調査のチカラ TOP > タグ一覧 > マーケター

「マーケター」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年3月11日アイティメディア★フィードバック数:0マーケティング

バーチャルイベントシステムの裏側とその効果

フィジカルイベントの開催が困難になったことで、増加傾向にあるバーチャルイベント。参加したことがあるマーケターもいるだろう。近年ではPDFの閲覧やセミナー・動画の視聴だけでなく、さまざまな手段で参加者とのコミュニケーションができたり、フィジカルイベントとのハイブリッド版などさまざまな形態がでてきている。では、実際にどのような仕組みになっているのだろうか? また主催者や出展社は来場者情報をどのように管理しているのだろうか?本資料には、そのシステムの概要や機能、主催者・運営者が見ている来場者情報の閲覧

2021年3月11日アイティメディア★フィードバック数:0マーケティング

セミナー集客成功のためのコピーライティングの秘訣

実際のオンラインセミナー参加者のアンケート結果から、適切な時間や参加者の声を集約。また、実際に高い効果が得られたセミナー集客メールをもとにコピーライティングの秘訣を2つのセオリーと5つの技術として伝授。Webセミナーの実施を考えているマーケターにはぜひ参考にしてほしい。●アンケート項目 視聴しやすい時間帯 適切な視聴時間 フリーコメント 好評の声、改善の声●コピーライティングベストプラクティス 効果的な集客を実現するメールの書き方:2つのセオリーと5つの技術

2020年8月20日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

マーケターのSDGsへの取り組みに関する実態調査

76.1%のマーケターが取り組むべきとするも、実態は約3割 マーケターのSDGsへの取り組みに関する実態調査76.1%のマーケターが取り組むべきとするも、実態は約3割マーケターが選ぶ、SDGs企業は「トヨタ自動車」調査結果サマリーSDGs を認知しているマーケターに、マーケティング施策にSDGs を採り入れるべきと思うかを聞いたところ、「そう思う」と答えた人は32.3 %、「やや思う」人は43.8 %で、あわせて76.1%が採り入れるべきと考えていることがわかりました。一方、「マーケティング施策

2020年7月31日Faber Companyフィードバック数:0マーケティング

Webマーケター100名超を対象に“ウェビナー”の意識調査を実施

Webマーケター100名超を対象に“ウェビナー”の意識調査を実施Webマーケター100名超を対象に“ウェビナー”の意識調査を実施 Webマーケター100名超を対象に“ウェビナー”の意識調査を実施 2020.07.29 約半数「ウェビナー参加が増えた」が、6割は「ながら見」。「通信環境」「参加感」「アーカイブ視聴」などに改善点1,500社のWebマーケティングを支援中の株式会社Faber Company(ファベルカンパニー/本社:東京都港区、代表取締役:稲次正樹・古澤暢央)は、Webマーケター

年次調査レポート「マーケティング最新事情」(第6版)日本語版を公開

セールスフォース・ドットコム、 年次調査レポート「マーケティング最新事情」(第6版)日本語版を公開 ※当資料は、2020年5月19日に米国で発表された資料を元に、日本語バージョンのレポート完成を受け、日本向けに内容を加筆・再編集したものです。2020年6月16日株式会社セールスフォース・ドットコム日本のマーケターの最優先課題は「リアルタイムの顧客エンゲージメント」 日本では「5G」と「オンライン人口の拡大」が今後10年間でマーケティングリーダーにとって最大のインパクトを与えると予測株式会社セール

2020年4月7日ベーシック★★フィードバック数:0キャリアとスキル

マーケターのキャリアに関する調査結果

マーケターの5割が自分の仕事の自動化に不安、8割がマーケツールを使いこなすことが重要スキルであると回答 〜マーケターのキャリアに関する調査結果をベーシックが発表〜BtoBのWebマーケティングツール「ferret One」を提供する株式会社ベーシック(本社:東京都千代田区、代表取締役:秋山勝、以下ベーシック)は、2020年2月9〜22日、マーケティング担当者434名を対象に、マーケターのキャリアについて調査を実施しました。今回の調査では、マーケターのスキル向上意欲の高さと、その裏にある今後のキャ

2020年1月28日BLAM★★フィードバック数:0キャリアとスキル

【マーケティング人材に関する調査】9割以上のマーケターが社内の人材不足を実感

【マーケティング人材に関する調査】9割以上のマーケターが社内の人材不足を実感 事業会社、代理店問わず戦略設計担当者の不足が顕著に 複業・副業マッチングサービス「KAIKOKU(カイコク)」を運営する株式会社BLAM(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:杉生 遊 )はマーケティング業務に携わる100名を対象にマーケティング人材に関する調査を実施しました。 マーケティング業務に携わる100名を対象にマーケティング人材に関する調査した結果、9割以上(98%)のマーケターが自社の人材不足を

