「ボーナス」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2013年7月5日博報堂★フィードバック数:0マーケティング

継続的な調査です。

生活インデックスレポート・消費動向編・2013年7月

博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・7月](消費意欲指数・デフレ生活指数)●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●7月は [消費意欲指数=51.3点][デフレ生活指数=64.6点] 2013年7月5日生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【7月の消費動向】(消費意欲・デフレ生活志向)に関する分析結果につい

2013年6月6日価格.com★フィードバック数:20キャリアとスキル

価格コムがボーナスについての調査結果を公表しました。

夏のボーナス2013 -アベノミクス効果はいかに!?-

今年2013年の夏のボーナスの推定支給額は54.4万円。昨年2012年夏の54.9万円をわずかに下回るという結果となった。5月30日に経団連から発表された「2013年夏季賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況 第1回集計」によれば、大手企業の今夏のボーナス支給予想額は、前年比7.37ポイントアップの84万6,376円と2年ぶりに上昇に転じたが、本調査ではそれとは逆行する形で、0.8ポイント下がり54.4万円となった。まず、推定支給額の割合で目につくのは、「ボーナス支給なし」の回答だ。昨夏の調査結果

2013年6月5日博報堂フィードバック数:4マーケティング

生活インデックスレポート【消費動向編・2013年6月】

博報堂生活総研「生活インデックスレポート【消費動向編・6月】」(消費意欲指数・デフレ生活指数)●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2指数から分析 ●6月は[消費意欲指数 = 48.3点] [デフレ生活指数= 61.2点]2013年6月5日生活インデックスとは、博報堂生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。2013年4月より発表を開始致しました。今回の生活インデックスレポートでは、【6月の消費動向

2013年5月26日西日本シティ銀行★フィードバック数:0キャリアとスキル

福岡県内のサラリーマン家庭の主婦対象の調査です。

夏のボーナス使いみち調査

夏のボーナス使いみち調査

2013年5月24日浜銀総合研究所★フィードバック数:0キャリアとスキル

神奈川での見通しです。

2013年夏の神奈川県民ボーナスの見通し

2013年夏の神奈川県民ボーナスの見通し

2013年5月23日楽天リサーチ★フィードバック数:0キャリアとスキル

夏のボーナスについての調査です。

夏のボーナスに関する調査

2013年5月23日楽天インサイト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学)は、夏のボーナスに関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、2013年5月9日から10日の2日間、楽天インサイトに登録しているモニター(約230万人)の中から、全国の20歳から69歳の会社員・公務員男女計1,000人を対象に行いました。 ■6割の人が景気回復の実感がないと回答景気の上向き実感をたずねたところ、約6割(59.1%)が「変わらない」と回答。「やや回復傾向にあると感じる」という回答も2割

2013年4月26日労務行政研究所★フィードバック数:1キャリアとスキル

東証1部上場企業のボーナスです。

東証第1部上場企業の2013年夏季賞与・一時金(ボーナス)妥結水準調査

東証第1部上場企業の2013年夏季賞与・一時金(ボーナス)妥結水準調査

2013年3月20日浜銀総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

神奈川県内企業今春の賃上げ状況と今夏のボーナス支給予定

神奈川県内企業今春の賃上げ状況と今夏のボーナス支給予定

主婦を対象としたボーナスや家計についての調査です。

2012年冬のボーナスと家計の実態調査

2012年冬のボーナスと家計の実態調査

2012年11月8日日本経済団体連合会★フィードバック数:12キャリアとスキル

経団連による大企業の業種別データです。

2012年年末賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況(冬のボーナス)

2012年年末賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況(冬のボーナス)

2012年10月4日労務行政研究所★フィードバック数:7キャリアとスキル

夏の段階で冬のボーナスも決定していた企業についてのデータです。

東証第1部上場企業の2012年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査

東証第1部上場企業の2012年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査

2012年6月8日ぐるなびフィードバック数:4大型消費/投資

夏のボーナスと外食・旅行に関する意識調査

ニュースニュースに記載された情報は、発表日現在のものです。 各ニュースとも最新10件を表示しております。

2012年5月21日楽天リサーチ★フィードバック数:1大型消費/投資

今年も夏のボーナスについての調査です。

夏のボーナスに関する調査

2012年5月21日楽天インサイト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 「楽天インサイト」)は、夏のボーナスに関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、4月18日から19日の2日間、楽天インサイト登録モニター(約220万人)の中から、全国の20歳から69歳の会社員・公務員の男女計1,000人を対象に行いました。 夏のボーナスの時期がやってきた。今夏のボーナスは支給されるかをたずねたところ、約7割が「支給される予定」と回答した。そのうち、支給される時期は、約6割の

