「マイナス」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

【5月米住宅着工、許可件数】着工件数の減少は、前月の大幅増加の反動。許可件数は増加しており、回復基調は持続

【5月米住宅着工、許可件数】着工件数の減少は、前月の大幅増加の反動。許可件数は増加しており、回復基調は持続。 | ニッセイ基礎研究所 【5月米住宅着工、許可件数】着工件数の減少は、前月の大幅増加の反動。許可件数は増加しており、回復基調は持続。 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.結果の概要:住宅着工は前月比で減少、一方、先行指標

2015年5月29日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

旅行・観光消費動向調査 平成27年1-3月期(速報)~国内旅行による消費額は4期連続で前年同期比がマイナス~

旅行・観光消費動向調査 平成27年1-3月期(速報)~国内旅行による消費額は4期連続で前年同期比がマイナス~ 最終更新日:2015年5月29日●平成27年1-3月期の日本人国内旅行の動向(速報)○国内旅行消費額は4.3兆円で、前年同期比10.2%減。○国内旅行消費額のうち、宿泊旅行消費額が3.2兆円で、前年同期比11.9%減、日帰り旅行消費額が1.0兆円で、前年同期比4.4%減となった。観光庁観光戦略課 森(内線27-211)観光戦略課調査室 山本、岸本、紺野(内線27-215、27-218)T

2015年5月26日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷統計(2015年4月分)

1.2015年 民生用電子機器 国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の4月国内出荷金額は849億円(前年比96.6%)と13ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は406億円(前年比105.8%)と2ヶ月連続でプラスとなった。音声機器は60億円(前年比77.8%)と5ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器は383億円(前年比91.5%)と12ヶ月連続でマイナスとなった。 2.2015年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は339千台(前年

2015年5月24日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

全国小企業月次動向調査(2015年4月実績、5月見通し)

ニュースリリース2 0 1 5 年 5 月 2 2 日株式会社日本政策金融公庫総合研究所全国小企業月次動向調査(2015年4月実績、5月見通し)[概況] 小企業の売上 DI は、マイナス幅が縮小~5 月もマイナス幅が縮小する見通し~」1 売 上2015 年 4 月の売上 DI は、3 月(▲24.2)からマイナス幅が 13.6 ポイント縮小し、▲10.6 となった。5 月は、▲5.5 とマイナス幅がさらに縮小する見通しとなっている。業種別にみると、製造業(▲19.8→▲15.2)、非製造業(▲2

APIR Commentary No.47<日本は世界の「クール」な旅行先?>

APIR Commentary No.47<日本は世界の「クール」な旅行先?> -景気は足下、先行きともに改善が続く- ・1月の鉱工業生産指数は3カ月ぶりのマイナスだが、10-12月平均比+1.8%となっており、近経局は「生産は持ち直しの動きが見られる」と判断している。 ・2月の輸出は2カ月ぶりの前年比増加、輸入は2カ月ぶりに同減少した。結果、貿易収支は2か月ぶりの黒字となった。 ・2月の消費者態度指数は3カ月ぶり、景気ウォッチャー現状判断DIは2カ月連続で、いずれも悪化した。依然として消費者の

企業物価指数(2015年4月)~消費増税の影響剥落で前年比▲2.1%

企業物価指数(2015年4月)~消費増税の影響剥落で前年比▲2.1% | ニッセイ基礎研究所 企業物価指数(2015年4月)~消費増税の影響剥落で前年比▲2.1% 岡 圭佑基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・消費増税の影響剥落で前年比▲2.1%・輸入物価は下落幅が拡大・最終財価格は夏場以降上昇基調が明確に5月15日に日本銀行から発表された企業物価指数によると、2

2015年5月6日日本印刷技術協会フィードバック数:0マーケティング

印刷業定点調査 各地の声(2015年1月度)

印刷業定点調査 各地の声(2015年1月度)売上高は△1.4%と10月から4カ月連続のマイナスとなった。マイナス幅は大きくないものの、増税によって名目上の売上高が3%近く押し上げられていることを考慮すると、印刷経営の実態は厳しさが続いている。昨年2~3月は消費増税前の駆け込み需要で空前の賑わいだったため、対前年比で見た印刷経営は3月まで落ち込み幅が大きくなることが確実視される。地域別に見ると、名古屋圏と大阪圏のマイナス幅が縮小したが、大阪圏の落ち込みが大きく、名古屋圏は前年をやや下回る程度の水準

