調査のチカラ TOP > タグ一覧 > フィーチャーフォン

「フィーチャーフォン」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2019年2月4日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

スマートフォンとフィーチャーフォンの利用割合

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 シニアのスマートフォンの利用、2012年は12.7%、2018年は61.5% 6年で48.8ポイント上がる MMD研究所は2012年から行っているシニア調査を元に、携帯電話利用者を対象にスマートフォンとフィーチャーフォンの利用割合を集計して推移をまとめました。調査結果は以下の通りです。【調査結果サマリー】■ シニアのスマートフォンの利用、2012

2018年5月14日NTTドコモ★フィードバック数:0モバイル

60代でスマホ所有率が初めて5割超え、フィーチャーフォン所有率を上回る

アクセスが集中しているか、サーバメンテナンス中です。しばらく経ってから再度アクセスしてください。時間をおいてもアクセスできない場合には以下をお試しください。・URLに誤りがないか確認する・トップページから再度アクセスする・ブラウザ、または端末を再起動する

2018年1月17日携帯市場フィードバック数:0モバイル

2017年、中古ガラケー年間ランキングトップ20

携帯市場、2017 年、中古ガラケー年間ランキングトップ 20 を発表!販売トップは P-01H、買取は P-01F買取最高額は、シャープ製(2016 年発売)の「SH-01J」2018 年は、「中古らくらくホン」がトレンドの兆し中古ガラケー・フィーチャーフォン取り扱い実績 130 万台を誇る、携帯電話全般の買取・販売を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、2017 年度中古ガラケー・フィーチャーフォンの販売・買取ランキング、並びに、買取価格ランキング(12 月

2017年5月28日MM総研フィードバック数:0モバイル

2016年度通期国内携帯電話端末出荷概況

2016年度通期国内携帯電話端末出荷概況SIMフリー拡大でスマートフォンは年間初の3,000万超出荷 2017年05月18日■ 2016年度通期の総出荷台数は前年度比0.3%減の3,648.6万台で5年連続減少■ スマートフォン出荷台数は前年度比3.3%増の3,013.6万台で、過去最高■ SIMフリースマートフォン出荷台数は前年度比63.5%増の281.6万台■ フィーチャーフォン出荷台数は前年度比14.4%減の635万台で、過去最低を更新■ 2017年度の総出荷台数は3,650万台、スマート

2017年2月22日MM総研フィードバック数:0モバイル

スマートフォン・MVNOの月額利用料とサービス利用実態(2016年12月)

スマートフォン・MVNOの月額利用料とサービス利用実態(2016年12月)詳細レポートを2017年3月末に発行予定 2017年02月16日■ 大手キャリアスマートフォンの月額利用料はフィーチャーフォンの2.2倍■ 音声対応MVNOの月額利用料金は大手キャリアスマートフォンの約4割■ 1週間の通話時間はフィーチャーフォン 19.8分、スマートフォン 23.4分、MVNO 19.0分■ スマートフォンの月間データ通信量は平均 4.22GB、中央値 3.00GB(ギガバイト)■ 1日の通信サービス利用

2017年2月19日MM総研フィードバック数:0モバイル

16年国内携帯電話端末出荷概況

2016年国内携帯電話端末出荷概況SIMフリースマートフォン好調でスマホ出荷は過去2番目 2017年02月09日■ 2016年1-12月期の総出荷台数は前年比3.0%減の3,606.1万台■ スマートフォン出荷台数は前年比1.5%増の2,942.1万台で過去2番目の記録■ Appleが前年比7.3%増の1,591万台(シェア44.1%)で5年連続1位と好調■ フィーチャーフォン出荷台数は前年比18.9%減の664万台で過去最低を更新  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は2016年暦年(

