調査のチカラ TOP > タグ一覧 > プランナー

「プランナー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2020年9月4日コクヨフィードバック数:0ライフスタイル

中高生の学びに関する実態調査レポート「やるべき」と「できている」のギャップが大きいのは「勉強計画」

「やるべき」と「できている」のギャップが大きいのは「勉強計画」  学習指導要領の改訂、大学入試共通テストの導入、長期の休校等により、中高生の学びは大きな変化にさらされています。そのような環境下において、学生自身が感じている課題等を調査することを目的に、2020年6月、コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、全国の中高生を対象に「勉強に関するアンケート」を実施しました。勉強方法や情報収集の仕方、関心の高い文具等について、調査から浮かび上がってきた中高生の学びの実態をレポートします。

2019年1月8日NEXERフィードバック数:0大型消費/投資

保険の見直しについてのアンケート

検索【半数以上の人が保険の見直しをしていなかった!】保険の見直しについてのアンケート インターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所在地:東京都豊島区、代表取締役:宮田 裕也)は、生命保険販売、損害保険販売、お客様フォローサービスを行う「ボンズライフプランニング株式会社」(代表取締役:竹内 直樹)と共同で「保険の見直しについてのアンケート」を下記の通り実施しましたので、その結果を公開します。 保険の見直しについてのアンケート結果を公開インターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所

2017年2月13日SUVACOフィードバック数:0ライフスタイル

住まいと暮らしに関するアンケート

専門家依頼先を自分で探す 依頼先候補を探してもらう ||| 現在の住まいで不満に思う点は?1位はやっぱり男女ともにアレでした。 みなさんは今の住まいにどんな不満を感じていますか? SUVACOがユーザーへのアンケートで、「現在の住まいについて、不満に感じている・変えたいと思うところ」を尋ねたところ、約4割の方がある悩みを答えるという結果に。これは世代や性別、地域に関係なく共通する悩みのようです。詳しく見ていきましょう。SUVACOが専門家をご提案家づくり・リノベーションはどこに頼むのがい

2017年2月7日ワタベウェディングフィードバック数:0ライフスタイル

“家事”に関する意識調査

トッププレスルームプレスリリース2017年既婚女性の半数以上が「家事を行うことでお金を得たい」ことが判明 「愛妻の日」特別企画 “家事”に関する意識調査発表! ~ワタベウェディングプランナーが監修した『愛妻度診断』ができる 「愛妻の日」特設WEBサイトもオープン!~ 既婚女性の半数以上が「家事を行うことでお金を得たい」ことが判明「愛妻の日」特別企画 “家事”に関する意識調査発表!~ワタベウェディングプランナーが監修した『愛妻度診断』ができる「愛妻の日」特設WEBサイトもオープン!~ ワタベウ

2016年1月25日保険のビュッフェフィードバック数:0大型消費/投資

愛妻家の行動と関係について調査

[保険のビュッフェ] ,記念日 夫婦 愛妻の日 ファイナンシャル・プランナー 保険の見直し 保険のビュッフェ 愛妻家 生命保険の日

2012年12月26日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2012年11月ゲーム業界採用動向

[] <要旨> 当月はディレクター・プランナーの求人が目立ちました。経験者はもちろん、ポテンシャル層の採用も活発化しており、企業によってはポテンシャル採用者向けセミナーを開催したり通常の選考フローより面接回数を短縮したりといった施策を展開しています。また、クリエイター求人も好調でした。前月までと同じくデザイナーのポテンシャル層の採用も続いていますが、アートディレクターなどの採用も増えてきています。クリエイター系求人ではポートフォリオの提出が求められるため、実務で携わった作品やURL、個人での制作

2011年9月28日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2011年8月ゲーム業界採用動向

[] <要旨> プログラマー職では、20代前半から30代前半の若手WEB系エンジニアを求めるソーシャル業界とWEB系サービス企業との間で採用ターゲットが重複し、激しい獲得競争が繰り広げられました。一方コンシュマー業界は経験豊富な20代後半~30代後半までをターゲットとしており、PS3やXbox360の開発経験者のニーズが高い状況です。 プランナー・ディレクター職を見ると、コンシュマー業界からソーシャル業界への移動が各職種の中でも最多となる反面、ソーシャル業界からコンシュマー業界への移動は全く見ら

2011年5月20日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2011年4月ゲーム業界採用動向

[] <要旨> 震災の影響で採用活動が停止した反動により、面接を一気に行う企業や新たな採用をスタートさせる企業が増えました。これに伴って、採用人数も例月より多い結果となっています。ソーシャルゲーム業界の活況も続いており、ゲーム業界の転職マーケットの好調ぶりが窺える月でした。 職種別に見るとプランナーやデザイナーの活動が目立ち、プログラマーはやや控えめな印象です。最近のプランナーの活動においては「コンシュマー向け」「オンライン向け」「ソーシャル向け」とビジネスモデルの理解に基づいた企画が求められる

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
 

お知らせ