2012年4月27日労務行政研究所フィードバック数:3キャリアとスキル

東証第1部上場企業の2012年夏季賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査

東証第1部上場企業の2012年夏季賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査

サラリーマン世帯の主婦を対象とした調査です。

2011年冬のボーナスと家計の実態調査

2011年冬のボーナスと家計の実態調査

2011年12月21日電通★フィードバック数:9マーケティング

電通による消費者の景況についてのレポートです。

電通総研『消費気分調査』レポートVol.12「(昨年、今年、来年それぞれの)幸福度」、「冬のボーナスの使い道」、「冬の節電」、「お正月の過ごし方」

電通総研『消費気分調査』レポートVol.12「(昨年、今年、来年それぞれの)幸福度」、「冬のボーナスの使い道」、「冬の節電」、「お正月の過ごし方」

2011年12月9日楽天リサーチ★フィードバック数:7大型消費/投資

楽天による冬のボーナスについての調査結果です。

冬のボーナスに関する調査

2011年12月8日楽天インサイト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 「楽天インサイト」)は、冬のボーナスに関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、12月1日から2日の2日間、楽天インサイト登録モニター(約220万人)の中から全国の20歳から59歳の男女計1,000人を対象に行いました。 【総括】戦後最高値の「超円高」を更新してから初めてのボーナス支給の時期になった。今冬のボーナスの支給予定をたずねると、「支給される予定」は66.1%、「支給される予定はない

2011年12月1日価格.com★フィードバック数:8デジタル家電

価格コムによるボーナス調査です。

冬のボーナス2011 -気になる支給額は!?-

今年の冬のボーナスの推定支給額を聞いた。全体の平均推定支給額は54.5万円。昨年2010年の平均推定支給額が54.3万円だったので、支給額自体は変わらず横ばいといったところだろう。ただ、支給される金額レンジで見ると、「ボーナスはない(もともと支給対象外)」という層が昨年に比べて2.9ポイント増えており、それがやや気になる部分だ。支給額50万円未満の層が合計0.9ポイントほど減っており、その上の「50〜70万円未満」の層は変化がないことから、需給対象者の数自体が減っていることも予想される。なお、そ

2011年9月13日インテリジェンス★フィードバック数:12大型消費/投資

インテリジェンスによる貯蓄についての調査結果です。

貯蓄額の実態調査 2011

転職なら、求人情報・転職サイトdoda(デューダ) 求人を探す求人を紹介してもらう知りたい・聞きたいイベントランキング・データ・調査貯蓄額の実態調査 2011貯蓄額は増えた?減った?平均貯蓄額 2年連続で増加 景気回復による給与・ボーナスアップが影響!?25〜34歳の平均貯蓄額は320万円と、2年連続で増加していることがわかりました。また、昨年に比べて貯蓄額が増減したかを聞いたところ、増加したと回答した人が30.2%なのに対して、減少したと回答した人は14.2%と、増加したが約2倍多い結果となり

