「ヘイズ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年11月30日ヘイズ・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

世界33カ国人材の需給効率調査 日本の人材不足は世界ワースト2位

【ヘイズ 世界33カ国人材の需給効率調査 日本の人材不足は世界ワースト2位】今、企業が人材に求めるスキルとは・・・キーワードは「STEM」と「マルチ」 グローバル人材大手のヘイズは先に発表した「世界33カ国における労働の需給効率調査」の中で、日本の「人材ミスマッチ」(企業が求めるスキルと人材が持つスキルのかい離)が世界33カ国中ワースト2位となったことを明らかにしました。 日本では、技術が進化するスピードに人材のスキルが追い付いていない状況で、AI技術者や自動運転技術者など、世界で開発競争が

2017年11月27日ヘイズ・ジャパン★フィードバック数:0キャリアとスキル

ヘイズ 世界33カ国人材の需給効率調査 日本の人材不足は世界ワースト2位

【ヘイズ 世界33カ国人材の需給効率調査 日本の人材不足は世界ワースト2位】今、企業が人材に求めるスキルとは・・・キーワードは「STEM」と「マルチ」 グローバル人材大手のヘイズは先に発表した「世界33カ国における労働の需給効率調査」の中で、日本の「人材ミスマッチ」(企業が求めるスキルと人材が持つスキルのかい離)が世界33カ国中ワースト2位となったことを明らかにしました。 日本では、技術が進化するスピードに人材のスキルが追い付いていない状況で、AI技術者や自動運転技術者など、世界で開発競争が

最も有効な転職手段は4割が「転職サイト」、次いで「人脈」

最も有効な転職手段は4割が「転職サイト」、次いで「人脈」 ヘイズインターネットアンケート 外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター:マーク・ブラジ、以下ヘイズ)はこの度、転職に関するアンケートを行いました。 ヘイズのホームページ上で97人が回答した本アンケートでは、転職先を探した際に最も有効だった手段として、回答者の40%が「転職サイト」と回答しました。 次いで35%が「人脈」と回答しています。ソーシャルメディアを使った

アジア圏での給与についてのレポートです。

2015年ヘイズ アジア給与ガイド

2015年ヘイズ アジア給与ガイド

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