「プラス」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2013年7月23日国土交通省フィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

主要建設資材月別需要予測

平成25年7月22日【セメント、生コンクリート】セメントの需要量は3,800千t(前年同月比10.1%のプラス)、生コンクリ-トの需要量は8,000千m3(前年同月比11.1%のプラス)と予測される。【木材】木材の需要量は800千m3(前年同月比8.3%のプラス)と予測される。【普通鋼鋼材、形鋼、小形棒鋼】普通鋼鋼材の需要量は、1,800千t(前年同月比8.2%のプラス)、形鋼の需要量は、390千t(前年同月比14.0%)、小形棒鋼の需要量は、740千t(前年同月比15.7%のプラス)と予測され

2013年7月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年5月消費者物価

トップレポート・コラム経済分析日本5月消費者物価 ここから本文です5月消費者物価コアCPIは前年比横ばい、6月にはプラス転換見込みサマリー◆2013年5月の全国CPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は、前年比0.0%となり、市場コンセンサス(同0.0%)通りの結果であった。下落幅縮小の主な要因は、エネルギーの寄与が拡大したこと。これは、関西電力、九州電力の値上げを受けて「電気代」が上昇したことに加えて、前年の裏の影響で「灯油」の上昇幅が拡大、「ガソリン」の下落幅が縮小したため。◆2013年6月の

消費者物価(全国13年5月)~コアCPI上昇率は6月以降プラスへ

消費者物価(全国13年5月)~コアCPI上昇率は6月以降プラスへ | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国13年5月)~コアCPI上昇率は6月以降プラスへ 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPIは7ヵ月ぶりにマイナス圏を脱す・物価下落品目数の割合は11ヵ月連続で50%を上回る・コアCPI上昇率は6月以降プラスへ総務省が

2013年6月11日国土交通省フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

主要建設資材月別需要予測<平成25年7月分>

主要建設資材月別需要予測< 平成25年7月分 > 平成25年6月10日【セメント、生コンクリート】 セメントの需要量は4,200千t(前年同月比11.4%のプラス)、生コンクリ-トの需要量は8,500千m3(前年同月比10.4%のプラス)と予測される。【木材】 木材の需要量は900千m3(前年同月比13.5%のプラス)と予測される。【普通鋼鋼材、形鋼、小形棒鋼】 普通鋼鋼材の需要量は、1,900千t(前年同月比16.2%のプラス)、形鋼の需要量は、420千t(前年同月比26.9%)、小形棒鋼の

2013年1~3月期のGDP(1次速報)結果

閉じる経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバルビジネスグローバルビジネス本邦企業の海外戦略、進出・提携支援、買収後の事業統合(PMI)や現地経営管理など、お客様のニーズに合わせたソリューションをご提供します。 デ

2013年5月15日国土交通省フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

主要建設資材月別需要予測<平成25年6月分>

主要建設資材月別需要予測< 平成25年6月分 > 平成25年5月10日【セメント、生コンクリート】 セメントの需要量は4,000千t(前年同月比9.7%のプラス)、生コンクリ-トの需要量は8,000千m3(前年同月比7.9%のプラス)と予測される。【木材】 木材の需要量は850千m3(前年同月比8.0%のプラス)と予測される。【普通鋼鋼材、形鋼、小形棒鋼】 普通鋼鋼材の需要量は、1,750千t(前年同月比14.3%のプラス)、形鋼の需要量は、400千t(前年同月比23.5%)、小形棒鋼の需要量

2013年5月1日大和総研フィードバック数:1社会/政治

2013年1-3月期GDP予測~前期比年率+2.8%を予測

トップレポート・コラム経済分析日本2013年1-3月期GDP予測~前期比年率+2.8%を予測 ここから本文です2013年1-3月期GDP予測~前期比年率+2.8%を予測個人消費と輸出がドライバーにサマリー◆2013年1-3月期のGDP1次速報(2013年5月16日公表予定)では、実質GDPが前期比+0.7%(前期比年率+2.8%)と、2四半期連続のプラス成長となると予測する。1-3月期は、これまで押上げ寄与の大きかった公需から民需主導の成長へ転換することが期待される。◆個人消費は前期比+0.6%