2019年10月25日Adjust★★フィードバック数:0マーケティング

日本市場モバイルアプリエンゲージメントレポート 2019

50,000を超える世界中のモバイルアプリをサポート マーケターに必要なモバイル不正の基礎知識を10のレッスンにまとめました。自社アプリを不正から守るための豊富な知識が身に付きます。 アプリを効果的に成長させるための独自のインサイトをモバイルマーケターにお届けします。 AdjustとLiftoffの「日本市場モバイルアプリエンゲージメントレポート 2019」 AdjustとLiftoffの「日本市場モバイルアプリエンゲージメントレポート 2019」日本のアプリ市場は、世界のモバイルマーケ

2019年9月27日AppsFlyer★フィードバック数:0マーケティング

AppsFlyer、2019年上半期(第9版)のパフォーマンスインデックスを発表

AppsFlyer、2019年上半期(第9版)のパフォーマンスインデックスを発表 調査開始以降初めて、Googleがアプリマーケティング最大のメジャープレイヤーに輝く 〜Facebookは昨期に引き続き、グローバルパワーランキングで首位をキープ〜 モバイルアトリビューションとマーケティングアナリティクスのプラットフォームを提供するAppsFlyer Japan株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:オーレン・カニエル、カントリーマネジャー:大坪直哉、以下AppsFlyer)は本日、2019

マーケター500名に聞く!AI(人工知能)と仕事に関する調査

マーケター500名に聞く!AI(人工知能)と仕事に関する調査2人に1人が2年以内にAI(人工知能)が仕事に不可欠なツールになる」と回答約半数がAI(人工知能)によって失職の危機感を抱いている!?株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ(本社:東京都港区浜松町、代表取締役 桑畑治彦、以下アドフレックス)は「AI(人工知能)と仕事」について、全国の20~40代のマーケティング、広報・宣伝担当者503名を対象にアンケート調査を行いましたので、結果を発表いたします。【調査背景】AI(人工知能)の発展

2019年7月10日ベーシックフィードバック数:0キャリアとスキル

マーケターの働き方調査を実施

20〜50代のマーケター471名を対象に「マーケターの働き方調査を実施」7割のマーケターが「戦略 / 施策を考える時間」を増やしたいと回答! オールインワンマーケティングツール「ferret One」を提供する株式会社ベーシック(本社:東京都千代田区、代表取締役:秋山勝、以下ベーシック)は、5月28〜31日、20〜50代のマーケター471名を対象に、マーケターの働き方調査を実施しました。マーケター不足が叫ばれる昨今、実際にマーケティング業務に従事しているマーケターがどのような業務に時間を費やし

2019年3月25日AppsFlyer★フィードバック数:0マーケティング

AppsFlyerが新たに2019年のパフォーマンスインデックスを発表

AppsFlyerが新たに2019年のパフォーマンスインデックスを発表!モバイル広告のTOPメディアソースをランキング パフォーマンスインデックス Edition VIIIで、モバイルおよびアプリマーケティング業界の最新状況が明らかに 2019年3月22日 - モバイルアトリビューションをリードするAppsFlyerは、本日最新のパフォーマンスインデックスをリリースし、進化するモバイル広告業界に関する最も包括的な最新レポートを発表しました。2018年後半の活動を網羅したこのレポートでは、370の

2019年2月1日iProspect★★フィードバック数:0マーケティング

Future Focus 2019

アイプロスペクトのウェブサイトは、コンテンツのカスタマイズ、ソーシャルメディア機能を提供、トラフィックの分析にCookieを使用しています。 また、サイトの使用に関する情報をソーシャルメディア、広告、分析パートナーと共有します。Cookieの使用に同意する場合は、引き続きWebサイトを使用してください。 Cookieの設定を変更する場合、詳細については、Cookies ポリシーをご覧ください。 88%のマーケターが2019年最優先するのは「信頼」と回答!消費者の約6割はテクノロジーの進化が早す

2018年11月19日アクセンチュア★★フィードバック数:0ビジネス

CMOの役割の再考

アクセンチュア最新調査――最高マーケティング責任者の新しい役割「CMOコラボレーター」が次のビジネスの成長を促進 調査対象企業の90%が、CMOには事業部門間をつなぐ役割があると認識していることが明らかに【ニューヨーク発:2018年10月3日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、最高マーケティング責任者(CMO)が、これまで以上にビジネスに貢献するには、「CMOコラボレーター」としての役割を担う必要があることが明らかになりました。CMOは、経営幹部やテクノロジー・

