「ヘイズ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

アジア5ヶ国・地域における1244職務の給与水準と、5,146人の雇用実態を調査

ログインHaysSEOFriendlyURLヘイズ アジア5ヶ国・地域における1244職務の給与水準と、5,146人の雇用実態調査日本企業の派遣・契約社員の活用率は4年連続でアジア最大 外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター:リチャード・アードリー、以下ヘイズ)はこの度、「ヘイズ 2020 5ヶ国・地域(中国、香港、日本、シンガポール、マレーシア)における12445,146人を対象に行った雇用の実態調査の結果をまとめた

ヘイズ アジア5ヶ国・地域における1244職務の給与水準と、5,146人の雇用実態調査

ヘイズ アジア5ヶ国・地域における1244職務の給与水準と、5,146人の雇用実態調査 日本のハイスキルIT人材や管理職の給与、中国では倍のケースも 外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター:リチャード・アードレイ、以下ヘイズ)は本日、アジア5ヶ国・地域における1244職務の給与水準(当社実績ベース)と、5,146人に対して行った雇用の実態調査の結果をまとめた「ヘイズ アジア給与ガイド」を発表いたします。 https:

【ヘイズトレンド予測2020】2020年求人増加が見込まれるホットな職種トップ10

【ヘイズトレンド予測2020】2020年求人増加が見込まれるホットな職種トップ10 【2019年12月18日】外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター:リチャード・アードリー、以下ヘイズ)はこの度、ヘイズのコンサルタントへの調査や転職実績動向を踏まえて2020年の国内転職市場における10大トレンドを発表しました。キャッシュレス決済増加の流れを受け、Web/モバイル開発者、の需要が急増モバイル決済技術の導入が2020年の

ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)に関する意識調査

ログインパンくずリスト Hays Japan ヘイズ アジア ダイバーシティ&インクルージョン レポート HAYS ASIA DIVERSITY & INCLUSION REPORT2019年・2020年ヘイズ アジア ダイバーシティ&インクルージョン レポートアジア企業は、職場にダイバーシティ・インクルージョン(D&I)を導入するメリットを理解し始めているようにみえるかもしれませんが、導入のスピードは依然遅く、決して進んでいるとはいえません。Hays Asia Diversity &

2017年11月30日ヘイズ・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

世界33カ国人材の需給効率調査 日本の人材不足は世界ワースト2位

【ヘイズ 世界33カ国人材の需給効率調査 日本の人材不足は世界ワースト2位】今、企業が人材に求めるスキルとは・・・キーワードは「STEM」と「マルチ」 グローバル人材大手のヘイズは先に発表した「世界33カ国における労働の需給効率調査」の中で、日本の「人材ミスマッチ」(企業が求めるスキルと人材が持つスキルのかい離)が世界33カ国中ワースト2位となったことを明らかにしました。 日本では、技術が進化するスピードに人材のスキルが追い付いていない状況で、AI技術者や自動運転技術者など、世界で開発競争が

2017年11月27日ヘイズ・ジャパン★フィードバック数:0キャリアとスキル

ヘイズ 世界33カ国人材の需給効率調査 日本の人材不足は世界ワースト2位

【ヘイズ 世界33カ国人材の需給効率調査 日本の人材不足は世界ワースト2位】今、企業が人材に求めるスキルとは・・・キーワードは「STEM」と「マルチ」 グローバル人材大手のヘイズは先に発表した「世界33カ国における労働の需給効率調査」の中で、日本の「人材ミスマッチ」(企業が求めるスキルと人材が持つスキルのかい離)が世界33カ国中ワースト2位となったことを明らかにしました。 日本では、技術が進化するスピードに人材のスキルが追い付いていない状況で、AI技術者や自動運転技術者など、世界で開発競争が

「ヘイズ アジア給与ガイド」 大阪版

ヘイズ・ジャパン、西日本地域の給与水準「ヘイズ アジア給与ガイド」 大阪版を発表西日本地域の給与水準、一部で首都圏水準を上回る職務もヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクターマーク・ブラジ、以下ヘイズ・ジャパン)は、この度、西日本地域の500以上の職務における給与水準をまとめたを発表いたします。これは、ヘイズ・ジャパンが人材紹介サービスを企業や転職者に提供する際の実績に基づいたデータをまとめたものです。西日本地域ではグローバル化が加速する中

ヘイズ アジア給与ガイド アジア5ヵ国・地域調査

人材不足対策、日本では外国人採用を検討する企業が73%の一方日本・中国・香港・シンガポール・マレーシアの社(総従業員万人超)を対象に、種の職務における給与水準を調査し、雇用の実態に関する調査をまとめた「」を発表いたしました。この中で行った人材不足に関する調査では、会社の目標を達成するのに必要な人材が確保されていると回答した企業がアジア各国は軒並みを超えているのに対し、日本はわずか%という結果となり、人材不足が企業の目標達成に影響を及ぼしていることが浮き彫りとなりましたまた、人材不足の分野における

