「マスク」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年6月7日NEXERフィードバック数:0ビジネス

【自粛で消費額が減少?】コロナ禍以降の支出、60.7%が「増えていない」と回答

/ / 【自粛で消費額が減少?】コロナ禍以降の支出、60.7%が「増えていない」と回答【自粛で消費額が減少?】コロナ禍以降の支出、60.7%が「増えていない」と回答コロナ禍になり、それ以前には使っていなかったことへ使うお金が増えましたか?内閣府は2021年1~3月期の国内総生産(GDP)が前期比1.3%減、年率換算で5.1%減だったことを発表しました。また、20年度のGDPは戦後最大となる前年度比4.6%減で、コロナ禍の自粛による消費額の減少がこの原因と考えられているようです。今回は、全国の男

「ビジネスシーンにおける新型コロナウイルス感染症対策意識」59.9%が仕事相手の感染症対策意識が低いと感じた経験あり

「ビジネスシーンにおける新型コロナウイルス感染症対策意識」59.9%が仕事相手の感染症対策意識が低いと感じた経験あり2021/4/14 「ビジネスシーンにおける新型コロナウイルス感染症対策意識」59.9%が仕事相手の感染症対策意識が低いと感じた経験あり意識の低さを感じた行動1位「鼻をマスクで隠さない」2位「食事後にマスクを付けずに話す」3位「大人数での会食や外出をしている」 あらゆるスペースを貸し借りできるプラットフォーム「スペースマーケット」を運営する株式会社スペースマーケット(本社:東京都新

マスクにメイクが付く…54.4%の女性が「コロナ流行前よりメイクをする頻度が減った」と回答

マスクにメイクが付く…54.4%の女性が「コロナ流行前よりメイクをする頻度が減った」と回答マスクにメイクが付く…54.4%の女性が「コロナ流行前よりメイクをする頻度が減った」と回答「マスクをつけるとメイクが崩れる」「毎日のメイクの楽しみが半減した」コロナ禍でマスクを着用することが当たり前になったものの、いまだにマスク着用時のメイクに関する悩みをもつ女性は多いのではないでしょうか。そこで、今回はボイスノート会員612人に「コロナ禍におけるメイク」に関する下記アンケート調査を行いました。コロナ禍にお

2021年2月25日NEXERフィードバック数:0ライフスタイル

【高額転売】欲しいものが高く売られていたことが「ある」38.1%

/ / 【高額転売】欲しいものが高く売られていたことが「ある」38.1%【高額転売】欲しいものが高く売られていたことが「ある」38.1%あなたは、今までに「高額転売」されている商品を購入したことがありますか?新型コロナウイルスが流行した当初、マスクやアルコール消毒液の高額転売が相次ぎました。その他にも、人気のゲーム機が高額転売目的の方に買い占められたり、人気漫画の限定グッズなどが高額でフリマサイトで売られているなど、あまり良くはない話題として盛り上がることがしばしばあります。最近では、フリーマ

2021年1月15日NEXERフィードバック数:0ライフスタイル

【感染予防】新型コロナ収束後も63.4%が「マスクの着用をする」

/ / 【感染予防】新型コロナ収束後も63.4%が「マスクの着用をする」【感染予防】新型コロナ収束後も63.4%が「マスクの着用をする」マスクの着用の“今”と“これから”新型コロナウイルスの流行から一年近く経ち、感染対策としてマスクを着用する生活がすっかり定着しました。今回は、全国の男女600名ずつ、計1200名を対象に「マスク」についてアンケートを実施しました。「マスクに関するアンケート」調査概要インターネットでのアンケート※自社運営のアンケートサイト「ボイスノート」を始め複数の調査サービス

2020年12月25日アイグッズフィードバック数:0ビジネス

コロナ対策企業アンケート

ここまでやったら“コロタツ(コロナ対策の達人)”!? 徹底対策導入企業は約50%…コロナ第三波に対抗して万全な対策を 海外生産フルオーダーオリジナルグッズの専門会社であるアイグッズ株式会社(本社:東京都港区)は、12月に出展した「第2回感染症対策総合展」にて、来場者に新型コロナウイルスの対策に関するアンケートを実施しました。当社は、新型コロナウイルス感染症拡大防止グッズとして、マスクや消毒用のアルコール、飛沫防止パーテーションなど様々な製品を取り扱っています。本アンケートで、現在企業が実施して

