「マイナス」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

ICT関連設備投資-5月の変調?:マイナスに落ち込んだ機械受注(民需)

ICT関連設備投資−5月の変調?:マイナスに落ち込んだ機械受注(民需)(株)情報通信総合研究所 マーケティング・ソリューション研究グループ主席研究員 野口正人 ICT関連経済の各指標も5月の数字が出そろった。全体は次回に触れるとして、今回は新聞でも大きく取り上げられた機械受注(民需)についてICT関連経済の状況を確認しよう。機械受注(民需)は、設備投資の先行指標として注目される。ICT関連経済では、それを設備投資の代理指標として見ているわけだが、その数字がどうなったか。ICT関連設備投資は対

日本経済(週次)予測(2014年7月8日)<意外と大きい民間消費の反動減、4-6月期は-7%超のマイナス成長へ>

日本経済(週次)予測(2014年7月8日)<意外と大きい民間消費の反動減、4-6月期は-7%超のマイナス成長へ>2014-07-08 関連論文『訪日外国人消費動向調査』個票データを用いた インバウンド需要の計量分析 [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywordsインバウンド トレンドウォッチ 本稿では観光庁『訪日外国人消費動向調査』の個票データを用いて、インバウンド需要の決定要因について定量的に考察する。具体的には11の国、地域からの訪日外国人の消費額の決定要因を、2015年第1

2014年7月6日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2014年6月)<意外と大きい消費増税の反動減、民間消費の下方修正の可能性高まる>

日本経済(月次)予測(2014年6月)<意外と大きい消費増税の反動減、民間消費の下方修正の可能性高まる>2014-06-29 関連論文『訪日外国人消費動向調査』個票データを用いた インバウンド需要の計量分析 [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywordsインバウンド トレンドウォッチ 本稿では観光庁『訪日外国人消費動向調査』の個票データを用いて、インバウンド需要の決定要因について定量的に考察する。具体的には11の国、地域からの訪日外国人の消費額の決定要因を、2015年第1四半期か

2014年7月1日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷実績(2014年5月分)

1.2014年 民生用電子機器国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の5月国内出荷金額は960億円(前年比99.3%)と2ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は489億円(前年比105.4%)と3ヶ月ぶりのプラスとなった。音声機器は71億円(前年比93.0%)と2ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器は400億円(前年比93.7%)と10ヶ月ぶりのマイナスとなった。 2.2014年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は345千台(前年比

関西経済月次分析(2014年5月-6月)

インサイトインサイト » トレンドウォッチDATE : 2020-09-07 2019年各種統計の確報値(訪日外客統計、訪日外国人消費動向調査、宿泊旅行統計調査報告)に基づき、「2011年版APIR関西地域間産業連関表」を用いて、訪日外国人消費の関西経済に与える影響を分析した。得られた結論は以下のように要約できる。(1)2019年の訪日外客数の伸びは、18年の前年比+8.7%から同+2.2%に減速した。その最大の要因は韓国からの訪日客の激減である(同-25.9%)。(2) 国籍別では、2019年

2014年6月17日鳥取県フィードバック数:0社会/政治

平成25年鳥取県人口動態統計月報年計(概数)の概況

(1)出生数は減少・4,759人(対前年12人、0.3%の減)であった。 ・第2次ベビーブーム以降、増加と減少を繰り返しながら、漸減傾向が続いている。・出生順位別に見ると、第1子は増加、第2子は昨年同数、第3子以上は減少した。・母の年齢(5歳階級)別にみると、20歳未満、30〜34歳及び45歳以上の各階級では前年より減少したが、20〜29歳及び35〜44歳の各階級は増加した。 (2)合計特殊出生率は微増 ・1.62(対前年0.05ポイントの増)であった。・全国順位は7位(前年9位)で、全国値(1

