調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ポイント上昇

「ポイント上昇」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2014年3月23日総務省★フィードバック数:0キャリアとスキル

高齢者の就業率です。

高まる高齢者の就業率-労働力調査・平成25年平均結果から-

ここから本文です。統計Today No.74高まる高齢者の就業率 −労働力調査・平成25年平均結果から−総務省統計局統計調査部国勢統計課労働力人口統計室長 河野 好行 我が国の総人口は、平成25年(2013年)10月1日現在(概算値)、1億2730万人で、うち65歳以上人口は3190万人と過去最高を更新しています。総人口に占める65歳以上人口の割合(高齢化率)も25.1%と、4人に1人が高齢者となっており、我が国は世界のどの国も経験したことのない高齢社会を迎えています。また、「団塊の世代(194

最近の統計調査結果から 2014年1月

 統計調査報告被保護者調査(注) ―10月分概数―平成25年10月の生活保護の被保護世帯数は1,594,729世帯、被保護実人員は2,164,338人となった。(注)生活保護法に基づく保護を受けている世帯及び保護を受けていた世帯の保護の受給状況を把握するための調査である。 平成25年賃金構造基本統計調査(都道府県別速報)1月16日(木曜)厚生労働省発表賃金(注)が最も高いのは東京都で364,600円、次いで神奈川県の325,000円、大阪府の315,400円となっている。賃金が最も低いのは宮崎

2014年2月2日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第652回 時事世論調査 〔2013年12月結果〕

■「中央調査報(No.675)」より12月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月比9.5ポイント減と急落し47.1%、不支持率は同8.1ポイント増の32.7%となった。支持率は内閣発足以来の最低を記録、不支持率は3か月連続の上昇で内閣発足から初めて3割台に乗せた。安倍内閣は臨時国会に提出した特定秘密保護法案の成立を急ぎ、審議開始からわずか20日間でみんな、維新との修正合意を得たが、国民の知る権利や報道の自由を侵害する怖れについて危惧する声が強まり全国で反対デモが展開される中、衆議院での強行

2014年1月31日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成25年12月分及び平成25年分)について

平成26年1月31日【照会先】職業安定局雇用政策課中央労働市場情報官 古 屋 (内線5740)(代表電話) 03(5253)1111(直通電話) 03(3595)3290 一般職業紹介状況(平成25年12月分及び平成25年分)について 【ポイント】○平成25年12月の有効求人倍率は1.03倍で、前月に比べて0.03ポイント上昇。○平成25年12月の新規求人倍率は1.64倍で、前月に比べて0.08ポイント上昇。○平成25年平均の有効求人倍率は0.93倍で、前年に比べて0.13ポイント上昇

最近の統計調査結果から 2013年12月

統計調査報告労働経済動向調査 ―平成25年11月―平成25年11月1日現在の正社員等労働者過不足判断D.I.(「不足」-「過剰」)は、調査産業計17ポイントと10期連続不足となった(平成25年8月調査15ポイント不足)。パートタイム労働者過不足判断D.I.は、調査産業計で22ポイントと17期連続不足となった(同20ポイント不足)。国民経済計算 ―平成25年7~9月期・2次速報値―平成25年7~9月期の実質GDP(国内総生産)の成長率(季節調整済前期比)は0.3%(年率1.1%)と1次速報値と比

2013年12月28日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第651回 時事世論調査 〔2013年11月結果〕

■「中央調査報(No.674)」より11月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月比0.8ポイント増の56.6%、不支持率は同1.8ポイント増の24.6%となった。支持率は引き続き高い水準を維持したが不支持率は前月に続き上昇した。安倍首相は臨時国会の所信表明演説で「成長戦略実行国会」と位置付けるとともに、「積極平和主義」の立場から、日本版NSCとされる国家安全保障会議の創設を強く訴え、同会議の設置関連法案についてはいち早く成立にめどをつけた。また、成長戦略の具体化として国家戦略特区のメニュー

日銀短観(2013年12月調査)結果

閉じる経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバルビジネスグローバルビジネス本邦企業の海外戦略、進出・提携支援、買収後の事業統合(PMI)や現地経営管理など、お客様のニーズに合わせたソリューションをご提供します。 デ