2015年5月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年3月全国消費者物価

トップレポート・コラム経済分析日本3月全国消費者物価 ここから本文です3月全国消費者物価コアCPIの前年比ゼロは土俵際のせめぎ合いサマリー◆2015年3月の全国コアCPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比+2.2%と、市場コンセンサス(同+2.1%)を小幅に上回った。消費税を除くベースでみると、エネルギーと耐久消費財のマイナス寄与が縮小したことで、前年比+0.2%と前月(同+0.0%)から上昇幅が小幅に拡大した。季節調整値の推移をみると、コアCPIの水準には弱さが残っている一方で、コアコア

2015年5月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

消費者物価(全国15年3月)~コアCPI上昇率(消費税の影響を除く)は再びプラスも、先行きはマイナスに

消費者物価(全国15年3月)~コアCPI上昇率(消費税の影響を除く)は再びプラスも、先行きはマイナスに | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国15年3月)~コアCPI上昇率(消費税の影響を除く)は再びプラスも、先行きはマイナスに 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPI上昇率(消費税の影響を除く)は再びプラスに・コアC

2015年4月23日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷統計(2015年3月分)

1.2015年 民生用電子機器 国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の3月国内出荷金額は1,262億円(前年比93.7%)と12ヶ月連続でマイナスとなった。2014年度計は1兆2,822億円(前年比89.1%)と4年連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は632億円(前年比100.4%)と9ヶ月ぶりのプラスとなった。2014年度計は6,551億円(前年比91.1%)と4年連続でマイナスとなった。音声機器は60億円(前年比65.5%)と4ヶ月連続でマイナスとなった。2014年度計は82

貿易統計15年3月~貿易収支(季節調整値)は約4年ぶりの黒字も、1-3月期の外需寄与度はマイナスに

貿易統計15年3月~貿易収支(季節調整値)は約4年ぶりの黒字も、1-3月期の外需寄与度はマイナスに | ニッセイ基礎研究所 貿易統計15年3月~貿易収支(季節調整値)は約4年ぶりの黒字も、1-3月期の外需寄与度はマイナスに 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貿易収支(季節調整値)は東日本大震災以降では初の黒字に・輸出入ともに

企業物価指数(2015年3月)~輸入物価は下落基調が鈍化

企業物価指数(2015年3月)~輸入物価は下落基調が鈍化 | ニッセイ基礎研究所 企業物価指数(2015年3月)~輸入物価は下落基調が鈍化 岡 圭佑基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・消費増税の影響を除くと、下落幅は2ヵ月連続で縮小・輸入物価は下落基調が鈍化・交易条件は6ヵ月ぶりに悪化・最終財価格はマイナスが続く4月13日に日本銀行から発表された企業物価指数によ

2015年3月31日日本印刷技術協会フィードバック数:0マーケティング

印刷業定点調査 各地の声(2014年12月度)

印刷業定点調査 各地の声(2014年12月度)売上高伸び率は△2.0%と3カ月連続のマイナスで2014年を終えた。増税の影響は予想以上に長期化したが、増税前の駆け込み需要が大きかったため、年間では+0.3%と2012年以来2年振りのプラスになった。地域別に見ると、好調だった名古屋圏が9カ月ぶりのマイナス、甲信越静が3カ月ぶりのマイナスに転じた。首都圏は3カ月連続、大阪圏は7カ月連続のマイナスであり、2014年は残念ながら年末にかけて大都市圏で失速する推移をたどった。業種・業態別でみると、特に商業

日本経済(週次)予測(2015年3月23日)<2月の純輸出大幅悪化、1-3月期成長率はマイナスへ>

日本経済(週次)予測(2015年3月23日)<2月の純輸出大幅悪化、1-3月期成長率はマイナスへ>2015-03-23 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.72 – 景気は足下悪化傾向、先行きは改善の兆しか – [ Monthly Report(関西) ] Abstract/KeywordsKEIM, 月次レポート, 関西経済 - 景気は足下悪化傾向、先行きは改善の兆しか - ・2月の生産は4カ月ぶりの前月比プラスだが、1-2月の生産は10-12月平