2020年12月14日インテージ★★フィードバック数:0社会/政治

コロナが影響 「2020年、今年販売苦戦したランキング」

コロナが影響 「2020年、今年販売苦戦したランキング」 口紅、鎮暈剤、総合感冒薬など化粧品、市販薬中心に行動変化が背景 株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:檜垣 歩、以下インテージ)は、全国約4,000店舗より収集している小売店販売データ、SRI®(全国小売店パネル調査)をもとに、コロナで揺れた今年、日用消費財の販売にどのような変化が生じ、苦戦したカテゴリーがあったかを推定販売金額から振り返る「2020年、今年販売苦戦したランキング」を発表しました。(データは10月分ま

2020年12月4日富士産業フィードバック数:0ライフスタイル

マスクでストレスを感じる人8割超! 「息苦しい」「肌が荒れる」 約半数の女性が、マスクを取った異性にギャップを感じた経験あり?

検索マスクでストレスを感じる人8割超! 「息苦しい」「肌が荒れる」 約半数の女性が、マスクを取った異性にギャップを感じた経験あり?マスクに関するメリット・デメリット 富士産業株式会社(本社:香川県丸亀市田村町1301、代表取締役:岡田篤典)は、貼るだけで簡単アロマ体験ができる「アロマdeマスク」を発売しました。これに合わせて、全国の20代~40代働く女性 500名を対象に「マスクとストレスに関する調査」を実施いたしました。 本調査では、8割以上の人が「マスク着用時にストレスを感じた経験がある」と

2020年12月1日NEXERフィードバック数:0社会/政治

【新型コロナ第3波】襲来に「備えている」35.8%

/ / 【新型コロナ第3波】襲来に「備えている」35.8%【新型コロナ第3波】襲来に「備えている」35.8%コロナウイルス第3波に備えていますか?11月12日、新型コロナウイルスの新規感染者が過去最多となりました。これに伴い、日本医師会は感染拡大の「第3波と考えてもよいのではないか」との認識を示しました。皆さんは、コロナ第3波に対して何か備えているのでしょうか?今回は、「新型コロナウイルスの第3波」に関するアンケートを実施しました。「新型コロナウイルス第3波に関するアンケート」調査概要インター

「withコロナ時代の結婚式参列に関する意識調査」結果を発表

「withコロナ時代の結婚式参列に関する意識調査」結果を発表! 招待されて嬉しいと思う結婚式1位は「国内リゾートウェディング」 国内リゾートウェディングを選んだ理由として“密にならない安心感”を挙げた人が4割以上 ワタベウェディング株式会社【本社:京都府京都市、資本金41億7,637万2,000円、東証第一部上場、代表取締役 花房伸晃】は、withコロナ時代の新しい挙式スタイルが普及しつつある中、ゲストが求める挙式スタイルを調査するべく「withコロナ時代の結婚式参列に関する意識調査」を発表し、

2020年10月27日アイグッズフィードバック数:0大型消費/投資

コロナ対策企業アンケート、企業が選ぶ今後必要な対策グッズ1位は飛沫防止パーテーション!?

コロナ対策企業アンケート、企業が選ぶ今後必要な対策グッズ1位は飛沫防止パーテーション!? 海外生産フルオーダーオリジナルグッズの専門会社であるアイグッズ株式会社(本社:東京都港区)は、9月に出展した「第14回オフィス防災EXPO」にて、来場者に新型コロナウイルスの対策に関するアンケートを実施しました。当社は、新型コロナウイルス感染症拡大の防止対策グッズとして、マスクや除菌用アルコールなど、様々な製品を取り扱っています。本アンケートで、企業がおこなう対策など現状が浮き彫りとなりました。『直近半年、

2020年10月21日BRITA Japanフィードバック数:0ライフスタイル

3人にひとりが今年の秋は例年以上に肌トラブルが多いと回答!