2013年12月15日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

銀行113行預貸率調査 預貸ギャップは217兆円に拡大

銀行113行預貸率調査 預貸ギャップは217兆円に拡大 公開日付:2013.12.13 アベノミクスによる大胆な金融緩和で銀行貸出は増加基調を強めている。だが、預金の増加ペースが貸出を上回り、銀行預貸率の低下に歯止めをかけるまでに至ってない。国内銀行113行の2013年9月期決算では、預金と貸出金の差額である預貸ギャップが前年同期より14兆4,748億円(7.1%増)増え、217兆円に拡大した。本調査は、銀行113行を対象に2013年9月期単独決算ベースの預貸率を調べた。預貸率は預金残高に対する

2013年12月11日秋田経済研究所フィードバック数:0社会/政治

第29回秋田県消費動向調査

機関誌「あきた経済」第29回秋田県消費動向調査(要旨)1 「昨年と比較した暮らし向き」は、「変わらない」(66.8%)とする世帯割合が引き続き最も高いものの、「良くなった」(6.5%)が3年ぶりに上昇に転じるなど、緩やかに改善している。2 「昨年と比較した収入」は、減少に向かった前回調査(平成24年10月実施)から再び増加した。3 「1か月あたりの生活費」は前年比1千円減少し、「今後の家計支出」についても、抑制傾向が一段と強くなった。世帯収入は、見通しも含めて緩やかに改善しているが、物価上昇や来

最近の統計調査結果から 2013年11月

統計調査報告労働力調査詳細集計 ―7~9月期平均(速報)―平成25年7~9月期平均の雇用者(役員を除く)のうち、正規の職員・従業員は3295万人で、前年同期に比べ32万人の減少となった。非正規の職員・従業員は1908万人で、前年同期に比べ79万人の増加となった。非正規の職員・従業員がその雇用形態についた主な理由は、男性では「正規の職員・従業員の仕事がないから」が30.2%、「自分の都合のよい時間に働きたいから」が21.5%、女性では「家計の補助・学費等を得たいから」が26.2%、「自分の都合の

2013年12月6日ビー・スタイルフィードバック数:0キャリアとスキル

2013年10月主婦の求人応募指数

2013年10月主婦の求人応募指数トピックス主婦に特化した人材サービスを展開する株式会社ビースタイル:東京都新宿区、代表取締役:三原邦彦、以下ビースタイル)のしゅふJOB総研は、ビースタイルが運営する主婦に特化した求人サイトしゅふJOBに掲載された仕事情報と応募した求職者数から算出した『主婦求人応募指数』の2013年10月分を集計しました。調査概要元データ:しゅふJOBに掲載された仕事情報数と求人応募者数計算手法:2012年の年間平均応募率を基準値100として設定。各集計月の応募率を割り出し、2

2013年11月24日総務省★フィードバック数:0キャリアとスキル

総務省によるまとめです。

女性・高齢者の就業状況 -「勤労感謝の日」にちなんで-

ここから本文です。平成25年11月22日総務省統計トピックスNo.74女性・高齢者の就業状況 −「勤労感謝の日」にちなんで− 11月23日は「勤労感謝の日」です。本格的な人口減少社会の到来を迎え,少子高齢化を背景に労働力人口が減少しつつある中, 女性や高齢者等の活躍推進のための様々な政策が課題となっています。総務省統計局では,特に女性や高齢者の就業状況について,平成24年就業構造基本調査の結果を取りまとめました。 PDF版はこちら(PDF:554KB)1 15〜64歳人口(生産年齢人口)の就業状

最近の統計調査結果から 2013年10月

統計調査報告被保護者調査(注) ― 7月分概数―7月の生活保護の被保護世帯数は1,588,521世帯、被保護実人員は2,158,946人となった。 (注)生活保護法に基づく保護を受けている世帯及び保護を受けていた世帯の保護の受給状況を把握するための調査である。平成23年所得再分配調査当初所得(注1)のジニ係数(注2)0.5536に対して、再分配所得(注3)のジニ係数は0.3791で、所得再分配によるジニ係数の改善度(注4)は31.5%と、過去最高になった。(注1)雇用者所得、事業所得、農耕・畜