2015年3月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年2月全国消費者物価

トップレポート・コラム経済分析日本2月全国消費者物価 ここから本文です2月全国消費者物価値上げラッシュ下でも前年比ゼロまで低下サマリー◆2015年2月の全国コアCPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比+2.0%と、市場コンセンサスを小幅に下回った。消費税を除くベース(大和総研による試算値)でみると、食品を中心とする値上げが相次ぐ一方で、エネルギーと耐久消費財のマイナス寄与が拡大したことで、前年比+0.0%と前月(同+0.2%)から上昇幅が縮小した。前年比ゼロは2013年5月以来、21ヶ月ぶ

2015年3月20日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷統計(2015年2月分)

1.2015年 民生用電子機器 国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の2月国内出荷金額は1,032億円(前年比79.7%)と11ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は479億円(前年比72.2%)と8ヶ月連続でマイナスとなった。音声機器は61億円(前年比79.4%)と3ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器は492億円(前年比88.8%)と10ヶ月連続でマイナスとなった。 2.2015年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は445千台(

企業物価指数(2015年2月)~輸入物価は下落幅が急拡大

企業物価指数(2015年2月)~輸入物価は下落幅が急拡大 | ニッセイ基礎研究所 企業物価指数(2015年2月)~輸入物価は下落幅が急拡大 岡 圭佑基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・消費増税の影響を除くと、原油安で4ヵ月連続のマイナス・輸入物価は下落幅が急拡大・交易条件は大幅に改善・最終財価格はマイナスが続く3月11日に日本銀行から発表された企業物価指数による

2015年3月11日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

主要建設資材月別需要予測<平成27年4月分>

主要建設資材月別需要予測<平成27年4月分> 平成27年3月10日【セメント、生コンクリート】セメントの需要量は3,700千t(前年同月比1.2%のマイナス)、生コンクリ-トの需要量は7,500千m3(前年同月比3.1%のマイナス)と予測される。【木材】木材の需要量は700千m3(前年同月比13.9%のマイナス)と予測される。【普通鋼鋼材、形鋼、小形棒鋼】普通鋼鋼材の需要量は、1,600千t(前年同月比12.1%のマイナス)、形鋼の需要量は、380千t(前年同月比0.5%のプラス)、小形棒鋼の

消費者物価(全国15年1月)~コアCPIのマイナス転化近づく

消費者物価(全国15年1月)~コアCPIのマイナス転化近づく | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国15年1月)~コアCPIのマイナス転化近づく 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPI上昇率(消費税の影響を除く)は0.2%まで低下・エネルギーの下落幅は15年度入り後さらに拡大・コアCPI上昇率は15年度入り後にはいっ

2015年2月20日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷統計(2015年1月分)

1.2015年 民生用電子機器 国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の1月国内出荷金額は894億円(前年比78.1%)と10ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は415億円(前年比80.0%)と7ヶ月連続でマイナスとなった。音声機器は59億円(前年比66.5%)と2ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器は419億円(前年比78.2%)と9ヶ月連続でマイナスとなった。 2.2015年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は392千台(前年比

2015年2月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年10-12月期のGDPギャップ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年10-12月期のGDPギャップマイナス幅が縮小するも、大幅な需要不足が続く 2015年2月19日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 長内 智◆2014年10-12月期GDP(一次速報)の結果を反映して大和総研が試算した同四半期のGDPギャップは▲2.2%となり、7-9月期の▲2.6%からマイナス幅が0.4%pt縮小した。これは、個人消費の持ち直しの動きが続き、設備投資が3四

企業物価指数(2015年1月)~消費増税の影響を除くと、原油安で3ヵ月連続のマイナス

企業物価指数(2015年1月)~消費増税の影響を除くと、原油安で3ヵ月連続のマイナス | ニッセイ基礎研究所 企業物価指数(2015年1月)~消費増税の影響を除くと、原油安で3ヵ月連続のマイナス 岡 圭佑基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・消費増税の影響を除くと、原油安で3ヵ月連続のマイナス・輸入物価はマイナス圏へ・交易条件は緩やかに改善・最終財価格はマイナス圏

