「ファーム」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

「広告取引に関する広告主実態調査」の発表

「広告取引に関する広告主実態調査」の発表 有限責任監査法人トーマツは、広告活動を行っている上場企業105社を対象とした「広告取引に関する広告主実態調査」について、本日発表します。 9割超が「マーケティング投資の透明性に対し取り組みが必要」とする一方、ガイドラインを持つ企業は半数にとどまり、投資対効果に向けた広告・マーケティング取引のガバナンスが必要デジタル媒体の重要度が増す中、広告・メディア戦略実行・投資上の課題は、「広告効果測定の難しさ・不透明さ」とともに「媒体単価等コスト面の不透明さ」「

『日本における事業ポートフォリオ管理』に関するアンケート調査

『日本における事業ポートフォリオ管理』に関するアンケート調査結果~事業ポートフォリオ管理の有効性については、改善向上の余地あり~ デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社は、Acurisの出版部門であるAcuris Studiosと共同で、日本の100人の企業経営者に対し、2017年4月~5月に事業ポートフォリオ管理に関するアンケート調査を行いました。 有効性に欠ける事業ポートフォリオ管理自社の事業ポートフォリオ管理プログラムについてプロセス全体が「有効」とした回答企業は

2017年4月9日KPMGフィードバック数:0企業情報システム

『破壊的技術』に関するグローバル調査レポート『テクノロジー企業編』

Myページ会員に登録すると、あなたの興味・関心のあるテーマのコンテンツが表示されるほか、お気に入りの記事をライブラリに保存できます。 KPMGジャパンのプライバシーポリシーが更新されました。最新のプライバシーポリシーをご確認ください。 オンライン・プライバシー・ステートメントが更新されました。 プライバシーポリシーが更新されました。最新のプライバシーポリシーをご確認ください。 『破壊的技術』に関するグローバル調査レポート『テクノロジー企業編』を刊行 『破壊的

買収と売却:M&Aに関わる日本国内の動向

買収と売却:M&Aに関わる日本国内の動向2014年10月アップデート 国内市場の業界再編との両輪の取り組みとして、日本企業はノンコア事業や不採算事業の切り離しを進め、よりスリムで効率の高い企業になろうとしています。デロイト トーマツ フィナンシャルアドバイザリー株式会社では、このたびMergermarketと協力し、日本国内の動向を調査しました。 ニュースレターの主要ポイントは次の通りデロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー株式会社 日本で現在起こっているアウトバウンド型M&Aの

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