2014年6月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

6月ECB政策理事会:追加緩和パッケージを発表-象徴的意味が大きいマイナス金利導入

6月ECB政策理事会:追加緩和パッケージを発表-象徴的意味が大きいマイナス金利導入 | ニッセイ基礎研究所 6月ECB政策理事会:追加緩和パッケージを発表-象徴的意味が大きいマイナス金利導入 経済研究部 研究理事 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 欧州中央銀行(ECB)が5日に6月の政策理事会を開催、「低インフレがより長期にわたり持続するリスクが高ま

2014年6月4日価格.com★フィードバック数:0デジタル家電

カカクコムがボーナスについての調査結果を公表しました。

夏のボーナス2014 -今年の夏は懐もアツい?ボーナスへの賃上げ効果はいかに!?-

この夏のボーナスの推定平均支給額は、55.8万円。昨年2013年の夏のボーナスと比べて1.4万円(2.6%)のアップとなった。昨年2013年の夏のボーナス推定平均支給額は、前年比マイナスという結果だったので、アベノミクス効果が1年経ってようやく形になって表れてきたと見ることもできる。 支給予想額の金額レンジの割合は、昨年と大きくは変わっていないが、全体に少しずつ金額が底上げされている印象だ。特に増えているのが「50〜70万円未満」「70〜90万円未満」「90〜120万円未満」といった中間層の金額

2014年5月23日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷実績(2014年4月分)

1.2014年 民生用電子機器国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の4月国内出荷金額は880億円(前年比89.6%)と4ヶ月ぶりのマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は384億円(前年比81.1%)と2ヶ月連続でマイナスとなった。音声機器は77億円(前年比80.8%)と2ヶ月ぶりのマイナスとなった。カーAVC機器は419億円(前年比101.3%)と9ヶ月連続でプラスとなった。 2.2014年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は309千台(前年比8

2014年4月25日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

面接において、志望者からの質問内容が合否に影響することはある?

転職相談するなら、 転職コンシェルジュ のワークポート 企業人事のホンネ。 求める人物像や面接のポイントを聞きました。 面接において、志望者からの質問内容が合否に影響することはある?今回はYESとNOで回答が割れました!両者の回答を見ると質問は積極的にした方が好印象を与えますが、給与や待遇に関する質問や、ネガティブな質問のみをぶつけてしまうと、マイナスに影響することもあるようです。 “YES”派の意見・形式的な質問、ほんとにこの会社に入社したい、知りたいという意思が伝わらない場合。・弊社への

2014年4月22日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷実績(2014年3月分)

1.2014年 民生用電子機器国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の3月国内出荷金額は1,348億円(前年比102.8%)と3ヶ月連続でプラスとなった。2013年度計は1兆4,398億円(前年比97.4%)と3年連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は629億円(前年比95.0%)と3ヶ月ぶりのマイナスとなった。2013年度計は7,191億円(前年比92.3%)と3年連続でマイナスとなった。音声機器は91億円(前年比104.2%)と16ヶ月ぶりのプラスとなった。2013年度計は1,0

2014年2月28日総務省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

平成26年1月「通信・放送産業動態調査」の結果(速報)

報道資料平成26年1月「通信・放送産業動態調査」の結果(速報) 総務省は、このたび、平成26年1月に実施した「通信・放送産業動態調査」(一般統計)の結果(速報)を取りまとめました。今回の調査結果のポイントは、以下のとおりであり、また、詳細は別紙のとおりです。なお、平成26年3月下旬に売上高を含む確定値をインターネット(情報通信統計データベース)(URL:)に掲載予定です。 ○ 通信・放送産業の売上高見通し指数*1は「プラス」から「マイナス」に。業種別にみると、電気通信事業では平成25年度第4四半

2014年1月23日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷実績(2013年12月分)

1.2013年 民生用電子機器 国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の12月国内出荷金額は1,703億円(前年比99.6%)と4ヶ月ぶりにマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は1,033億円(前年比95.3%)と2ヶ月ぶりにマイナスとなった。音声機器は171億円(前年比81.8%)と13ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器は499億円(前年比119.8%)と5ヶ月連続でプラスとなった。 2.2013年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は76

2013年12月27日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷実績(2013年11月分)