2015年2月12日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

主要建設資材月別需要予測< 平成27年3月分 >

主要建設資材月別需要予測< 平成27年3月分 > 平成27年2月10日【セメント、生コンクリート】セメントの需要量は4,000千t(前年同月比0.9%のマイナス)、生コンクリ-トの需要量は8,250千m3(前年同月比0.1%のマイナス)と予測される。【木材】木材の需要量は675千m3(前年同月比18.5%のマイナス)と予測される。【普通鋼鋼材、形鋼、小形棒鋼】普通鋼鋼材の需要量は、1,800千t(前年同月比2.8%のマイナス)、形鋼の需要量は、420千t(前年同月比1.0%のプラス)、小形棒鋼

2015年2月5日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

マイナスの家計貯蓄率 国債消化 焦点は企業貯蓄

マイナスの家計貯蓄率 国債消化 焦点は企業貯蓄内閣府が昨年末に発表した2013年度の国民経済計算で、家計貯蓄率がマイナス1.3%となったことが大きく報じられた。エコノミストらの間では1年ほど前から指摘され、日本経済の先行きに与える影響についても議論が繰り広げられてきた。直近の家計貯蓄率は11年度の2.2%から2年で3.5ポイント低下している。大きな数字のように思えるが、実は00年代初頭には、1999年度の8.1%から01年度の3.5%へと、2年で4.6ポイントもの低下が起きていた。過去2回の大幅

同友会景況調査「DOR」110号

【15.01.30】同友会景況調査「DOR」110号を発行しました DORは1990年1~3月期に第1号発行以来22年を経て、2012年4~6月期で100号を迎えました。この調査は、中小企業家自身による自主的な独自調査として、会内、マスコミ、官庁、研究機関から高く評価されています。また会員企業の景気見通しなど、経営戦略に活用しているとの声も多く聞かれます。このたびDOR110号(2014年10~12月期)を発行しました。調査概要は下記の通りです。 中小企業はすでに“アベノミクス不況”のさなか~中

消費者物価(全国14年12月)~コアCPI上昇率は15年度入り後にいったんマイナスへ

消費者物価(全国14年12月)~コアCPI上昇率は15年度入り後にいったんマイナスへ | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国14年12月)~コアCPI上昇率は15年度入り後にいったんマイナスへ 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPI上昇率(消費税の影響を除く)は0.5%まで低下・ガソリン、灯油の下落率が前年比で二桁の

2015年1月23日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷統計(2014年12月分)

1.2014年 民生用電子機器 国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の12月国内出荷金額は1,509億円(前年比88.6%)と9ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は942億円(前年比91.2%)と6ヶ月連続でマイナスとなった。音声機器は117億円(前年比68.6%)と2ヶ月ぶりのマイナスとなった。カーAVC機器は449億円(前年比90.1%)と8ヶ月連続でマイナスとなった。 2.2014年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は795千台(

2015年1月21日帝国データバンク★★フィードバック数:0社会/政治

TPPに関する企業の意識調査

2016/1/19TPPに関する企業の意識調査企業の64.5%が日本に必要と認識〜 「農・林・水産」の6割超がマイナスの影響を懸念、プラス影響は「飲食店」がトップ 〜はじめに2015年10月5日、TPP(環太平洋パートナーシップ)協定が大筋合意された。高い水準の自由化と高度なルールを、世界のGDPの約4割を占める12カ国が約束したことで、関税等の大幅な削減・撤廃が行われ、域内全域に共通のルールが適用されることとなる。TPP協定は、域内市場の一体化が進展し、ヒト、モノ、資本、情報が活発に行き交うこ

企業物価指数(2014年12月)~消費増税の影響を除くと、原油安で2ヵ月連続のマイナス

企業物価指数(2014年12月)~消費増税の影響を除くと、原油安で2ヵ月連続のマイナス | ニッセイ基礎研究所 企業物価指数(2014年12月)~消費増税の影響を除くと、原油安で2ヵ月連続のマイナス 岡 圭佑基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・消費増税の影響を除くと、原油安で2ヵ月連続のマイナス・輸入物価は大幅に鈍化・交易条件は緩やかに改善・最終財価格は鈍化1月