2016年12月6日MMDLabo★フィードバック数:0モバイル

法人携帯端末の導入実態調査

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 法人携帯端末の導入状況「特定の役職以上または部署」が上位 MMD研究所は、20歳~59歳のビジネスパーソンで法人携帯端末の購入をする際に情報収集する立場から決裁に携わる331人(スマートフォン N=110、フィーチャーフォン N=110、タブレット N=111)を対象に2016年11月15日~11月21日の期間で「法人携帯端末の導入実態調査」を実

2016年11月16日MM総研★フィードバック数:0モバイル

2016年度上期 携帯電話端末出荷と契約数の推移・予測

2016年度上期 携帯電話端末出荷と契約数の推移・予測2000年度統計開始以来、半期別出荷台数として過去最低の1,518.8万台 2016年11月10日■ スマートフォン出荷台数は1,216.8万台(8.4%減)、スマートフォン出荷比率は80.1%■ Appleが617.9万台で半期別シェア10期連続1位。スマートフォンシェア50.8%■ SIMロックフリースマートフォンは前年同期比1.8倍の119.8万台■ 2016年度通期は総出荷台数3,560万台、うちスマートフォン2,900万台で共に微減

2016年11月10日矢野経済研究所★★フィードバック数:0モバイル

携帯電話の世界市場に関する調査を実施(2016年)

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています 携帯電話の世界市場に関する調査を実施(2016年) ~アジアを中心に契約数増加は続く 端末市場は中国メーカーが躍進~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて世界の携帯電話サービスおよび端末市場に関する調査を実施した。1.調査期間:2016年6月~9月2.調査対象:携帯電話・スマートフォンメーカー、国内半導体メーカー、通信事業者、関連業界団体等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに

2016年10月25日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2016年10月携帯端末購入に関する定点調査

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 iOSの所有率は68.3%、Androidの所有率は26.9% MMD研究所は、15歳~69歳の男女6,549人を対象に2016年10月1日~10月5日の期間で「2016年10月携帯端末購入に関する定点調査」を実施いたしました。 【調査結果サマリー】■ iOSの所有率は68.3%、Androidの所有率は26.9%■ 所有率が高い端末、iOSは「

2015年10月20日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2015年10月携帯端末購入に関する定点調査

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 2015年10月スマートフォンの所有率は63.9%、昨年より4.9ポイント増 MMD研究所は15歳以上の男女6,128人を対象に「2015年10月携帯端末購入に関する定点調査」を実施致しました。【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】■ 2015年10月スマートフォンの所有率は63.9%、昨年より4.9ポイント増■ 格安SIM利用は3.8%、昨年より

2015年7月13日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

格安SIMに関する利用動向調査

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 格安SIM利用者の5割はフィーチャーフォンとの2台持ち タブレット所有も5割を超える MMD研究所は、現在、格安SIMを利用していると回答した20歳以上の男女1,064人を対象に「格安SIMに関する利用動向調査」を実施致しました。本調査は、2014年12月~2015年4月に格安SIMを利用していると回答したユーザーへの追跡調査になります。【 調査

2015年7月6日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2015年シニア世代のスマートフォン利用動向調査

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 トップページ調査データシニア世代のフィーチャーフォンからスマートフォンへの切り替えの決め手 「インターネット機能」64.7%、「画面の大きさ」54.1%シニア世代のフィーチャーフォンからスマートフォンへの切り替えの決め手 「インターネット機能」64.7%、「画面の大きさ」54.1% MMD研究所は、スマートフォンを利用する60歳以上の男女883人

2015年7月6日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2015年シニア世代のフィーチャーフォン利用動向調査

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 シニア世代の58.8%がフィーチャーフォンを4年以上継続利用 MMD研究所は、フィーチャーフォンを利用する60歳以上の男女1,110人を対象に「2015年シニア世代のフィーチャーフォン利用動向調査」を実施致しました。本調査は、シニア世代における携帯電話の利用動向調査の第2弾になります。【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】■ シニア世代の58.8%

2015年5月20日マイナビフィードバック数:0モバイル

ドコモの夏モデル、一番人気は? iPhoneも加えるとどうなる?