貿易統計13年3月~1-3月期の外需寄与度は前期比0.2%程度のプラスに

貿易統計13年3月~1-3月期の外需寄与度は前期比0.2%程度のプラスに | ニッセイ基礎研究所 貿易統計13年3月~1-3月期の外需寄与度は前期比0.2%程度のプラスに 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・大幅な貿易赤字が続く・輸出数量は持ち直すも、貿易赤字の縮小は夏頃の公算・1-3月期の外需寄与度は前期比0.2%程度のプラ

2013年4月12日大和総研フィードバック数:1社会/政治

2013年2月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本2月機械受注 ここから本文です2月機械受注2ヶ月ぶりの増加となったが、基調は弱いサマリー◆2月の機械受注では、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+7.5%と2ヶ月ぶりのプラスとなり、市場コンセンサス(同+6.9%)を上回った。ただし、基調を確認するために3ヶ月移動平均で見ると、2ヶ月連続のマイナスとなっていること、民需の60%以上を占める非製造業からの受注が低位で推移していることなどから、機械受注は弱含みが続いているとみている。◆需要

企業物価指数(2013年3月)~8ヶ月ぶりに前年比で下落幅が拡大

企業物価指数(2013年3月)~8ヶ月ぶりに前年比で下落幅が拡大 | ニッセイ基礎研究所 企業物価指数(2013年3月)~8ヶ月ぶりに前年比で下落幅が拡大 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・企業物価指数は前月比で4ヶ月連続の上昇・交易条件は4ヶ月連続で悪化・消費財は8ヶ月連続で上昇4月11日に日本銀行から発表された企業物価指数によると、2013年3

2013年3月マネー統計~マネタリーベースが急増、投信はプラス圏に急浮上

3月マネー統計~マネタリーベースが急増、投信はプラス圏に急浮上 | ニッセイ基礎研究所 3月マネー統計~マネタリーベースが急増、投信はプラス圏に急浮上 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貸出動向 : 伸び率は順調に拡大中・マネタリーベース : 既に月額6兆円強の大幅増加・マネーストック : 投資信託がプラス圏に急浮上4月

2013年4月11日国土交通省フィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

主要建設資材月別需要予測<平成25年5月分>

主要建設資材月別需要予測< 平成25年5月分 > 平成25年4月10日【セメント、生コンクリート】セメントの需要量は3,600千t(前年同月比3.7%のプラス)、生コンクリ-トの需要量は7,250千m3(前年同月比1.4%のプラス)と予測される。【木材】木材の需要量は825千m3(前年同月比8.4%のプラス)と予測される。【普通鋼鋼材、形鋼、小形棒鋼】普通鋼鋼材の需要量は、1,750千t(前年同月比8.0%のプラス)、形鋼の需要量は、400千t(前年同月比10.5%のプラス)、小形棒鋼の需要量

2013年3月27日国土交通省フィードバック数:13社会/政治

土地取引動向調査(平成25年2月調査)

土地取引状況に関する企業の判断が改善、特に東京では1年後のDI※が5年ぶりのプラス値へ ~土地取引動向調査(平成25年2月調査)の結果~ 本調査は、土地市場の動向に大きな影響を及ぼすと考えられる主要な企業を対象として、土地取引などに関する短期的な意向を把握・整理し、簡潔で分かりやすい「先行指標」の作成・提供を目的としている。 調査対象は、上場企業及び資本金10億円以上の非上場企業であり、半期ごとに調査を行っている。「現在の土地取引状況の判断」、「1年後の土地取引状況の判断」についてのDI(「

