「ポイント」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

日本経済(週次)予測(2014年3月11日)<駆け込み需要の影響により、1-3月期成長率は引き続き上方修正>

日本経済(週次)予測(2014年3月11日)<駆け込み需要の影響により、1-3月期成長率は引き続き上方修正>2014-03-11 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重荷- 1.2019年

2014年3月14日日本銀行フィードバック数:0キャリアとスキル

(論文)技術進歩を上回る高学歴化

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 技術進歩を上回る高学歴化2014年3月13日川口大司*1森悠子*2全文掲載は、英語のみとなっております。要旨本稿は大卒高卒間賃金格差の決定要因としての大卒供給の重要性を日米比較を通じて分析した。日本の高卒大卒間賃金格差は1986年から2008年にかけて0.35ログポイントから0.34ログポイントへとほとんど変化しなかったものの、米国では同期間0.43ログポイントから0.65ログポイントまで拡大した。本稿の分析によると日

景気ウォッチャー調査14年2月~消費税増税懸念から先行き判断DIは大幅な低下

景気ウォッチャー調査14年2月~消費税増税懸念から先行き判断DIは大幅な低下 | ニッセイ基礎研究所 景気ウォッチャー調査14年2月~消費税増税懸念から先行き判断DIは大幅な低下 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・現状判断DIは2ヶ月連続の低下・先行き判断DIは3ヶ月連続の低下3月10日に内閣府から発表された2014年2月の景気ウォッチャー調査によ

2014年3月9日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2014年2月)<駆け込み需要の影響色濃い1月統計、1-3月期成長率は先週から上方修正される>

日本経済(月次)予測(2014年2月)<駆け込み需要の影響色濃い1月統計、1-3月期成長率は先週から上方修正される>2014-03-03 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重荷- 1.2

2014年3月9日文部科学省フィードバック数:0キャリアとスキル

平成25年度 教職員団体への加入状況に関する調査

現在位置トップ > 教育 > 教員の免許、採用、人事、研修等 > 教職員の人事管理 > 教職員団体への加入状況に関する調査結果について > 平成25年度 教職員団体への加入状況に関する調査結果について 平成25年度 教職員団体への加入状況に関する調査結果について 1 調査日平成25年10月1日現在(※ 昭和33年(新採用教職員は昭和35年)から毎年10月1日現在で実施)2 調査対象大学及び高等専門学校を除く公立学校に勤務するすべての常勤教職員(再任用職員を含む)を対象として実施。3 調査結果の

2014年3月3日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・3月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

NEWS博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・3月](消費意欲指数・デフレ生活指数) 2014年03月03日●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●3月は [消費意欲指数=53.8点][デフレ生活指数=62.8点]2014年3月3日生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【3月の消費動向】(消費意欲・デフレ生

2014年3月2日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

関西経済月次分析(2014年1月-2月)

関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重荷- 1.2019年1-3月期実質GDP成長率は前期比+0.5%(年率換算+2.1%)と2四半期連続のプラス成長となった。内需で成長率を押し上げたのは民

2014年3月2日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(週次)予測(2014年2月24日)<1月貿易統計により日銀の成長率の見方にダウンサイドリスク高まる>

日本経済(週次)予測(2014年2月24日)<1月貿易統計により日銀の成長率の見方にダウンサイドリスク高まる>2014-02-24 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重荷- 1.2019

2014年3月2日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

第98回景気分析と予測<10-12月期GDP1次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2013年度+2.2%、14年度+0.5%、15年度を+1.1%と予測>

第98回景気分析と予測<10-12月期GDP1次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2013年度+2.2%、14年度+0.5%、15年度を+1.1%と予測>2014-02-28 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費

2014年3月2日アイブリッジフィードバック数:0エンタテインメント

嘘がバレてしまう言動ランキング

嘘がバレてしまう言動ランキング 嘘って、なぜか結構すぐバレちゃうんですよね。嘘をついて平常心でいられる人は、意外と少ないのかも?! あなたの周りにこんな言動の人、居ませんか?もしかしたら嘘をついているかもしれません!気になる結果を早速チェック! 疑わしい人がいたら、ジッと目を見つめてみましょう。嘘が見抜けるかも! 平気で嘘を重ねられないあたり、本当は憎めない“いい人”なのかも・・・。 反省してます!もう嘘はつきません!後悔エピソードをご紹介★彼氏なんていないのに「一応いる」とウソを言ったら

