調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ポイントサービス

「ポイントサービス」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

2019年6月 夏のボーナスの使い道、1位「貯金・預金」で約4割

第35回 Ponta消費意識調査 2019年6月 夏のボーナスの使い道、1位「貯金・預金」で約4割 ー「貯金・預金」の用途、「老後の生活への備え」が57.4%と最多 ー 共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、消費者の意識とポイントの利用意向を把握するため、「第35回 Ponta消費意識調査 2019年6月」を「Pontaリサーチ」にて実施いたしましたので、ご報告いたします。 <

2019年6月17日MMDLaboフィードバック数:0マーケティング

通信大手6サービス利用者が最もよく使うポイントサービス

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 通信大手6サービス利用者が最もよく使うポイントサービスの1位は「楽天スーパーポイント」、2位は「Tポイント」 通信大手6サービス利用者が最もよく使うポイントサービスの1位は「楽天スーパーポイント」、2位は「Tポイント」 MMD研究所(東京都港区、代表取締役:吉本浩司)は、2019年5月16日~5月19日の期間にて「通信会社と利用ポイントに

“Pontaポイント運用”ユーザーアンケート調査

“Pontaポイント運用”ユーザーアンケート調査女性ユーザーの半数以上が株式投資の未経験者 “Pontaポイント運用”の利用で、株式投資のイメージが変化 -「楽しい・面白い」が増加し 「リスクがある」「難しい」が減少 - 共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)と個別株式ポイント投資サービスを提供するSTOCK POINT株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:土屋 清美、以下「

2019年3月13日ネットエイジアフィードバック数:0マーケティング

日本人のポイント活用に関する調査2019

ネットエイジア調べ デート中、好感度ダウンを招くポイント活用術 1位「ワリカンして自分の分はポイント支払い」 日本人のポイント活用に関する調査2019モバイルリサーチ()を展開するネットエイジア株式会社()(本社:東京都中央区、代表取締役:三清 慎一郎、以下ネットエイジア)は、2019年1月25日~1月29日の5日間、「日本人のポイント活用に関する調査」をインターネットリサーチにより実施し、20歳~49歳の男女2,000名(男性1,000名、女性1,000名)の回答を集計いたしました。今後もネッ

2019年3月8日ネットエイジアフィードバック数:0マーケティング

日本人のポイント活用に関する調査2019

ネットリサーチ(モバイルリサーチ)なら、調査設計から集計・分析まで、インターネットリサーチ「ネットエイジアリサーチ」 ■2019年2月27日 日本人のポイント活用に関する調査2019ネットエイジアリサーチ・消費者評価ランキング利用しているポイントサービス 1位「Tポイント」2位「楽天スーパーポイント」3位「Pontaポイント」ポイントの貯めやすさ満足度 「楽天スーパーポイント」がダントツ“お得感がある”ポイントの使い方 TOP3は「買い物で使う」「現金化」「特典航空券と交換」デート中、好感度ア

第29回 Ponta消費意識調査 2018年6月

第29回 Ponta消費意識調査 2018年6月 -夏のボーナスの使い道は「貯金・預金」が5年連続1位 「貯金・預金」の用途、57.7%が「決めていない」-共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、消費者の意識とポイントの利用意向を把握するため、「第29回 Ponta消費意識調査 2018年6月」を実施いたしましたので、ご報告いたします。 <2018年 夏のボーナスの使い道>夏のボ

第21回 Ponta消費意識調査 2017年2月

第21回 Ponta消費意識調査 2017年2月 「節約したい」派が初の7割超え 「物価が上がる」と答えた人は全体の約6割共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、消費者の意識とポイントの利用意向を把握するため、「第21回 Ponta消費意識調査 2017年2月」を実施いたしましたので、ご報告いたします。<消費者意識>・「節約したい」派は70.7%となり本設問開始以来初めて7割を超

