調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ポイント上昇

「ポイント上昇」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年5月26日エデルマンフィードバック数:0社会/政治

2020 エデルマン・トラストバロメーター中間レポート(5月版):信頼とCOVID-19パンデミック

2020 エデルマン・トラストバロメーター中間レポート(5月版):信頼とCOVID-19パンデミック新型コロナウイルスによるパンデミックの状況下において、 調査対象国の中で唯一日本のみが政府・企業に対する信頼度が低下~他の調査対象国が信頼度の記録的な上昇を見せる中、日本は世界の流れに逆行~ エデルマン・ジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役:ロス・ローブリー) は本日、世界 11カ国、約13,200 人を対象に実施した信頼度調査「2020 エデルマン・トラストバロメーター 中間レポート(5月版

2018年1月18日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2017年 北陸3県後継者問題に関する企業の実態調査

2017/12/152017年 北陸3県後継者問題に関する企業の実態調査後継者不在率54.2%〜 建設業の不在率59.1%と最大となる 〜はじめに中小企業の事業承継が、国家的な問題として認識され始めている。経済産業省の推計によれば、後継者問題等による中小企業の廃業が急増することで、2025年頃までの10年間で約650万人の雇用、約22兆円のGDPが失われる可能性が示唆されている。政府・与党は2018年度の税制改革において、事業承継に関わる税制優遇措置を拡大する方針であるとされ、今後10年近くをか

人生の満足度に関する調査2017

「これまでの人生に満足」43.7% シニア世代では61.8%が人生に満足景気回復の実感なし?「報酬満足度」26.1%と低水準、昨年調査より2.5ポイント下降人生満足度を上げてくれたアーティスト 「安室奈美恵さん」が1位に PGF生命(プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険株式会社、代表取締役社長 兼CEO 添田 毅司)は、2017年10月4日(水)〜10月9日(月)の6日間、20〜79歳の男女を対象に「人生の満足度に関する調査2017」をインターネットリサーチで実施し、2,000名

チェーンストア販売統計(月報) 平成29年10月度速報

チェーンストア販売統計(月報)平成29年10月度速報(平成29年11月21日)(注)① 販売金額には消費税額を含みません。② 構成比は計算処理上必ずしも100%にはなりません。③ パートは正社員に換算した人数で、標準的に労働時間8時間を一人とします。④ 前年同月比の「店舗調整前」は全店ベースの伸び率、 「店舗調整後」は既存店ベースの伸び率を表します。 10月の主なニュース内閣府が発表した9月の消費動向調査で、1年後の物価見通しが上昇すると回答した人の比率は前月比0.1ポイント増えて76.2%とな

2017年8月24日帝国データバンク★フィードバック数:0キャリアとスキル

女性登用に対する企業の意識調査(2017年)

2017/8/15 女性登用に対する企業の意識調査(2017年)女性管理職割合は平均6.9%、前年比0.3ポイント上昇〜企業の半数超が「保育・幼児教育等の向上」「待機児童の解消」を重要視〜はじめに生産年齢人口の減少や共働き世帯の増加などがみられるなか、政府は女性の活躍促進を成長戦略の重要政策として打ち出し、具体的政策目標として重点的に取り組むべき事項などもあげられている。また、企業においては女性視点の取り入れや男性の働き方改革としても位置付けられるなど、人手不足に対する労働力確保だけでなく、企業

2017年7月12日健美家フィードバック数:0大型消費/投資

収益物件市場動向マンスリーレポート2017/07

収益物件市場動向マンスリーレポート2017/07投資用不動産... 収益物件市場動向マンスリーレポート2017/07 投資用不動産の表面利回り 全種別で上昇不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:倉内敬一)では、毎月、新規に登録された全国の収益物件3種別(区分マンション/ 一棟アパート/ 一棟マンション)のデータ(物件数、物件価格、表面利回り)を集計し、最新の市場傾向として取りまとめています。2017年6月分のデータ

2017年6月21日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2017年3月期決算 単独決算ベース「銀行114行 預貸率」調査