3人にひとりが今年の秋は例年以上に肌トラブルが多いと回答! 肌疲れのケアは「水分補給」が「食事」や「睡眠」を上回る結果に。 BRITAのボトル型浄水器で肌の潤い対策を 秋は“肌疲れ”シーズン。マスク蒸れで肌は例年以上に乾燥している? マスクの着用により肌トラブルがあった人は4割も。正しい肌の潤い対策は?新型コロナウイルスの蔓延によりマスクの着用が日常となった2020年の夏。今年はマスクの着用によって例年以上に肌トラブルを受けやすい傾向にありました。ただでさえ、秋は1年で最も肌疲れするシーズンであ

2020年10月5日NEXERフィードバック数:0ライフスタイル

【謎マナー】88.0%が、葬祭時に黒マスクを着用するべきだと「思わない」

/ / 【謎マナー】88.0%が、葬祭時に黒マスクを着用するべきだと「思わない」【謎マナー】88.0%が、葬祭時に黒マスクを着用するべきだと「思わない」コロナ禍での葬儀の際は、“黒色のマスク”を着用するべき?!「葬儀では黒マスク着用」というネット上のうわさが話題となっています。これまでもzoom会議での上座下座などいわゆる「謎マナー」が話題になることがありました。皆さんはこの「葬儀での黒マスク着用」についてどのように考えているのでしょうか。今回は全国の男女各450名ずつを対象に「葬祭時のマスク

2020年10月5日エニグモフィードバック数:0ライフスタイル

コロナ・外出自粛明けに「売れたモノ」ランキングTOP10|女性編~2020年通販速報~

【#SH研究室】コロナ・外出自粛明けに「売れたモノ」ランキングTOP10|女性編~2020年通販速報~ 2020年5月25日(月) に全国で緊急事態宣言解除され、6月から徐々に外出頻度が増えてきたのではないでしょうか。今回は、自粛解除以降(6月ー7月)の2ヶ月間で海外通販BUYMA(バイマ)で実際何が売れていたか調べてみました。 外出自粛要請が解除され、6月以降から徐々に外へ出掛ける機会が増えてきました。それでもやはり完全に元の生活に戻ったわけではなく、新型コロナウイルス感染症から自分自身や周

2020年9月30日インサイトテックフィードバック数:0ライフスタイル

マスクに関する調査

マスクに関する調査「1日着用したマスクは交換する」の回答は、男性:47.6%、女性:62.2% このブログについて メディアで話題の不満収集プラットフォーム「不満買取センター」を運営する AIベンチャーInsight Tech(インサイトテック)が送るメディア 「Insight Tech Lab (インサイトテックラボ)」データとAIが教えてくれる毎日のヒントを不定期に発信しています。 執筆者情報独自の自然言語処理技術とマーケティング知見を用いて、不満買取センターに集まった様々な声を解

2020年8月26日ビッグローブ★フィードバック数:0社会/政治

「マスクをつけなければならない」「いつまで続くか不安」がストレスに BIGLOBEが「withコロナ時代のストレスに関する調査」第1弾を発表

プレスルーム「マスクをつけなければならない」「いつまで続くか不安」がストレスにBIGLOBEが「withコロナ時代のストレスに関する調査」第1弾を発表~withコロナ時代の迷惑行為「体調が悪いのに無理して仕事に行く」7割弱~ビッグローブ株式会社BIGLOBEは、「withコロナ時代のストレスに関する調査」を実施しました。本日、調査結果の第1弾を発表します。本調査は、全国の20代~60代の男女1,000人を対象にアンケート形式で実施しました。調査日は2020年8月5日~8月6日、調査方法はインター

withコロナにおける日本人の心理の変化・今後やりたいこと

プレスリリース 消費者の自粛期間中の3大ストレスは「マスク着用」「運動不足」「外食ができない」。 自粛期間終了後の3大欲求は「旅行」「外食」「(リアル)ショッピング」、 3大願望は「買い占め・転売がなくなる」「国内生産が増える」「マスク着用・手洗い習慣の定着」サイバーエージェント次世代生活研究所、withコロナにおける日本人の意識の変化について、全国3,094人を対象に意識調査、第2弾を発表 株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード47