モバイルアプリ開発者の需要がさらに拡大

モバイルアプリ開発者の 需要がさらに拡大外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)は、IT業界で新規に開発されるアプリケーションの多くが、クローズドシステムからWebへと移行する中、国内では依然としてモバイルアプリ開発者のニーズが極めて高くなっているとするコメントを発表しました。ヘイズの採用動向レポートによると、IT業界では他にも、ITセキュリティオフィサーやERPスペシャリ

女性管理職比率、日本は19%でアジア最低水準に留まる

女性管理職比率、日本は19%でアジア最低水準に留まる【ヘイズ調べ、「国際女性デー」に向けて発表】外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)は、3月8日の国際女性デーを迎えるにあたり、アジア5ヵ国の2361社を対象に実施した「2015年度 ヘイズ アジア給与ガイド」調査結果から、日本の女性管理職比率はアジア諸国の中で最低水準に留まっているとするコメントを発表しました。「2015

2015年の転職市場、トップ10トレンド予測

「2015年の転職市場、トップ10トレンド予測」を発表外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、リージョナル・ディレクター ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)は本日(2015年12月18日)、日本国内の転職市場における2015年のトレンド予測を発表しました。発表によると、日本の転職市場は「女性の社会参画に関する意識の拡大」「クラウドコンピューティング戦略の導入促進」「急速に進化するデジタルマーケティングへの対応強化」等の流れをうけて、来

転職活動を成功に導くソーシャルメディア活用術

転職活動を成功に導く ソーシャルメディア活用術 【ソーシャルメディア・プロフィール の更新頻度、調査対象5ヵ国で 日本がトップに】グローバル人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、リージョナル・ディレクタージョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)は、求職活動におけるビジネス向けソーシャルメディアの利用実態に関する調査を行い、本日その結果を発表しました。今回の調査はアジア5ヵ国(日本、中国、香港、シンガポール、マレーシア)、438人を対象に、CV

2013年10-12月期の採用動向

ヘイズ、2013年 10 - 12月期の採用動向を発表人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社本社:東京都港区、リージョナル・ディレクター、ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパンを発表しました。これによると、ファイナンス・コントローラー、オフィス・マネージャー、ウェブスマートフォン・アプリケーション開発者など専門分野で人材流動による採用活動が活発化しています。また、月の新会計年度以降、新しい職種で人材ニーズが増えていますが、全般に離職者の補充を目的に採用を行

2013年 7 - 9月期の採用動向

ヘイズ、2013年 7 - 9月期の採用動向を発表人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、リージョナル・ディレクター、ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)は、2013年7月から9月までの採用動向予測をまとめたレポートを発表しました。これによると、当期は特定の職種を選んで人材採用を進める企業が目立ち、特に会計、セールス、コンプライアンスの専門家の人材需要が高まると見ています。また、退職者の補充とチームの技能向上などを目的に選択的な採用を

契約・派遣社員に対する企業と採用候補者の意識の違いについて

ヘイズ、契約・派遣社員に対する企業と採用候補者の意識の違いについてコメントを発表【東京2013 年3月26日】人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、リージョナル・ディレクター、ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン) は、140人の採用候補者を対象にオンライン調査を行った結果、回答者のおよそ4分の3にあたる72%が正社員の方が契約・派遣社員より魅力的であると回答したと発表しました。これは「低迷する世界経済の影響で、ここ数年契約・派遣社員

社員を維持するための戦略について

ヘイズ、社員を維持するための【東京年月日】人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社本社:東京都港区、代表取締役兼アジア地区オペレーション・ディレクター:クリスティーン・ライト、以下ヘイズ・ジャパンは、月に日本、中国、マレーシア、シンガポール、香港で人を対象に実施したウェブサイト調査から、アジア全体で離職率が高まっている傾向にあり、日本企業においても社員を維持するための戦略が求められているとコメントしています。 ヘイズ・ジャパン代表取締役兼アジア地区オペレーショ

日本企業の三分の二以上が改正障害者雇用促進法に準拠

日本企業の三分の二以上が改正障害者雇用促進法に準拠ヘイズ・ジャパンが200社以上を対象に行った調査結果より【東京年月日】人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社本社:東京都港区、代表取締役兼アジア地区オペレーション・ディレクター:クリスティーン・ライト、以下ヘイズ・ジャパンの調査によると、日本企業の三分の二以上は障害者を採用しており、平成年月から実施される障害者雇用率引き上げに伴い、この数はさらに増加するものと回答企業の人材採用担当者が予想していることが分かりまし

海外就業および留学経験者の帰国後の就職活動に関する調査

ヘイズ、海外就業および留学経験者に対し調査を実施84%が就職の際海外経験が有利に働いたと回答【東京年月日】人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社本社:東京都港区、代表取締役兼アジア地区オペレーション・ディレクター:クリスティーン・ライト、以下ヘイズ・ジャパンは海外就業および留学経験者を対象に帰国後の就職活動に関する調査を行いました。その結果、の回答者が、海外経験、主に外国語能力とグローバルなマインドが、外資系、日系企業に関わらず日本での就職に有利に働いたと答えま