1.2013年 民生用電子機器 国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の11月国内出荷金額は1,289億円(前年比107.6%)と3ヶ月連続でプラスとなった。分野別に見ると、映像機器は689億円(前年比104.0%)と2ヶ月ぶりにプラスとなった。音声機器は83億円(前年比65.9%)と12ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器は518億円(前年比126.2%)と4ヶ月連続でプラスとなった。 2.2013年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は506千台

2013年12月12日トレンダーズフィードバック数:0ライフスタイル

働く女性の意識・実態調査 ~夕方に急増する「乾き目ブス」とは~

プレスリリース/ニュースリリース配信の共同通信PRWire 働く女性の意識・実態調査 ~夕方に急増する「乾き目ブス」とは~生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研(東京都渋谷区)では、このたび、『乾き目ブス』をテーマに、働く女性の意識・実態についてレポートいたします。 “目の乾き”で、「見た目の印象」がダウン!?夕方に急増する『乾き目ブス』の実態…仕事でも恋愛でもチャンスを逃す!印象評論家・重田みゆき氏が語る「乾き目ブス」3パターン 生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド

2013年12月11日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

2013年11月度の派遣平均時給

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン 2013年11月度の派遣平均時給は1,497円7カ月ぶりに、前月比・前年同月比ともにマイナス「[en]派遣のお仕事情報」募集時平均時給レポート(2013年11月) 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する全国の派遣情報集合サイト「[en]派遣のお仕事情報」()では、当サイトに掲載された全ての職種(※)の求人情報をエリア別(※)に集計し、募集時の平均時給分析を行

2013年11月21日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷実績(2013年10月分)

1.2013年 民生用電子機器 国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の10月国内出荷金額は1,173億円(前年比103.1%)と2ヶ月連続でプラスとなった。分野別に見ると、映像機器は533億円(前年比98.4%)と2ヶ月ぶりにマイナスとなった。音声機器は112億円(前年比68.6%)と11ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器は528億円(前年比122.1%)と3ヶ月連続でプラスとなった。 2.2013年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は379千

2013年10月22日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷実績(2013年9月分)

1.2013年 民生用電子機器 国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の9月国内出荷金額は1,281億円(前年比106.3%)と26ヶ月ぶりにプラスとなった。分野別に見ると、映像機器は635億円(前年比104.1%)と26ヶ月ぶりにプラスとなった。音声機器は63億円(前年比99.4%)と10ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器は582億円(前年比109.6%)と2ヶ月連続でプラスとなった。 2.2013年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は487千

貿易統計13年9月~7-9月期の外需寄与度は前期比▲0.3%程度のマイナスに

貿易統計13年9月~7-9月期の外需寄与度は前期比▲0.3%程度のマイナスに | ニッセイ基礎研究所 貿易統計13年9月~7-9月期の外需寄与度は前期比▲0.3%程度のマイナスに 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・大幅な貿易赤字が続く・輸出の伸び悩みが続く・7-9月期の外需寄与度は前期比▲0.3%程度のマイナスに 財務省が1

ベトナムへの進出ブーム:課題と提案

関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.73 – 景気は足下悪化、先行きも悪化の兆しか – [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords ・3月の生産は2カ月ぶりの前月比マイナス。結果、1-3月期は前期比-3.1%下落し、2四半期ぶりのマイナス。なお、近経局は生産の基調判断を「足踏みをしている」と前月から据え置いた。 ・4月の貿易収支は3カ月連続の黒字だが、前年比縮小した。米中貿易摩擦の影響を受け、対中貿易収支が10カ月

第19回 デフレはプラスか?マイナスか? 2001.04.12~2001.04.18

デフレ経済のことならハッピー・ノート.com! ●分析デフレはプラスか?マイナスか? と題した第19回目の投票。有効回答数は175票でした。新しく会員になられた方、また今回もご協力いただいた方、皆さままことにありがとうございます。長引く不景気からなかなか抜け出せないニッポン。その影響は一般家庭にも大きく影響していると言われます。今回はみなさんのご家庭にも忍び寄りつつある“デフレ”についてお聞きしました。55192パパ・ママのちょっぴりユニークで、かなり真剣なご意見の数々…現在のニッポン経済に