2011年夏のボーナスと家計の実態調査

2011年夏のボーナスと家計の実態調査

サラリーマン世帯の主婦 1000 名に聞く 2011年夏のボーナスと家計の実態調査

サラリーマン世帯の主婦 1000 名に聞く 2011年夏のボーナスと家計の実態調査

2011年6月21日電通★フィードバック数:18社会/政治

電通による震災調査です。

『消費気分調査レポート』「震災を挟んでの消費マインドの推移」、「この夏のボーナスの支給予定金額と使い道」、「夏期休暇の日数と過ごし方」、「クールビズ許容度」

『消費気分調査レポート』「震災を挟んでの消費マインドの推移」、「この夏のボーナスの支給予定金額と使い道」、「夏期休暇の日数と過ごし方」、「クールビズ許容度」

2011年6月7日シタシオンジャパンフィードバック数:0大型消費/投資

震災後初のボーナス 消費に関する意識調査

株式会社シタシオンジャパン東京都中央区銀座1-19-7銀座一丁目イーストビル8FTEL 03-6228-7801 FAX 03-6228-7808

2011年5月30日西日本シティ銀行フィードバック数:1大型消費/投資

夏のボーナス使いみち調査

夏のボーナス使いみち調査

2011年4月27日労務行政研究所フィードバック数:0大型消費/投資

東証第1部上場企業の2011年夏季賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査

東証第1部上場企業の2011年夏季賞与・一時金(ボーナス)妥結水準調査 民間調査機関の (財) 労務行政研究所では,東証第1部上場企業132社を対象に2011年夏季賞与(ボーナス)の妥結水準を調査した。これによると、全産業平均金額は68万8146円、同一企業でみた昨夏の妥結実績と比較すると、額で4万1364円、対前年同期比で6.4%の増加と、2年連続でプラスとなった。なお、詳細は添付ファイルでご覧ください。

サラリーマン世帯の主婦 500 名に聞く「2010 年冬のボーナスと家計の実態調査」

サラリーマン世帯の主婦 500 名に聞く「2010 年冬のボーナスと家計の実態調査」

2010年12月7日楽天リサーチ★フィードバック数:2大型消費/投資

楽天リサーチによるボーナスに関する調査結果です。

冬のボーナスに関する調査

2010年12月6日楽天インサイト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 楽天インサイト)は、冬のボーナスに関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、11月19日から21日まで、楽天インサイト登録モニター(約201万人)の中から、全国の20~69歳の男女計1,000人を対象に行いました。 【総評】冬のボーナス支給の季節が訪れてきた。昨年に引き続き、冬のボーナスの支給状況、使い道などを調査した。厳しい状況であった2009年と比べ、今年の冬のボーナスは懐を暖められるも

2010年12月7日トレンダーズフィードバック数:0大型消費/投資

『冬のボーナス』に関する意識調査レポート

ココロが動く。 未来はそこからだと思う。 そのはじまりを情熱を持って生み出していきたい。 そのためにわたしたちも動いていこう。 動くことは前へ進むこと動くからこそ未来が生まれる。 さあ、未来がはじまるきっかけを。MOVE is LOVE RECRUITトレンダーズはココロを動かす仕事を 一緒に創っていく仲間を募集しています © Trenders, Inc. All rights reserved.

2010年9月14日インテリジェンスフィードバック数:11キャリアとスキル

休日が多い業種・地域は?休日調査2010

転職なら、求人情報・転職サイトdoda(デューダ) 求人を探す求人を紹介してもらう知りたい・聞きたいイベントランキング・データ・調査転職を考えているビジネスパーソンにまつわるデータをもとに、仕事や転職、生活や将来、さまざまなホンネを探ります。ホンネのデータ一覧Web面接の調査実態面接はオンラインより対面の方が有利?メリット・デメリットは?2021.10.25転職活動実態 副業、いつやっていくら稼いでる? 2021年 最新の実態調査副業している人は実際にはどんな副業でどれくらい稼いで、いつ副業

2010年7月12日PR TIMESフィードバック数:0デジタル家電

ゆとり世代が答えた「仮にボーナスが現物支給だったら欲しいもの」

ゆとり世代が答えた「仮にボーナスが現物支給だったら欲しいもの」 1位・電化製品、2位・食品、3位・旅行券 求人サイト「ジョブナス」()を運営する株式会社PR TIMES(代表取締役:山口拓己、以下PR TIMES)は、20~25歳で社会人2~3年目の男女400名を対象に『今夏のボーナスに関する意識調査』を実施致しました。(調査期間:2010年6月22日~25日)今回の調査ではいわゆる「ゆとり世代」のビジネスパーソンを対象としました。今年の夏のボーナスの支給額については「想定通り、もしくは想定以

2009年冬のボーナスと家計の実態調査

2009年冬のボーナスと家計の実態調査

2009年12月7日楽天リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

冬のボーナスに関する調査

2009年12月1日楽天インサイト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 楽天インサイト)は、冬のボーナスに関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、11月13日から17日にかけて、楽天インサイト登録モニター(約174万人)の中から、全国の20~69歳の男女計1,000人を対象に行いました。 【総評】夏以上に厳しくなると予想された冬のボーナスだが、昨年に比べても更に家計がひっ迫する傾向にあることが明らかになった。使途についても、全体的に支出を抑える傾向にあり、「貯