2014年3月2日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第653回 時事世論調査〔2014年1月結果〕

■「中央調査報(No.676)」より1月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月比5.5ポイント増の52.6%となり、5割台を回復した。不支持率は同4.9ポイント減の27.8%となった。安倍内閣は政権2年目に入り、年末に靖国神社を参拝して中韓両国の強い反発を受けたほか、米国務省が異例の「失望」を表明するなど波紋を広げた。米軍普天間飛行場の名護市辺野古移転問題については県知事が埋め立て申請を承認したことに政府は歓迎を表明した。一方、米株高を受け続伸していた日経平均株価は12月30日の大納会で今

2014年3月2日中央調査社★フィードバック数:0マーケティング

新聞中心です。

第6回「メディアに関する全国世論調査」(2013年)結果の概要

■「中央調査報(No.676)」より ■ 第6回「メディアに関する全国世論調査」(2013年)結果の概要公益財団法人新聞通信調査会(理事長 長谷川 和明)は、2013年9月に「第6回メディアに関する全国世論調査(2013年)」を実施しました。調査方法は、住民基本台帳から無作為に選んだ全国の18歳以上の5,000人を対象とした訪問留置法で、3,297人から回答を得ました。この調査は、メディアの問題点や評価、信頼度などを客観的で信頼の高い統計手法を用いて調査し、クロス・メディア時代における新聞の在り

2014年2月28日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成26年1月分)について

平成26年2月28日【照会先】職業安定局雇用政策課中央労働市場情報官 古 屋 (内線5740)(代表電話) 03(5253)1111(直通電話) 03(3595)3290 一般職業紹介状況(平成26年1月分)について 【ポイント】○平成26年1月の有効求人倍率は1.04倍で、前月に比べて0.01ポイント上昇。○平成26年1月の新規求人倍率は1.63倍で、前月に比べて0.02ポイント上昇。 1 厚生労働省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりまとめ、

2014年2月26日国土交通省フィードバック数:0キャリアとスキル

建設労働需給調査結果(平成26年1月調査)

建設労働需給調査結果(平成26年1月調査)について 平成26年2月25日【調査結果のポイント】○本調査結果は、平成26年1月10日~20日までの間の1日(日曜、休日を除く)を調査対象日として調査している。○全国の8職種の過不足率は、平成25年12月は2.5%の不足のから平成26年1月は2.1%の不足と0.4ポイント不足幅が縮小した。○東北地域の8職種の過不足率は、平成25年12月は1.5%の不足から平成26年1月は2.1%の不足へと0.6ポイント不足幅が拡大した。○8職種の今後の労働者の確保に

日本経済(週次)予測(2014年2月18日)<1-3月期は駆込み需要を主因として成長率は加速>

日本経済(週次)予測(2014年2月18日)<1-3月期は駆込み需要を主因として成長率は加速> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、10月の訪日外客総数(推計値)は22,100人と入国後の隔離措置期間の短縮などの入国緩和策の影響もあり前月(17,700人)から増加。なお、前々年同月比では-99.1%と大幅減少が続いている。・目的別訪日外客総数(暫定値)をみれば、8月は25,916人となった。うち、観光客は13,304人、商用客は1,374人、その他客は11,238人。東京パラリンピック開

日本経済(週次)予測(2014年2 月11 日)<10-12月期実質GDP成長率の最終予測は前期比年率+3.6%と前期より加速>

日本経済(週次)予測(2014年2 月11 日)<10-12月期実質GDP成長率の最終予測は前期比年率+3.6%と前期より加速> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、10月の訪日外客総数(推計値)は22,100人と入国後の隔離措置期間の短縮などの入国緩和策の影響もあり前月(17,700人)から増加。なお、前々年同月比では-99.1%と大幅減少が続いている。・JNTO訪日外客統計を目的別にみれば、8月の総数(暫定値)は25,916人となった。うち、観光客は13,304人、商用客は1,374