2017年3月期決算 単独決算ベース「銀行114行 預貸率」調査 公開日付:2017.06.08 2016年2月に日本銀行がマイナス金利を導入し、 2017年3月期決算が初の通期決算となった。国内銀行114行の2017年3月期の預貸率は、66.47%(前年同期67.59%)と3月期では調査を開始した2011年以降で最低を記録した。また、預金と貸出金の差額の預貸ギャップは前年同期(244兆円)より19兆円膨らみ、過去最大の263兆円に拡大した。業態別では、マイナス金利導入で「地元密着型金融」を強め

2017年3月11日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2016年「業歴30年以上の『老舗』企業倒産」調査

2016年「業歴30年以上の『老舗』企業倒産」調査 公開日付:2017.03.07 2016年に倒産した企業のうち、業歴30年以上の老舗企業の構成比は32.2%で、前年より0.1ポイント低下した。一方、業歴10年未満の企業の構成比は22.4%で同0.5ポイント低下している。企業倒産はバブル期並みの低水準だが、老舗企業と新興企業の構成比の差は拡大している。2016年に倒産した企業の平均寿命は24.1年で、前年と同じだった。産業別で最も平均寿命が長いのは製造業の32.1年(前年30.6年)、逆に短命

2017年3月7日健美家フィードバック数:0大型消費/投資

収益物件市場動向マンスリーレポート2017/03

収益物件市場動向マンスリーレポート2017/03投資用不動産... 収益物件市場動向マンスリーレポート2017/03 投資用不動産価格上昇の勢い止まる?利回りはわずかに上昇不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:倉内敬一)では、毎月、新規に登録された全国の収益物件3種別(区分マンション/ 一棟アパート/ 一棟マンション)のデータ(物件数、物件価格、表面利回り)を集計し、最新の市場傾向として取りまとめています。2017

2017年3月1日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[来月の消費予報・2017年3月](消費意欲指数)

博報堂生活総研[来月の消費予報・3月](消費意欲指数)2月の冷え込みから一転。春を迎え、季節消費が高まる兆し3月の消費意欲指数は46.9点で、前年同月比+1.0pt。過去最低値だった前月から+5.4ポイント上昇しました。 株式会社博報堂(本社・東京)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は、20~69歳の男女1,500名を対象に「来月の消費意欲」を点数化してもらうなど、消費の先行きに関する調査を毎月実施。その結果を「来月の消費予報」として発表しています。3月のポイントPoint 1:女性を中心に、3

2017年2月17日東京商工リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

2016年9月中間決算 単独決算ベース「銀行114行 預貸率」調査

2016年9月中間決算 単独決算ベース「銀行114行 預貸率」調査 公開日付:2017.02.08 2016年2月16日に日本銀行が戦後初のマイナス金利を導入してから1年を迎える。企業の資金需要が低迷する中で金融機関の金利競争は激しさを増し、銀行114行の2016年9月中間決算の預貸率は前年同期を0.64ポイント低下し調査開始以来、最大の落ち込み幅を記録した。また、預金と貸出金の差額である預貸ギャップも、同じく最大の246兆円に拡大した。地銀・第二地銀の多くは、マイナス金利の導入以降は地元回帰の

2016年12月2日東京都フィードバック数:0社会/政治

東京都中小企業の景況 平成28年11月調査

ここから本文です。東京都中小企業の景況平成28年11月調査都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。10月の景況業況:模様眺め見通し:前月と同水準で推移10月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月▲34(前月▲33)とほぼ横ばいで推移、模様眺めとなった。今後3か月間(11~1月)の業況見通しDI(当月(10月)に比べて「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月▲18と前月(▲18)と同水準で推移した。業種別

エデルマン・ブランド・リレーションシップ・インデックス

エデルマン、マーケティングの新たな効果測定指標を開発ブランド... エデルマン、 マーケティングの新たな効果測定指標を開発 ブランドと消費者との関係性を分析する 「エデルマン・ブランド・リレーションシップ・ インデックス」 ~消費者意識調査「2016 エデルマン・アーンドブランド」 日本の調査結果発表~ 世界のコミュニケーションズ・マーケティングをリードする、エデルマンの日本法人エデルマン・ジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役:ロス・ローブリー) は本日、世界13カ国、13,000人を

2016年6月11日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2016年3月期 単独決算ベース「銀行114行 預貸率」調査