2020年7月24日ストライド★フィードバック数:0ライフスタイル

コロナ禍でのランニング調査

【コロナ禍でのランニング調査】 マスク着用のランニングで心肺への負担が増大、呼吸困難もスポーツ科学の専門家「マスクランはゆったりとしたペースで」 ~コロナ影響下でランナー増加の中、マスクを着用したランニングの危険性を実験~ 生涯スポーツの普及を目指し、シューズブランド「ALTRA(アルトラ)」を展開する株式会社ストライド(本社:東京都多摩市、代表取締役: 福地孝、以下アルトラ)は、新型コロナウイルスの感染予防のためにマスクを着用したランナーが増加していることを受け、「マスクを着用したランニングの

2020年6月26日笹川スポーツ財団フィードバック数:0エンタテインメント

新型コロナウイルスによる運動・スポーツへの影響に関する全国調査(速報)

新型コロナウイルスによる運動・スポーツへの影響に関する全国調査(速報)全国の18歳から79歳の男女5,000人を対象に『新型コロナウイルスによる運動・スポーツへの影響に関する全国調査』を、6月3日から5日に実施しました。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、人と人との接触を減らす施策により、人々の身体活動量・運動量が大きく減少することが危惧されています。このような状況下で、国民の身体活動・運動の実施状況やスポーツ観戦等のニーズがどのように変化しているのかを調査しました。 1.新型コロナウイルス

2020年6月24日マンダムフィードバック数:0ライフスタイル

マスク着用時のヘアスタイル事情調査

マスク着用率は昨年の約2.5倍!2人に1人がマスク着用時の″ヘアスタイルの乱れ″を気にしていた!「マスク」と「前髪」には密接な関係が!? マスク着用時のヘアスタイル事情調査 マスク着用の機会が増える中、マスク着用時ならではの不満を感じている方も多いのではないでしょうか。そこで、自分らしいヘアスタイルでオシャレを楽しむ若い女性向けのヘアメイク&ケアブランド「ルシードエル」を展開するマンダムは、20代の女性221名に、「マスク着用時のヘアスタイル事情」について調査を実施しましたので、ご報告します。

2020年6月22日ビッグローブフィードバック数:0ライフスタイル

第2波に備えて準備しているものは「マスク・消毒用品」「生活資金」 BIGLOBEが「withコロナに関する意識調査」第2弾を発表

プレスルーム第2波に備えて準備しているものは「マスク・消毒用品」「生活資金」BIGLOBEが「withコロナに関する意識調査」第2弾を発表~今後の予測、「通販」「映像配信」利用増も、「劇場」「ジム」「映画館」利用減~ビッグローブ株式会社BIGLOBEは、新型コロナウイルス流行で発出された緊急事態宣言の解除後に「withコロナに関する意識調査」を実施しました。本日、調査結果の第2弾を発表します。本調査は、社会人として働いている全国の20代~60代の男女1,000人を対象にアンケート形式で実施しまし

2020年6月13日資生堂★フィードバック数:0ライフスタイル

夏のマスク、9割の方お悩み 「暑さ・蒸れ」「メイク落ち」「肌荒れ・ニキビ」「マスク焼け」

Homeニュースリリース夏のマスク、9割の方お悩み 「暑さ・蒸れ」「メイク落ち」「肌荒れ・ニキビ」「マスク焼け」 夏のマスク、9割の方お悩み 「暑さ・蒸れ」「メイク落ち」「肌荒れ・ニキビ」「マスク焼け」~夏マスク生活を快適に過ごすためのポイント~ 資生堂は、夏のマスク着用に関するインターネットでの意識調査※1を行いました。夏マスクに関して悩みを抱えている方は全体の99%と非常に多く、これから気温、湿度と更に上がるため悩みはより深刻になると予想されます。そこで、今回は夏のマスク生活を快適に過ごす

2020年5月29日Wizleapフィードバック数:0ライフスタイル

外出時にマスクを着用していない人は11.4%!「周りがしているから・・・。」

外出時にマスクを着用していない人は11.4%!「周りがしているから・・・。」 外出時にマスクを着用していない人は11.4%!「周りがしているから・・・。」 ライフプラン相談、オンライン保険相談サービス「ほけんROOM(https://hoken-room.jp/)」を運営する株式会社Wizleap(代表取締役社長:谷川昌平)では、家計や保険、最新トレンドを発信すべく、2020年5月ににユーザーからの調査データや様々な調査結果を公表します。2020年、コロナウイルス感染拡大に伴い、世間ではマスク

