調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ベースアップ

「ベースアップ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2019年2月25日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2019年度の賃金動向に関する企業の意識調査

2019/2/142019年度の賃金動向に関する企業の意識調査賃金改善理由、「労働力の定着・確保」が初の80%台に上昇〜 2019年度の従業員給与・賞与、約4.1兆円増加と試算 〜はじめに2018年の景気は「回復局面」とする企業が2年ぶりに1割台に低下した一方、「悪化局面」は2ケタ台に上昇し、回復傾向から一転して、厳しさの増した一年となった(帝国データバンク「2019年の景気見通しに対する企業の意識調査」)。また、2019年10月には消費税率引き上げを控えているほか、人手不足が深刻化するなかで賃

2018年7月27日東京商工リサーチフィードバック数:0キャリアとスキル

2018年度「賃上げに関するアンケート」調査

公開日付:2018.07.05 政府主導の「官製春闘」が5年目を迎えた。東京商工リサーチのアンケート調査では、2018年春に賃上げを実施した企業は全体の8割(構成比82.2%)にのぼった。賃上げを実施した企業のうち、7割で「従業員のモチベーションが上がった」など、賃上げの効果を実感していることがわかった。賃上げの内容をみると、大企業は「新卒者の初任給の増額」が多く、中小企業は「人材の引き留め」に重点を置いている。企業規模によって賃上げ姿勢の違いが鮮明になった。また、景気の先行き不透明感を背景とし

2018年4月10日東京商工リサーチフィードバック数:0キャリアとスキル

2018年度「賃上げ見通し」、「労働環境の改善」に関するアンケート調査

2018年度「賃上げ見通し」、「労働環境の改善」に関するアンケート調査 公開日付:2018.03.232018年度(2018年4月~2019年3月)に賃上げを予定している中小企業(資本金1億円未満)は85.6%(6,098社中5,222社)だった。これは2017年度に賃上げを実施した中小企業の82.0%を3.6ポイント上回った(注)。賃上げを予定している中小企業の定期昇給とベースアップの中央値の合計額は月6,000円で、大企業(資本金1億円以上)の月5,500円を500円上回った。「従業員のモチ

2017年11月14日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「月給」をテーマにアンケート

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース今年ベア(ベースアップ)を経験した正社員は、17%。正社員6000人に聞いた「月給」の意識調査―『エン転職』ユーザーアンケート調査 結果発表― 今年ベア(ベースアップ)を経験した正社員は、17%。正社員6000人に聞いた「月給」の意識調査―『エン転職』ユーザーアンケート調査 結果発表― 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)

2017年6月28日東京商工リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

2017年「賃上げに関するアンケート」調査

公開日付:2017.06.14 2017年4月に賃上げを実施した企業は約8割(構成比82.6%)にのぼった。中でも中小企業ほど、「従業員の定着」など人材流出を防ぐための賃上げに取り組ん でいる実態が浮き彫りになった。「従業員の定着」が目的の賃上げは、資本金1億円以上の大企業が46.6%、同1億円未満の中小企業が53.8%で、中小企業が7.2ポイント上回った 。ただ、賃上げの効果は「社員のモチベーションが上がった」が55.0%でトップだったが、「効果なし」も21.7%あった。効果がなくても今後も賃

2017年2月20日帝国データバンク★フィードバック数:0キャリアとスキル

2017年度の賃金動向に関する企業の意識調査

2017/2/142017年度の賃金動向に関する企業の意識調査賃金改善、過去最高の51.2%が見込む〜 2017年度の従業員給与・賞与、改善効果で約3.5兆円増加と試算 〜はじめに2017年の景気は、「悪化」や「踊り場」局面になると考える企業が前年から減少したうえ、「分からない」が過去最高となるなど(「2017年の景気見通しに対する企業の意識調査」)、先行きが一段と見通しにくくなっている。その一方で、政府は官民対話等を通じて賃金の引き上げを要請している。そのため、雇用確保とともにベースアップや賞

2016年7月5日東京商工リサーチ★フィードバック数:0キャリアとスキル

2016年「賃上げ、同一労働同一賃金」に関するアンケート調査

2016年「賃上げ、同一労働同一賃金」に関するアンケート調査 公開日付:2016.06.29 全国の企業を対象に、2016年の賃上げ状況に関するアンケート調査を実施した。その結果、2016年の賃上げ実施企業は8割(構成比80.0%)に達し、このうち約5割(同49.1%)は、賃上げ幅が月2,500円未満(年3万円未満)だった。日本経団連が4月18日に発表した2016年の春季労使交渉の第1回集計によると、従業員500人以上の東証1部上場企業の定期昇給とベースアップをあわせた賃上げ率は、前年から月額2