2013年9月25日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷実績(2013年8月分)

1.2013年 民生用電子機器 国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の8月国内出荷金額は992億円(前年比92.5%)と25ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は507億円(前年比86.3%)と25ヶ月連続でマイナスとなった。音声機器は63億円(前年比89.9%)と9ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器は422億円(前年比101.5%)と14ヶ月ぶりにプラスとなった。 2.2013年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は394千台(

2013年8月27日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷実績(2013年7月分)

1.2013年 民生用電子機器 国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の7月国内出荷金額は1,092億円(前年比87.2%)と24ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は492億円(前年比80.7%)と24ヶ月連続でマイナスとなった。音声機器は75億円(前年比84.9%)と8ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器は524億円(前年比94.9%)と13ヶ月連続でマイナスとなった。 2.2013年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は375千

「円安」により県内企業の42%が「マイナス」の影響~「円安」の県内企業への影響についてのアンケート調査~

「円安」により県内企業の42%が「マイナス」の影響~「円安」の県内企業への影響についてのアンケート調査~

2013年8月8日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

2013年7月度の派遣平均時給

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン 2013年7月度の派遣平均時給は1,491円 6職種中4職種が前年同月比マイナス -「[en]派遣のお仕事情報」 募集時平均時給レポート- 人材総合サービス企業のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する全国の派遣情報集合サイト「[en]派遣のお仕事情報」では、当サイトに掲載された全ての職種(※)の求人情報をエリア別(※)に集計し、募集時の平均時給分析を行っております。2013年7月

2013年7月23日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷実績(2013年6月分)

1.2013年 民生用電子機器 国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の6月国内出荷金額は1,132億円(前年比77.6%)と23ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は550億円(前年比70.2%)と23ヶ月連続でマイナスとなった。音声機器は73億円(前年比91.8%)と7ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器は508億円(前年比85.3%)と12ヶ月連続でマイナスとなった。 2.2013年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は428千

2013年7月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治

円安による物価上昇と家計の不満

トップレポート・コラムコラム円安による物価上昇と家計の不満 ここから本文です円安による物価上昇と家計の不満日銀が2%の物価目標政策を採用し、その達成手段として「量的・質的金融緩和」を導入して以来、物価動向に対する注目度は以前より大きく高まっている。そのような中、消費者物価指数(除く生鮮食品、以下コアCPI)は、2013年5月には前年比0.0%となり、7ヶ月ぶりにマイナスから脱した。また、6月の東京都区部のコアCPIは、前年比+0.2%と2ヶ月連続で上昇しており、物価上昇に向けた動きが見られている

2013年6月21日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷実績(2013年5月分)

1.2013年 民生用電子機器 国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の5月国内出荷金額は967億円(前年比83.1%)と22ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は464億円(前年比79.2%)と22ヶ月連続でマイナスとなった。音声機器は76億円(前年比91.1%)と6ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器は427億円(前年比86.5%)と11ヶ月連続でマイナスとなった。 2.2013年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は356千台(

2013年6月11日東京商工リサーチフィードバック数:8ビジネス

2013年5月の全国企業倒産 1,045件

(負債総額1,000万円以上の倒産を集計、%は小数点2位以下切捨)5月の倒産件数は1,045件 7カ月連続で前年同月を下回る2013年(平成25年)5月度の全国企業倒産件数(負債額1,000万円以上)は1,045件、負債総額が1,733億3,000万円だった。倒産件数は、前年同月比8.9%減で7カ月連続で前年同月を下回った。5月としては、過去20年間で2010年(1,021件)に次いで2番目に少ない水準だった。負債総額は、前年同月比38.6%減。5月としては、過去20年間で最少金額。負債100億