2016年3月期 単独決算ベース「銀行114行 預貸率」調査 公開日付:2016.06.08 2016年3月期決算の国内銀行114行の預貸率は前年同期より低下した。これに伴い預金と貸出金の差額である預貸ギャップは調査以来で最大の244兆円に拡大した。2016年2月から日銀によるマイナス金利政策が導入され、銀行貸出しの増加が期待された。しかし、預金流入の増加から大手行の預貸率が低下するなど、銀行業態によって「まだら模様」で、力強さに欠けるため現状では全体の預貸率を上昇させるまでには至っていない。本

2016年3月11日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年9月期 単独決算ベース「銀行114行 預貸率」調査

2015年9月期 単独決算ベース「銀行114行 預貸率」調査 公開日付:2016.03.08 2015年9月期中間決算の国内銀行114行の預貸率は67.98%で、前年同期とほぼ横ばいながらも0.08ポイント上昇した。一方、預金と貸出金の差額である預貸ギャップは236兆円に拡大した。多くの銀行で貸し出しは増えたが、企業の資金需要が低迷し、リスク回避に向けた慎重な貸出姿勢は変わっていないことも浮き彫りになった。景気の先行き懸念から企業の設備投資は慎重だが、日銀が初のマイナス金利を導入した。金融機関は

2016年2月9日東京商工リサーチ★フィードバック数:0社会/政治

2015年「業歴30年以上の『老舗』企業倒産」調査

2015年「業歴30年以上の『老舗』企業倒産」調査 公開日付:2016.02.05 2015年に倒産した業歴30年以上の『老舗』企業は2,531件だった。前年(2,647件)より116件減少したが、倒産に占める構成比は32.3%と前年比1.7ポイント上昇した。これは過去20年間で最高を記録した。全産業の倒産がバブル末期の25年ぶりの低水準で推移するなか、老舗企業の倒産は構成比を高めている。老舗企業の倒産構成比を都道府県別でみると、最高は福井県の62.7%(前年比21.4ポイント増)だった。東証1

2015年9月18日東京商工リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

2015年3月期単独決算ベース「銀行114行 預貸率」調査

2015年3月期単独決算ベース「銀行114行 預貸率」調査 公開日付:2015.09.17 2015年3月期決算の国内銀行114行の預貸率は6年連続で低下した。預金と貸出金の差額である預貸ギャップは236兆円に拡大し、景気が上向きになったとはいえ、先行きの不透明さを懸念して手元資金を確保する慎重な企業がまだ多く、前向きな資金需要が乏しいことを反映した。また、一時より貸出しを増やす銀行は多くなったが、中小企業向けに比べて、地方公共団体向け貸出の増加率が大きいなど、リスクを回避した貸出姿勢は変わって

2015年7月6日博報堂フィードバック数:0ライフスタイル

[生活インデックスレポート・消費動向編・2015年7月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・7月](消費意欲指数・デフレ生活指数)●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●7月は [消費意欲指数= 50.5点][デフレ生活指数= 63.3点] 生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【7月の消費動向】(消費意欲・デフレ生活志向)に関する分析結果についてご報告いたし

2015年6月30日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第669回 時事世論調査〔2015年5月結果〕

■「中央調査報(No.692)」より5月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月より2.4ポイント上昇して48.0%となった。不支持率は同0.8ポイント減の30.7%だった。安倍首相は、国賓級として訪れた米国で54年ぶりに議会演説し、先の大戦への「痛切な反省」に言及、戦後の日米和解の歩みを強調した。従来の歴史認識を引き継ぐ考えも述べたが「侵略」や「おわび」の言葉はなく、韓国などからの批判も生じた。また日米同盟のさらなる強化として集団自衛権の容認にもとづく安保法制を今夏に成立させると表明した。

第7回-住宅購入に関するアンケート調査

ハイアス・アンド・カンパニーがお届けする、住宅・土木・不動産業界の経営革新情報サイト 第7回−住宅購入に関するアンケート調査 (ページ:1/1)景況感は回復せずとも、住宅の買い時感は回復傾向 マイホームは“夢の実現”より“現実思考”調査概要1) 調査名 :「住宅購入に関するアンケート調査」2) 調査方法 :「ハッピーリッチ・アカデミー」、「二世帯住宅大作戦」、「住宅ローン大作戦」 「土地活用大作戦」上でのアンケートにて選択式にて回答を得た。3) 調査対象 :住宅購入前、住宅購入後のそれぞれのイ