2016年2月18日帝国データバンク★フィードバック数:0キャリアとスキル

2016年度の賃金動向に関する企業の意識調査

2016/2/152016年度の賃金動向に関する企業の意識調査賃金改善を見込む企業は46.3%で7年ぶり減少〜 賃金改善の理由、「労働力の定着・確保」が過去最高の73.8% 〜はじめに2015年の景気は「踊り場局面」とする企業が半数を超える(「2016年の景気見通しに対する企業の意識調査」)など停滞感の漂う一年となったが、政府は官民対話を通じて賃金の引き上げを要請している。そのため、雇用確保とともにベースアップや賞与(一時金)の引き上げなど、賃金改善の動向はアベノミクスの行方を決定づける要素とし

2015年6月26日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年5月消費統計

トップレポート・コラム経済分析日本5月消費統計 ここから本文です5月消費統計振れを伴いながらも横ばい圏の推移が続くサマリー◆2015年5月の家計調査によると、実質消費支出は季節調整済み前月比+2.4%と増加した。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ても同+2.1%と増加した。ただし、前月の落ち込みを取り戻すには至らず、家計調査に見る個人消費は振れを伴いながらも横ばい圏で推移している。◆実質消費支出の動きを費目別にみると、「住居」(前月比+17.5%)、「教育」(同+

2015年5月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年1-3月期GDP一次速報予測~前期比年率+1.4%を予想

トップレポート・コラム経済分析日本2015年1-3月期GDP一次速報予測~前期比年率+1.4%を予想 ここから本文です2015年1-3月期GDP一次速報予測~前期比年率+1.4%を予想耐久消費財の減少を主因に個人消費が伸び悩みサマリー◆2015年1-3月期のGDP一次速報(2015年5月20日公表予定)では、実質GDPが前期比年率+1.4%(前期比+0.4%)と、2四半期連続のプラス成長を予想する。ただし、個人消費が減速するなか、民間在庫品増加がGDP全体の押し上げ要因となっており、力強さに欠け

2015年4月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:「賃上げの春」がやってきた!

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:「賃上げの春」がやってきた! ここから本文です日本経済見通し:「賃上げの春」がやってきた!アベノミクスによる好循環が日本経済を下支えリサーチ本部 副理事長 兼 専務取締役 リサーチ本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 小林 俊介 サマリー◆賃上げの春がやってきた!:アベノミクスによる経済の好循環が加速してきた。4月16日に経団連が発表した一次集計によれば、2015年の春闘における賃上げ率(ベースアップと定期昇給の合計)は2.59%と17年振

2015年4月5日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度の賃金動向に関する山梨県内企業の意識調査

2015/3/272015年度の賃金動向に関する山梨県内企業の意識調査賃金改善を見込む企業は44.6%で過去最高〜 6割超の企業で総人件費が増加見通し 〜はじめに2014年4月の消費税率引き上げ以降、景気が低調に推移するなか、政府は政労使会議等を通じて賃金の引き上げを要請している。そのため、雇用確保とともにベースアップや賞与(一時金)の引き上げなど、賃金改善の動向はアベノミクスの行方を決定づける要素として注目されている。このようななか、帝国データバンクは、2015年度の賃金動向に関する企業の意識

2015年3月22日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度の賃金動向に関する道内企業の意識調査

2015/3/162015年度の賃金動向に関する道内企業の意識調査賃金改善を見込む企業は45.2%〜 賃金改善の内容は、ベア36.4%・賞与21.1% 〜はじめに2014年4月の消費税率引き上げ以降、景気が低調に推移するなか、政府は政労使会議等を通じて賃金の引き上げを要請している。そのため、雇用確保とともにベースアップや賞与(一時金)の引き上げなど、賃金改善の動向はアベノミクスの行方を決定づける要素として注目されている。このようななか、帝国データバンクは、2015年度の賃金動向に関する企業の意識

2015年3月15日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

広島県 2015年度の賃金動向に関する企業の意識調査

2015/3/6広島県 2015年度の賃金動向に関する企業の意識調査賃金改善ある5割、リーマン前の最高を更新〜 理由、従業員の定着・確保が重点に 〜はじめにアベノミクス効果で大手企業を中心に業績回復がより鮮明になった2014年度。円安効果と欧米、新興国向けが好調な自動車業界、公共投資の増加による内需拡大が続く建設業界などで業績が急回復している。一方で、2014年4月に消費税率が8%に引き上げられて以降、原材料の高騰などによる値上げなどで、駆け込み需要の反動減が長引き、実質賃金が物価上昇に追いつい

2015年3月15日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

山陰地区 2015年度の賃金動向に関する企業の意識調査

2015/3/9山陰地区 2015年度の賃金動向に関する企業の意識調査賃金改善ある47%、リーマン前の最高を更新〜 理由、従業員の定着・確保が重点に 〜はじめにアベノミクス効果で大手企業を中心に業績回復がより鮮明になった2014年度。円安効果と欧米、新興国向けが好調な自動車業界、公共投資の増加による内需拡大が続く建設業界などで業績が急回復している。一方で、2014年4月に消費税率が8%に引き上げられて以降、原材料の高騰などによる値上げなどで、駆け込み需要の反動減が長引き、実質賃金が物価上昇に追い