2013年6月6日価格.com★フィードバック数:20キャリアとスキル

価格コムがボーナスについての調査結果を公表しました。

夏のボーナス2013 -アベノミクス効果はいかに!?-

今年2013年の夏のボーナスの推定支給額は54.4万円。昨年2012年夏の54.9万円をわずかに下回るという結果となった。5月30日に経団連から発表された「2013年夏季賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況 第1回集計」によれば、大手企業の今夏のボーナス支給予想額は、前年比7.37ポイントアップの84万6,376円と2年ぶりに上昇に転じたが、本調査ではそれとは逆行する形で、0.8ポイント下がり54.4万円となった。まず、推定支給額の割合で目につくのは、「ボーナス支給なし」の回答だ。昨夏の調査結果

2013年6月2日総務省フィードバック数:1セキュリティ/ネットワーク

平成25年4月「通信・放送産業動態調査」の結果(速報)

報道資料情報通信国際戦略局情報通信政策課情報通信経済室平成25年4月「通信・放送産業動態調査」の結果(速報)  総務省は、このたび、平成25年4月に実施した「通信・放送産業動態調査」(一般統計)の結果(速報)を取りまとめました。今回の調査結果のポイントは、以下のとおりであり、また、詳細は別紙のとおりです。なお、平成25年6月下旬に売上高を含む確定値をインターネット(情報通信統計データベース)(URL:https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/index.ht

2013年5月24日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷実績(2013年4月分)

1.2013年 民生用電子機器 国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の4月国内出荷金額は982億円(前年比76.8%)と21ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は474億円(前年比68.3%)と21ヶ月連続でマイナスとなった。音声機器は95億円(前年比89.5%)と5ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器は413億円(前年比86.2%)と10ヶ月連続でマイナスとなった。 2.2013年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は386千台(

2013年4月23日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷実績(2013年3月分)

1.2013年 民生用電子機器 国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の3月国内出荷金額は1,311億円(前年比71.3%)と20ヶ月連続でマイナスとなった。2012年度計は1兆4,794億円(前年比57.5%)と2年連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は663億円(前年比66.2%)と20ヶ月連続でマイナスとなった。2012年度計は7,795億円(前年比43.3%)と2年連続でマイナスとなった。音声機器は87億円(前年比77.6%)と4ヶ月連続でマイナスとなった。2012年度計は1

2013年4月17日大和総研フィードバック数:4製造業/エレクトロニクス

中国における日本車販売、マイナス幅縮小にみる「中冷地熱」

トップレポート・コラムコラム中国における日本車販売、マイナス幅縮小にみる「中冷地熱」 ここから本文です中国における日本車販売、マイナス幅縮小にみる「中冷地熱」中国自動車工業協会によると、2013年3月の中国における現地生産の日本車販売は前年同月比14.3%減だった。中国全体の乗用車販売が同13.3%増だったことを考えると、日中関係悪化の影響が色濃く表れている。しかし、2012年10月の同59.4%減から順調にマイナス幅が縮小しているのも事実である。このままのペースでいけば秋口にも販売が増加に転ず

2013年4月8日東京商工リサーチフィードバック数:4ビジネス

2013年(平成25年)3月度 全国企業倒産状況

(負債総額1,000万円以上の倒産を集計、%は小数点2位以下切捨)件数が3月度では22年ぶりに1,000件割れ 「金融円滑化法」関連倒産が最多38件2013年(平成25年)3月度の全国企業倒産件数(負債額1,000万円以上)は929件、負債総額が1,591億1,000万円だった。 は、前年同月比19.9%減で5カ月連続で前年同月を下回った。3月としては、バブル景気時の1991年(772件)以来、22年ぶりに1,000件を割り込む低水準となった。3月末で期限を迎えた「中小企業金融円滑化法」など各種