景気ウォッチャー調査14年1月~先行き判断DIは14ヶ月ぶりに50を下回る

景気ウォッチャー調査14年1月~先行き判断DIは14ヶ月ぶりに50を下回る | ニッセイ基礎研究所 景気ウォッチャー調査14年1月~先行き判断DIは14ヶ月ぶりに50を下回る 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・現状判断DIは3ヶ月ぶりに低下・先行き判断DIは2ヶ月連続の低下2月10日に内閣府から発表された2014年1月の景気ウォッチャー調査によると

2014年2月9日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2014年1月)<純輸出は2期連続でマイナスとなるが内需は加速するため、10-12月期成長率は前期より加速>

日本経済(月次)予測(2014年1月)<純輸出は2期連続でマイナスとなるが内需は加速するため、10-12月期成長率は前期より加速> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、10月の訪日外客総数(推計値)は22,100人と入国後の隔離措置期間の短縮などの入国緩和策の影響もあり前月(17,700人)から増加。なお、前々年同月比では-99.1%と大幅減少が続いている。・JNTO訪日外客統計を目的別にみれば、8月の総数(暫定値)は25,916人となった。うち、観光客は13,304人、商用客は1,37

2014年2月4日南都経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

2012年「国民健康・栄養調査」結果のポイント

2012年「国民健康・栄養調査」結果のポイント

2014年2月3日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・2014年2月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・2月](消費意欲指数・デフレ生活指数)●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●2月は [消費意欲指数=48.7点][デフレ生活指数=60.6点]2014年2月3日生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【2月の消費動向】(消費意欲・デフレ生活志向)に関する分析結果について

2014年2月2日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(週次)予測(2014年1月27日)<10-11月期の産業活動指数は好調な景気の現況判断指標を裏付けている>

日本経済(週次)予測(2014年1月27日)<10-11月期の産業活動指数は好調な景気の現況判断指標を裏付けている> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、9月の訪日外客総数(推計値ベース)は17,700人となった(前月:25,900人)。年前半の月平均(16,049人)を上回ったものの、東京オリンピック・パラリンピックが閉幕したこともあり、9月は2カ月連続で減少した。・JNTO訪日外客統計を目的別にみれば、7月の総数(暫定値ベース)は51,055人となった。うち、観光客は42,621人

JISA-DI調査(平成25年12月期)

JISA-DI調査(平成25年12月期)結果公表 情報サービス業 売上の将来見通し/雇用判断 ~売上高予測DIはプラス幅が倍増、雇用の不足感も強まる~ 2014年1月30日 一般社団法人 情報サービス産業協会(JISA)は、平成26年1月30日に情報サービス業の売上の将来見通し・雇用判断に関する「JISA-DI調査(平成25年12月期)」の結果を公表しました。 この調査は、四半期末時点における次の四半期の売上見通しと四半期末時点の従業者の充足感について、主要な会員を対象に四半期ごとに実施し

2014年2月2日アイブリッジ★フィードバック数:0ビジネス

仕事用のカバンについての調査です。

ビジネスバッグに関する調査

業界最大規模のモニター数を誇るリサーチプラスが実施したビジネスバッグに関する調査結果。企業登録をすると、管理画面からのアンケート作成や、回答結果のダウンロードが可能となります。ビジネスバッグに関する調査2014年1月24日ビジネスバッグに関する調査アイブリッジ株式会社(本社:大阪市福島区、代表取締役社長:荒川 和也)が展開するインターネットリサーチサービス“リサーチプラス”では、約160万人の自社モニター会員を活用し、全国300人を対象に、ビジネスバッグに関する調査を実施いたしました。 調査対象