グローバルなマインドを持つ人材のニーズに関する調査結果

ヘイズ、グローバルなマインドを持つ人材のニーズに関する調査結果を発表ヘイズ、グローバルなマインドを持つ人材のニーズに関する調査結果を発表高まる海外市場への注目と国内競争を背景にマルチリンガルで柔軟な人材を求める企業が増加【東京2012年8月13日】人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役兼アジア地区オペレーション・ディレクター:クリスティーン・ライト、以下ヘイズ・ジャパン) は、グローバルなマインドを持つ人材に関する調査結果を発表しま

転職希望者のソーシャル・メディアの利用状況

ヘイズ、転職希望者のソーシャル・メディアの利用状況を発表【東京2012 年8月6日】人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役兼アジア地区オペレーション・ディレクター:クリスティーン・ライト、以下ヘイズ・ジャパン)は転職活動中のソーシャル・メディアの利用に関する調査を実施しました。それによると、回答者の62%は、応募先企業が自分のオンライン・プロフィールを閲覧するかもしれないという懸念から、ソーシャル・メディアの利用方法を変えていること

2012年 7月- 9月期の採用動向

ヘイズ、2012年 7月- 9月期の採用動向を発表【東京2012 年7月17日】人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役兼アジア地区オペレーション・ディレクター:クリスティーン・ライト、以下ヘイズ・ジャパン)は本日、2012年7月から9月までの分野別の採用動向予測をまとめたレポートを発表いたしました。これによると、日本では幅広い職種で有能な派遣社員を求める動きが強まっていることがわかりました。ヘイズ・ジャパン代表取締役兼アジア地区オペ

法務専門家の採用動向に関する調査結果

ヘイズ、法務専門家の採用動向に関する調査結果を発表【東京2012 年3月26日】人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:クリスティーン・ライト、以下ヘイズ・ジャパン)はこのたび、日本の65の法律事務所を対象に実施した法務専門家の採用動向に関する調査結果を発表しました。 これによると、日本の法律事務所の4社に1社(26%)が法務専門家を募集しており、3社に1社(31%)は過去2年間で社員数を増やしていました。採用で最も重要視される

転職の主な動機は、キャリア・アップ、報酬増、ワーク・ライフ・バランスの改善

ヘイズ、転職を成功させるためのアドバイスを発表転職の主な動機は、キャリア・アップ、報酬増、ワーク・ライフ・バランスの改善【東京2012 年2月20日】人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:クリスティーン・ライト、以下ヘイズ・ジャパン)は2011年11月に実施した中途採用に関する調査結果を基に、転職を成功させる鍵となるアドバイスを発表しました。本調査で、過去1年間に転職した人に主な転職理由を聞いたところ、33%が「キャリア・アップ」

中途採用に関する調査結果

ヘイズ、中途採用に関する調査結果を発表【東京2012 年1月23日】人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:クリスティーン・ライト、以下ヘイズ・ジャパン)はこのたび、2011年11月に実施した中途採用に関する調査結果を発表しました。これによると、今年あらたに社員を採用する予定であると回答した企業は95%に達し、採用予定者の半数近くの47%を実務経験を有する転職者が占めるということが判明しました。またこのような転職者の33%が「キャリ

分野別の人材採用動向です。

2011年7月から9月までの分野別の採用動向に関する予測をまとめたレポート

ヘイズ、最新の採用動向を発表求人は回復傾向の中、新たな採用者向けのインセンティブが拡大【東京 2011年7月22日】人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:クリスティーン・ライト、以下ヘイズ・ジャパン)はこのたび、2011年7月から9月までの分野別の採用動向に関する予測をまとめたレポートを発表いたしました。 7月から9月にかけて、ボーナスの支払いが完了すること、また採用活動の回復に加え、企業の提供するインセンティブが拡大している

ヘイズ四半期レポート 最新の採用動向 需要が高まる分野で人材不足が深刻化に

ヘイズ、最新の採用動向を発表【東京 2011年1月28日】人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:クリスティーン・ライト、以下ヘイズ・ジャパン)はこのたび、2011年1月から3月までの分野別の採用動向の予測をまとめたレポートを発表いたしました。 総合的に見ると、景気回復の兆しが見え始めたことで、日本の雇用市場は人材の流動化が進み、景気低迷期に転職に踏み切らなかった人材も、給与水準の上昇やキャリアアップの機会を求め転職への意欲が

円高に伴う採用意識調査

ヘイズ、円高に伴う採用意識調査を実施【東京 2010 年11 月22 日】人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント株式会社(本社:東京都港区、 代表取締役:クリスティーン・ライト)はこのたび、首都圏の日本企業および外資系企業に勤務し、人事採用に決定 権を持つ経営陣、人事担当者200 名を対象に「円高に伴う採用意識調査」を実施しました。その結果、大多数の 回答者が、進行する円高は人材採用に大きな影響を与えないと考えており、さらには円高が続く現在海外での人 材の採用は検討していないこと

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