2015年3月15日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

岡山県 2015年度の賃金動向に関する企業の意識調査

2015/3/11岡山県 2015年度の賃金動向に関する企業の意識調査賃金改善「ある」企業、2年連続でほぼ5割に〜 理由、従業員の定着・確保が重点に 〜はじめにアベノミクス効果で大手企業を中心に業績回復がより鮮明になった2014年度。円安効果と欧米、新興国向けが好調な自動車業界、公共投資の増加による内需拡大が続く建設業界などで業績が急回復している。一方で、2014年4月に消費税率が8%に引き上げられて以降、原材料の高騰などによる値上げなどで、駆け込み需要の反動減が長引き、実質賃金が物価上昇に追い

2015年3月8日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度の賃金動向に関する愛知県企業の意識調査

2015/2/272015年度の賃金動向に関する愛知県企業の意識調査賃金改善を見込む企業48.4%、全国を0.1ポイント上回る〜 「ベースアップ」による賃上げが「賞与」を上回る 〜はじめに2014年4月の消費税率引き上げ以降、景気が低調に推移するなか、政府は政労使会議等を通じて賃金の引き上げを要請している。そのため、雇用確保とともにベースアップや賞与(一時金)の引き上げなど、賃金改善の動向はアベノミクスの行方を決定づける要素として注目されている。帝国データバンク名古屋支店は、2015年度の賃金動

2015年3月1日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度の賃金動向に関する静岡県内企業の意識調査

2015/2/202015年度の賃金動向に関する静岡県内企業の意識調査賃金改善を見込む企業は50.0%で前年度比増加〜 「ベースアップ」による賃金改善が上昇 〜はじめに2014年4月の消費税率引き上げ以降、景気が低調に推移するなか、政府は政労使会議等を通じて賃金の引き上げを要請している。そのため、雇用確保とともにベースアップや賞与(一時金)の引き上げなど、賃金改善の動向はアベノミクスの行方を決定づける要素として注目されている。このようななか、帝国データバンクは、2015年度の賃金動向に関する企業

2015年2月16日帝国データバンク★フィードバック数:0キャリアとスキル

TDBの調査です。

2015年度の賃金動向に関する企業の意識調査

2015/2/162015年度の賃金動向に関する企業の意識調査賃金改善を見込む企業は48.3%で過去最高 〜 給与・賞与は総額3.2兆円増加すると試算 〜はじめに2014年4月の消費税率引き上げ以降、景気が低調に推移するなか、政府は政労使会議等を通じて賃金の引き上げを要請している。そのため、雇用確保とともにベースアップや賞与(一時金)の引き上げなど、賃金改善の動向はアベノミクスの行方を決定づける要素として注目されている。 このようななか、帝国データバンクは、2015年度の賃金動向に関する企業の意

2015年1月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年10-12月期GDP一次速報予測~前期比年率+3.3%を予想

トップレポート・コラム経済分析日本2014年10-12月期GDP一次速報予測~前期比年率+3.3%を予想 ここから本文です2014年10-12月期GDP一次速報予測~前期比年率+3.3%を予想耐久財の持ち直しが個人消費を下支えサマリー◆2014年10-12月期のGDP一次速報(2015年2月16日公表予定)では、実質GDPが前期比年率+3.3%(前期比+0.8%)と、3四半期ぶりのプラス成長を予想する。◆個人消費は前期比+0.9%と2四半期連続の増加とみている。ボーナスの増加や物価の下落が実質所

2015年1月15日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

春闘賃上げ率の見通し ~昨年を上回るベースアップを予想~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

ベースアップを実施する企業は全体の4分の1(県内企業動向調査 特別項目)

ベースアップを実施する企業は全体の4分の1(県内企業動向調査 特別項目)

2014年6月3日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

働く女性にアンケート「現在の収入に不満はありますか?」

働く女性にアンケート「現在の収入に不満はありますか?」 働く女性にアンケート「現在の収入に不満はありますか?」 働く上での悩みと言えば収入面は切っても切れない問題。そこで今回は、ズバリ「現在の収入に不満があるか」をとらばーゆ読者に聞いてみました。収入の不満をあなたならどう乗り越えますか?不満があると答えた人は約75%と不満を持っている人は多いようです。「不満がある」と答えた人に、どう乗り越えるかを聞いたところ「節約を徹底して出費を減らす」が18%、残り82%の人は「転職をして収入UPを図る」と前