2014年2月2日ビー・スタイルフィードバック数:0キャリアとスキル

2013年12月主婦の求人応募指数

2013年12月主婦の求人応募指数トピックス主婦に特化した人材サービス『しゅふJOB』(事業運営者:株式会社ビースタイル/本社:東京都新宿区、代表取締役:三原邦彦)の調査機関しゅふJOB総研は、求人サイトしゅふJOBに掲載された仕事情報と応募した求職者数から算出した『主婦求人応募指数』の2013年12月分を集計しました。調査概要元データ:しゅふJOBに掲載された仕事情報数と求人応募者数計算手法:2012年の年間平均応募率を基準値100として設定。各集計月の応募率を割り出し、2012年の年間平均応

2014年1月28日国土交通省フィードバック数:0キャリアとスキル

建設労働需給調査結果(平成25年12月調査)

建設労働需給調査結果(平成25年12月調査)について 平成26年1月27日【調査結果のポイント】○本調査結果は、平成25年12月10日~20日までの間の1日(日曜、休日を除く)を調査対象日として調査している。○全国の8職種の過不足率は、11月は2.1%の不足のから12月は2.5%の不足と0.4ポイント不足幅が拡大した。○東北地域の8職種の過不足率は、11月は1.9%の不足から12月は1.5%の不足へと0.4ポイント不足幅が縮小した。○8職種及び6職種の今後の労働者の確保に関する見通しについては

2014年1月27日IPA★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

IPAのレポートです。

2013年度情報セキュリティ事象被害状況調査

「2013年度情報セキュリティ事象被害状況調査」報告書について更新日 2014年2月18日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター 近年、組織が保有する情報システムや情報資産を狙ったサイバー攻撃が巧妙になってきており、特定の企業や国家機関を狙い撃ちする標的型攻撃も発生しています。また、ウェブページが改ざんされ、そのページの利用者にウイルス感染の被害が発生するなど、情報システムを保有する組織は情報セキュリティ上の様々な危険にさらされています。IPAでは、最新の情報セキュリティ被害

関西経済月次分析(2013年12月-2014年1月)

【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、10月の訪日外客総数(推計値)は22,100人と入国後の隔離措置期間の短縮などの入国緩和策の影響もあり前月(17,700人)から増加。なお、前々年同月比では-99.1%と大幅減少が続いている。・目的別訪日外客総数(暫定値)をみれば、8月は25,916人となった。うち、観光客は13,304人、商用客は1,374人、その他客は11,238人。東京パラリンピック開催の影響もあり、短期滞在者扱いとなる観光客が1万人を超える水準となった。・日本ではワクチン接種を

日本経済(週次)予測(2014年1月20日)<10-12月期、民間最終消費支出は加速し、民間企業設備は拡大に>

日本経済(週次)予測(2014年1月20日)<10-12月期、民間最終消費支出は加速し、民間企業設備は拡大に> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、9月の訪日外客総数(推計値ベース)は17,700人となった(前月:25,900人)。年前半の月平均(16,049人)を上回ったものの、東京オリンピック・パラリンピックが閉幕したこともあり、9月は2カ月連続で減少した。・JNTO訪日外客統計を目的別にみれば、7月の総数(暫定値ベース)は51,055人となった。うち、観光客は42,621人、商用

2014年1月20日Ipsosフィードバック数:0社会/政治

2014年の見通しについての調査

[] グローバル・マーケティング・リサーチ会社のイプソスは、日本を含む世界23カ国で毎月実施しているGlobal@dvisor調査を基に、2014年の見通しについての調査結果を発表しました。 ◆ 主な調査結果 ◆● 23か国の対象者のうち76%は2014年は2013年よりも良い年になると回答。日本では半数以上(53%)が楽観的 ● 世界経済については、2014年が2013年より強くなると回答したのは53%で前年より4ポイント上昇。日本では、前年より9ポイント多い47%が強くなると回答した ● 

日本経済(週次)予測(2014年1月13日)<景気の先行き期待感は今後しばらく高水準で推移>

日本経済(週次)予測(2014年1月13日)<景気の先行き期待感は今後しばらく高水準で推移> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、9月の訪日外客総数(推計値ベース)は17,700人となった(前月:25,900人)。年前半の月平均(16,049人)を上回ったものの、東京オリンピック・パラリンピックが閉幕したこともあり、9月は2カ月連続で減少した。・JNTO訪日外客統計を目的別にみれば、7月の総数(暫定値ベース)は51,055人となった。うち、観光客は42,621人、商用客は941人、その

