調査のチカラ TOP > タグ一覧 > マイクロプラスチック

「マイクロプラスチック」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2020年11月4日オレンジページフィードバック数:0キャリアとスキル

「日本のプラごみの量は世界2位」知らなかった80.5%

「日本のプラごみの量は世界2位」知らなかった80.5% 「使... 「日本のプラごみの量は世界2位」知らなかった80.5%「使い捨て容器や袋が過剰だと思ったことがある」85.2%MYバッグの次は「MY詰め替えボトル」「MY容器」が来る? 「オレンジページくらし予報」では、国内在住の20歳以上の女性を対象に「プラスチックごみ(以下プラごみ)」について調査しました。世界規模の課題でもあるプラごみ。日本でもプラごみ削減策として、2020年7月のレジ袋有料化を機に、日本のプラごみ廃棄量や海洋プラス

2020年10月16日オレンジページフィードバック数:0ライフスタイル

「プラスチックごみ(以下プラごみ)」について調査

レジ袋有料化に「賛成」76.9% レジ袋をごみ袋として活用し... レジ袋有料化に「賛成」76.9%レジ袋をごみ袋として活用していた人の反応は?マイバッグの持参率は90.1%まで上昇! 「オレンジページくらし予報」では、国内在住の20歳以上の女性を対象に「プラスチックごみ(以下プラごみ)」について調査しました。マイクロプラスチックによる海洋汚染の深刻化など、国際的な問題となっているプラごみ。削減に向けた動きとして、日本でも2020年7月からレジ袋の有料化の法律が施行されました。これを機にプ

2018年1月29日環境省フィードバック数:0社会/政治

平成28年度海洋ごみ調査の結果について

平成28年度海洋ごみ調査の結果について環境省では、平成28年度に、10カ所の海岸において漂着ごみ調査等を行い、各地点における漂着ごみの量や種類などを調べました。また、陸奥湾、富山湾、若狭湾及び我が国周辺の沖合海域における漂流・海底ごみ調査を行いました。さらに、近年、海洋生態系への影響が懸念されているマイクロプラスチックについて調査を行い、その結果をまとめました。 1.概要 環境省では、平成22年度から、海岸などにある漂着ごみ、海面に浮遊する漂流ごみ及び海底に堆積するごみ(海底ごみ)に関して、量や

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