2017年2月7日ネットエイジア★★フィードバック数:0マーケティング

ビジネスウーマンのポイント活用に関する調査2017

ネットリサーチ(モバイルリサーチ)なら、調査設計から集計・分析まで、インターネットリサーチ「ネットエイジアリサーチ」 ■2017年1月26日 ビジネスウーマンのポイント活用に関する調査2017ネットエイジアリサーチ・消費者評価ランキング 貯めやすいポイントサービスランキング 総合1位は3年連続「Tポイント」、僅差で迫る「楽天スーパーポイント」、「Ponta」は昨年5位から3位に躍進 モバイルリサーチ()を展開するネットエイジア株式会社()(本社:東京都中央区、代表取締役:三清 慎一郎、以下ネッ

2017年1月12日GMOインターネット★フィードバック数:0マーケティング

日本・中国「ポイントサービスに関する実態調査」

2016年12月27日「ポイントサービスに関する実態調査」を日本・中国で実施〜中国では商品の値引きや景品との交換が大きなメリットに〜  GMOインターネットグループでインターネットリサーチ事業を展開するGMOリサーチ株式会社(代表取締役社長 細川 慎一 以下、GMOリサーチ)は、GMOリサーチが提携する日本・中国のモニターを対象に「ポイントサービスに関する実態調査」を実施いたしました。 20歳以上で、ポイントサービスの利用経験があると回答した男女日本:880名、中国:865名 計1,745名

2016年11月29日マイボイスコムフィードバック数:0エンタテインメント

映画に関するアンケート調査(第4回)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 映画 】に関するアンケート調査(第4回)映画館で映画を観る人は7割。そのうち、直近1年間に「自分だけで」観に行った人は4割弱 マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、4回目となる『映画』に関するインターネット調査を2016年10月1日〜5日に実施し、10,691件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。【調査結果】 ■映画の鑑賞方法は「地上波テレビ」が5割強、「シネコン」「一般の映画

第18回 Ponta消費意識調査 2016年8月

第18回 Ponta消費意識調査 2016年8月 海外旅行でも利用できるポイントサービス「利用してみたい」が6割!20~30代女性は利用意向が高く、7割超え共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、消費者の意識とポイントの利用意向を把握するため、「第18回 Ponta消費意識調査 2016年8月」を実施いたしましたので、ご報告いたします。<海外旅行時のポイントサービスの利用意向>・

第16回 Ponta消費意識調査 2016年4月

第16回 Ponta消費意識調査 2016年4月 金融機関の金利引き下げ、「メリットの方が大きい」に比べ「デメリットの方が大きい」が10ポイント高い結果に!- ポイントを「つかいたい」は過去最高に -共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、消費者の意識とポイントの利用意向を把握するため、「第16回 Ponta消費意識調査 2016年4月」を実施いたしましたので、ご報告いたします。

第15回 Ponta消費意識調査 2016年2月

第15回 Ponta消費意識調査 2016年2月 ポイントサービスの印象:昨年に続き1位「お小遣いのような存在」(47.2%)共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、消費者の意識とポイントの利用意向を把握するため、「第15回 Ponta消費意識調査 2016年2月」を実施いたしましたので、ご報告いたします。 <ポイントサービス全般の印象(Ponta以外も含む)>・「お小遣いのよう

第14回 Ponta消費意識調査 2015年12月

第14回 Ponta消費意識調査 2015年12月 年末年始に購入・消費したい商品・サービス:「外食」関連が2年連続で増加!共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、消費者の意識とポイントの利用意向を把握するため、「第14回 Ponta消費意識調査 2015年12月」を実施いたしましたので、ご報告いたします。<消費者意識>・20位以内にランクインの「外食」関連は、2年連続で増加。2

2015年11月10日価格.comフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電気料金についてのアンケート -知ってる? 電力小売り自由化-

