調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ポイント改善

「ポイント改善」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2018年1月15日BCN RETAILフィードバック数:0社会/政治

第8回JCSSA景気動向調査

新製品に関するニュースや製品レビューをお届けします 家電業界のトレンドなど営業戦略のヒントをお届けします BCNの独自調査やアナリストによる分析記事をお届けします PC・デジタル家電市場の最新動向がわかるBCNのサービスについてご案内します 6割超のIT企業で出産や育児での休職・復職の環境整備を実施、JCSSA DI調査 日本を代表するIT企業のうち、6割超の企業は、働き方改革として出産や育児に伴う休職・復職環境の改善や子育てや介護と仕事の両立にすでに取り組んでいること

景気ウォッチャー調査(17年10月)~景況感は好調を維持し、台風の影響は限定的~

景気ウォッチャー調査(17年10月)~景況感は好調を維持し、台風の影響は限定的~ | ニッセイ基礎研究所 景気ウォッチャー調査(17年10月)~景況感は好調を維持し、台風の影響は限定的~ 白波瀨 康雄基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.景気の現状判断DI(季節調整値):度重なる台風上陸も、影響は限定的 11月9日に内閣府から公表された2017年10月の景気ウォ

第30回「中堅企業経営者『景況感』意識調査」~世界33カ国同時調査~ 太陽グラントソントン

プレスリリース/ニュースリリース配信の共同通信PRWire 第30回「中堅企業経営者『景況感』意識調査」~世界33カ国同時調査~※参考資料:本資料は昨日8月21日に公開した調査結果です。 太陽グラントソントンは、2017年5月に実施した非上場企業を中心とする中堅企業経営者の意識調査の結果を公表した(従業員数100人~750人)。この調査は、グラントソントン加盟主要33カ国が実施する世界同時調査の一環である。 太陽グラントソントン※参考資料:本資料は昨日8月21日に公開した調査結果です。 第30

2016年12月24日東京商工会議所フィードバック数:0ビジネス

東商けいきょう集計結果(中小企業の景況感に関する調査)2016年10-12月期

東商けいきょう集計結果(中小企業の景況感に関する調査)2016年10-12月期 東京商工会議所(三村明夫会頭)はこの度、中小企業の景況感をより正確に把握することを目的に、標記調査を実施しました。調査期間は、2016年11月4日から11月15日まで、対象は東京23区の中小企業2,509社。調査はWEB、FAXおよび聴き取りで行い、回答数は783社(回答率31.2%)。今回は、付帯調査として「従業員の兼業・副業」を併せて実施しております。【 東京の景況は一部持ち直しがみられる。先行きは改善の見込

2016年8月14日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年度 都道府県別「赤字法人率」調査

公開日付:2016.08.08 2014年度の赤字法人率の全国平均は70.23%(前年度71.82%)で、4年連続で改善を示した。2014年度は4月に消費税率の引き上げがあったが、円安を背景にして大手輸出メーカーが業績を伸ばした。さらに底堅いサービス消費や、公共事業を中心とした建設需要に支えられたことで、赤字法人率は福島を除く46都道府県で低下し、全国的に改善した。本調査は、2016年公表の「国税庁統計法人税表」(平成26年度分)を基に、2014年度の都道府県別赤字法人率(普通法人)をまとめた。

2016年4月4日東京商工会議所フィードバック数:0社会/政治

東商けいきょう集計結果(中小企業の景況感に関する調査)2016年1~3月期

東商けいきょう集計結果(中小企業の景況感に関する調査)2016年1~3月期 東京商工会議所(三村明夫会頭)はこの度、中小企業の景況感をより正確に把握することを目的に、標記調査を実施しました。調査期間は、2016年2月19日から3月1日まで、対象は東京23区の中小企業2,437社。調査はFAXおよび聴き取りで行い、回答数は835社(回答率34.3%)。今回は、付帯調査として「採用の動向について」を併せて実施しております。【 東京(中小企業)の景況は横ばい。先行きも慎重な見通し。 】 〇「業況DI

2015年12月18日東京商工会議所フィードバック数:0社会/政治

東商けいきょう集計結果(中小企業の景況感に関する調査)2015年10~12月期

東商けいきょう集計結果(中小企業の景況感に関する調査)2015年10~12月期 東京商工会議所(三村明夫会頭)はこの度、中小企業の景況感をより正確に把握することを目的に、標記調査を実施しました。調査期間は、2015年11月6日から11月13日まで、対象は東京23区の中小企業2,443社。調査はFAXおよび聴き取りで行い、回答数は857社(回答率35.1%)。今回は、付帯調査として「外国人旅行者の増加に伴う直接的・間接的影響について」を併せて実施しております。【 東京の景況は横ばい。先行きは改善

