調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ポイント下降

「ポイント下降」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

20代の金銭感覚についての意識調査2021

ここからメインメニューメインメニューここまで ページの現在地トップ > ニュースリリース > 20代の金銭感覚についての意識調査2021 2021年1月14日各位SMBCコンシューマーファイナンス株式会社20代の金銭感覚についての意識調査202120代の毎月のお小遣い 平均29,398円、コロナ禍前の前回調査から微増「貯蓄ゼロ」の20代は18.2%、貯蓄額は平均72万円で前回調査から19万円増加、 既婚者では貯蓄額がコロナ禍前から大幅増加「コロナ禍前より収入が減った」有職者の29.5%20代の副

「最近の統計調査結果から -2015年-」 5月分

統計調査報告平成26年労働災害動向調査(事業所調査(事業所規模100人以上)及び総合工事業調査)規模100人以上の事業所の労働災害の発生状況をみると、度数率(注1)(労働災害発生の頻度)は1.66(前年1.58)、強度率(注2)(労働災害の重さの程度)は0.09(同0.10)、死傷者1人平均の労働損失日数(注3)は56.4日(同63.2日)となった。(注1)100万延べ実労働時間当たりの労働災害による死傷者数で、災害発生の頻度を表す。(注2)1,000延べ実労働時間当たりの延べ労働損失日数で、

最近の統計調査結果から 2014年10月

 統計調査報告被保護者調査(注) ―7月分概数―平成26年7月の生活保護の被保護世帯数は1,608,994世帯、被保護実人員は2,163,716人となった。(注)生活保護法に基づく保護を受けている世帯及び保護を受けていた世帯の保護の受給状況を把握するための調査である。毎月勤労統計調査 ―8月分結果確報―平成26年8月の現金給与総額は前年同月比0.9%増となった。きまって支給する給与は0.3%増(一般労働者0.6%増、パートタイム労働者0.7%減)で、特別に支払われた給与が13.4%増であった。

2014年8月12日Ipsosフィードバック数:0社会/政治

The Economic Pulse

[] イプソスは、オンライン・パネルシステムにより日本を含む世界25カ国で毎月実施しているGlobal @dvisor調査を基に、消費者の景況感をレポートする『The Economic Pulse』を発表しています。 7月24日に発表された最新の『The Economic Pulse』より主な結果を報告いたします。 主な調査結果 ● 調査対象国全体では「自国の景気が良い」と回答したのは39%。3か月連続で変化なし● ラテンアメリカ地域では「自国の景気が良い」と回答したのは6ポイントアップと大きく

最近の統計調査結果から 2014年6月

 統計調査報告被保護者調査(注) ―3月分概数―平成26年3月の生活保護の被保護世帯数は1,602,163世帯、被保護実人員は2,171,139人となった。(注)生活保護法に基づく保護を受けている世帯及び保護を受けていた世帯の保護の受給状況を把握するための調査である。国民経済計算 ―平成26年1~3月期・2次速報値―平成26年1~3月期の実質GDP(国内総生産)の成長率(季節調整済前期比)は1.6%(年率6.7%)と1次速報値と比べて0.1ポイント(年率0.8ポイント)の上方修正となった。内需

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着データ

お知らせ