消費者物価(全国14年11月)~コアCPI上昇率は15年度入り後に0%台前半へ

消費者物価(全国14年11月)~コアCPI上昇率は15年度入り後に0%台前半へ | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国14年11月)~コアCPI上昇率は15年度入り後に0%台前半へ 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPI上昇率(消費税の影響を除く)は2ヵ月連続の1%割れ・コアCPI上昇率は15年度入り後には0%台前半

2014年12月25日東京商工会議所★フィードバック数:0ビジネス

円安の影響です。

円安が経営に及ぼす影響に関するアンケート

『円安が経営に及ぼす影響に関するアンケート』調査結果 東京商工会議所(三村明夫会頭)は、東京23区内の中小企業の経営に、円安が及ぼす影響について把握するため標記調査を実施し、このたび調査結果がまとまりましたので、お知らせします。調査概要および主なポイントは以下の通りです。 ~円安でも輸出企業のうち、輸出額が増加した中小企業は約4割にとどまる~円安でも輸出企業のうち、輸出額が増加した中小企業は約4割にとどまる ○輸出企業のうち、昨年と比べ輸出額が増加した中小企業は約4割(39.3%)にとどまった

2014年12月25日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷統計(2014年11月分)

1.2014年 民生用電子機器 国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の11月国内出荷金額は1,135億円(前年比88.1%)と8ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は619億円(前年比89.9%)と5ヶ月連続でマイナスとなった。音声機器は86億円(前年比103.7%)と8ヶ月ぶりのプラスとなった。カーAVC機器は430億円(前年比83.1%)と7ヶ月連続でマイナスとなった。 2.2014年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は530千台(

企業物価指数(2014年11月)~消費増税の影響を除くと、原油安でマイナスへ

企業物価指数(2014年11月)~消費増税の影響を除くと、原油安でマイナスへ | ニッセイ基礎研究所 企業物価指数(2014年11月)~消費増税の影響を除くと、原油安でマイナスへ 岡 圭佑基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・消費税の影響を除くと、原油安でマイナスへ・輸入物価は緩やかな上昇が続く・最終財価格は緩やかな上昇が続く12月10日に日本銀行から発表された企

ICT経済、5四半期ぶりにマイナス成長へ-パソコンOS更新需要等の特需の反動減が長引く-

情報通信総合研究所(ICR - InfoCom Research,Inc)は情報通信専門のシンクタンクです。 2014年12月3日ICT経済、5四半期ぶりにマイナス成長へ -パソコンOS更新需要等の特需の反動減が長引く-(株)情報通信総合研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:浮田豊明)は、情報通信(以下、ICT)産業が日本経済に与える影響を把握するために、九州大学教授篠﨑彰彦氏、神奈川大学教授飯塚信夫氏監修のもと作成した「ICT関連経済指標」を用いた分析を「InfoCom ICT経済報告

2014年12月1日価格.com★★フィードバック数:0キャリアとスキル

カカクコムの調査です。

冬のボーナス2014-増えた?減った?気になるみんなのボーナス事情-

2014年冬のボーナス推定支給額は、全体平均で58.5万円となり、昨年よりも1.4万円(2.5%)のプラスとなった。昨年調査時は3.8%の増加であり、今年の夏のボーナスも2.6%の増加だったので、価格.comリサーチのボーナス調査としては、3期連続の増加ということになる。いわゆる「アベノミクス」の影響がじわじわと浸透している結果と言えるかもしれない。全体平均は上昇傾向とはいえ、すべての年代、業種で増加しているわけではない。年代別では、もっとも回答者が多い働き盛りの40代が、前年比で3.5%増加し

2014年11月24日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷統計(2014年10月分)

1.2014年 民生用電子機器 国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の10月国内出荷金額は976億円(前年比83.2%)と7ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は486億円(前年比91.2%)と4ヶ月連続でマイナスとなった。音声機器は59億円(前年比52.3%)と7ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器は432億円(前年比81.7%)と6ヶ月連続でマイナスとなった。 2.2014年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は337千台(前年

