調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ポイント還元

「ポイント還元」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年9月8日GVフィードバック数:0大型消費/投資

キャッシュレス時代、それでもクレジットカードを持たない理由とは?

キャッシュレス時代、それでもクレジットカードを持たない理由とは?経済産業省が策定する「キャッシュレス・ビジョン」では、2025年に向けてキャッシュレス決済比率目標を40%と掲げ急成長を見せていますが、未だ約20%台にとどまる背景には、現金への高い信頼やキャッシュレスに対するセキュリティ面の不安等、様々な要因があります。一方、キャッシュレス決済の中ではクレジットカードが大半を占めており発行枚数と利用金額ともに増加傾向にあります。まねーぶ調べでは、クレジットカード非保有者643人に意識調査を行い、ク

2020年8月19日マネーフォワードフィードバック数:0ライフスタイル

「マイナンバーカード・マイナポイントに関する意識調査」を実施

「マイナンバーカード・マイナポイントに関する意識調査」を実施マイナポイントに登録するキャッシュレス決済サービスの選定理由は、7割が「普段の支払いでよく使う決済サービス」と回答、登録した決済サービスの1位は「PayPay」 株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO: 辻庸介、以下「当社」)は、お金の見える化サービス『マネーフォワード ME』の利用者10,000名を対象に、「マイナンバーカード・マイナポイントに関する意識調査」を実施しました。調査の結果、約8割がマイナポイント

2020年8月17日マネーフォワードフィードバック数:0ライフスタイル

「マイナンバーカード・マイナポイントに関する意識調査」を実施

「マイナンバーカード・マイナポイントに関する意識調査」を実施マイナポイントに登録するキャッシュレス決済サービスの選定理由は、7割が「普段の支払いでよく使う決済サービス」と回答、登録した決済サービスの1位は「PayPay」 株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO: 辻庸介、以下「当社」)は、お金の見える化サービス『マネーフォワード ME』の利用者10,000名を対象に、「マイナンバーカード・マイナポイントに関する意識調査」を実施しました。調査の結果、約8割がマイナポイント

2020年7月28日インフキュリオンフィードバック数:0マーケティング要登録

QRコード決済の利用率は48%。外出自粛期間の影響で、約30%が消費行動に変化

QRコード決済の利用率は48%。 外出自粛期間の影響で、約30%が消費行動に変化インフキュリオン、「決済動向2020年6月調査」を発表 株式会社インフキュリオン(本社:東京都千代田区、代表取締役:丸山 弘毅)は、新型コロナウイルス感染拡大や2020年6月に終了した「キャッシュレス・消費者還元事業(※)」に伴う、キャッシュレス決済利用の変化を調査しました。調査では、全体の半数の方がQRコード決済を利用していることが分かりました。また、キャッシュレス決済はポイント等の特典が有利だからという点に加え利

2020年7月17日NEXERフィードバック数:0ライフスタイル

【キャッシュレス】まったく現金を使わない人は4.0%

/ / 【キャッシュレス】まったく現金を使わない人は4.0%【キャッシュレス】まったく現金を使わない人は4.0%キャッシュレス決済を利用していますか?2019年10月の増税に伴って始まったキャッシュレス・ポイント還元事業が、2020年6月いっぱいで終了しました。キャッシュレス化の推進などを目的に、一部対象店舗の利用で、利用額の最大5%が還元されるというもので、期間中は意識的にキャッシュレス決済を利用していた方も多いのではないでしょうか。今回は、全国の男女550名ずつを対象にキャッシュレス決済に

2020年2月19日LINEフィードバック数:0モバイル

【LINEリサーチ】キャッシュレス時代到来か。スマホ・モバイル決済サービスの利用が昨対比2倍に。(2019年12月調査)

【LINEリサーチ】キャッシュレス時代到来か。スマホ・モバイル決済サービスの利用が昨対比2倍に。(2019年12月調査) 今回はスマホ・モバイル決済サービスの認知、利用シーンや普及の状況について調査しました。ふだん使いできる利便性や増税施策である「キャッシュレス還元」の話題性などから、昨年はキャッシュレス化の波が一気に押し寄せてきた印象もあります。早速、調査結果を見ていきましょう。①マネー・決済系サービスの認知は全般的に上昇。スマホ・モバイル決済サービスは10ポイント増え8割弱に 金融関連の

第38回 Ponta消費意識調査

第38回 Ponta消費意識調査 2019年12月発表ポイント還元で、キャッシュレス決済の利用頻度が「増えた」は、50.6%ポイント還元終了した後も 「変わらない」 が約6割以上 共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、消費者の意識とポイントの利用意向を把握するため、「第38回 Ponta消費意識調査」を「Pontaリサーチ」にて2019年11月29日(金)~ 12月5日(木)に

2019年9月27日野村総合研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

ポイント・マイレージの年間発行額が1兆円を突破

ポイント・マイレージの年間発行額が1兆円を突破 ニュースリリースポイント・マイレージの年間発行額が1兆円を突破~国内11業界の年間最少発行額について、2018年度までの推計と2023年度までの予測を実施~ 株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:此本 臣吾、以下「NRI」)は、家電量販店やクレジットカード、携帯電話など、国内11業界の主要企業※1が1年間に発行するポイント・マイレージの発行量を現金換算した「年間最少発行額※2」について、2018年度までの実績推計およ