景気ウォッチャー調査13年12月~現状判断DI、先行き判断DIともに好調を維持

景気ウォッチャー調査13年12月~現状判断DI、先行き判断DIともに好調を維持 | ニッセイ基礎研究所 景気ウォッチャー調査13年12月~現状判断DI、先行き判断DIともに好調を維持 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・現状判断DIは2ヶ月連続で上昇・先行き判断DIは4ヶ月ぶりの低下1月14日に内閣府から発表された2013年12月の景気ウォッチャー調

日本経済(月次)予測(2013年12月)<10-12月期、消費者物価上昇の裾野広がる>

日本経済(月次)予測(2013年12月)<10-12月期、消費者物価上昇の裾野広がる> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、10月の訪日外客総数(推計値)は22,100人と入国後の隔離措置期間の短縮などの入国緩和策の影響もあり前月(17,700人)から増加。なお、前々年同月比では-99.1%と大幅減少が続いている。・目的別訪日外客総数(暫定値)をみれば、8月は25,916人となった。うち、観光客は13,304人、商用客は1,374人、その他客は11,238人。東京パラリンピック開催の影響

2014年1月7日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・2014年1月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・1月](消費意欲指数・デフレ生活指数)●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●1月は [消費意欲指数=50.8点][デフレ生活指数=63.2点]2014年1月7日生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【1月の消費動向】(消費意欲・デフレ生活志向)に関する分析結果について

2013年12月28日日本旅行業協会フィードバック数:0大型消費/投資

第47回JATA旅行市場動向調査~国内(2013年12月期)

第47回JATA旅行市場動向調査〜国内(2013年12月期) 2013年12月18日 国内旅行DI現況は、続伸して+13※ 式年遷宮の愛知・岐阜・三重と山陰、九州の人気上昇。※ 季節が変わり北海道が大きく下落。東京人気は衰えず。※ 職場を中心に団体が回復傾向。シニアは好調を維持。夏が終わってファミリーが後退。3ヵ月後は需要一巡で一服感も、プラスを維持する※ 総じて下落傾向。法人の消費税増税前の駆け込み需要に期待感も。現況は、好調を維持して(+13)へ。3ヵ月後は、減少を見込むもののブラスを

関西経済月次分析(2013年11、12月)

【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、9月の訪日外客総数(推計値ベース)は17,700人となった(前月:25,900人)。年前半の月平均(16,049人)を上回ったものの、東京オリンピック・パラリンピックが閉幕したこともあり、9月は2カ月連続で減少した。・JNTO訪日外客統計を目的別にみれば、7月の総数(暫定値ベース)は51,055人となった。うち、観光客は42,621人、商用客は941人、その他客は7,493人であった。東京オリンピック開催で参加選手や関係者が入国したこともあり観光客が前

日本経済(週次)予測(2013年12月23日)<10-12月期、景気は内需拡大に支えられているが、純輸出の回復は道遠し>

日本経済(週次)予測(2013年12月23日)<10-12月期、景気は内需拡大に支えられているが、純輸出の回復は道遠し> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、10月の訪日外客総数(推計値)は22,100人と入国後の隔離措置期間の短縮などの入国緩和策の影響もあり前月(17,700人)から増加。なお、前々年同月比では-99.1%と大幅減少が続いている。・目的別訪日外客総数(暫定値)をみれば、8月は25,916人となった。うち、観光客は13,304人、商用客は1,374人、その他客は11,23

2013年度補正予算は消費増税の激変を緩和できるか

2013 年度補正予算は消費増税の激変を緩和できるか 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、10月の訪日外客総数(推計値)は22,100人と入国後の隔離措置期間の短縮などの入国緩和策の影響もあり前月(17,700人)から増加。なお、前々年同月比では-99.1%と大幅減少が続いている。・目的別訪日外客総数(暫定値)をみれば、8月は25,916人となった。うち、観光客は13,304人、商用客は1,374人、その他客は11,238人。東京パラリンピック開催の影響もあり、短期滞在者扱いとなる観光客