レポート ドコモの夏モデル、一番人気は? iPhoneも加えるとどうなる? - マイナビニュース調査 目次 NTTドコモは13日、2015夏モデルとなるスマートフォンやフィーチャーフォン全10機種を発表した。虹彩認証搭載スマホや、Android搭載フィーチャーフォンなど多種多様のモデルが用意されている。このなかで最も人気の機種を探るべく、マイナビニュース会員513人を対象にアンケート調査を行った。最新スマホを抑えてガラホが健闘ドコモの2015夏モデルとして発表されたのは、「Galaxy S

2015年4月13日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2015年4月携帯端末購入に関する定点調査

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 「SIMロック解除」の認知度は73.3%、うち内容を理解している人は37.5% MMD研究所は、15歳以上の男女6,219人を対象に「2015年4月携帯端末購入に関する定点調査」を実施致しました。【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】■ 「SIMロック解除」の認知度は73.3%、うち内容を理解している人は37.5%■ 2015年4月スマートフォン所

2015年3月30日MMDLabo★フィードバック数:0モバイル

格安スマホについての調査です。

格安スマホに関する意識調査

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 格安スマホの利用意向は36.8%、購入しない理由は「今の携帯会社が安心だから」が56.8% MMD研究所は、16歳以上のスマートフォンもしくはフィーチャーフォンを所有している男女1,670人を対象に「格安スマホに関する意識調査」を実施致しました。【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】■ 格安スマホの認知度は約9割、利用率は約1割■ 格安スマホ利用者

2014年12月15日ビッグローブ★フィードバック数:0モバイル

40代以上の女性対象の調査です。

40代以上女性のスマホ・携帯電話利用に関するアンケート調査

プレスルームBIGLOBEが40代以上女性のスマホ・携帯電話利用に関するアンケート調査を実施~スマホユーザの約7割が使いこなせていると回答、非スマホユーザのスマホ利用のネックは月額料金~ビッグローブ株式会社BIGLOBEは、40代以上の女性を対象に、スマートフォン(以下、スマホ)及びフィーチャーフォンの利用実態、利用意向に関するアンケート調査を行いました。本アンケートは、株式会社うるるのインターネット調査パネル(暮らしの根っこ)を活用し、2014年11月28日~12月9日に実施したもので、434

2014年10月23日MM総研★フィードバック数:0モバイル

市場データです。MVNOにも注目しています。

スマートフォン契約数および端末別の月額利用料金(2014年9月)

スマートフォン契約数および端末別の月額利用料金(2014年9月) 2014年10月23日■ 2014年9月末のスマートフォン契約数は6,248万件で端末契約数の50.3%で過半数に ■ MVNO SIMカード利用率は1.8%。利用者の66.1%が月間2GB(ギガバイト)以下のプラン ■ 主要キャリアの新料金プラン加入率はスマートフォン 20.6%、フィーチャーフォン 11.7% ■ MVNO SIMカードの月額利用料金は1,572円でスマートフォン利用料金の22%  MM総研(東京都・港区、所

2014年8月31日アイティメディアフィードバック数:0モバイル

スマートフォン販売ランキング(2014年8月18日~8月24日)

携帯販売ランキング(8月18日〜8月24日):総合ランキングにフィーチャーフォンが3端末も (1/4)今週も落ち着く様子のない総合ランキングを制したのは、auの「Xperia ZL2 SOL25」。トップ10内の「Xperia」シリーズはこの端末だけ。 総合ランキングは、まったく落ち着く気配がない。今週も大きく順位変動している。トップは先週2位だったauの「Xperia ZL2 SOL25」、3週ぶりの返り咲きとなった。先週1位の「iPhone 5c(16Gバイト)」は3位に後退。2位はNTTド

2014年7月13日アイティメディア★フィードバック数:0モバイル

通信キャリア選択についての調査です。

あなたが通信キャリアを選ぶ決め手は?