2018年11月19日D2C★フィードバック数:0マーケティング

日本の企業・自治体におけるインフルエンサーマーケティング活用に関する調査

 プレスリリース 2018.11.19 日本の企業・自治体におけるインフルエンサーマーケティング活用に関する調査を実施 ~実施経験率は、海外やインバウンドを担当する企業の マーケターで最も高く、6割超え~ ニュースリリース日本の企業・自治体におけるインフルエンサーマーケティング活用に関する調査を実施 ~実施経験率は、海外やインバウンドを担当する企業の マーケターで最も高く、6割超え~東南アジアを 中心に世界9か国でインフルエンサーマーケティングを手掛けるGushcloud Internat

2018年8月14日ウィンスリーフィードバック数:0マーケティング

現場推進力の核となる「~34歳」までの若手マーケターにおける“今、そしてこれから”の職場志向が浮き彫りに

希少なデジタル人材が企業の運命を左右するデジタル人材専門エージェント「ウィンスリー」 デジタル分野にて実務を経験業界に精通したヘッドハンター11名 決裁権限者と通じているトップコネクション多数 ※1)2019年 ※2)某大手エージェントと比較/数字は2020年3月現在 株式会社ウィンスリー〒106-0032 東京都港区六本木4-8-7 六本木三河台ビル5階交通・アクセス

2018年7月13日Oath Japan★★フィードバック数:0マーケティング

Brand Love Index リサーチ、生活者に愛されるブランド実態調査

Brand Love Indexリサーチ、生活者に愛されるブランド実態調査 ブランドの成功は、「なぜ生活者がそのブランドを愛するのか」を本質的に理解できるかどうかにかかっている「愛(Love)」はブランドを確立する上で最も重要な要素であり、生活者は毎日ブランドに愛を注いでいます。例えば、新しいiPhoneを手にいれるために夜通し並んだり、ブランドロゴのTシャツや帽子を身に着けたりしています。愛は、バイヤーをフォロワーに、単なる認知を親近感に、そしてブランドを「良いもの」から「偉大なもの」

FROM NOVELTY TO NECESSITY Applications and Predictions of Marketing in Machine Learning Age

電通イージス・ネットワークのiProspect、加速度的に進化する機械学習に関しマーケティング分野におけるグローバル調査と市場予測を発表 - 機械学習は「目新しい」技術から「必要不可欠」な技術へ - iProspect Japan (アイプロスペクト・ジャパン株式会社、CEO:金井 耕一、所在地:東京都中央区)は近年急速に発達し人々の生活やそれに伴うマーケティング手法に大きな影響を与えつつある機械学習について、グローバル規模での調査に基づき市場予測を発表いたしました。自社の持つグローバルネットワ

国内企業のマーケティングにおけるインフルエンサーの活用状況

プレスリリース 半数以上の企業がインフルエンサーを活用、存在感を増すマイクロインフルエンサー。 国内企業のマーケティングにおけるインフルエンサーの活用状況を調査インフルエンサー・マーケティング事業の強化を目的として専門組織を新設 株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)は、国内の広告主企業を対象にマーケティング活動におけるインフルエンサーの活用状況に関するアンケート調査を行い、調査企業のうち56%がインフルエンサーをマーケティ

2018年4月3日日経クロストレンド★★フィードバック数:0キャリアとスキル

マーケターの3割が転職意向、達成感「乏しい」

「日経クロストレンド」は、企業のマーケティング業務従事者(マーケター)が抱えている課題や転職意向などリアルな実態を明らかにするため、4月の創刊に先立ってアンケート調査を実施した。2割が今の仕事に達成感が「乏しい」と感じており、この達成感が転職意向に大いに関係するという実態が明らかになった。達成感がマーケターの転職意向を左右する あなたの職場のマーケティング部員の目は輝いているだろうか? 優秀なマーケターであってももしその目がやや虚ろであれば、やがて退職届や異動希望を提出してくるかもしれない──。

2017年7月27日ハブスポット★フィードバック数:0マーケティング

ビジュアル コンテンツに関してマーケターが2017年に知っておくべき42の統計データ

ビジュアル コンテンツに関してマーケターが2017年に知っておくべき42の統計データ 年末になると、私たちはインバウンドマーケティングやコンテンツマーケティング、SNS、顧客層のインターネットでの行動について、主要なレポートをいくつも読み、その年に何が起きたかを理解します。12か月という短い期間に起こる目まぐるしい変化には、毎年のことながら驚かされます。もちろん2016年も例外ではありませんでした。2016年にはFacebook、Snapchat、Instagramなど、主要なほぼすべてのSNS