2020年5月25日アイブリッジフィードバック数:0社会/政治

[新型コロナウイルス感染症に関するアンケート]約7割の人が新型コロナウィルスの感染検査・抗体検査を受けることに前向き

[新型コロナウイルス感染症に関するアンケート]約7割の人が新型コロナウィルスの感染検査・抗体検査を受けることに前向き調査対象:20~89歳男女、合計18,549名 調査期間:2020年4月25日~27日新型コロナウイルスの感染拡大で最も影響があったのは「外出ができなくなり、家や部屋に閉じこもることが多くなっている」こと新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、生活やレジャーなどで影響があったものを聞いたところ、『外出ができなくなり、家や部屋に閉じこもることが多くなっている(49.6%)』が一番多

2020年5月25日ヴァリューズフィードバック数:0ライフスタイル

4月の急上昇サイトはシャープマスクやLINE全国調査、Uber Eatsなどコロナ影響が反映された結果に

マナミナトップリサーチ4月の急上昇サイトはシャープマスクやLINE全国調査、Uber Eatsなどコロナ影響が反映された結果に 4月の急上昇サイトはシャープマスクやLINE全国調査、Uber Eatsなどコロナ影響が反映された結果に 2020年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比

2020年4月23日エムステージ?フィードバック数:0社会/政治

新型コロナウイルス感染症拡大、医療現場の現状と医師の本音を緊急アンケート

facebook twitterTOPニュース 2020.04.10 新型コロナウイルス感染症拡大、医療現場の現状と医師の本音を緊急アンケート。「マスクがない」「オンライン診療導入を検討している」。最前線で働く医師から、いま患者さんにお願いしたいこと医師人材総合サービスを手掛け、「Dr.転職なび」「Dr.アルなび」を運営する株式会社エムステージ(東京都品川区、代表取締役:杉田雄二)は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、医療機関の現状と最前線で働く医師の本音についてアンケート調査を実施しました。

国内スタートアップ想定時価総額ランキング(2020年4月)

国内スタートアップ想定時価総額ランキング最新版(2020年4月)先月からの順位の変動はなし、ランキング上位企業の新型コロナウイルス対応に関して2020年4月の時価総額ランキングに先月から変化はなかった。世界的な新型コロナウイルスの流行の中で、企業の経済活動にも影響が出ている。現在の状況でも、新型コロナウイルスへの対応としてサービス提供を行っているスタートアップ企業がある。ランクインしている3社でも、新型コロナウイルス対策のためのサービスを提供している。ピックアップ企業同社が運用するニュースアプリ

2020年4月15日ニフティ★フィードバック数:0社会/政治

新型コロナウイルス感染症についてのアンケート・ランキング

新型コロナウイルス感染症についてのアンケート・ランキング ※スタイルシートを有効にしてご利用ください 新型コロナウイルス感染症についてのアンケート・ランキング新型コロナウイルス感染症についてのアンケート・ランキング 新型コロナウイルス感染症について、日に日に感染拡大のニュースが聞こえてきます。新型コロナウイルス感染症について、不安に思っていることは?日常生活での影響についてなど、緊急アンケート調査を実施して、ランキング形式でレポートにまとめました。アンケート実施日時:2020年3月20日~3月2

2020年4月8日ドゥ・ハウスフィードバック数:0ライフスタイル

「花粉症」に関する調査結果

2020.03.31「花粉症」に関する調査結果毎年やってくる花粉症に悩まされている人は多くいるのではないでしょうか。 花粉症を軸に、普段の家事や生活にどのような変化が訪れるのか。花粉症対策から、花粉症によって変化する家事など、あらゆる角度から花粉症を調査しています。調査サマリ花粉症対策として、最も利用されているのは「マスク」で80.1%。次に「目薬」「ヨーグルト」と続く。対策の中で、最も満足が高いのは、飲み薬(処方薬)花粉症対策の時期に、普段の家事で最も変化が見られるものは布団干し。約半数の人が

2020年2月12日LINE★フィードバック数:0社会/政治

【LINEリサーチ】新型肺炎(新型コロナウィルス)に関する調査結果(2020年2月5日実施)