2013年3月12日国土交通省フィードバック数:10製造業/エレクトロニクス

主要建設資材月別需要予測<平成25年4月分>

主要建設資材月別需要予測<平成25年4月分> 平成25年3月11日【セメント、生コンクリート】セメントの需要量は、3,700千t(前年同月比12.2%のプラス)、生コンクリ-トの需要量は、7,500千m3(前年同月比9.4%のプラス)と予測される。【木材】木材の需要量は、850千m3(前年同月比11.5%のプラス)と予測される。【普通鋼鋼材、形鋼、小形棒鋼】普通鋼鋼材の需要量は、1,750千t(前年同月比2.0%のプラス)、形鋼の需要量は、390千t(前年同月比▲1.5%)、小形棒鋼の需要量は

2013年2月13日国土交通省フィードバック数:9製造業/エレクトロニクス

主要建設資材月別需要予測<平成25年3月分>

主要建設資材月別需要予測<平成25年3月分> 平成25年2月12日【セメント、生コンクリート】セメントの需要量は、4,200千t(前年同月比13.0%のプラス)、生コンクリ-トの需要量は、8,500千m3(前年同月比11.6%のプラス)と予測される。【木材】木材の需要量は、825千m3(前年同月比10.7%のプラス)と予測される。【普通鋼鋼材、形鋼、小形棒鋼】普通鋼鋼材の需要量は、1,950千t(前年同月比3.9%のプラス)、形鋼の需要量は、450千t(前年同月比9.0%のプラス)、小形棒鋼の

2013年2月11日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:1社会/政治

2012年10-12月期の実質GDP成長率予測~3四半期ぶりのプラス成長に~

2012年10-12月期の実質GDP成長率予測~3四半期ぶりのプラス成長に~

2013年1月16日インテリジェンスフィードバック数:5キャリアとスキル

転職求人倍率レポート(2012年12月)

転職なら、求人情報・転職サイトdoda(デューダ) 求人を探す求人を紹介してもらう知りたい・聞きたいイベントランキング・データ・調査転職求人倍率レポート(2012年12月)全体:12月の求人倍率は、前月比+0.10ptの1.56倍。2008年1月以来の最高値を更新 2012年12月の転職求人倍率は、前月比+0.10ポイントの1.56倍。リーマンショック以前の2008年1月以降で、最高値を更新しています。求人数は前月比+1%とほぼ横ばいの一方、転職希望者数は前月比−6%と大きく減少していることが、

12月マネー統計~ついに都銀の貸出残高が底入れ

12月マネー統計~ついに都銀の貸出残高が底入れ | ニッセイ基礎研究所 12月マネー統計~ついに都銀の貸出残高が底入れ 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貸出動向 : 都銀の前年比プラスは3年2ヵ月ぶり・マネタリーベース : 過去最高を更新・マネーストック : 広義流動性の伸び率が高まる日銀が1月11日に発表した昨年12

2013年1月15日国土交通省フィードバック数:7製造業/エレクトロニクス

主要建設資材月別需要予測<平成25年2月分>

主要建設資材月別需要予測<平成25年2月分> 平成25年1月11日【セメント、生コンクリート】セメントの需要量は、4,100千t(前年同月比13.6%のプラス)、生コンクリ-トの需要量は、8,250千m3(前年同月比11.6%のプラス)と予測される。【木材】木材の需要量は、775千m3(前年同月比9.0%のプラス)と予測される。【普通鋼鋼材、形鋼、小形棒鋼】普通鋼鋼材の需要量は、1,750千t(前年同月比3.4%のプラス)、形鋼の需要量は、370千t(前年同月比4.8%のプラス)、小形棒鋼の需

2012年12月26日JEITAフィードバック数:1デジタル家電

民生用電子機器国内出荷実績(2012年11月分)

1.2012年 民生用電子機器 国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の11月国内出荷金額は1,199億円(前年比63.7%)と16ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は663億円(前年比51.1%)と16ヶ月連続でマイナスとなった。音声機器は126億円(前年比117.6%)と2ヶ月連続でプラスとなった。カーAVC機器は410億円(前年比85.9%)と5ヶ月連続でマイナスとなった。 2.2012年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は517

2012年12月14日インテリジェンス★フィードバック数:3キャリアとスキル

2012年11月の求人倍率は2008年1月以降で最高だそうです。

転職求人倍率レポート(2012年11月)

