調査のチカラ TOP > タグ一覧 > プラスチック

「プラスチック」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年9月28日ドゥ・ハウスフィードバック数:0ライフスタイル

「脱プラとレジバッグ有料化」に関する調査結果

2020.09.03「脱プラとレジバッグ有料化」に関する調査結果2020年7月からの全国でプラスチック製買物袋の有料化が導入されました。 今回は、プラスチック製買物袋の有料化によって、エコバックの活用状況や脱プラスチックへの意識の変化について調査しています。調査サマリ脱プラスチックの知名度は8割。1月の調査と比べると、全ての世代で知名度が高まるエコバックの保有率は男性75.2%、女性は94.6%有料化後、レジ袋を購入したことがない人の割合は、20代では3割、60代では約6割脱プラスチックの知名度

リサーチ・アンド・イノベーション

【超速報】レジ袋有料化でエコバッグ持参は62.7%!全国1万人に買い物直後に聞いてみた

【超速報】レジ袋有料化でエコバッグ持参は62.7%!全国1万人に買い物直後に聞いてみた 消費者と企業を購買データでつなぐ「CODE for Business」調べ 株式会社リサーチ・アンド・イノベーション(本社:東京都港区、代表取締役:中岡邦伸、以下「RNI」)は、運営する「レシートがお金にかわる家計簿アプリCODE(コード)」(https://code.r-n-i.jp/)で、プラスチック製のレジ袋が有料化となった7月1日に、その日に購入したレシートで買い物登録*した約1万人(9,999人)に

2019年7月11日矢野経済研究所フィードバック数:0ビジネス

高機能包装材料市場に関する調査を実施(2019年)

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています 2018年の高機能包装材料市場は前年比101.0%の77万9,185tと微増で推移~社会やライフスタイルの変化の中で、包装材料の新たな価値が問われる~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2018年の国内の高機能包装材料市場の動向を調査し、製品セグメント別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況 2018年の高機能包装材料の市場規模(国内出荷及び輸出量)は前年比101.0%の779,185tであった。シ

2018年11月12日エコリングフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

『環境問題』に関する意識調査

8割以上の方が”捨てずにリサイクル”をすることでゴミ問題の改善に繋がると考える方がという結果に。一歩先のエコ活動で環境問題を解決 エコに対する意識は年々高まり、生活習慣を見直す動きが活発化しています。 欧米でも日本でも、プラスチックのアイテムを廃止してリサイクル可能な紙の製品を使用するという動きが活発化しています。プラスチックだけに留まらず、人間が出したゴミは環境に悪影響を及ぼしています。事実、ゴミとエサとの区別ができず、誤飲・誤食してしまう生物もおり、最悪の場合大切な生物の命を奪ってしまうこと

何が変わる?改正個人情報保護法[インフォグラフィック]

インフォグラフィック,インフォグラフィック:本記事は、事実とは異なる記載についてのご指摘を受け、弊社にて事実を確認した上で、掲載内容の一部を下記のとおり訂正いたしました。(変更日:2017/05/30:記事中打消線)2017年5月30日、12年ぶりに改正された個人情報保護法が全面施行されました。これまでグレーゾーンであった、ウェブの閲覧履歴、個人が特定できるカメラ画像、顔や指紋の認証データ、DNA、位置情報なども、明確に個人情報と定義されます。ほかにも、取り扱う個人情報の件数に関わらずすべての事

2017年5月23日環境省フィードバック数:0社会/政治

平成28年度海洋環境モニタリング調査

平成28年度海洋環境モニタリング調査結果について環境省は、海洋環境モニタリング調査計画(8年程度で日本周辺海域を一巡)に基づき、毎年度海洋環境モニタリング調査を実施しています。本調査は、日本周辺海域の調査地点における底質・海洋生物(生体濃度)の状況、生物群集、プラスチック類等について調査することにより、海洋環境の状況を把握することを目的としています。今般、海洋環境モニタリング調査検討会での検討結果を踏まえ、平成28年度の調査結果について、以下のとおり取りまとめました。 平成28年度は、陸域起源の

日本の農業、5年でどう変わった?

インフォグラフィック,インフォグラフィック:人手不足や高齢化による「日本の農業の未来」が危惧される一方で、農業に新たに参加する人の数は近年増加傾向にあり、小売チェーンや私鉄、銀行などの他業界企業が農業ビジネスに参入しています。いま、日本の農業はどんな状況なのでしょうか。農林水産統計部が提供する最近5年間のデータをまとめてみると、意外な一面も見えてきました!意外とIT化が進んでいる!と感じた方も多いのではないでしょうか。データをみると、確かに農業人口や耕作地の減少といった傾向はあります。しかし、I

2013年2月4日パテント・リザルトフィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

化学合成系生分解性プラスチック関連技術 特許総合力ランキングトップ3はユニチカ、東レ、三菱樹脂

化学合成系生分解性プラスチック関連技術 特許総合力ランキングトップ3はユニチカ、東レ、三菱樹脂 ~ 直近6年間では東レ、帝人が躍進 ~成形性が高く軽量で低コストであるプラスチックは、使用時には大変有用であるものの、その化学的安定さのため使用後の廃棄が問題となっています。そこで弊社は、微生物等により使用後には二酸化炭素と水に分解することのできる「化学合成を用いて作製された生分解性プラスチック」に着目し、参入企業の競争力に関する調査を行いました。1993年から2012年12月末までに日本の特許庁で公

2012年6月26日経済産業省★フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

紙・印刷・プラスチック・ゴム製品の統計のまとめです。

平成23年紙・印刷・プラスチック・ゴム製品統計年報

平成23年紙・印刷・プラスチック・ゴム製品統計年報

2011年12月8日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム チルドコーヒーの飲用(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへチルドコーヒーの飲用者は64.0%、週1回以上飲む人が1割 直近1年間の飲用銘柄は「マウントレーニア」「ドトール」「スターバックス ディスカバリーズ」が上位 チルドコーヒーを飲む場面で多いのは「気分転換したい時」「ちょっと一息つきたいとき」「おやつの時」「車を運転する時」など チルドコーヒー購入時の重視点は「価格の手ごろさ」に続き、「ミルクとコーヒーのバランス」「コーヒーの味の強さ」「甘さ」などが続く 【調査対象】 「MyVoic

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

  2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お知らせ