2014年4月10日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

賃上げと5.5兆円の経済対策で消費増税の影響は限定的 ~駆け込み需要の反動減を乗り越えれば、好循環が視野に 今こそ官民で構造改革を~

賃上げと5.5兆円の経済対策で消費増税の影響は限定的 ~駆け込み需要の反動減を乗り越えれば、好循環が視野に 今こそ官民で構造改革を~今年の春闘では、昨年とは打って変わって多くの企業が定昇などに加えてベースアップ(ベア)にまで踏み込んだ回答を行った。新聞報道ではベースアップに応じた企業の割合は回答企業の約7割に及んでいるが、未だ景気の先行きが不透明でベースアップの回答割合が1割強であった昨年とは様変わりとなっている。もっとも、ベースアップ企業が少なかった昨年でも、定昇などにより平均賃上げ率は1.8

2014年3月25日酒文化研究所フィードバック数:0ライフスタイル

増税で酒の消費は変わるか

プレスリリース/ニュースリリース配信の共同通信PRWire 【酒飲みのミカタ3月】「増税で酒の消費は変わるか」 酒飲み1000人に聞く“酒飲みのミカタ”。今月のテーマは、増税値上げで酒の消費は変わるかです。いよいよ間近に迫った消費税増税。駆け込み購入の焦点は耐久消費財から嗜好品や食料品に移ってきました。過去の増税や値上げのときには2カ月程度の買いだめをした人も多く、5月一杯は影響がありそうです。一方で、今回は久々のベースアップなど所得増加のニュースもあり、節約の続行とともにたまには贅沢したい

2014年3月17日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

春闘を受けた賃金上昇 ~期待される中小企業への波及~

Economic Trends経済関連レポート春闘を受けた賃金上昇発表日:2014年3月14日(金)~期待される中小企業への波及~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)3 月 12 日の春闘の集中回答をみて、経営者が賃上げに予想以上に前向きになったと感じられる。これは競争原理が働いたせいだろう。現時点の賃上げ予想は、所定内給与では 2014 年度前年比で+1.0%の上昇圧力が働き、特別給与では前年比+7.8%の上昇圧力である。その効果は、消費税増税後に消費が

2014年3月3日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

ベアってなんだっけ?

よく分かる!経済のツボベアってなんだっけ?経済調査部ベアとは?資料1大塚 崇広ベースアップと定期昇給ベア(ベースアップ)とは、基本給の引き上げのことです。ただし、勤続年数等によって変化する部分(定期昇給)は除かれます。例えば、ある企業で 2013 年の基本給が 25 歳の人で 20 万円、26 歳の人で 21 万円であったとします。2014年になって、基本給が 25 歳の人で 20 万 2,000円、26 歳の人で 21 万 2,000 円に変化しました。この場合、2013 年に 25 歳であっ

2014年1月27日大和総研★フィードバック数:0キャリアとスキル

賃金についてのレポートです。

本当に賃金は上がるのか?

トップレポート・コラム経済分析日本本当に賃金は上がるのか? ここから本文です本当に賃金は上がるのか?収益が好調な製造業での上昇に期待サマリー◆安倍政権による後押しもあり、賃上げの議論が高まっている。経団連が6年ぶりのベアを容認するといった動きもみられるが、最終的な賃上げ動向は個別企業の判断に委ねられることになる。今後の賃上げ動向を見通すため、賃金上昇を取り巻く各産業の環境を概観する。◆アンケート調査によると、企業が賃上げに際して最も重視しているのは、圧倒的に企業収益動向である。ただし、過去の関係

2013年10月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

所得拡大税制の恩恵を受けられる企業とは?

トップレポート・コラム法律・制度税制所得拡大税制の恩恵を受けられる企業とは? ここから本文です所得拡大税制の恩恵を受けられる企業とは?「民間投資活性化等のための税制改正大綱」の解説その2サマリー◆平成25年10月1日、自由民主党および公明党は「民間投資活性化等のための税制改正大綱」(以下、大綱)を発表した。本稿では、大綱のうち、所得拡大促進税制について解説する。◆大綱では、所得拡大促進税制の適用期限を2年延長するとしている。また、適用要件のうち基準事業年度(通常の3月決算法人は、平成24年度)比

2013年給与動向 第2回 日台企業昇給事情

日系企業給与動向2013年給与動向 第2回 日台企業昇給事情記事番号:T00044789台湾の大手人材バンクの調査によると、台湾企業は昇給を実施する際に一番に会社の業績、次に業界平均、そして経営者の意向を基準に昇給率を決めるそうだ。日系企業も同じだろうか? 在台日系企業の昇給状況を紹介する前にまず経営状況を見てみよう。図1は在台日系企業の業績状況を表している。景気の先行き不透明による影響か、2012年比横ばいと予測している企業が増えている。それに連動し、今年は日系企業の昇給にも昨年に比較してやや

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

特集データ

新着データ

お知らせ