ITmedia Mobileでは6月2日から9日まで、通信キャリアに関する読者アンケートを実施した。通信キャリアを選ぶ決め手、今最も魅力的だと感じているキャリア、利用しているサービスについて、読者の皆さんにお聞きしたところ、500件以上の回答が集まった。アンケートのご回答にあらためて御礼を申し上げるとともに、調査結果の詳細をご紹介したい。 まずは現在利用している通信キャリアについて、1台目から3台目までを聞いた。1台目はNTTドコモが46.4%、KDDIが35.9%、ソフトバンクモバイルが11.

2014年6月10日MMDLabo★フィードバック数:0モバイル

端末購入についての調査です。

2013年10月~2014年3月携帯端末購入に関する定点調査

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 docomo、auのiPhoneシリーズ所有者が大きく増加 MMD研究所は、15歳以上の男女934人を対象に「2013年10月~2014年3月携帯端末購入に関する定点調査」を2014年4月14日~4月16日にかけて実施致しました。【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】■ 2013年10月~2014年3月までに携帯端末を購入した人の83.7%がスマー

2014年5月21日MMDLabo★フィードバック数:0モバイル

MVNOについてもカバーしています。

2014年4月携帯端末購入に関する定点調査

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 2014年4月スマートフォン所有率は56.5%、10代の所有率は84.5% MMD研究所は、フィーチャーフォンまたはスマートフォンを所有している15歳以上の男女(N=30,993)を対象に「2014年4月携帯端末購入に関する定点調査」を2014年4月10日~4月13日にかけて実施致しました。【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】■ 2014年4月ス

2014年4月23日MM総研★★フィードバック数:0モバイル

市場データです。

スマートフォン市場規模の推移・予測(2014年4月)

スマートフォン市場規模の推移・予測(2014年4月) 2014年04月23日■ 2014年3月末の携帯電話契約数は1億4,413万件で人口普及率113.4% ■ 2014年3月末のスマートフォン契約数は5,734万件で端末契約数の47.0% ■ 2014年3月末のOSシェアはAndroid 57.1%:iOS 41.8% ■ 2019年3月末のスマートフォン契約数は1億300万件に拡大と予測  MM総研(東京都港区 代表取締役所長:中島洋)は携帯電話事業者と電気通信事業者協会(TCA)が発表す

2013年11月7日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

フィーチャーフォン、スマートフォンの購買に関する満足度調査

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 携帯購買者の満足度、スマートフォンがフィーチャーフォンより約15%高い MMD研究所は、2013年10月11日~10月15日にかけて、フィーチャーフォンまたはスマートフォンを所有している18歳以上の男女995人を対象に「フィーチャーフォン、スマートフォンの購買に関する満足度調査」を実施致しました。本調査では、直近半年間(4月~9月)で携帯端末を購

2013年11月4日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

携帯端末購入に関する定点調査(購入編)

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 2013年4月~9月携帯端末購入 フィーチャーフォンからスマートフォンへの乗換は? MMD研究所は、2013年10月11日~10月15日にかけて、フィーチャーフォンまたはスマートフォンを所有している18歳以上の男女995人を対象に「携帯端末購入に関する定点調査(購入編)」を実施致しました。本調査は購入編として、所有している携帯端末、購入時に重視す

日本の携帯電話メーカー(2013年7~8月考察)

※この記事は、会員サービス「InfoComモバイル通信ニューズレター」より一部を無料で公開しているものです。政策関連(携帯電話メーカー)日本の携帯電話メーカー(2013年7〜8月考察)NECは2013年7月31日、スマートフォンの開発と生産からの撤退を正式発表した。従来型携帯電話機(フィーチャーフォン)およびタブレット端末事業の開発および生産は継続する。「社会ソリューション事業を軸とした成長戦略を加速すべく携帯電話端末事業を見直した」としている。長年にわたって日本の携帯電話市場を牽引してきたNE

