調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ブロックチェーン

「ブロックチェーン」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年6月27日IDC★フィードバック数:0大型消費/投資

国内ブロックチェーン関連市場予測

国内ブロックチェーン関連ソリューション市場の2016年~2021年の年間平均成長率は 133.0%、2021年市場規模は298億円と予測 当初は、金融分野への投資が多いが、中長期的には非金融分野への投資が金融分野を上回る 処理速度やスケーラビリティ不足などの課題克服が成長のキーポイント IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内ブロックチェーン関連ソ

グローバルフィンテック調査2017 日本分析版

変わる境界拡大するフィンテックの影響金融機関にとってフィンテックは、革新か、破壊か、チャンスか、それともその全てか? の日本の金融機関が自社のビジネスの一部がフィンテック企業に奪われる脅威にさらされていると回答 の日本の金融機関がブロックチェーンの採用時期を不明と回答 の日本の金融機関が、情報セキュリティ・プライバシーの侵害を、フィンテックの台頭がもたらす脅威と回答 の日本の金融機関が今後フィンテック企業とのパートナーシップを拡大する予定 今、フィンテック企業は世界中

2017年2月22日アクセンチュア★フィードバック数:0大型消費/投資

Banking on Blockchain: A Value Analysis for Investment Banks(投資銀行におけるブロックチェーン ― 投資銀行での利用価値に関する考察)

Skip to main content Skip to Footer投資銀行ビジネスはさらなる収益の拡大とリスクの低減が必要です。ブロックチェーンは収益性向上に苦戦する投資銀行に光明をもたらすのでしょうか。その答えを探るべく、アクセンチュアはマクラガン社と共同でデータに基づく分析を実施しました。 調査結果により、ブロックチェーンを活用することでミドルオフィス・バックオフィス全体において 30%以上のコスト削減が可能であることが明らかになりました 投資銀行ビジネスにおける課題にはどの

Salesforce エコシステムがもたらす 2,720億ドル規模の機会

すべての人に平等を - 東京レインボープライドにSalesforceが賛同し続ける理由 日本最大級のLGBTイベント「東京レインボープライド」。Salesforceでは、約200名の社員がパレードに参加し、ブース出展も行いました。なぜ、私たちがこのイベントへの参加を重要視するのか。その理由をご紹介すると共に、当日の模様をレポートします。 ブロックチェーン技術の仕組みとその重要性ある調査によれば、ブロックチェーンは2030年までに3.1兆ドルのビジネス付加価値を生み出すと言われています

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