2013年12月27日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成25年11月分)について

平成25年12月27日【照会先】職業安定局雇用政策課中央労働市場情報官 古 屋 (内線5740)(代表電話) 03(5253)1111(直通電話) 03(3595)3290 一般職業紹介状況(平成25年11月分)について 【ポイント】○平成25年11月の有効求人倍率は1.00倍で、前月に比べて0.02ポイント上昇。○平成25年11月の新規求人倍率は1.56倍で、前月に比べて0.03ポイント低下。 1 厚生労働省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりま

2013年12月26日国土交通省フィードバック数:0キャリアとスキル

建設労働需給調査結果(平成25年11月調査)

建設労働需給調査結果(平成25年11月調査)について 平成25年12月25日【調査結果のポイント】○本調査結果は、平成25年11月10日~20日までの間の1日(日曜、休日を除く)を調査対象日として調査している。○全国の8職種の過不足率は、10月は2.6%の不足から11月は2.1%の不足と0.5ポイント不足幅が縮小した。○東北地域の8職種の過不足率は、10月は2.1%の不足から11月は1.9%の不足へと0.2%ポイント不足幅が縮小した。○8職種及び6職種の今後の労働者の確保に関する見通しについて

超短期予測の有用性を確認、平成23年度兵庫県GDP推計から

超短期予測の有用性を確認、平成23年度兵庫県GDP推計から 1.2019年7-9月期実質GDPは前期比年率+0.2%(前期比+0.1%)と4四半期連続のプラス成長だが小幅にとどまった。寄与度を見ると、純輸出は前期比-0.2ポイントと成長を抑制し、国内需要は同+0.2%ポイントと4四半期連続のプラスだが民間需要も公的需要のいずれも同+0.1%ポイントと低調だった。 2.2019年7-9月期の関西経済は、内需外需とも弱い動きが見られる。インバウンド需要や設備投資計画、公共投資など堅調な部分も随所に見

日本経済(週次)予測(2013年12月16日)<10-12月期、景気は引き続き着実に回復している>

日本経済(週次)予測(2013年12月16日)<10-12月期、景気は引き続き着実に回復している> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、10月の訪日外客総数(推計値)は22,100人と入国後の隔離措置期間の短縮などの入国緩和策の影響もあり前月(17,700人)から増加。なお、前々年同月比では-99.1%と大幅減少が続いている。・目的別訪日外客総数(暫定値)をみれば、8月は25,916人となった。うち、観光客は13,304人、商用客は1,374人、その他客は11,238人。東京パラリンピッ

自宅への設置者対象の調査です。

太陽光パネルに関する実態調査

プレスリリース/ニュースリリース配信の共同通信PRWire 太陽光パネルのチェックポイントは「曇り発電力(曇天時の発電力)」 !?日照時間・量とも最も少ないこの季節に太陽光パネルに関する実態調査購入者30代~50代の男女300人から聞こえてきた購入前に知っておくべき意外なポイント!太陽光パネルのチェックポイントは「曇り発電力(曇天時の発電力)」 !?気象予報士の木原氏も 「日本の空はいつも晴れているわけではなく、検討前に雲が多い日の発電量や居住地の日照状況をしっかりチェック!」とアドバイス 太

2013年12月16日総務省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表(平成25年度第2四半期(9月末))

報道資料電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表(平成25年度第2四半期(9月末)) 総務省では、電気通信事業報告規則(昭和63年郵政省令第46号)の規定による電気通信事業者からの報告等に基づき、平成25年度第2四半期(9月末)の電気通信サービスの契約数及びシェアについて、別紙のとおり取りまとめましたので公表します※。主なポイント1 移動系通信 携帯電話・PHS・BWA(MVNOを含む。)の契約数は1億5,097万(前期比+1.6%、前年同期比+7.5%)、携帯電話の契約数は