2013年8月29日ビッグローブフィードバック数:0モバイル

「ほぼスマホ」購入者の利用状況アンケート

プレスルームNECビッグローブ株式会社NECビッグローブ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役執行役員社長:古関 義幸、以下BIGLOBE)は、月額2,980円(税込)(注1)から利用できるLTE対応のAndroid(TM)搭載端末「ほぼスマホ」の購入者向けに、利用状況アンケートを実施いたしました。本アンケートは、2013年7月16日~7月31日に実施し、673件の有効回答が集まりました。本アンケートの結果、「ほぼスマホ」購入者の7割強が40~50代で、購入前にフィーチャーフォンを利用していた

広告主数でスマートフォン広告がフィーチャーフォン広告を追い抜いています。

モバイル広告の出稿動向

2012年11月度以降、出稿広告主数は「スマートフォン広告>フィーチャーフォン広告」 〜 モバイル広告の出稿動向 〜 インターネット利用状況を調査している株式会社ビデオリサーチインタラクティブ(本社:東京都千代田区、社長:荻野 欣之)は、モバイル広告(スマートフォン広告/フィーチャーフォン広告)の出稿動向を取りまとめました。今回の結果は、当社独自基準に基づいて収集したスマートフォン広告のDBサービス「SmartPhone Ads Report」、及びフィーチャーフォン広告の

2013年7月4日D2C★★フィードバック数:21マーケティング

スマートフォン、タブレットの利用についての調査です。

マルチデバイス利用動向調査(2013年5月調査)

 プレスリリース 2013.07.04 マルチデバイス利用動向調査(2013年5月調査) ~スマートフォンユーザの比率は43.3%、タブレット端末の利用率は16.2%、 デバイスの併用、使い分けが進む~モバイル広告/マーティング会社の株式会社D2C(本社:東京都港区、代表取締役社長:宝珠山 卓志、以下D2C)は、普及が進むスマートフォン、タブレット端末およびフィーチャーフォンの利用動向調査を実施した。全国の15 歳~69 歳の男女、携帯電話・PHS・スマートフォン所有者3,096名を対象に

2013年4月30日MMDLabo★フィードバック数:9マーケティング

モバイルでのクーポン利用についての調査です。

クーポンの利用に関する実態調査

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 クーポンがあることによる、購入・申込への影響度は新規・継続ともに80%以上MMD研究所は、2013年2月21日~2月24日にかけてクーポンを利用したことがある20歳以上のフィーチャーフォン利用者250人、スマートフォン利用者250人の計500人を対象に「クーポンの利用に関する実態調査」を実施しました。調査では、クーポンがあることの購入への影響度や

2012年11月7日MMDLabo★フィードバック数:11モバイル

企業でのスマートフォン利用についての調査です。

ビジネスパーソンにおけるモバイルの業務利用動向調査

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 法人スマートフォン端末の支給率は6.8% MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)は、10月5日~10日にかけてビジネスパーソンを対象にモバイル端末の支給状況、BYODの実態、利用状況などの「ビジネスパーソンにおけるモバイルの業務利用動向調査」を実施しました。調査結果及び、調査概要については以下の通りです。【 調査結果サマリー(※一部抜

2012年5月7日日経BP★フィードバック数:63モバイル

スマートフォンとフィーチャーフォンの利用実態についての調査です。

スマホユーザーの3割がフィーチャーフォン併用

日経クロステック トップモバイルアンケートで知る、スマートフォンユーザーの動向スマホユーザーの3割がフィーチャーフォン併用 スマホユーザーの3割がフィーチャーフォン併用スマートフォンは携帯電話市場において、スマートフォン同士だけでなく、フィーチャーフォンとも比較される存在である。そんな中、どれだけのスマートフォンユーザーがフィーチャーフォンを所持し、そしてどのような点に満足したり、不満を抱いたりしているのだろうか。基本的な問題について、データを見ていこう。 スマートフォンとフィーチャーフォンの利