価格.comリサーチ第88回は、「電気料金」についてのアンケート調査を行いました。 まずは、2016年4月から始まる電力小売り自由化(※)をどれくらいの人が認知しているのかについて。電力小売り自由化という言葉を聞いたことがあるという人は90%以上いるものの、内容を把握している人は全体の4分の1程度にとどまる結果となっています(図1-1)。男女別に見ると、女性のほうが「聞いたことがない」「聞いたことはあるが、内容は知らない」割合が高く(図1-2)、年代別では、20代で、内容まで把握している割合が全

第13回 Ponta消費意識調査 2015年10月

第13回 Ponta消費意識調査 2015年10月 「冬のボーナス」の使い道は、「貯金・預金」 が36.7%で過去最高に共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、消費者の意識とポイントの利用意向を把握するため、「第13回 Ponta消費意識調査 2015年10月」を実施いたしましたので、ご報告いたします。 <消費者意識>・「冬のボーナス」の使い道は、「貯金・預金」が36.7%で過去

第12回 Ponta消費意識調査 2015年8月

第12回 Ponta消費意識調査 2015年8月 ポイントを「つかいたい」:全体で過去最高の44.4%、「節約したくない派」でも過去最高の4割に共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、消費者の意識とポイントの利用意向を把握するため、「第12回 Ponta消費意識調査 2015年8月」を実施いたしましたので、ご報告いたします。 <消費者意識>・「節約したい」派は、67.9%と高水準

第11回 Ponta消費意識調査 2015年6月

第11回 Ponta消費意識調査 2015年6月「夏のボーナス」の使い道:「貯金・預金」と「財形貯蓄」を合わせ“貯蓄”が約4割に!/「節約したい」派も67.6%と高水準で推移共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、消費者の意識とポイントの利用意向を把握するため、「第11回 Ponta消費意識調査 2015年6月」を実施いたしましたので、ご報告いたします。 <消費者意識>・「夏のボ

2015年5月27日マイボイスコムフィードバック数:0マーケティング

マイボイスコム ポイントサービス(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへポイントサービスを利用・する店舗・施設の上位は「スーパーマーケット」「コンビニエンスストア」「ドラッグストア」「家電量販店」「クレジットカード」など。過去調査と比べ「コンビニエンスストア」は増加傾向、「家電量販店」は減少傾向 ポイントサービス利用者のうち、ポイントを交換・使用したことがあるのは「スーパーマーケット」「コンビニエンスストア」「ドラッグストア」「クレジットカード」「オンラインショップ(楽天、amazonなど)」「家電量販店」など

2015年5月27日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム クリーニング店の利用(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへクリーニング利用者は全体の8割弱。月1回以上利用者は2割弱、「半年に1回程度」がボリュームゾーン。クリーニング店利用者が直近1年間にクリーニング出したものは「スーツ上下」「コート」が上位2位、以下「ジャンパー、ダウンジャケット」「ジャケット」「ワイシャツ」の順で続く クリーニング店利用場面は「型崩れしやすい、しわになりやすい」「洗濯表示で、ドライマークがある」「洗濯表示で、水洗いができない表示」などが多い。クリーニング店週1回以上利用者では

2015年5月13日ジー・プランフィードバック数:0マーケティング

40代以上の中高年に支持される「キャンペーン景品」と「ポイントサービス」とは?

40代以上の中高年に支持される「キャンペーン景品」と「ポイントサービス」とは?

第10回 Ponta消費意識調査 2015年4月

第10回 Ponta消費意識調査 2015年4月消費増税から1年が経過 「節約したい」派が、増税開始時より2割増・調査開始以来最高の約7割を記録!/ポイントを「つかいたい」派も過去最高の44.0%に共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、消費者の意識とポイントの利用意向を把握するため、「第10回 Ponta消費意識調査 2015年4月」を実施いたしましたので、ご報告いたします。

第8回 Ponta消費意識調査 2014年12月

第8回 Ponta消費意識調査 2014年12月「節約することでストレス」全体の62.3% -「節約したい」派、70.9%が「節約することでストレス」と回答共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、消費者の意識とポイントの利用意向を把握するため、「第8回 Ponta消費意識調査 2014年12月」を実施いたしましたので、ご報告いたします。 <消費者意識>・いま購入・消費したい商品・