転職なら、求人情報・転職サイトdoda(デューダ) 求人を探す求人を紹介してもらう知りたい・聞きたいイベントランキング・データ・調査転職求人倍率レポート(2012年11月)全体:11月の求人倍率は、前月比+0.11ptの1.46倍。2008年1月以来の最高値をマーク 2012年11月の転職求人倍率は、前月比+0.11ポイントの1.46倍。リーマンショック以前の2008年1月以降で、最高値をマークしています。求人数は前月比+1%とほぼ横ばいの一方、転職希望者数は前月比−7%と大きく減少していること

2012年12月11日国土交通省フィードバック数:8製造業/エレクトロニクス

主要建設資材月別需要予測<平成25年1月分>

主要建設資材月別需要予測<平成25年1月分> 平成24年12月10日【セメント、生コンクリート】セメントの需要量は、3,600千t(前年同月比13.2%のプラス)、生コンクリ-トの需要量は、7,000千m3(前年同月比9.5%のプラス)と予測される。【木材】木材の需要量は、750千m3(前年同月比5.5%のプラス)と予測される。【普通鋼鋼材、形鋼、小形棒鋼】普通鋼鋼材の需要量は、1,650千t(前年同月比3.8%のプラス)、形鋼の需要量は、330千t(前年同月比0.3%のプラス)、小形棒鋼の需

2012年11月22日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷実績(2012年10月分)

1.2012年 民生用電子機器 国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の10月国内出荷金額は1,138億円(前年比67.8%)と15ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は541億円(前年比58.2%)と15ヶ月連続でマイナスとなった。音声機器は163億円(前年比108.4%)と22ヶ月ぶりにプラスとなった。カーAVC機器は433億円(前年比72.5%)と4ヶ月連続でマイナスとなった。 2.2012年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は39

2012年11月12日国土交通省フィードバック数:6製造業/エレクトロニクス

主要建設資材月別需要予測<平成24年12月分>

主要建設資材月別需要予測<平成24年12月分> 平成24年11月9日【セメント、生コンクリート】セメントの需要量は4,500千t(前年同月比10.2%のプラス)、生コンクリ-トの需要量は、9,250千m3(前年同月比9.3%のプラス)と予測される。【木材】木材の需要量は、825千m3(前年同月比5.1%のプラス)と予測される。【普通鋼鋼材、形鋼、小形棒鋼】普通鋼鋼材の需要量は、1,650千t(前年同月比▲1.8%)、形鋼の需要量は、340千t(前年同月比▲0.6%)、小形棒鋼の需要量は、630

2012年10月11日国土交通省フィードバック数:8製造業/エレクトロニクス

主要建設資材月別需要予測<平成24年11月分>

主要建設資材月別需要予測<平成24年11月分> 平成24年10月10日【セメント、生コンクリート】セメントの需要量は、4,300千t(前年同月比7.0%のプラス)、生コンクリ-トの需要量は、8,750千m3(前年同月比5.3%のプラス)と予測される。【木材】木材の需要量は、850千m3(前年同月比1.3%のプラス)と予測される。【普通鋼鋼材、形鋼、小形棒鋼】普通鋼鋼材の需要量は、1,600千t(前年同月比▲0.4%)、形鋼の需要量は、320千t(前年同月比2.9%のプラス)、小形棒鋼の需要量は

2012年9月11日国土交通省フィードバック数:7製造業/エレクトロニクス

主要建設資材月別需要予測<平成24年10月分>

主要建設資材月別需要予測<平成24年10月分> 平成24年9月10日【セメント、生コンクリート】セメントの需要量は、4,500千t(前年同月比15.8%のプラス)、生コンクリ-トの需要量は、9,250千m3(前年同月比14.6%のプラス)と予測される。【木材】木材の需要量は、900千m3(前年同月比8.4%のプラス)と予測される。【普通鋼鋼材、形鋼、小形棒鋼】普通鋼鋼材の需要量は、1,700千t(前年同月比6.0%のプラス)、形鋼の需要量は、330千t(前年同月比4.4%のプラス)、小形棒鋼の