日本経済(週次)予測(2013年12月10日)<2012 年度 GDP 確報値は大幅に下方改訂。 成長ドライバーは公共投資ではなく民間需要であることが判明>

日本経済(週次)予測(2013年12月10日)<2012 年度 GDP 確報値は大幅に下方改訂。 成長ドライバーは公共投資ではなく民間需要であることが判明> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、10月の訪日外客総数(推計値)は22,100人と入国後の隔離措置期間の短縮などの入国緩和策の影響もあり前月(17,700人)から増加。なお、前々年同月比では-99.1%と大幅減少が続いている。・JNTO訪日外客統計を目的別にみれば、8月の総数(暫定値)は25,916人となった。うち、観光客は13,

景気ウォッチャー調査13年11月~現状判断DI、先行き判断DIともに上昇するなど好調が続く

景気ウォッチャー調査13年11月~現状判断DI、先行き判断DIともに上昇するなど好調が続く | ニッセイ基礎研究所 景気ウォッチャー調査13年11月~現状判断DI、先行き判断DIともに上昇するなど好調が続く 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・現状判断DIは2ヶ月ぶりの上昇・先行き判断DIは3ヶ月連続の上昇12月9日に内閣府から発表された2013年1

日本経済(月次)予測(2013年11月)<物価上昇のすそ野が広がり、生産の拡大がみ られる。資本財出荷は大幅上昇し企業設備に とってはよいシグナル。>

日本経済(月次)予測(2013年11月)<物価上昇のすそ野が広がり、生産の拡大がみ られる。資本財出荷は大幅上昇し企業設備に とってはよいシグナル。> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、10月の訪日外客総数(推計値)は22,100人と入国後の隔離措置期間の短縮などの入国緩和策の影響もあり前月(17,700人)から増加。なお、前々年同月比では-99.1%と大幅減少が続いている。・目的別訪日外客総数(暫定値)をみれば、8月は25,916人となった。うち、観光客は13,304人、商用客は1,

2013年12月2日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・12月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

NEWS博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・12月](消費意欲指数・デフレ生活指数) 2013年12月02日●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●12月は [消費意欲指数=55.5点][デフレ生活指数=63.0点]2013年12月2日生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【12月の消費動向】(消費意欲・

第20回 関西エコノミックインサイト<消費増税の影響の表れ方に差はあるか ― 影響の出方の比較:関西vs.全国 ―>

第20回 関西エコノミックインサイト<消費増税の影響の表れ方に差はあるか ― 影響の出方の比較:関西vs.全国 ―> 1. 2021年7-9月期の関西経済は、持ち直しの動きに一服感が見られ、踊り場を迎えた。緊急事態宣言の長期化による消費活動の停滞や、半導体不足の影響により、持ち直しの動きが弱まった。 2. 家計部門は、前期には緩やかながら持ち直しの動きが見られていたが、第5波となる感染拡大および緊急事態宣言の発令により、足踏み状態となった。センチメントや所得は伸び悩んでおり、雇用環境は全国に比べ

第97回 景気分析と予測<7-9月期GDP1次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2013年度+2.7%、14年度+0.3%、15年度を+0.9%と予測>

第97回 景気分析と予測<7-9月期GDP1次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2013年度+2.7%、14年度+0.3%、15年度を+0.9%と予測> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、9月の訪日外客総数(推計値ベース)は17,700人となった(前月:25,900人)。年前半の月平均(16,049人)を上回ったものの、東京オリンピック・パラリンピックが閉幕したこともあり、9月は2カ月連続で減少した。・JNTO訪日外客統計を目的別にみれば、7月の総数(暫定値ベース)は51,055人

関西経済月次分析(2013年10月、11月)

【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、10月の訪日外客総数(推計値)は22,100人と入国後の隔離措置期間の短縮などの入国緩和策の影響もあり前月(17,700人)から増加。なお、前々年同月比では-99.1%と大幅減少が続いている。・JNTO訪日外客統計を目的別にみれば、8月の総数(暫定値)は25,916人となった。うち、観光客は13,304人、商用客は1,374人、その他客は11,238人。東京パラリンピック開催の影響もあり、短期滞在者扱いとなる観光客が1万人を超える水準となった。・日本で

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着データ

お知らせ