2014年9月23日アイブリッジ★フィードバック数:0マーケティング

ポイントサービスの利用についての調査です。

ポイントサービスに関する調査

業界最大規模のモニター数を誇るリサーチプラスが実施したポイントサービスに関する調査結果。企業登録をすると、管理画面からのアンケート作成や、回答結果のダウンロードが可能となります。ポイントサービスに関する調査2014年9月16日ポイントサービスに関する調査アイブリッジ株式会社(本社:大阪市福島区、代表取締役社長:松田康弘)が展開するインターネットリサーチサービス“リサーチプラス”では、約160万人の自社モニター会員を活用し、全国、男女、900人を対象に、ポイントサービスに関する調査を実施いたしまし

第6回 Ponta消費意識調査

第6回 Ponta消費意識調査 2014年8月節約志向高まり、初めて全体の60%を超える消費増税の実感:6月より更に増加し全体の約87%に共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、消費者の意識とポイントの利用意向を把握するため、「第6回 Ponta消費意識調査 2014年8月」を実施いたしましたので、ご報告いたします。 <消費者意識>・いま購入・消費したい商品・サービス消費増税後の

2014年4月30日楽天リサーチ★フィードバック数:0マーケティング

ポイントサービスについての調査です。

買い物とポイントサービスに関する調査

『約9割の人が店舗選びの際に、ポイントサービスを重視』買い物とポイントサービスに関する調査 2014年4月30日楽天インサイト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学)と、楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史)のグループ会社である株式会社スポットライト(本社:東京都渋谷区、代表取締役:柴田 陽)は、買い物とポイントサービスに関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、2014年4月11日から14日の4日間、楽天インサイトに登録しているモニタ

2014年3月19日VOYAGE GROUP★フィードバック数:0マーケティング

ECナビの調査です。

消費増税とポイントサービスに対する消費者の意識調査

企業情報COMPANY会社概要・代表の想い・経営陣紹介・沿革・CSRなどをご覧いただけます ニュースNEWS当社のプレスリリース・パブリシティ・勉強会/登壇情報をご覧いただけます 事業紹介BUSINESSVOYAGE GROUPで展開している各事業に関して説明しています テクノロジーDESIGN AND TECHVOYAGE GROUPの「技術」に対する考え方や在り方をCTOメッセージやクルー発信のブログを通してお届けします カルチャーCULTURE働きがいを生み出す企業文化への仕掛けをご紹介し

2014年3月13日大日本印刷フィードバック数:0マーケティング

消費増税に伴うポイント付与による購買行動の変化

エムズコミュニケイト消費増税に伴うポイント付与による購買行動の変化を調査 | ニュースエムズコミュニケイト 消費増税に伴うポイント付与による購買行動の変化を調査2割以上の生活者が税込み金額にポイントを付与する店舗に購入先を変更する可能性あり大日本印刷株式会社(DNP)の子会社で、企業と顧客とのコミュニケーションに関するコンサルティング事業を手がける株式会社エムズコミュニケイト(以下:エムズ)は、消費増税時における企業のポイントサービスの付与方法の違いが、生活者の購買行動に与える影響について、独自

2013年Tカード年間総利用件数

ニュースリリース2013年Tカード年間総利用件数 過去最高の24億9,044万件(前年対比125.7%) カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2014年03月03日  カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(東京本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:増田宗昭)が運営する日本最大の共通ポイントサービス「Tポイント」において、2013年1月から12月までの Tカード年間総利用件数が、過去最高となる24億9,044万件※1(前年対比125.7%)を更新しましたので、お知らせいたします。