【LINEリサーチ】新型肺炎(新型コロナウィルス)に関する調査結果(2020年2月5日実施) LINEリサーチでは、新型肺炎(新型コロナウィルス)の流行に伴い、LINEアンケートのモニターに現在お困りの状況、不安、欲しい情報などを把握するために調査を実施いたしましたので、お知らせいたします。① 生活の中で困ったことは、「マスクが手に入らない」「新型肺炎が流行っている」が上位 さいきん2週間の間に、生活の中で困ったことについて聴取したところ、「マスクが手に入らない」が43%と最も高い結果となり

2020年2月6日NEXER★フィードバック数:0ライフスタイル

【2020シーズンも流行中】インフルエンザ対策していますか?

/ / 【2020シーズンも流行中】インフルエンザ対策していますか?【2020シーズンも流行中】インフルエンザ対策していますか?インフルエンザ、予防接種は必要ない!?例年秋から春にかけて猛威を振るうインフルエンザ。令和初の年またぎとなった2019年から2020年にかけても流行が確認されています。そこで日本トレンドリサーチでは、インターネットアンケートで全国の方にアンケートを実施、インフルエンザの予防接種やマスクの着用について調査してみました。「季節に関するアンケート」調査概要インターネットでの

2020年1月23日エステーフィードバック数:0ライフスタイル

花粉症と仕事に関する実態調査

ニュースエステー 花粉症と仕事に関する実態調査 花粉症が仕事のパフォーマンスを低下、約7割が仕事に影響 エステー 花粉症と仕事に関する実態調査 花粉症が仕事のパフォーマンスを低下、約7割が仕事に影響 マスクに塗る花粉対策アイテム「MoriLabo 花粉バリアスティック」を発売する、エステー株式会社は、これから到来する花粉シーズンに向けて、「花粉対策と仕事における生産性への影響に関する実態調査」を実施いたしました。本調査は2019年12月27日から12月28日の期間、20歳~59歳の花粉症患者且つ

2019年1月25日マクロミルフィードバック数:0ライフスタイル

スギ花粉による花粉症有症者1,000名調査

HoNote(ホノテ)とは、消費者のHonto(本当)やHonne(ホンネ)がわかるNote(ノート)です。 市場調査レポートや、調査ノウハウ、マーケティングに役立つポイントなどを掲載。 これから調査を始めたいと考えている方や、マーケティングリサーチの初心者をはじめ、マーケターや商品開発担当者など、消費者の声や行動をビジネスに役立てる方に向け情報をご紹介しています。運営元 : Macromill ジャスミン冷静沈着をこころがけているはずがいつも何かしら抜けている永遠の28歳。実年齢は… トコナ

2018年6月20日NEXERフィードバック数:0ライフスタイル

【4人に1人は、夏にも風邪予防のためにマスクをしている!】マスクに関するアンケート

検索【4人に1人は、夏にも風邪予防のためにマスクをしている!】マスクに関するアンケート インターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所在地:東京都豊島区、代表取締役:宮田 裕也)は、紫外線対策グッズなどの企画・製造・卸売・ネット販売を行っているホワイトビューティー株式会社と共同で「マスクに関するアンケート」を下記の通り実施し、調査結果に関連した記事を公開しました。 マスクに関するアンケート結果を公開株式会社NEXERとホワイトビューティー株式会社は、共同で「マスクに関するアンケート」を実

2018年4月19日NEXERフィードバック数:0ライフスタイル

【睡眠時の乾燥対策には何が効果的?】睡眠時の乾燥に関するアンケート

【睡眠時の乾燥対策には何が効果的?】睡眠時の乾燥に関するアンケートインターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所在地:東京都豊島区、代表取締役:宮田 裕也)は、紫外線対策グッズなどの企画・製造・卸売・ネット販売を行っているホワイトビューティー株式会社と共同で「睡眠時の乾燥に関するアンケート」を下記の通り実施し、調査結果に関連した記事を公開しました。睡眠時の乾燥に関するアンケート結果を公開インターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所在地:東京都豊島区、代表取締役:宮田 裕也)は、

2017年11月24日日本バイリーンフィードバック数:0ライフスタイル

『ウイルスから赤ちゃんを守りたい!』プレママのマスク着用率は一般女性の約3倍! 