2013年4月2日アットホームフィードバック数:0大型消費/投資

2013年2月期首都圏の新築戸建・中古マンション価格動向

2013 年 2月首都圏の新築戸建・中古マンションの価格動向新築戸建の成約価格、前年同月比 6 か月連続下落。東京 23 区は 5,000 万円以上の物件の成約が堅調で唯一上昇。 不動産情報サービスのアットホーム株式会社 (本社:東京都大田区、社長:松村文衞) の全国不動産情報ネットワークにおける、2013 年 2 月期の新築戸建・中古マンションの登録価格および成約価格についてお知らせします。 ■神奈川県では低額物件の割合が高まり再び下落。2 月の首都圏の新築戸建平均成約価格は、1 戸あたり 3

2013年3月22日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷実績(2013年2月分)

1.2013年 民生用電子機器 国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の2月国内出荷金額は1,094億円(前年比73.5%)と19ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は545億円(前年比73.5%)と19ヶ月連続でマイナスとなった。音声機器は81億円(前年比81.5%)と3ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器は467億円(前年比72.4%)と8ヶ月連続でマイナスとなった。 2.2013年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は399千台

2013年3月6日アットホームフィードバック数:0大型消費/投資

1月 首都圏の新築戸建・中古マンション価格動向

2013 年 1月首都圏の新築戸建・中古マンションの価格動向新築戸建の成約価格、前年同月比 5 か月連続下落。東京 23 区は同 4 か月ぶりに下落。 不動産情報サービスのアットホーム株式会社 (本社:東京都大田区、社長:松村文衞) の全国不動産情報ネットワークにおける、2013 年 1 月期の新築戸建・中古マンションの登録価格および成約価格についてお知らせします。 ■神奈川県は、前年比は 3 か月ぶり、前月比は 2 か月連続の上昇。1 月の首都圏の新築戸建平均成約価格は、1 戸あたり 3,14

2013年3月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治

消費者物価(全国13年1月)~コアCPIの下落率はいったん拡大した後、13年度前半には上昇へ

消費者物価(全国13年1月)~コアCPIの下落率はいったん拡大した後、13年度前半には上昇へ | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国13年1月)~コアCPIの下落率はいったん拡大した後、13年度前半には上昇へ 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPIは3ヵ月連続のマイナス・物価下落品目数の割合は7ヵ月連続で50%を上回

2013年2月25日総務省フィードバック数:9セキュリティ/ネットワーク

平成25年1月「通信・放送産業動態調査」の結果(速報)

報道資料情報通信国際戦略局情報通信政策課情報通信経済室平成25年1月「通信・放送産業動態調査」の結果(速報) 総務省は、このたび、平成25年1月に実施した「通信・放送産業動態調査」(一般統計)の結果(速報)を取りまとめました。今回の調査結果のポイントは、以下のとおりであり、また、詳細は別紙のとおりです。なお、平成25年3月下旬に売上高を含む確定値をインターネット(情報通信統計データベース)(URL:https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/index.htm

2013年2月22日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷実績(2013年1月分)

1.2013年 民生用電子機器 国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の1月国内出荷金額は909億円(前年比72.6%)と18ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は422億円(前年比65.9%)と18ヶ月連続でマイナスとなった。音声機器は93億円(前年比96.3%)と2ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器は393億円(前年比76.6%)と7ヶ月連続でマイナスとなった。 2.2013年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は333千台(前

消費者物価(全国12年12月)~コアCPIのマイナス幅は春にかけていったん拡大へ

消費者物価(全国12年12月)~コアCPIのマイナス幅は春にかけていったん拡大へ | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国12年12月)~コアCPIのマイナス幅は春にかけていったん拡大へ 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPIは2ヵ月連続のマイナス・物価下落品目数の割合は6ヵ月連続で50%を上回る・コアCPIの下落率は

貿易統計12年12月~10-12月期の外需寄与度は前期比▲0.3%程度のマイナスに

貿易統計12年12月~10-12月期の外需寄与度は前期比▲0.3%程度のマイナスに | ニッセイ基礎研究所 貿易統計12年12月~10-12月期の外需寄与度は前期比▲0.3%程度のマイナスに 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・大幅な貿易赤字が続く・輸出は低迷が続くが、年明け以降持ち直しへ・10-12月期の外需寄与度は前期比▲