2014年11月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:懸案の住宅市場に底入れの兆し

トップレポート・コラム経済分析中国中国:懸案の住宅市場に底入れの兆し ここから本文です中国:懸案の住宅市場に底入れの兆し中国経済見通しレポートサマリー◆固定資産投資は一段と減速している。ただし、2014年に入り住宅販売が不振となるなか、不動産開発投資が大きく減速するのは自然である。鉄鋼やセメントなど重化学工業を中心に設備過剰感が高まっており、こうした分野の投資を厳選すること(さらには汚染物質排出量の多い老朽化設備の淘汰を行うこと)は好ましい。固定資産投資の減速は政策効果発現の面があり、投資全体を

2014年11月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年7-9月期のGDPギャップ

トップレポート・コラム経済分析日本2014年7-9月期のGDPギャップ ここから本文です2014年7-9月期のGDPギャップマイナス幅が拡大、デフレ脱却に向けた動きも足踏みサマリー◆2014年7-9月期GDP(一次速報)の結果を反映して大和総研が試算した同期のGDPギャップは▲2.7%となり、4-6月期の▲2.2%からマイナス幅が0.5%pt拡大した。これは、企業の在庫調整の動きが強まったことや消費税率引き上げ後の反動減の影響が長引いたことで、実質GDP成長率が予想外に2四半期連続のマイナスとな

2014年10月30日日本印刷技術協会フィードバック数:0マーケティング

印刷業定点調査 各地の声(2014年6月度)

HOME研究調査研究調査分析印刷業毎月観測アンケート印刷業定点調査 各地の声(2014年6月度) 印刷業定点調査 各地の声(2014年6月度) 2014年6月の売上高は△0.2%と消費増税以来3カ月連続のマイナスながら、ほぼ前年同水準を回復しつつある。マイナス幅は2カ月連続で縮小、売上高は少しずつ回復の傾向を見せている。ただし、消費増税の影響があるから、実質的な売上高は消費増税分3%弱程度が上乗せされていることを割引いて見る必要があるだろう。地域別には、甲信越静と名古屋圏が2カ月連続のプラスと輸

2014年10月27日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

土地取引動向調査(平成26年8月調査)

土地取引状況に関する企業の判断・予測は低下傾向。DI※は、東京、大阪以外の地域で、再びマイナスに ~土地取引動向調査(平成26年8月調査)の結果~ 本調査は、土地市場の動向に大きな影響を及ぼすと考えられる主要な企業を対象として、土地取引などに関する短期的な意向を把握・整理して、簡潔で分かりやすい「先行指標」の作成・提供を目的としている。 調査対象は、上場企業及び資本金10億円以上の非上場企業であり、半期ごとに調査を行っている。 「現在の土地取引状況の判断」、「1年後の土地取引状況の予想」につ

2014年10月22日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷統計(2014年9月分)

1.2014年 民生用電子機器国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の9月国内出荷金額は1,191億円(前年比93.0%)と6ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は621億円(前年比97.8%)と3ヶ月連続でマイナスとなった。音声機器は59億円(前年比94.6%)と6ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器は511億円(前年比87.7%)と5ヶ月連続でマイナスとなった。 2.2014年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は515千台(前年

2014年10月22日ドクターシーラボフィードバック数:0ライフスタイル

「見た目年齢」についてのアンケート

[] (30代~60代男女600名を対象にしたWEBアンケート:2014年10月1日~10月3日実施) ■ 女性の84%が「若く見られた」経験アリ・・・ 4人に1人は10歳も若く見られていると回答全体平均マイナス5.5歳若く見られている女性・・・その理由は「元々の顔立ち」?「実際の年齢より年下に見られたことはありますか?」というアンケートを行ったところ、全体の84.2%が「ある」と回答し、ほとんどの女性が「若く見られた経験」があることが分かりました。そして、「実際の年齢より何歳年下に見られました

2014年10月13日経済産業研究所★フィードバック数:0社会/政治

消費税増税の反動減についてのレポートです。

反動減、過去と大差なく

反動減、過去と大差なく日本の内政における最大の懸案は財政である。政府債務(対国内総生産=GDP)は戦前の最高水準を超え、膨張が続く。これは将来世代に対する過剰なツケの先送りにほかならない。主因は急速な高齢化に伴う社会保障費の急増と財源不足にあり、社会保障費の抑制や増税などの痛みを伴う改革は避けられない。こうした状況のなかで2012年8月、消費増税を含む社会保障・税の一体改革関連法が成立した。2段階の消費税率の引き上げを盛り込み、最初の増税(5→8%)が今年4月に実施された。予定通りならば、次の増