「最近の統計調査結果から -2015年-」 5月分

統計調査報告平成26年労働災害動向調査(事業所調査(事業所規模100人以上)及び総合工事業調査)規模100人以上の事業所の労働災害の発生状況をみると、度数率(注1)(労働災害発生の頻度)は1.66(前年1.58)、強度率(注2)(労働災害の重さの程度)は0.09(同0.10)、死傷者1人平均の労働損失日数(注3)は56.4日(同63.2日)となった。(注1)100万延べ実労働時間当たりの労働災害による死傷者数で、災害発生の頻度を表す。(注2)1,000延べ実労働時間当たりの延べ労働損失日数で、

企業情報サイト調査結果分析2014 第6回:企業情報サイトの閲覧効果

企業情報サイト調査結果分析2014第6回:企業情報サイトの閲覧効果若年層ほど上昇効果が大きい図1は企業情報サイトの閲覧効果として、閲覧前後での企業信頼度の変化を示したものである。全体では閲覧前の企業信頼度74ポイントが閲覧後に83ポイントへと9ポイント上昇したことが示されている。次に、年代別に見ると、20代・30代の上昇度合いがプラス12ポイントと、40代や50歳以上(いずれもプラス9ポイント)と比較して最も大きかった。あくまで一つの見方だが、年齢が若いほど外部からの情報による影響を受けやすいと

「最近の統計調査結果から -2015年-」 4月分

統計調査報告毎月勤労統計調査 ―1月分結果確報―平成27年1月の現金給与総額は前年同月比0.6%増となった。きまって支給する給与は0.3%増(一般労働者0.5%増、パートタイム労働者0.3%増)で、特別に支払われた給与が7.6%増であった。きまって支給する給与の内訳は、所定内給与0.2%増、所定外給与2.1%増である。実質賃金(総額)は前年同月比2.3%減となった。製造業の所定外労働時間(季調値)は前月比3.2%増となった。毎月勤労統計調査 ―2月分結果速報・平成26年年末賞与―2月分結果につ

「最近の統計調査結果から―2015年―」 3月分

統計調査報告被保護者調査(注) ― 12月分概数―平成26年12月の生活保護の被保護世帯数は1,618,196世帯、被保護実人員は2,170,161人となった。(注)生活保護法に基づく保護を受けている世帯及び保護を受けていた世帯の保護の受給状況を把握するための調査である。国民経済計算 ―平成26年10~12月期・2次速報値―平成26年10~12月期の実質GDP(国内総生産)の成長率(季節調整済前期比)は0.4%(年率1.5%)と1次速報値と比べて0.2ポイント(年率0.7ポイント)の下方修正と

日銀短観(3月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は3ポイント上昇の15を予想

日銀短観(3月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は3ポイント上昇の15を予想 | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(3月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は3ポイント上昇の15を予想 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 3月調査短観では、注目度の高い大企業製造業で景況感の改善が示されると予想する。大企業非製造業も

2015年3月20日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

全国27万社「都道府県別財務データ分析」調査

全国27万社「都道府県別財務データ分析」調査 公開日付:2015.03.20 全国27万社の赤字企業率は21.9%(前期比3.1ポイント改善)で、全国9地区すべてで前期より改善した。円安、株高を背景に上場企業の好業績が目立つなか、未上場企業も全国的に業績を持ち直していることがわかった。本調査は、東京商工リサーチの財務データベースのうち、最新決算からさかのぼって3期連続の財務データがある27万4,138社(上場企業を除く)を無作為に抽出し、分析した。最新決算データは2014年12月期まで。なお、比

「最近の統計調査結果から―2015年―」 2月分

統計調査報告第9回中高年者縦断調査(中高年の生活に関する継続調査)(注)第1回調査で仕事をしていた者(81.2%)のうち、今回も仕事をしている者は70.9%(パート・アルバイト19.4%、自営業主、家族従業者17.9%、正規の職員・従業員15.4%、労働者派遣事業所の派遣社員、契約社員・嘱託10.6%等)である。前回(第8回調査)、仕事をしていない者(36.5%)で仕事をしたいとした者(その27.8%)のうち、今回、仕事をしている者は15.3%、仕事をしていない者は84.4%であった。(注)平