2012年3月22日D2C★フィードバック数:30モバイル

スマートフォンやメディアの利用についての調査です。

モバイル利用動向調査(2012年2月調査)

 プレスリリース 2012.03.22 モバイル利用動向調査(2012年2月調査) 株式会社ディーツー コミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:宝珠山 卓志、以下D2C)は、普及が進むスマートフォンの利用動向調査を実施した。全国の15歳~69歳の男女3095名を対象に、2012年2月、PCインターネットによるアンケート調査を行い、フィーチャーフォンおよびスマートフォンの利用動向についてまとめた。※本リリースに記載されております「10月調査」とは、2011年10月に実施したも

2012年1月19日日経BP★フィードバック数:31モバイル

スマートフォンのビジネス利用についての調査結果です。

スマホの「会社支給率」は約1割

日経クロステック トップモバイルアンケートで知る、スマートフォンユーザーの動向スマホの「会社支給率」は約1割 スマホの「会社支給率」は約1割モバイルマーケティング・ジャパン プロデューサー スマートフォンの普及が進む中、プライベートでの所持率やその利用方法などはデータとしてよく見るが、仕事上での実態はどうなのかはあまり取り上げられていない。しかし、スマートフォンの登場初期段階のメインユーザーは30代以上の男性ビジネスパーソンであり、スマートフォンと仕事は切っても切り離せない関係がある。今回は

2011年12月14日D2C★フィードバック数:25モバイル

D2Cによるスマートフォン他モバイル機器の利用動向調査です。

モバイル利用動向調査(2011年10月調査)

 プレスリリース 2011.12.14 モバイル利用動向調査(2011年10月調査) 株式会社ディーツー コミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:宝珠山 卓志、以下)は、普及が進むスマートフォンの利用動向調査を実施した。全国の歳歳の男女名を対象に、年月、インターネットによるアンケート調査を行い、フィーチャーフォンおよびスマートフォンの利用動向についてまとめた。【ポイント①】フィーチャーフォンとスマートフォンのユーザ比率スマートフォンユーザの比率は以上に所有する端末ごとのユー

2011年10月25日日経BP★フィードバック数:120モバイル

スマートフォンでのネット利用についての調査結果です。

スマホで進むPC離れ? ネット市場は既に「PC<スマホ」

日経クロステック トップモバイルアンケートで知る、スマートフォンユーザーの動向スマホで進むPC離れ? ネット市場は既に「PC<スマホ」 スマホで進むPC離れ? ネット市場は既に「PC<スマホ」モバイルマーケティング・ジャパン プロデューサー ユーザーにとって従来型携帯電話(フィーチャーフォン)を購入するか、スマートフォンに買い替えるかを検討するのは普通のことだろう。企業側にとっても、フィーチャーフォンとスマートフォンを比較してモバイル市場を把握をしたり、戦略を考えたりするケースが多い。 しか

2011年4月27日D2C★フィードバック数:70モバイル

D2Cによるスマートフォン調査2です。

スマートフォン普及動向調査

 プレスリリース 2011.04.27 スマートフォン普及動向調査 株式会社ディーツー コミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:宝珠山 卓志、以下D2C)では、2011年1月、スマートフォンの普及動向に関する調査を実施した。より実態に近い普及率を把握するため郵送調査を実施した。全国15~69歳の一般生活者を対象とし、エリア×性年代別の人口構成比に合わせて回収・集計した。調査結果より、以下の3つのポイントを確認した。「スマートフォン普及動向調査」の3つのポイント 【ポイント①

2010年12月14日MMDLaboフィードバック数:32マーケティング

モバイルメディアのスマートフォン対応に関する運営者アンケート調査

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 モバイルメディアのスマートフォン対応に関する運営者アンケート調査 MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)では、モバイルメディアを運営している企業(全53社)の運営担当者の協力のもと、「モバイルメディアのスマートフォン対応に関する運営者アンケート調査」を実施致しました。【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】■ スマートフォンのアクセス、1

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