2013年10月9日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

都道府県別赤字法人率 全国平均75.2%

公開日付:2013.10.082011年度の赤字法人率は4年ぶりに前年度を下回った。「東日本大震災」の発生が2010年度末だったが、震災からの復興の立ち上がりが早かったことや復興需要も寄与したとみられる。ただ、地区別では東北の赤字法人率だけが上昇した。特に、被災3県(宮城、岩手、福島)の上昇が目立ち、震災の深刻な影響を浮き彫りにした。産業別では、震災後の消費自粛、節約志向から小売業の比率が最も高かった。本調査は、2013年6月公表の国税庁統計年報(平成23年度版)の法人税に基づき、2011年度の

最近の統計調査結果から 2013年9月

統計調査報告被保護者調査(注) ― 6月分概数―6月の生活保護の被保護世帯数は1,583,308世帯、被保護実人員は2,153,122人となった。 (注)生活保護法に基づく保護を受けている世帯及び保護を受けていた世帯の保護の受給状況を把握するための調査である。平成24年派遣労働者実態調査(注1)(事業所調査)派遣労働者が就業している事業所は10.8%で、前回平成20年調査に比べ低下している(注2)。(派遣労働者調査)年齢階級別では「35~39歳」が19.2%と最も高く、次いで「30~34歳」1

2013年10月2日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・2013年10月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・10月](消費意欲指数・デフレ生活指数)●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●10月は [消費意欲指数=49.2点][デフレ生活指数=62.4点]2013年10月2日 生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【10月の消費動向】(消費意欲・デフレ生活志向)に関する分析結

最近の統計調査結果から 2013年 8月

統計調査報告平成25年度学校基本調査(速報値)高卒就職率は16.9%(前年度より0.2ポイント上昇)、大卒就職率は67.3%(同3.4ポイント上昇)となった。大卒者の「就職者」のうち「正規の職員等でない者」と、「一時的な仕事に就いた者」及び「進学も就職もしていない者」の合計は11万6千人で、卒業者に占める割合は20.7%(同2.2ポイント低下)となった。平成24年雇用動向調査入職率(年初の常用労働者数に対する、入職者数の割合)は14.8%で前年より0.6ポイントの上昇、離職率(年初の常用労働者

最近の統計調査結果から 2013年6月

統計調査報告国民経済計算 ―平成25年1~3月期・2次速報―平成25年1~3月期の実質GDP(国内総生産)成長率(季調値)は前期比1.0%(年率4.1%)と1次速報値と比べて0.1ポイント(年率0.6ポイント)の上方修正となった。内需、外需別の寄与度は、内需(国内需要)が0.6%、外需(財貨・サービスの純輸出)が0.4%となった。図表1:実質GDP成長率と実質GDPの内外需要別寄与度の推移(平成25年1~3月期2次速報)労働経済動向調査 ―平成25年5月―平成25年5月1日現在の正社員等労働者

最近の統計調査結果から -2013年5月分-

統計調査報告労働力調査詳細集計 ―1~3月期平均―平成25年1~3月期平均の雇用者(役員を除く)のうち、正規の職員・従業員は3281万人で、前年同期に比べ53万人の減少となった。非正規の職員・従業員は1870万人で、前年同期に比べ65万人の増加となった。非正規の職員・従業員がその雇用形態についた主な理由は、男性では「正規の職員・従業員の仕事がないから」が31.1%、「自分の都合のよい時間に働きたいから」が21.9%、女性では「家計の補助・学費等を得たいから」が27.0%、「自分の都合のよい時間

2013年5月14日東京商工リサーチフィードバック数:15ビジネス

「全国18万社財務データ」調査 全国で赤字企業率が改善

「全国18万社財務データ」調査 全国で赤字企業率が改善 公開日付:2013.05.10未上場の企業は業績が低迷期を抜け出し、赤字企業率は平均26.4%(前期比3.1ポイント改善)と、全国的に前期より改善したことがわかった。なかでも宮城、福島、岩手の震災被災3県の財務改善が目立ち、復興事業が企業業績を押し上げていることを示した。本調査は、東京商工リサーチの財務データベース(71万4,059社)のうち、2009年12月期から3期連続の財務データを入手できた18万1,393社(上場企業を除く)を無作為

最近の統計調査結果から 2013年4月

統計調査報告被保護者調査(注) ― 1月分概数―1月の生活保護の被保護世帯数は1,572,966世帯、被保護実人員は2,153,642人となった。(注)生活保護法に基づく保護を受けている世帯及び保護を受けていた世帯の保護の受給状況を把握するための調査である。毎月勤労統計調査 ―2月分確報―平成25年2月の現金給与総額(規模5人以上)は前年同月比0.8%減、きまって支給する給与は前年同月比0.9%減となった。また、所定内給与は前年同月比0.7%減、所定外給与は2.7%減となった。特別に支払われた