2012年8月13日国土交通省フィードバック数:7製造業/エレクトロニクス

主要建設資材月別需要予測<平成24年9月分>

主要建設資材月別需要予測<平成24年9月分> 平成24年8月10日【セメント、生コンクリート】セメントの需要量は、4,100千t(前年同月比14.5%のプラス)、生コンクリ-トの需要量は、8,750千m3(前年同月比18.1%のプラス)と予測される。【木材】木材の需要量は、925千m3(前年同月比12.7%のプラス)と予測される。【普通鋼鋼材、形鋼、小形棒鋼】普通鋼鋼材の需要量は、1,700千t(前年同月比5.7%のプラス)、形鋼の需要量は、350千t(前年同月比6.7%のプラス)、小形棒鋼の

2012年7月24日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

民生用電子機器国内出荷実績(2012年6月分)

1.2012年 民生用電子機器 国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の6月国内出荷金額は1,456億円(前年比42.0%)と11ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は782億円(前年比28.0%)と11ヶ月連続でマイナスとなった。音声機器は80億円(前年比74.9%)と18ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器は595億円(前年比105.6%)と7ヶ月連続でプラスとなった。 2.2012年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は557千

2012年7月11日国土交通省フィードバック数:6製造業/エレクトロニクス

主要建設資材月別需要予測<平成24年8月分>

主要建設資材月別需要予測<平成24年8月分> 平成24年7月10日【セメント、生コンクリート】セメントの需要量は、3,800千t(前年同月比12.1%のプラス)、生コンクリ-トの需要量は、8,500千m3(前年同月比18.7%のプラス)と予測される。【木材】木材の需要量は、875千m3(前年同月比15.1%のプラス)と予測される。【普通鋼鋼材、形鋼、小形棒鋼】普通鋼鋼材の需要量は、1,550千t(前年同月比5.5%のプラス)、形鋼の需要量は、310千t(前年同月比9.5%のプラス)、小形棒鋼の

2012年6月26日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷実績(2012年5月分)

1.2012年 民生用電子機器 国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の5月国内出荷金額は1,162億円(前年比53.8%)と10ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は586億円(前年比33.7%)と10ヶ月連続でマイナスとなった。音声機器は83億円(前年比75.6%)と17ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器は493億円(前年比158.8%)と6ヶ月連続でプラスとなった。 2.2012年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は409千

2012年6月7日価格.com★フィードバック数:17大型消費/投資

価格コムが夏のボーナスについての調査結果を発表しました。

夏のボーナス2012 -今年はズバリ! 上がる?下がる?-

今年2012年の夏のボーナスの推定支給額をうかがった。全体の推定平均支給額は、54.9万円という結果となったが、これは昨年比で0.7万円(1.4%)のプラス。昨年、2011年は3年ぶりに夏のボーナス推定支給額が上昇に転じたが、今年もわずかではあるが昨年平均を上回るという結果になっている。 年代別に見ると、大きく伸びたのは20代で、昨年比+1.2万円(3.5%)の35.0万円となった。このほか、50代も+0.2万円(0.3%)とわずかではあるが上昇。逆に、40代は減少しており、昨年比-1.3万円(

2012年6月1日国土交通省★フィードバック数:5大型消費/投資

震災からの回復をテーマにしています。

「訪日外国人消費動向調査」震災からの回復状況・訪日回数と消費動向の関係について詳細分析

「訪日外国人消費動向調査」震災からの回復状況・訪日回数と消費動向の関係について詳細分析を行いました 最終更新日:2012年5月31日○ 平成24年1-2月期の訪日観光客数は前年比21%減、訪日ビジネス客数は14%増 ※ ○ 訪日回数が多いほど、旅行中支出額が高い傾向※平成24年1-2月期の訪日外客総数は前年比11.5%減(JNTO推計値) [1]震災から1年、平成24年1-2月期の回復状況 ◆観光客数は65.3万人と推計。前年同期(23年1-2月期(83.2万人))と比べて21%減。国籍別では、

2012年5月24日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷実績(2012年4月分)