2014年9月26日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷統計(2014年8月分)

1.2014年 民生用電子機器 国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の8月国内出荷金額は826億円(前年比83.3%)と5ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は422億円(前年比83.2%)と2ヶ月連続でマイナスとなった。音声機器は50億円(前年比78.9%)と5ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器は355億円(前年比84.0%)と4ヶ月連続でマイナスとなった。 2.2014年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は305千台(前年比

人手不足の状況です。

関西における人手不足

2014 年4 月に消費税が5%から8%へと引き上げられたものの、関西の雇用環境は好調である。しかし、非製造業、特に中小企業で人手不足感が高まっている。今後、生産年齢人口の大幅な減少によって労働供給不足が起きることで、労働需給のひっ迫が予想されるが、雇用のミスマッチは解消されておらず、6 割の企業が雇用不足を懸念している。中には既に事業へ支障が出ている業種もある。関西は全国と比べて女性の就業率が低い府県が多い。ミスマッチの解消とあわせて、女性を中心とした人手不足の解消が必要である。 関連論文

第23回 関西エコノミックインサイト<全国に比して反動減の影響が軽微な関西経済―回復基調を維持し家計部門と企業部門の好循環を実現できるか―>

第23回 関西エコノミックインサイト<全国に比して反動減の影響が軽微な関西経済―回復基調を維持し家計部門と企業部門の好循環を実現できるか―> <要 旨>1. 関西経済は、消費増税に伴う駆け込み需要からの反動減の影響があったものの、緩やかながら立ち直りの動きを見せており、その足取りは全国よりも順調である。14年4-6月期の経済指標は一時的な停滞を示しているが、先行き7-9月期以降には回復が見込まれている。2. 企業部門では、生産活動は、停滞する全国と異なり増産が続いている。また2013年の好況によ

2014年8月26日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷統計(2014年7月分)

1.2014年 民生用電子機器国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の7月国内出荷金額は1,030億円(前年比94.2%)と4ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は486億円(前年比98.5%)と3ヶ月ぶりのマイナスとなった。音声機器は59億円(前年比78.7%)と4ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器は484億円(前年比92.4%)と3ヶ月連続でマイナスとなった。 2.2014年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は395千台(前年

2014年8月8日日本印刷技術協会フィードバック数:0マーケティング

印刷業定点調査 各地の声(2014年4月度)

本記事は、アーカイブに保存されている過去の記事です。最新の情報は、公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT)サイトをご確認ください。 印刷業定点調査 各地の声(2014年4月度) 2014年4月の売上高は△6.5%と4カ月ぶりの大幅マイナスになった。リーマン・ショック直後の2009年10月以来の落ち込み幅である。 地域別には、全地域でマイナスになった。北海道・東北・関東と名古屋圏以外の全地域で5%以上の落ち込みである。 業種・業態別には、出版印刷が10%以上の落ち込みだ。定期刊行物以外のペ

平成26年7月度 経営者の住宅景況感調査

平成26年7月度 経営者の住宅景況感調査報告総受注戸数・総受注金額ともに大幅マイナスが継続! 一般社団法人 住宅生産団体連合会(会長樋口武男 大和ハウス工業株式会社代表取締役会長)では、平成5年10月から住団連の法人会員に対して、低層住宅に関する『経営者の住宅景況感調査』を年4回実施しております。この調査は住宅の受注動向をタイムリーに、かつ的確に把握し、その情報を広く社会に提供することを目的としております。このほど、平成26年7月度の調査結果がまとまりましたので公表いたします。 平成26年度第1

2014年7月24日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷統計(2014年6月分)

1.2014年 民生用電子機器 国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の6月国内出荷金額は1,127億円(前年比99.6%)と3ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は576億円(前年比104.6%)と2ヶ月連続でプラスとなった。音声機器は67億円(前年比92.1%)と3ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器は484億円(前年比95.2%)と2ヶ月連続でマイナスとなった。 2.2014年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は456千台(前

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着データ

お知らせ