2013年5月1日厚生労働省フィードバック数:9キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成25年3月分及び平成24年度分)について

平成25年4月30日(火)【照会先】職業安定局雇用政策課中央労働市場情報官 古 屋(内線5740)(代表電話)03(5253)1111(直通電話)03(3595)3290 一般職業紹介状況(平成25年3月分及び平成24年度分)について【ポイント】○平成25年3月の有効求人倍率は0.86倍で、前月に比べて0.01ポイント上昇。○平成25年3月の新規求人倍率は1.39倍で、前月に比べて0.04ポイント上昇。○平成24年度平均の有効求人倍率は0.82倍で、前年度に比べて0.14ポイント上昇。1 

第21回 マンション購入に対する意識調査

「今は買い時」という意識は大幅に上昇、調査開始以来の最高となった「購入意欲」も上昇しており、「今は買い時」と同様に過去最高を更新した物件価格の上昇懸念も過去最高となり、インフレ期待で前倒し購入を考える層は4割を超えた不動産マーケティングのアトラクターズ・ラボ株式会社(東京都千代田区・代表取締役:沖有人)は、マンション購入検討者の定例意識調査を行ったので公表する。供給者側の分譲価格・初月契約率・在庫数は公表されているものがあるため、弊社は購入者側の価格への意識などを中心に購入検討者心理を四半期単位

最近の統計調査結果から -2013年3月分-

統計調査報告国民経済計算 ―平成24年10~12月期・2次速報―2012年10~12月期の実質GDP(国内総生産)成長率(季調値)は前期比0.0%(年率0.2%)と1次速報値と比べて0.1ポイント(年率0.6ポイント)の上方修正となった。内需、外需別の寄与度は、内需(国内需要)が0.2%、外需(財貨・サービスの純輸出)が-0.2%となった。図表1:実質GDP成長率と実質GDPの内外需要別寄与度の推移 (平成24年10~12月期2次速報)労働経済動向調査 ―平成25年2月―平成25年2月1日現在

2013年2月22日マクロミル★フィードバック数:2キャリアとスキル

マクロミルによる調査です。ソーシャルメディアの活用にもフォーカスしています。

就職活動の実態調査

2013年02月22日就職活動で役立つものは「スマートフォン」9割超。2年前より10ポイント上昇4割の就活生が‘ソー活’をしている。1位Facebook、2位Twitter大手企業から複数内定をもらう「カリスマ内定者」に‘憧れる’57%インターネット調査会社の株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表:杉本哲哉)は、現在、1都6県に住む就職活動中の大学3年生と大学院1年生を対象に、「就職活動に関する調査」を実施いたしました。調査手法はインターネットリサーチ。調査期間は2013年2月8日(金)~2

2012年9月11日インテリジェンス★フィードバック数:4キャリアとスキル

業種別、職種別も含む求人倍率データです。

転職求人倍率レポート(2012年8月)

転職なら、求人情報・転職サイトdoda(デューダ) 求人を探す求人を紹介してもらう知りたい・聞きたいイベントランキング・データ・調査転職求人倍率レポート(2012年8月)全体:2012年8月の求人倍率は1.39倍。2008年1月以降で最高値を記録 2012年8月の求人倍率は、前月より0.05ポイント上昇して1.39倍。2008年1月以降で最高値を記録しました。グローバル化や消費者ニーズの変化に合わせた新商品・新サービスの開発など、攻めの姿勢に転じる企業で採用ニーズが高まっていることが背景にありま

2011年8月4日価格.com★フィードバック数:78モバイル

価格コムがスマートフォンについての調査結果を発表しました。

2011年夏 スマートフォン購入状況調査!

今回の調査におけるスマートフォンの所有率は、スマートフォンのみを持っている人と、普通の携帯電話との複数台を持っている人の合計で41.9%となり、4割を超える人がスマートフォンを所有しているという結果になった。ちなみに、半年前に行った前回調査(2011年1月)では、スマートフォンの所有率は29.3%だったので、半年ほどで12.6ポイントも上昇したことになる。特に「スマートフォンのみを持っている」という回答が9.2ポイント上昇しており、伸び率が大きい。この背景には、各キャリアにおけるAndroidス

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