2015年9月3日J.D. Powerフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年日本自動車初期品質調査

車両全般の不具合は改善傾向にあるものの、テクノロジー領域の不具合指摘が増加 日本の新車初期品質のセグメント別ランキングではトヨタと日産それぞれが2モデルでセグメント1位ブランドランキングではトヨタが1位 東京:2015年8月27日 ― 前年に比べ車両全体の不具合指摘は減少しているものの、ナビゲーションシステムに加え、音声認識やブルートゥースシステムといったテクノロジー領域の不具合指摘が増える傾向にあることが、J.D. パワー アジア・パシフィック2015年日本自動車初期品質調査SM(Initi

2015年7月10日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2013年度 都道府県別「赤字法人率」調査

公開日付:2015.07.08 2013年度の赤字法人率は3年連続で前年度より改善をみせた。震災復興事業の本格化や公共工事の拡大が影響したとみられる。全国9地区すべてで赤字法人率が改善をみせたが、産業別では、建設業の改善幅が最大だった。本調査は、2015年3月公表の国税庁統計法人税表(平成25年度分)に基づき、2013年度の都道府県別の赤字法人率(普通法人)をまとめた。赤字法人率は、普通法人を対象に赤字(欠損)法人数÷普通申告法人数×100で算出し、小数点第3位を四捨五入した。なお普通法人は、会

2015年7月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀短観(6月調査)~大企業製造業の景況感は3ポイント改善の15、先行きはさらに改善

日銀短観(6月調査)~大企業製造業の景況感は3ポイント改善の15、先行きはさらに改善 | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(6月調査)~大企業製造業の景況感は3ポイント改善の15、先行きはさらに改善 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日銀短観6月調査では、注目度の高い大企業製造業の業況判断D.I.が15と前回3月調査比で3ポイ

2015年6月18日J.D. Powerフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

2015年米国自動車初期品質調査(IQS)

車両全般の不具合は改善傾向にあるものの、テクノロジー領域の不具合指摘が増加 日本の新車初期品質のセグメント別ランキングではトヨタと日産それぞれが2モデルでセグメント1位ブランドランキングではトヨタが1位 東京:2015年8月27日 ― 前年に比べ車両全体の不具合指摘は減少しているものの、ナビゲーションシステムに加え、音声認識やブルートゥースシステムといったテクノロジー領域の不具合指摘が増える傾向にあることが、J.D. パワー アジア・パシフィック2015年日本自動車初期品質調査SM(Initi

2015年4月5日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度の雇用動向に関する愛知県企業の意識調査

2015/3/302015年度の雇用動向に関する愛知県企業の意識調査正社員「採用予定ある」64%、2年連続の改善〜 全国を0.5ポイント上回り、大都市圏でトップ、「小売」「運輸・倉庫」で意欲旺盛 〜はじめに人手不足が深刻化するなか、2014年12月の有効求人倍率は1.15倍と1992年3月以来、22年9カ月ぶりの高水準となった。また、新卒者の就職内定率は2014年12月時点で80.3%(大卒)と4年連続で上昇、リーマン・ショック前の2008年の水準に迫っている。しかし一方で、地域間や業界間、社員

2015年3月20日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

全国27万社「都道府県別財務データ分析」調査

全国27万社「都道府県別財務データ分析」調査 公開日付:2015.03.20 全国27万社の赤字企業率は21.9%(前期比3.1ポイント改善)で、全国9地区すべてで前期より改善した。円安、株高を背景に上場企業の好業績が目立つなか、未上場企業も全国的に業績を持ち直していることがわかった。本調査は、東京商工リサーチの財務データベースのうち、最新決算からさかのぼって3期連続の財務データがある27万4,138社(上場企業を除く)を無作為に抽出し、分析した。最新決算データは2014年12月期まで。なお、比

2014年12月10日東京商工会議所フィードバック数:0社会/政治

東商けいきょう集計結果(中小企業の景況感に関する調査)平成26年10-12月期

東商けいきょう集計結果(中小企業の景況感に関する調査)平成26年10-12月期 東京商工会議所(三村明夫会頭)はこの度、中小企業の景況感をより正確に把握することを目的に、標記調査を実施しました。調査期間は、平成26年11月6日から11月14日まで、対象は東京23区の中小企業2,453社。調査はFAXおよび聴き取りで行い、回答数は893社(回答率36.4%)。【 東京の景況は改善、先行きはやや慎重な姿勢。 】 ○「業況DI」(前年同期比・全業種)は、前期と比べ6.3ポイント改善し▲4.0となった