2009年10月19日日経BP★フィードバック数:0デジタル家電

やはりテレビです。

夏のボーナスで買いたい家電製品ランキング

日経クロステック トップPCそこが気になるランキング夏のボーナスで買いたい家電製品ランキング 夏のボーナスで買いたい家電製品ランキング 2008年10月に調査した「冬のボーナスで買いたい家電製品ランキング」と比較すると、今回も1位は不動の「液晶テレビ」。2008年では3位の「ノートパソコン」が2位という結果になった。しかし、2008年に8位の「デスクトップパソコン」は13位、同じく4位の「デジカメ」は10位まで急降下。一方、5位の「ドラム式洗濯機」は、13位から大きく浮上、9位の「冷蔵庫」も14

2009年10月13日労務行政研究所フィードバック数:0大型消費/投資

東証第1部上場企業の2009年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査

東証第1部上場企業の2009年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査

労働者派遣法規制強化に関する意識調査

海外FX口座攻略ガイド。プロがおすすめする海外FX口座での稼ぎ方プロがおすすめする海外FX口座攻略の手順海外FX口座は、口座開設するだけでは意味がありません。口座開設して、トレードをして、利益を得て、はじめて「成功」です。海外FXで成功するまでの手順はお金をかけずに海外FXを試す「お試しフェーズ」少額でトレード手法・トレードスタイルを固める「スタイル構築フェーズ」自分のトレード手法・トレードスタイルに合った海外FX口座を探す「比較検討フェーズ」資産管理をしながら、資産を増やしていく「マネーマネジ

2009 年夏のボーナスと家計の実態調査

2009 年夏のボーナスと家計の実態調査

2009年6月8日価格.com★フィードバック数:0デジタル家電

カカクコムがボーナスの使途に関する調査結果を発表しました。

夏のボーナス2009 -あなたは何に使う?-

今年2009年のボーナス支給額の予想額をおよそのレンジでうかがった。結果としては、全体平均で53.6万円という金額が浮かび上がってきた。昨年行った同様の調査では、平均支給額が58.3万円だったので、それに比べると実に4.8万円のマイナスとなる。昨年の調査でも微妙に減少はしていたが、その額はわずかに4,000円程度であり、数万円単位でのマイナスというのはかなり大きい。昨年秋以降の不景気の波が、もろに今年の夏のボーナスに影響しているということができそうだ。年代別に見てもほぼ全般的に大きくマイナスとな

2008年12月9日価格.com★フィードバック数:0デジタル家電

価格コムによるボーナス調査の結果が出ました。

冬のボーナス2008 -使う?貯める?-

今年の冬のボーナス支給額の予想をうかがった。 あくまでも予想ではあるが、支給予定額は前年を大きく割り込んでいる。全体の平均支給予想額で見ると、昨年の62.3万円に比べて4万円ほど低い58万円となっており、昨年に比べて7.5%の下落となっている。男女別、年齢別に見ても、すべての層で予想額が下回っており、全体的なボーナスの減少傾向が見て取れるが、なかでももっとも下落率が大きかったのは40代で、前年に比べると-12.9%のマイナスとなる。額にすると8.4万円の減少となり、働き盛りのお父さんの懐を直撃し

2008年7月22日アイブリッジフィードバック数:0大型消費/投資

夏のボーナスの使い道ランキング

大変申し訳ございませんが、お客様のアクセスしたページが見つかりません。お探しのページは、変更または削除された可能性があります。

2008年夏のボーナスと家計の実態調査

2008年夏のボーナスと家計の実態調査

2008年6月9日価格.com★フィードバック数:0デジタル家電

価格.comによるボーナスの使途に関する調査です。

夏のボーナス2008 -何にどのくらい使う?-

まず今年の夏のボーナス支給予想額をうかがった。 回答者全体の平均は58.3万円(男:60.9万円、女:42.0万円)で、昨年の夏に実施した同様の調査に比べ4000円ほどの微減となったが、これは誤差の範囲内と考えてよいだろう。全体としての支給予想額は昨年とほぼ変化ないが、年齢別の内訳で見ると、年代によってもらえる額に差があることがうかがえる。 差がもっとも顕著に表れたのは、働き盛りの30代で、昨年調査に比べて5.8万円ダウンの48.2万円となっている。また、その次に減少率が大きいのがこれも働き盛り

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