『ウイルスから赤ちゃんを守りたい!』プレママのマスク着用率は一般女性の約3倍! ~風邪やウイルスに対する警戒心が高まり、マスク着用時間が増加~日本バイリーン株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長執行役員、CEO:川村 智)は、妊娠中のマスク利用実態を把握すべく、20代~40代のプレママ・新米ママ447人に対して、「妊娠期間中のマスクに関する実態調査」を行いました。 調査結果によると、妊娠中は、マスクの着用率が普段よりも約3倍に増加し、妊婦とマスクには密接な関係があることがわかりました。一方

2017年4月13日decenciaフィードバック数:0ライフスタイル

月の二大「肌荒れ要因」は花粉によるアレルギー反応+マスクによる摩擦!!乱れた角層状態は紫外線の恐怖も?!

月の二大「肌荒れ要因」は花粉によるアレルギー反応+マスクによる摩擦!!乱れた角層状態は紫外線の恐怖も?!

2017年3月15日パナソニックフィードバック数:0ライフスタイル

ビジネスパーソンの「口内ケア」に関する調査

72%がビジネスシーンで気になる口臭…その原因は口内環境にあり!? 約6割が経験、 “マスク臭”は<口内フローラ>乱れのサイン? 4個当てはまったら黄信号!? 12のチェックリストを紹介 マスク臭も軽減!? 専門家がオススメ、口内環境改善の近道は「FBI」ケア パナソニック株式会社は、男性ビジネスパーソンの「口内ケア」について調査を行いましたので発表いたします。今回は、20~40代で企業にお勤めの男性500名を対象に、「口内ケア」についての意識・実態を調べました。さらに、歯科衛生士・北原文子先生

2017年3月2日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

花粉症に関するアンケート調査(第9回)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 花粉症 】に関するアンケート調査(第9回)花粉症の予防・対処開始時期は「3月」が最多。関東居住者や重症者では「2月」の比率高い マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、9回目となる『花粉症』に関するインターネット調査を2017年2日〜5日に実施し、11,451件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。【調査結果】 ■花粉症の予防・対処開始時期は「3月」が最多。関東や重度の花粉症の人で

2017年1月31日資生堂フィードバック数:0ライフスタイル

「女性の“花粉の時期あるある”」に関する調査

春先の肌あれは…1日に約1万個※も直撃する花粉のせい!? <「女性の“花粉の時期あるある”」に関する調査を実施> 花粉に悩む女性の約3割が“ノーメーク”! さらに、『化粧が落ちて、いつも疲れ顔(79.1%)』 『肌あれや花粉症が原因でデートをドタキャン(24.3%)』、『ティッシュを鼻に詰めて仕事(61.2%)』など、花粉の時期における女性のツラい“あるある”が多数判明!~ 調査結果を受け、「d プログラム」では花粉対策メーク動画を1月23日(月)より公開 ~公式ブランドサイトURL:「d プロ

2016年12月14日エーザイフィードバック数:0ライフスタイル

家族の「菌・ウイルス対策」に関する調査

[エーザイ株式会社] ,マスク 冬 インフルエンザ 風邪 ウイルス 対策 かぜ エーザイ 菌 マスク移り菌

花粉症/花粉アレルギー調査 Part2:花粉症/花粉アレルギーの症状がある人

市場調査は、株式会社日本リサーチセンター(NRC) TEL:050-3785-0700 平日10:00〜17:00 (土日祝休日)2018年6月1日より、電話番号が変わりました NRCレポート 花粉症/花粉アレルギー調査Part2:花粉症/花粉アレルギーの症状がある人公表日 2016年5月23日日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、代表取締役社長:鈴木稲博)は、1960年に設立された民間の調査研究機関であり、民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査

2016年3月17日decenciaフィードバック数:0大型消費/投資

花粉症時期の肌荒れに関して意識調査

[株式会社DECENCIA] ,花粉症 マスク 美白 保湿 免疫力 肌荒れ decencia ディセンシア saeru サエル

2016年1月22日エン・ジャパンフィードバック数:0ライフスタイル

冬の体調管理 意識調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース冬の体調管理 意識調査。女性の悩みトップ3は「風邪を職場や通勤でうつされる」 「病院に行くタイミング」「休めない」。 冬の体調管理 意識調査 女性の悩みトップ3は「風邪を職場や通勤でうつされる」 「病院に行くタイミング」「休めない」 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する、正社員の勤務を希望する女性向け求人情報サ