2015年2月9日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年「倒産企業の平均寿命」調査

公開日付:2015.02.09 2014年の倒産企業の平均寿命は23.5年。前年より0.1年短縮し、4年ぶりに平均寿命が短くなった。2014年に倒産した業歴30年以上の老舗企業は2,647件で、前年(3,051件)より404件減少した。倒産件数(8,642件)に占める割合は30.6%と、前年より1.0ポイント低下し、4年ぶりに構成比が前年を下回った。一方、業歴10年未満は2,062件(前年2,242件)で、構成比は23.8%と3年ぶりに上昇した。都道府県別の老舗企業の倒産構成比トップは、徳島県の

「最近の統計調査結果から―2015年―」 1月分

統計調査報告被保護者調査(注) ― 10月分概数―平成26年10月の生活保護の被保護世帯数は1,615,240世帯、被保護実人員は2,168,393人となった。(注)生活保護法に基づく保護を受けている世帯及び保護を受けていた世帯の保護の受給状況を把握するための調査である。毎月勤労統計調査 ―11月分結果確報―平成26年11月の現金給与総額は前年同月比0.1%増となった。きまって支給する給与は0.1%増(一般労働者0.6%増、パートタイム労働者1.0%減)で、特別に支払われた給与が1.6%増であ

2015年1月30日厚生労働省★フィードバック数:0キャリアとスキル

年間のまとめです。

一般職業紹介状況(平成26年12月分及び平成26年分)について

平成27年1月30日【照会先】職業安定局雇用政策課中央労働市場情報官 宮 崎 (内線5740)(代表電話) 03(5253)1111(直通電話) 03(3595)3290 一般職業紹介状況(平成26年12月分及び平成26年分)について 【ポイント】○平成26年12月の有効求人倍率は1.15倍で、前月に比べて0.03ポイント上昇。○平成26年12月の新規求人倍率は1.79倍で、前月に比べて0.13ポイント上昇。○平成26年平均の有効求人倍率は1.09倍で、前年に比べて0.16ポイント上昇

「最近の統計調査結果から―2014年―」 12月分

 統計調査報告被保護者調査(注) ―9月分概数―平成26年9月の生活保護の被保護世帯数は1,611,953世帯、被保護実人員は2,164,909人となった。(注)生活保護法に基づく保護を受けている世帯及び保護を受けていた世帯の保護の受給状況を把握するための調査である。国民経済計算 ―平成26年7~9月期・2次速報値―平成26年7~9月期の実質GDP(国内総生産)の成長率(季節調整済前期比)は-0.5%(年率-1.9%)と1次速報値と比べて0.1ポイント(年率0.3ポイント)の下方修正となった。

日銀短観(12月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は1ポイント上昇の14を予想

日銀短観(12月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は1ポイント上昇の14を予想 | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(12月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は1ポイント上昇の14を予想 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日銀短観12月調査では、注目度の高い大企業製造業でわずかながら景況感の改善が示されると予想

最近の統計調査結果から-2014年11月分

 統計調査報告新規学卒者の離職状況(平成23年3月卒業者の状況)平成23年3月に卒業した新規学卒者の卒業後3年以内離職率は、大学32.4%(前年比1.4ポイント上昇)、短大等41.2%(同1.3ポイント上昇)、高校39.6%(同0.4ポイント上昇)、中学64.8%(同2.7ポイント上昇)となった。(注)事業所からハローワークに対して、雇用保険の加入届が提出された新規被保険者資格取得者の生年月日、資格取得加入日等、資格取得理由から各学歴ごとに新規学校卒業者と推定される就職者数を算出し、更にその離

2014年12月1日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・2014年12月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・12月](消費意欲指数・デフレ生活指数)●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●12月は [消費意欲指数= 56.7点][デフレ生活指数= 65.7点]2014年12月1日生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【12月の消費動向】(消費意欲・デフレ生活志向)に関する分析

最近の統計調査結果から 2014年10月

 統計調査報告被保護者調査(注) ―7月分概数―平成26年7月の生活保護の被保護世帯数は1,608,994世帯、被保護実人員は2,163,716人となった。(注)生活保護法に基づく保護を受けている世帯及び保護を受けていた世帯の保護の受給状況を把握するための調査である。毎月勤労統計調査 ―8月分結果確報―平成26年8月の現金給与総額は前年同月比0.9%増となった。きまって支給する給与は0.3%増(一般労働者0.6%増、パートタイム労働者0.7%減)で、特別に支払われた給与が13.4%増であった。