2019年7月8日楽天インサイトフィードバック数:0社会/政治

キャッシュレス決済に関する調査

『消費増税に伴う「ポイント還元制度」で、キャッシュレス決済を現状より前向きに捉える人は6割。「キャッシュレス支持派」が4割半超えで「現金支持派」を上回る』キャッシュレス決済に関する調査 2019年6月27日楽天インサイト株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:田村 篤司、以下「楽天インサイト」)は、「キャッシュレス決済に関する調査」(注)をインターネットで実施しました。今回の調査は、2019年5月22日(水)と5月23日(木)の2日間、楽天インサイトに登録しているモニター(約220万人)

2018年11月15日Lier Factoryフィードバック数:0大型消費/投資

消費傾向と節約方法についての調査

【調査レポート】キャッシュレスを促進するにはポイント還元が有効。消費傾向と節約方法について。【調査レポート】キャッシュレスを促進するにはポイント還元が有効。消費傾向と節約方法について。「使わない節約」はもう古い?新しい節約法は「使う節約」どの家庭でも気をつけているのが「節約」ですよね。必要なものにだけお金を使い、無駄だと思われるものにはお金を使わない、これが節約の常識だと長らく思われてきました。が、昨今普及しつつあるキャッシュレス決済サービスがこの常識を打ちこわす新システムになりつつあります。A

2018年10月16日NEXERフィードバック数:0大型消費/投資

クレジットカードについてのアンケート

検索【頻繁に利用するクレカの還元率を知らない人が多数! 】クレジットカードについてのアンケート インターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所在地:東京都豊島区、代表取締役:宮田 裕也)は、ウォレットアプリKyash(キャッシュ)を提供する「株式会社Kyash」(代表取締役:鷹取 真一)と共同で「クレジットカードについてのアンケート」を下記の通り実施しましたので、その結果を公開します。 クレジットカードについてのアンケート結果を公開インターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所在

2014年9月24日オリコンフィードバック数:0大型消費/投資

2014年度 顧客満足度の高いクレジットカードベスト20

158万人が評価した、オリコン日本顧客満足度ランキングクレジットカードのランキング・比較 oricon MEでは、2006年からさまざまな産業で顧客満足度調査を実施しています。 当業種においては、36社を対象に調査を行い、実際にクレジットカードを利用した2,648名の方からの回答を得ました。 クレジットカードの顧客満足度を項目別に並び替えて比較することが出来ます。 クレジットカード ランキングTOP ワイジェイカード Tポイントがよく貯まるのでたいへん満足している(30代/男性)>> Y

2014年6月18日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

LOBO調査2014年5月結果

業況DIは、横ばい続く。先行きは、不透明感強く、慎重な見方変わらず全産業合計の業況DIは、▲17.1(前月比▲0.4ポイント)。10連休となったゴールデンウィークの好調なインバウンドを含む観光需要が全体を牽引したほか、堅調な改元商戦の恩恵により、宿泊・飲食業や観光関連業を中心とするサービス業、小売業の業況感が改善した。他方、半導体や産業用機械、自動車関連の不振が続いているほか、10連休により営業日が減少した建設業の売上が悪化した。深刻な人手不足の影響拡大や根強い消費者の節約志向、原材料費の高止ま

2014年4月17日ぐるなびフィードバック数:0ライフスタイル

「歓迎会」についての意識調査

[株式会社ぐるなび] ,新入社員 和食 歓迎会 ポイント還元 幹事 失敗談 宴会予約 幹事術 宴会芸 和食居酒屋

2014年3月23日ぐるなびフィードバック数:0ライフスタイル

「ぐるなび予約システム」の利用実態調査

[株式会社ぐるなび] ,満足度 飲食店 お得 簡単 ポイント還元 予約システム レストラン スマートフォン デジタルマネー いつでも

2014年1月8日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

早期景気観測調査(2013年12月調査)

業況DIは、横ばい続く。先行きは、不透明感強く、慎重な見方変わらず全産業合計の業況DIは、▲17.1(前月比▲0.4ポイント)。10連休となったゴールデンウィークの好調なインバウンドを含む観光需要が全体を牽引したほか、堅調な改元商戦の恩恵により、宿泊・飲食業や観光関連業を中心とするサービス業、小売業の業況感が改善した。他方、半導体や産業用機械、自動車関連の不振が続いているほか、10連休により営業日が減少した建設業の売上が悪化した。深刻な人手不足の影響拡大や根強い消費者の節約志向、原材料費の高止ま

2013年1月10日日本商工会議所フィードバック数:41社会/政治

早期景気観測調査(12月調査)

業況DIは、横ばい続く。先行きは、不透明感強く、慎重な見方変わらず全産業合計の業況DIは、▲17.1(前月比▲0.4ポイント)。10連休となったゴールデンウィークの好調なインバウンドを含む観光需要が全体を牽引したほか、堅調な改元商戦の恩恵により、宿泊・飲食業や観光関連業を中心とするサービス業、小売業の業況感が改善した。他方、半導体や産業用機械、自動車関連の不振が続いているほか、10連休により営業日が減少した建設業の売上が悪化した。深刻な人手不足の影響拡大や根強い消費者の節約志向、原材料費の高止ま

2010年9月7日日経BPフィードバック数:0大型消費/投資

若者は「ポイント還元率の高さ」でカードを選ぶ~クレジットカード/ポイント・マイル調査(前編)

日経BPコンサルティング 岡田 華織 手持ちの現金がなくても暗証番号やサインだけで簡単・便利に買い物ができるクレジットカード。最近では、カードを使うと、「ポイント」や「マイル」がたまり、それを現金に還元したり、クーポン券や他社のポイントに交換できるお得なサービスも充実している。今回のトレンドサーベイでは、そんなクレジットカードやポイントサービスについて調査した。クレジットカードを何枚持っている?ポイントやマイルはためている?など、日経BPコンサルティングが保有する調査モニター1万2463人に尋ね

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