調査のチカラ TOP > タグ一覧 > フルタイム勤務

「フルタイム勤務」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年5月19日ドゥ・ハウスフィードバック数:0ライフスタイル

「新型コロナウィルスの影響」に関する調査結果

2020.04.30「新型コロナウィルスの影響」に関する調査結果新型コロナウイルスによって、感染症拡大の抑制に伴う行動制限や一部の地域では在宅勤務の要請がされています。 日常生活や仕事にはどのような影響が出ているのでしょうか。外食やネット通販の頻度、今後の生活への不安などを調査いたしました。調査サマリ6割以上が、新型コロナウイルスによって日常生活に影響があると回答。一方、勤務状況が変わらない人は約7割新型コロナウイルスの影響で、「昼夜の外食」の頻度が減った割合が前回調査よりも15ポイント以上増加

2018年12月12日ドゥ・ハウスフィードバック数:0ライフスタイル

「有職者の家事」に関する定量調査&「共働き家庭の家事」に関する定性調査

2018.11.01「有職者の家事」に関する定量調査& 「共働き家庭の家事」に関する定性調査結果働く人の生活について調査しました。働く人は何時に起きて、通勤時間にどれくらいかけているのか等、最初に定量で調査しています。さらに、既婚者に絞り込んで、家事や育児の分担状況について深掘りをしました。どのように考えながら家事を分担しているのか、家事負担を減らすために利用したいサービスなどをヒアリングしています。調査サマリフルタイム勤務者の起床時間は、平日・休日とも「6:00~6:29」が最も多く、休日には

35歳~69歳女性の再就職事情、仕事観調査(2018年)

リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイトTOPスペシャルコンテンツ働く女性の今とこれから研究室【働く女性REAL】35歳~69歳女性の再就職事情、仕事観調査(2018年) 働く女性の今とこれから研究室【働く女性REAL】35歳~69歳女性の再就職事情、仕事観調査(2018年)■73.0%が仕事再開組で、その働き方はパートタイム勤務が65.7% 35~69歳の現在働いている女性367人に今までの働き方を聞いたところ、「結婚・出産他の事情で長期間仕事を辞めて、再び働き始めた」(仕事再

2016年10月4日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「求人状況」のアンケート調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース派遣社員に聞いた「就業環境」。 「以前より良くなった」という声が、6年連続で増加。 実感の背景は求人数の増加、勤務スタイルの多様性、時給アップ。ー『エン派遣』ユーザーアンケート集計結果ー 派遣社員に聞いた「就業環境」。 「以前より良くなった」という声が、6年連続で増加。 実感の背景は求人数の増加、勤務スタイルの多様性、時給アップ。 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(

2016年5月28日マクロミルフィードバック数:0ライフスタイル

産休・育休から復職した女性(ワーキングマザー)の働き方・意識を調査!

HoNote(ホノテ)とは、消費者のHonto(本当)やHonne(ホンネ)がわかるNote(ノート)です。 市場調査レポートや、調査ノウハウ、マーケティングに役立つポイントなどを掲載。 これから調査を始めたいと考えている方や、マーケティングリサーチの初心者をはじめ、 マーケターや商品開発担当者など、消費者の声や行動をビジネスに役立てる方に向け情報をご紹介しています。運営元 : 株式会社マクロミル運営元の株式会社マクロミルは、ネットリサーチのリーディングカンパニーとして、 これまで6,500社を

2015年4月15日産労総合研究所★フィードバック数:0キャリアとスキル

企業の対応についての調査です。

有期契約社員の雇用管理と法改正への対応に関する調査

有期契約社員の雇用管理と法改正への対応に関する調査人事有期契約社員の雇用管理と法改正への対応に関する調査 人事労務分野の情報機関である産労総合研究所(代表・平盛之)は、このたび「有期契約社員の雇用管理と法改正への対応に関する調査」を実施しました。 調査結果のポイント(1)有期契約社員の職務短時間勤務型は「正社員より軽易」68.7%フルタイム勤務型は「正社員より軽易」47.2%,「正社員と同一職務で同等の難易度」42.5%(2)適用される就業規則「正社員とは別」が短時間勤務型69.7%,フルタイ

電子マネーの利用状況

サンケイリビング新聞社女性の本音リサーチミセスのデータ一覧電子マネーの利用状況ミセスのデータOLマーケットレポート助かりました大賞 全国の女性を対象に、利用している電子マネーを聞いたところ、「WAON」「nanaco」は専業主婦、「Suica」などの交通系はフルタイム勤務者の利用が多い結果に。交通費以外の買い物などで使うかどうかについては、働き方に関係なく7割強が使うと回答。その利用場所は「スーパーでの買い物」64.7%、「コンビニでの買い物」62.6%、ファストフード店・カフェ」24.9%、「

2014年11月21日アイブリッジ★フィードバック数:0ライフスタイル

スーパーについての調査です。

スーパーマーケットに関する意識調査

業界最大規模のモニター数を誇るリサーチプラスが実施したスーパーマーケットに関する意識調査結果。 企業登録をすると、管理画面からのアンケート作成や、回答結果のダウンロードが可能となります。 スーパーマーケットに関する意識調査2014年11月17日スーパーマーケットに関する意識調査アイブリッジ株式会社(本社:大阪市福島区、代表取締役社長:荒川 和也)が展開するインターネットリサーチサービス“リサーチプラス”では、約160万人の自社モニター会員を活用し、全国、女性、1000人を対象に、スーパ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着データ

お知らせ