1.2012年 民生用電子機器 国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の4月国内出荷金額は1,278億円(前年比57.8%)と9ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は693億円(前年比38.1%)と9ヶ月連続でマイナスとなった。音声機器は106億円(前年比73.8%)と16ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器は479億円(前年比192.7%)と5ヶ月連続でプラスとなった。 2.2012年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は502千台

2012年4月11日国土交通省フィードバック数:6製造業/エレクトロニクス

主要建設資材月別需要予測<平成24年5月分>

主要建設資材月別需要予測<平成24年5月分> 平成24年4月10日【セメント、生コンクリート】セメントの需要量は、3,300千t(前年同月比13.3%のプラス)、生コンクリ-トの需要量は、6,500千m3(前年同月比9.8%のプラス)と予測される。【木材】木材の需要量は、700千m3(前年同月比▲2.4%)と予測される。【普通鋼鋼材、形鋼、小形棒鋼】普通鋼鋼材の需要量は、1,600千t(前年同月比3.9%のプラス)、形鋼の需要量は、360千t(前年同月比1.4%のプラス)、小形棒鋼の需要量は、

2012年3月22日国土交通省フィードバック数:6大型消費/投資

旅行・観光消費動向調査 ~平成23年10-12月期(速報)

旅行・観光消費動向調査 ~平成23年10-12月期(速報)結果がまとまりました!~ 最終更新日:2012年3月21日○国内宿泊観光旅行における延べ旅行者数は、3ヶ月通じて対前年同月比でプラスとなり、回復傾向。○国内日帰り観光旅行における延べ旅行者数は、10月以降、対前年同月比で大幅にプラスに転じた。○国内宿泊観光旅行及び国内日帰り観光旅行における消費額は、10月から12月までの3ヶ月間いずれも対前年同月比プラス。観光経済担当参事官付 神山、北島、清水、湯原 代表 03-5253-8111(27-

2012年3月12日国土交通省フィードバック数:5製造業/エレクトロニクス

主要建設資材月別需要予測<平成24年4月分>

主要建設資材月別需要予測<平成24年4月分> 平成24年3月9日【セメント、生コンクリート】セメントの需要量は3,400千t(前年同月比4.7%のプラス)、生コンクリ-トの需要量は7,000千m3(前年同月比4.0%のプラス)と予測される。【木材】木材の需要量は700千m3(前年同月比▲7.4%)と予測される。【普通鋼鋼材、形鋼、小形棒鋼】普通鋼鋼材の需要量は、1,550千t(前年同月比▲7.8%)、形鋼の需要量は、350千t(前年同月比▲5.9%)、小形棒鋼の需要量は、680千t(前年同月比

2012年2月27日積水化学工業フィードバック数:3大型消費/投資

太陽光発電実邸アンケート調査(2011)

いまどきの間取り(プラン)・イメージ画像集 セキスイハイムの展示場・イベントのご案内 家づくりの知識アイランド内にある住まいづくりのクイズに答えて「どんぐり」を集めよう!家づくりで最初に知っておきたいことがわかります。 「太陽光発電実邸アンケート調査(2011)」について— 光熱費ゼロ住宅が80%に拡大! 太陽光発電大容量化の効果大 —2012年2月23日積水化学工業株式会社積水化学工業株式会社 住宅カンパニー(プレジデント:高下貞二)は、このほど「太陽光発電(以下

2012年2月13日国土交通省フィードバック数:4製造業/エレクトロニクス

主要建設資材月別需要予測<平成24年3月分>

主要建設資材月別需要予測<平成24年3月分> 平成24年2月10日【セメント、生コンクリート】セメントの需要量は3,800千t(前年同月比12.1%のプラス)、生コンクリ-トの需要量は7,750千m3(前年同月比11.3%のプラス)と予測される。【木材】木材の需要量は700千m3(前年同月比2.2%のプラス)と予測される。【普通鋼鋼材、形鋼、小形棒鋼】普通鋼鋼材の需要量は、1,650千t(前年同月比▲4.8%)、形鋼の需要量は、340千t(前年同月比▲13.3%)、小形棒鋼の需要量は、680千

