 2017年6月14日 - デジタルおよびクラウドサービスを提供するリーディングプロバイダーであるアバナード株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:安間 裕、以下「アバナード」)は、業務の自動化に関する企業実態調査を8ヶ国で実施しました。調査結果は

Three surprising digital bets for 2015

大きな将来性があるにもかかわらず世間的にはウェアラブル機器、NoSQLデータベース、業務用センサーの3つのテクノロジーは過小評価されています。これらのテクノロジーの将来性について適用例を交え考察します。 2015年が幕を開けた今、企業はどのようなテクノロジーに投資していくのでしょうか?PwCがビジネスリーダーおよびITリーダーを対象として実施した2015年のDigital IQ調査では、サイバーセキュリティ(69%)、プライベートクラウド(61%)、データマイニングおよび分析(54%

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

  2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

特集データ

新着データ

お知らせ