2014年11月3日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第661回 時事世論調査 〔2014年9月結果〕

■「中央調査報(No.684)」より9月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月比7.2ポイント増の50.7%、不支持率は同7.8ポイント減の27.3%となった。安倍首相は、広島の原爆慰霊式での挨拶内容が昨年と変わらずコピーではとの指摘を受けた。また、夏休み中に広島市で発生した大規模土砂災害の一報を受けてもゴルフを続け、官邸に入ってからもすぐに別荘へ帰ったことなどで批判されたが、9月に入ってからの内閣改造で女性閣僚5人を任命し、石破幹事長を地方創生担当相とするなどの人事が好感され、支持率上昇

2014年10月8日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

国内銀行114行の預証率35.4% 4年ぶりの40%割れ

国内銀行114行の預証率35.4% 4年ぶりの40%割れ 公開日付:2014.10.08 国内銀行114行の2014年3月期の預証率が4年ぶりに40%を割り込んだ。これは日本銀行による積極的な買い入れなどで国債残高が2割減ったことが影響したもので、預証率の低下が必ずしも貸出増加につながっていない。本調査は、国内114行を対象に2014年3月期単独決算ベースの預証率を調査した。預証率は預金残高に対する有価証券残高の比率で、金融機関の資金運用状況を示す指標の一つ。預証率=有価証券÷(預金+譲渡性預金

最近の統計調査結果から 2014年9月

 統計調査報告被保護者調査(注) ―6月分概数―平成26年6月の生活保護の被保護世帯数は1,604,414世帯、被保護実人員は2,158,840人となった。(注)生活保護法に基づく保護を受けている世帯及び保護を受けていた世帯の保護の受給状況を把握するための調査である。国民経済計算 ―平成26年4~6月期・2次速報値―平成26年4~6月期の実質GDP(国内総生産)の成長率(季節調整済前期比)は-1.8%(年率-7.1%)と1次速報値と比べて0.1ポイント(年率0.3ポイント)の下方修正となった。

中国経済:14年9月の製造業PMIは51.1%で横這い

中国経済:14年9月の製造業PMIは51.1%で横這い | ニッセイ基礎研究所 中国経済:14年9月の製造業PMIは51.1%で横這い 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 9月の製造業購買担当者指数(PMI、季節調整済)は前月比横這いの51.1%、拡張・収縮の分岐点となる50%を24ヵ月連続で上回った。企業規模別では、大型企業は

2014年9月8日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年3月期 単独決算ベース「銀行114行 預貸率」調査

2014年3月期 単独決算ベース「銀行114行 預貸率」調査 公開日付:2014.09.08 国内銀行114行の2014年3月期決算では、預金と貸出金の差額である預貸ギャップが前年同期より9兆9,702億円(4.6%増)増加し224兆円に拡大した。ただし、アベノミクスによる大胆な金融緩和もあって、個別では過半数の銀行で前年同期より預貸率が上昇し、変化の兆しもうかがえる。本調査は、銀行114行を対象に2014年3月期単独決算ベースの預貸率を調べた。預貸率は預金残高に対する貸出残高の比率のことで、銀

最近の統計調査結果から 2014年8月

 統計調査報告被保護者調査(注) ―5月分概数―平成26年5月の生活保護の被保護世帯数は1,603,093世帯、被保護実人員は2,159,852人となった。(注)生活保護法に基づく保護を受けている世帯及び保護を受けていた世帯の保護の受給状況を把握するための調査である。労働力調査詳細集計 ―4~6月期平均―平成26年4~6月期平均の雇用者(役員を除く)(5226万人)のうち、正規の職員・従業員は3303万人で、前年同期に比べ14万人の減少となった。非正規の職員・従業員は1922万人で、前年同期に