2014年9月24日東京商工会議所フィードバック数:0社会/政治

東商けいきょう集計結果(中小企業の景況感に関する調査)平成26年7~9月期

東商けいきょう集計結果(中小企業の景況感に関する調査)平成26年7~9月期 東京商工会議所(三村明夫会頭)はこの度、中小企業の景況感をより正確に把握することを目的に、標記調査を実施しました。調査期間は、平成26年8月22日から8月29日まで、対象は東京23区の中小企業2,454社。調査はFAXおよび聴き取りで行い、回答数は956社(回答率39.0%)。【 東京の景況は、消費増税の影響等により業種別の回復がばらつくが、先行きは改善を見込む 】 ○「業況DI」(前年同期比・全業種)は、前期と比べ3

2014年7月9日東京商工リサーチ★フィードバック数:0ビジネス

企業の財務データの統計です。

「全国22万社財務データ」分析調査

公開日付:2014.07.08 アベノミクス効果で上場企業の業績回復が目立つなか、未上場企業も業績を持ち直している。赤字企業率は平均23.9%(前期比2.4ポイント改善)で、全国9地区すべてで前期より改善したことがわかった。本調査は、東京商工リサーチの財務データベースのうち、最新決算からさかのぼって3期連続の財務データを入手できた22万7,043社(上場企業を除く)を無作為に抽出し、分析した。最新決算データは2014年3月期まで。 赤字企業率(当期損失を計上した企業数の比率)の全国平均は、前々期

2014年6月16日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

都道府県別赤字法人率 2年連続で改善

公開日付:2014.06.13 2012年度の赤字法人率は2年連続で前年度より改善した。震災復興事業の本格化や公共工事の拡大が影響したとみられる。全国9地区すべてで改善したが、特に被災3県(宮城、岩手、福島)を中心に東北の回復ぶりが際立った。産業別では、建設業の改善幅が最大だった。本調査は、2014年3月公表の国税庁統計法人税表(平成24年度分)に基づき、2012年度の都道府県別の赤字法人率(普通法人)をまとめた。赤字法人率は、普通法人を対象に赤字(欠損)法人数÷普通申告法人数×100で算出し、

2014年4月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

3月短観は先行きへの警戒感が強い ~業況判断+1ポイント改善、先行き▲ 9ポイント悪化予想~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

日銀短観(3月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は3ポイント改善の19を予想

日銀短観(3月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は3ポイント改善の19を予想 | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(3月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は3ポイント改善の19を予想 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 3月調査日銀短観では、注目度の高い大企業製造業で5四半期連続となる景況感改善が示されると予想す

日銀短観(12月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は2ポイント改善の14を予想

日銀短観(12月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は2ポイント改善の14を予想 | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(12月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は2ポイント改善の14を予想 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 12月調査日銀短観では、注目度の高い大企業製造業で4四半期連続となる景況感改善が示されると

第23回:ブランド名変更のイメージ調査(2008)

ブランドなんでもランキング第23回:ブランド名変更のイメージ調査商品やサービスにとって「ネーミング」はその売れ行きを決める非常に重要な要素といえます。消費者・利用者にポジティブなイメージとして残れば、商品は売れ、サービスは利用される可能性が高くなる。逆にネガティブなイメージとなれば、商品は売れず、サービスは利用されない可能性が出てくる。従ってネーミングはマーケティングの成否の一端を担っているといっても過言ではありません。そのため企業はネーミングに注力します。時には一度決定した商品やサービスのブラ

2013年5月14日東京商工リサーチフィードバック数:15ビジネス

「全国18万社財務データ」調査 全国で赤字企業率が改善

「全国18万社財務データ」調査 全国で赤字企業率が改善 公開日付:2013.05.10未上場の企業は業績が低迷期を抜け出し、赤字企業率は平均26.4%(前期比3.1ポイント改善)と、全国的に前期より改善したことがわかった。なかでも宮城、福島、岩手の震災被災3県の財務改善が目立ち、復興事業が企業業績を押し上げていることを示した。本調査は、東京商工リサーチの財務データベース(71万4,059社)のうち、2009年12月期から3期連続の財務データを入手できた18万1,393社(上場企業を除く)を無作為

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

特集データ

お知らせ