2011年12月22日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷実績(2011年11月分)

民生用電子機器の11月出荷金額は1,882億円(前年比37.1%)と4ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器国内出荷金額は1,298億円(前年比29.6%)と4ヶ月連続でマイナスとなった。音声機器国内出荷金額は107億円(前年比64.0%)と11ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器国内出荷金額は477億円(前年比93.0%)と2ヶ月ぶりにマイナスとなった。 2.民生機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は1,009千台(前年比25.5%)となった。

2011年12月15日日経BP★フィードバック数:9企業情報システム

日経コンピュータによるIT投資動向調査です。

「12年度のIT予算を増やす」が3割強

日経クロステック トップIT経営日経コンピュータReport「12年度のIT予算を増やす」が3割強 「12年度のIT予算を増やす」が3割強BCPとセキュリティが重点分野に 薄日は差すが、曇りがち――。2012年度のIT投資動向を天気予報で例えると、こうなるだろう。 日経コンピュータはユーザー企業のCIO(最高情報責任者)やシステム部長を対象に、「IT投資動向調査」を実施した。調査期間は2011年10月13日から10月30日、有効回答数は189である。「薄日」の根拠となるのが下の図だ。ユーザー企業

2011年12月12日国土交通省フィードバック数:6製造業/エレクトロニクス

主要建設資材月別需要予測<平成24年1月分>

主要建設資材月別需要予測<平成24年1月分> 平成23年12月9日【セメント、生コンクリート】セメントの需要量は、3,500千t(前年同月比13.7%のプラス)、生コンクリ-トの需要量は、7,000千m3(前年同月比12.7%のプラス)と予測される。【木材】木材の需要量は、800千m3(前年同月比13.8%のプラス)と予測される。【普通鋼鋼材、形鋼、小形棒鋼】普通鋼鋼材の需要量は、1,550千t(前年同月比▲4.1%)、形鋼の需要量は、280千t(前年同月比▲15.9%)、小形棒鋼の需要量は、

2011年11月22日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷実績(2011年10月分)

民生用電子機器の10月出荷金額は1,678億円(前年比43.2%)と3ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器国内出荷金額は930億円(前年比29.2%)と3ヶ月連続でマイナスとなった。音声機器国内出荷金額は151億円(前年比73.7%)と10ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器国内出荷金額は597億円(前年比120.4%)と13ヶ月ぶりにプラスとなった。 2.民生機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は746千台(前年比26.3%)となった。 また、

2011年11月18日総務省フィードバック数:16セキュリティ/ネットワーク

平成23年10月「通信・放送産業動態調査」

報道資料情報通信国際戦略局情報通信政策課情報通信経済室平成23年10月「通信・放送産業動態調査」の結果(速報)総務省は、このたび、平成23年10月に実施した「通信・放送産業動態調査」(一般統計)の結果(速報)を取りまとめました。今回の調査結果のポイントは、以下のとおりであり、また、詳細は別紙のとおりです。 なお、平成23年12月中旬に売上高を含む確定値をインターネット(情報通信統計データベース)(URL:https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/index.

2011年11月11日国土交通省フィードバック数:4製造業/エレクトロニクス

主要建設資材月別需要予測<平成23年12月分>

主要建設資材月別需要予測<平成23年12月分> 平成23年11月10日【セメント、生コンクリート】セメントの需要量は4,400千t(前年同月比10.2%のプラス)、生コンクリ-トの需要量は9,250千m3(前年同月比9.9%のプラス)と予測される。【木材】木材の需要量は900千m3(前年同月比9.8%のプラス)と予測される。【普通鋼鋼材、形鋼、小形棒鋼】普通鋼鋼材の需要量は、1,550千t(前年同月比▲5.8%)、形鋼の需要量は、340千t(前年同月比▲3.7%)、小形棒鋼の需要量は、630千

2011年10月25日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷実績(2011年9月分)