2014年8月19日日経リサーチフィードバック数:0ライフスタイル

「世界暮らし向きDI」2014年7月調査

タイと英国の好調さ目立つ 米露は下落するも、各国上昇基調日経リサーチの「世界暮らし向きDI」2014年7月調査結果より 2014.08.07  株式会社日経リサーチがアジアを中心とした世界各国の生活実態を探る「世界暮らし向きDI」調査の最新結果(2014年7月実施)がまとまりました。この調査は米国、英国、中国、インド、マレーシア、タイ、ブラジル、ロシアの8カ国に、前回から日本を加えた計9カ国に住む20~59歳の男女各国約200人ずつにインターネットを通じて生活実感を尋ねるもので、現在と3カ月後の

2014年8月12日Ipsosフィードバック数:0社会/政治

The Economic Pulse

[] イプソスは、オンライン・パネルシステムにより日本を含む世界25カ国で毎月実施しているGlobal @dvisor調査を基に、消費者の景況感をレポートする『The Economic Pulse』を発表しています。 7月24日に発表された最新の『The Economic Pulse』より主な結果を報告いたします。 主な調査結果 ● 調査対象国全体では「自国の景気が良い」と回答したのは39%。3か月連続で変化なし● ラテンアメリカ地域では「自国の景気が良い」と回答したのは6ポイントアップと大きく

2014年8月1日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・2014年8月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

NEWS博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・8月](消費意欲指数・デフレ生活指数) 2014年08月01日●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●8月は [消費意欲指数= 51.6点][デフレ生活指数=64.5点]2014年8月1日 生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【8月の消費動向】(消費意欲・デフ

2014年7月9日東京商工リサーチ★フィードバック数:0ビジネス

企業の財務データの統計です。

「全国22万社財務データ」分析調査

公開日付:2014.07.08 アベノミクス効果で上場企業の業績回復が目立つなか、未上場企業も業績を持ち直している。赤字企業率は平均23.9%(前期比2.4ポイント改善)で、全国9地区すべてで前期より改善したことがわかった。本調査は、東京商工リサーチの財務データベースのうち、最新決算からさかのぼって3期連続の財務データを入手できた22万7,043社(上場企業を除く)を無作為に抽出し、分析した。最新決算データは2014年3月期まで。 赤字企業率(当期損失を計上した企業数の比率)の全国平均は、前々期

2014年7月1日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・2014年7月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

NEWS博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・7月](消費意欲指数・デフレ生活指数) 2014年07月01日●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●7月は [消費意欲指数= 49.7点][デフレ生活指数= 61.2点]2014年7月1日 生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【7月の消費動向】(消費意欲・デ

最近の統計調査結果から 2014年5月

 統計調査報告平成25年労働災害動向調査(事業所調査(事業所規模100人以上)及び総合工事業調査)規模100人以上の事業所の労働災害の発生状況をみると、度数率(注1)(労働災害発生の頻度)は1.58(前年1.59)、強度率(注2)(労働災害の重さの程度)は0.10(同0.10)、死傷者1人平均の労働損失日数(注3)は63.2日(同63.3日)となった。(注1)100万延べ実労働時間当たりの労働災害による死傷者数で、災害発生の頻度を表す。(注2)1,000延べ実労働時間当たりの労働損失日数で、災

2014年5月13日秋田経済研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

平成26年度新入社員アンケートから―安定志向が再び強まる―

機関誌「あきた経済」平成26年度新入社員アンケートから―安定志向が再び強まる―当研究所では、毎春、県内企業に就職した新入社員を対象に、就職活動や仕事に対する考え方、インターンシップの経験などについて、アンケート調査を実施している。本年度は、雇用情勢の改善を背景に、希望に添う就職ができたとする回答者割合が伸びたことなどから、定年までも視野に入れ長く働きたいと希望する割合も上昇し、安定志向が再び強まった。 1 アンケート結果Q1 効果的だった情報収集方法は何ですか(2項目複数回答)全体では、「就職部

日銀短観(2014年3月調査)

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

最近の統計調査結果から 2014年3月

 統計調査報告被保護者調査(注) ―12月分概数―平成25年12月の生活保護の被保護世帯数は1,598,072世帯、被保護実人員は2,167,220人となった。(注)生活保護法に基づく保護を受けている世帯及び保護を受けていた世帯の保護の受給状況を把握するための調査である。第1回21世紀成年者縦断調査(平成24年成年者(注1))、第11回21世紀成年者縦断調査(平成14年成年者(注1))20代独身女性(注2)は、結婚後も現在の仕事を続けることについて、結婚を機にやめるとする者が正規20.2%、非

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