男女比較が主眼です。

ポイントサービスに関する5,300人アンケート

ソフトブレーン・フィールドは営業効果を高めたい企業と全国規模で店舗売場を店頭調査する消費者モニターとを結ぶ企業パートナーです。 ホーム > 新着情報 > 【プレスリリース】『〜ポイントサービスに関する5,300人アンケート〜女性の4割以上が4枚以上のポイントカードを使い分けていることが判明!アンケートやゲームへの参加でポイントを貯める工夫も』 法人企業のお客さまへ 働きたい主婦の皆さまへ 【プレスリリース】『〜ポイントサービスに関する5,300人アンケート〜女性の4割以上が4枚以上のポイント

買いたいもの調査です。

第2回 Ponta消費意識調査 2013年12月

第2回 Ponta消費意識調査 2013年12月共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、消費者の意識とポイントの利用意向を把握するため、「第2回 Ponta消費意識調査 2013年12月」を実施いたしましたので、ご報告いたします。 <消費者意識>・いま購入・消費したい商品・サービス<前回調査比ポイント増加トップ20>1位「衣服」4.2ポイント増、2位「食品(お取り寄せなど、特別な

PGMグループゴルフ場での「Tカード」スマートチェックイン利用者が約7割、累計で300万人を突破!

ニュースリリースPGMグループゴルフ場での「Tカード」スマートチェックイン利用者が約7割、累計で300万人を突破! PGMホールディングス株式会社 株式会社Tポイント・ジャパン2013年11月28日  PGMホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:神田有宏、以下「PGM」)と、株式会社Tポイント・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:増田宗昭、以下「TPJ」)は、2013年4月1日よりPGMグループのゴルフ場運営子会社、パシフィックゴルフマネージメント株式会社(本社:

2013年11月11日大日本印刷★フィードバック数:0マーケティング

DNPによる調査です。

ポイントサービスが買い物に与える影響をまとめた「メディアバリューレポートVol.61」

トピックス一覧 | ニューストピックス一覧「カテゴリ別選択」または「年代別選択」で項目を選ぶと、該当項目に絞られた記事一覧ページに切り替わります。

2012年6月21日マイボイスコムフィードバック数:0マーケティング

マイボイスコム ポイントサービス(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへポイントサービスを利用・所有している店舗・施設は「家電量販店」「スーパーマーケット」「ドラッグストア」が上位3位。「コンビニエンスストア」「クレジットカード」「オンラインショップ」が続く ポイントカード所有者が利用しているポイントカードの枚数は「3〜4枚」「5〜7枚」がボリュームゾーン ポイントを換算する金額は「501円〜1000円」「1001円〜1500円」がボリュームゾーン 持ち歩いている共通ポイントカードの1位は「Tポイント」で全体の

2011年12月28日大日本印刷★フィードバック数:1マーケティング

ポイントサービス利用者のクラスタリングを行っています。

東日本大震災後のポイントサービスに関する意識調査

ニュースリリース一覧 | ニュースニュースリリース一覧「カテゴリ別選択」または「年代別選択」で項目を選ぶと、該当項目に絞られた記事一覧ページに切り替わります。

2009年5月19日楽天リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

7割強がインターネットを利用した「副収入」に興味あり 「節約・倹約」意識が高い人ほど、ひと手間かけて“売って稼ぐ”

2009年5月14日楽天インサイト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 楽天インサイト)と楽天オークション株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:舟木 徹、以下 楽天オークション)は、節約・倹約に関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、4月25日から26日にかけて、楽天インサイト登録モニター(約160万人)の中から、全国の20~69歳の男女計1,000人を対象に行いました。 【総評】景気の低迷により、ますます財布の紐が堅くなる中、「節約・倹約」に対する意

2009年1月26日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

くらしと節約

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ昨年1年間で、節約を「かなりした」人は11.5%、「まあした」人は50.2% 昨年主に節約したものは「外食」、「食料品」が上位2位。今年節約しようと思っているものも「外食」や「食料品」が上位 主な節約方法は「購入やサービス利用の回数減少」、「同じ商品でも、より安いところで買う」、「クーポンやポイントサービスなどを積極的に利用」など 今年はできればお金をかけたいものは「旅行」や「趣味・娯楽・教養」が上位だが、「特にない」も5割にのぼる

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