2015年3月17日オレンジページフィードバック数:0ライフスタイル

花粉症に関する調査

花粉症世帯はなんと6割以上! マスクや薬はもちろん、家電での...| TOP > プレスリリース一覧 > 花粉症世帯はなんと6割以上! マスクや薬はもちろん、家電での室内花粉対策に奮...花粉症世帯はなんと6割以上! マスクや薬はもちろん、家電での室内花粉対策に奮闘中。 「家事」だけではなく「睡眠」に関する悩みも多数! 「オレンジページくらし予報」では「花粉症に関する調査」を実施いたしました。自分を含め、家族に1人以上は花粉症である「花粉症世帯」がなんと6割以上! それだけに、マスクや薬

2015年2月26日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 花粉症(8)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ花粉症の人は5割弱。「鼻水が出る」「目がかゆくなる」「くしゃみが出る」「鼻がつまる」などで悩まされる人が多い 花粉症の予防・対処開始時期は全体では「3月」、北海道では5月、東北では4月が最も多い。症状が重い人では「2月」も多い 花粉症の予防・対策で最も多いのは「マスク」で、花粉症の人の6割弱、女性では7割弱。その他「医師の処方薬、注射」「市販の目薬」「市販の飲み薬」など、薬の項目も上位にあがっている 花粉症対策でのマスク購入時の重視点は、「

2015年2月18日東京都フィードバック数:0ライフスタイル

都内でスギ花粉の飛散開始(速報)

都内でスギ花粉の飛散開始(速報)平成27年2月13日福祉保健局 東京都は、本日16時00分までに2月11日(水曜日)からのスギ花粉の飛散開始を確認しましたので、お知らせします。これは、過去10年平均(2月16日)より5日早く、昨年(2月2日)より9日遅い飛散開始です。2月11日、都内12観測地点中、千代田・葛飾・北で飛散開始を確認しました。(2月13日、16時00分現在)※都内12観測地点千代田、葛飾、杉並、北、大田、青梅、八王子、多摩、町田、立川、府中、小平※飛散開始日の定義一観測地点で、1月

花粉症についての調査です。

「花粉症」に関するアンケート2015

●現在花粉症の人は39.2%、7割弱は「スギ」が原因●くしゃみ連発回数の平均は 「6.5連発」インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、 「花粉症対策」についてアンケートを行い、 花粉症歴やツラいこと、対策方法等についてまとめました。調査は2015年1月20日〜1月23日にかけて実施し、DIMSDRIVEモニター4,626人から回答を得ています。(うち、花粉症の人は1,815名)Tweet ● 現在花粉症の人は39.2%、甲信越が最も割合高い● 花粉症は「スギ」

風邪についての調査です。

風邪予防の実態についてインターネット調査

のどの乾燥が気になる季節、ホンネはマスクを着けたくない!?風... のどの乾燥が気になる季節、ホンネはマスクを着けたくない!? 風邪予防に有効と思いながらも約6割はマスクをせず。“乾燥する季節には、マスクをしてもしなくても、 のどケアにカリンを取り入れて”! 「のどに良い」とは知っていながら、取り入れられていないカリンパワーを 乾燥の季節ののどケアに! 「カリンで風邪予防普及会」は20~60代男女500人を対象に2014年12月に風邪予防の実態についてインターネット調査を実施しました。その

2014年12月19日カウネットフィードバック数:0ライフスタイル

会話しやすい口元ゆったりマスクのモニターレポート

コクヨの通販カウネットが運営するお客様の声をかたちにするコミュニティサイト 会話しやすい口元ゆったりマスクのモニターレポート 2014年12月19日カウネットの注目商品を実際に皆さんにお試しいただく、モニターレポート。今回は、カウネットのオリジナル商品「カウコレ」プレミアムから「会話しやすい口元ゆったりマスク」のレポートをご紹介します。●会話しやすい口元ゆったりマスク 商品番号: 4229-4351●仕事中に人の出入りが多い店内で使用しました。中央のワイヤーで形が作れるので、ゆ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お知らせ