2013年1月23日大和総研★フィードバック数:1社会/政治

一カ月の間に発表された経済指標のレビューです。

経済指標の要点(12/19~1/22 発表統計分)

トップレポート・コラム経済分析日本経済指標の要点(12/19~1/22 発表統計分) ここから本文です経済指標の要点(12/19~1/22 発表統計分)サマリー◆2012年11月の企業関連の指標は、足下の減速傾向に歯止めがかかりつつあることを期待させる内容であった。輸出数量指数(内閣府による季節調整値)は、前月比▲2.3%となった。鉱工業生産指数(季節調整値)は、前月比▲1.4%と2ヶ月ぶりの低下となった。しかし、製造工業生産予測調査によると、2012年12月の生産計画は前月比+6.7%と大幅に

2012年12月26日JEITAフィードバック数:1デジタル家電

民生用電子機器国内出荷実績(2012年11月分)

1.2012年 民生用電子機器 国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の11月国内出荷金額は1,199億円(前年比63.7%)と16ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は663億円(前年比51.1%)と16ヶ月連続でマイナスとなった。音声機器は126億円(前年比117.6%)と2ヶ月連続でプラスとなった。カーAVC機器は410億円(前年比85.9%)と5ヶ月連続でマイナスとなった。 2.2012年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は517

2012年11月22日総務省フィードバック数:9セキュリティ/ネットワーク

平成24年10月「通信・放送産業動態調査」の結果(速報)

報道資料情報通信国際戦略局情報通信政策課情報通信経済室平成24年10月「通信・放送産業動態調査」の結果(速報) 総務省は、このたび、平成24年10月に実施した「通信・放送産業動態調査」(一般統計)の結果(確報)を取りまとめました。今回の調査結果のポイントは、以下のとおりであり、また、詳細は別紙のとおりです。なお、平成24年12月中旬に売上高を含む確定値をインターネット(情報通信統計データベース)(URL:https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/index.

2012年11月22日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷実績(2012年10月分)

1.2012年 民生用電子機器 国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の10月国内出荷金額は1,138億円(前年比67.8%)と15ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は541億円(前年比58.2%)と15ヶ月連続でマイナスとなった。音声機器は163億円(前年比108.4%)と22ヶ月ぶりにプラスとなった。カーAVC機器は433億円(前年比72.5%)と4ヶ月連続でマイナスとなった。 2.2012年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は39

2012年10月23日JEITAフィードバック数:1デジタル家電

民生用電子機器国内出荷実績(2012年9月分)

1.2012年 民生用電子機器 国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の9月国内出荷金額は1,205億円(前年比62.6%)と14ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は610億円(前年比48.2%)と14ヶ月連続でマイナスとなった。音声機器は63億円(前年比72.5%)と21ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器は531億円(前年比93.1%)と3ヶ月連続でマイナスとなった。 2.2012年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は427千

2012年9月25日JEITAフィードバック数:1デジタル家電

民生用電子機器国内出荷実績(2012年8月分)

1.2012年 民生用電子機器 国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の8月国内出荷金額は1,073億円(前年比55.3%)と13ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は587億円(前年比43.9%)と13ヶ月連続でマイナスとなった。音声機器は70億円(前年比74.0%)と20ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器は416億円(前年比81.5%)と2ヶ月連続でマイナスとなった。 2.2012年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は397千

2012年8月28日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

民生用電子機器国内出荷実績(2012年7月分)

1.2012年 民生用電子機器 国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の7月国内出荷金額は1,251億円(前年比37.3%)と12ヶ月連続でマイナスとなった。分野別に見ると、映像機器は610億円(前年比23.1%)と12ヶ月連続でマイナスとなった。音声機器は89億円(前年比74.5%)と19ヶ月連続でマイナスとなった。カーAVC機器は552億円(前年比92.6%)と8ヶ月ぶりにマイナスとなった。 2.2012年 民生用電子機器主要品目国内出荷実績(数量) 薄型テレビ計は414千

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着データ

お知らせ