民生用電子機器の9月出荷金額は億円(前年比%)と2ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器国内出荷金額は億円(前年比%)と2ヶ月連続でマイナスとなった。音声機器国内出荷金額は87億円(前年比70.0%)と9ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器国内出荷金額は571億円(前年比90.1%)と12ヶ月連続でマイナスとなった。 2.民生機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は1,138千台(前年比52.1%)と、2010年同月実績からは半減しているが、エコポイ

2011年10月12日国土交通省フィードバック数:3製造業/エレクトロニクス

主要建設資材月別需要予測<平成23年11月分>

主要建設資材月別需要予測<平成23年11月分> 平成23年10月11日【セメント、生コンクリート】セメントの需要量は4,300千t(前年同月比6.0%のプラス)、生コンクリ-トの需要量は8,750 千m3(前年同月比4.2%のプラス)と予測される。【木材】木材の需要量は975千m3(前年同月比11.3%のプラス)と予測される。【普通鋼鋼材、形鋼、小形棒鋼】普通鋼鋼材の需要量は、1,650千t(前年同月比1.5%のプラス)、形鋼の需要量は、360千t (前年同月比8.1%のプラス)、小形棒鋼の需

2011年9月22日JEITAフィードバック数:4デジタル家電

2011年8月民生用電子機器国内出荷実績

出所:一般社団法人 電子情報技術産業協会 *千台未満は四捨五入の関係で、内訳と合計が一致しない場合がある。 * インターネット動画対応は、動画対応IPTVより名称変更。 単位:億円、下段斜体字は前年同月比(%) 民生用電子機器の8月出荷金額は1,942億円(前年比73.8%)と3ヶ月ぶりにマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器国内出荷金額は、1,337億円(前年比66.1%)と4ヶ月ぶりにマイナスとなった。音声機器国内出荷金額は、95億円(前年比90.8%)と8ヶ月連続でマイナスとな

2011年9月12日国土交通省フィードバック数:5製造業/エレクトロニクス

主要建設資材月別需要予測<平成23年10月分>

主要建設資材月別需要予測<平成23年10月分> 平成23年9月9日【セメント、生コンクリート】セメントの需要量は4,100千t(前年同月比7.3%のプラス)、生コンクリ-トの需要量は8,250千m3(前年同月比4.8%のプラス)と予測される。【木材】木材の需要量は1,000千m3(前年同月比16.6%のプラス)と予測される。【普通鋼鋼材、形鋼、小形棒鋼】普通鋼鋼材の需要量は、1,600千t(前年同月比10.6%のプラス)、形鋼の需要量は、340千t(前年同月比21.0%のプラス)、小形棒鋼の需

2011年9月4日JEITAフィードバック数:1デジタル家電

2011年7月民生用電子機器国内出荷実績

出所:一般社団法人 電子情報技術産業協会 *千台未満は四捨五入の関係で、内訳と合計が一致しない場合がある。 * インターネット動画対応は、動画対応IPTVより名称変更。 単位:億円、下段斜体字は前年同月比(%) 億円(前年同月比116.9%)と2ヶ月連続でプラスとなった。分野別に見ると、映像機器国内出荷金額は、2,640億円(前年同月比127.0%)と3ヶ月連続でプラスとなった。音声機器国内出荷金額は、119億円(前年同月比カーAVC機器国内出荷金額は、596億円(前年同月比91.4%)

2011年8月15日総務省フィードバック数:5セキュリティ/ネットワーク

平成23年7月「通信・放送産業動態調査」

報道資料情報通信国際戦略局情報通信政策課情報通信経済室平成23年7月「通信・放送産業動態調査」の結果(速報) 年7月に実施した「通信・放送産業動態調査」(一般統計)年9月中旬に売上高を含む確定値をインターネット(情報通信統計データベース) ○ 通信・放送産業の売上高見通し指数*1は「マイナス」から「プラス」に。業種別にみると、電気通信事業及びケーブルテレビ事業は、ほぼ横ばいであるが、民間放送事業は平成年度第1四半期からポイントの大幅増で「プラス」に転じており、通信・放送産業全体の売上高見通し指

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着データ

お知らせ