2017年6月27日ドゥ・ハウスフィードバック数:0大型消費/投資

「子どものお小遣い」に関する調査

2017.06.13「子どものお小遣い」に関する調査結果小・中学生の子どもがいる既婚女性を対象に調査した「子どものお小遣い」。 弊社の主婦マーケターDOさんが、主婦目線でお小遣いの渡し方、お小遣いの額の決め方についてなどを調査しました。 家庭それぞれの生活がある中、母親が子どもに身に着けてほしいことなどについても聞いています。調査サマリ定期的にお小遣いを渡す派は47.8%で、都度渡す派の41.4%を上回る1カ月当たりのお小遣いは、小学生が500円~1,000円未満で40.0%、中学生が1,000

2017年6月15日ドゥ・ハウス★フィードバック数:0社会/政治

「子どものお小遣い」に関する調査結果

2017.06.13「子どものお小遣い」に関する調査結果小・中学生の子どもがいる既婚女性を対象に調査した「子どものお小遣い」。 弊社の主婦マーケターDOさんが、主婦目線でお小遣いの渡し方、お小遣いの額の決め方についてなどを調査しました。 家庭それぞれの生活がある中、母親が子どもに身に着けてほしいことなどについても聞いています。調査サマリ定期的にお小遣いを渡す派は47.8%で、都度渡す派の41.4%を上回る1カ月当たりのお小遣いは、小学生が500円~1,000円未満で40.0%、中学生が1,000

2017年4月9日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

マーケティングオートメーション利用実態調査

マーケティングオートメーション利用実態調査MAツール認知度No.1は「Pardot」、2位は「SATORI」MAは、知名度よりも、費用やサポートなどの条件で選ぶ調査結果サマリーMAツール認知度No.1は「Pardot」、2位は「SATORI」MAについて詳しく知っているというマーケターの間で、認知度が最も高かったMAツールは「Patdot」(59.4%)でした。2位は「SATORI」(54.5%)、3位は「Adobe Marketing Cloud」(37.8%)でした。MAの選定では、知名度よ

2017年3月2日AdRoll★フィードバック数:0マーケティング

【マーケター・消費者別】インターネット広告に関する意識調査

【マーケター・消費者別】インターネット広告に関する意識調査発表 マーケターの課題は「ラストクリック依存からの脱却」パフォーマンス広告テクノロジー企業のAdRoll株式会社(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、日本法人代表:香村竜一郎、以下AdRoll)は「消費者リサーチ2017 - クリックされない広告から考える広告施策の指標と対策」を発表しました。広告出稿業務に関わるマーケティング担当者(レポートではマーケターと定義)200名、およびインターネット広告ユーザー1,000名を対象にAdR

2017年3月1日カンター・ジャパン★★フィードバック数:0マーケティング

動画広告の視聴態度調査最新版「アド・リアクション」日本レポート

WHAT'S NEW-世界39か国で実施された動画広告の視聴態度調査最新版「アド・リアクション」-「Z世代」と呼ばれる新しい世代が成人をむかえ、徐々に購買力を持ちつつあります。Z世代 はポスト・ミレニアル世代、センタニアル世代とも呼ばれており、スマートフォンと共に育ってきた一番最初の世代ということで世界的にマーケターの関心を集めています。Y世代(ミレニアル)やX世代(ベビーバースト)に比べメディアに対する態度や行動にどのような違いがあるのか、そして、メディアプランニングやクリエイティブ制作をして

2017年2月22日昭文社★フィードバック数:0マーケティング

訪日客向けFB人気ランキング2016 外国人マーケターによる2017年ヒット予測

地方や体験重視の傾向が如実に当社独自!訪日客向けFB人気ランキング2016外国人マーケターによる2017年ヒット予測も 株式会社昭文社(本社:千代田区麹町、代表取締役社長 黒田茂夫、東証コード:9475)は、訪日外国人観光客向けの日本観光情報を発信するブランド「DiGJAPAN!(ディグジャパン)」が運用するFacebook投稿へのリアクションを独自分析し、2016年の国別の傾向・人気ランキングおよび2017年ヒット予測を発表します。■現地出身スタッフが運用するブランドならではの独自分析結果「D

2017年2月15日Marketo★フィードバック数:0マーケティング

優先するテクノロジーにおいて米国と米国以外のマーケターの著しい相違が判明 どの地域のマーケターも顧客との新しいタッチポイントに期待しているが 2017年に導入すべきものに関しては意見が分散

マルケトの調査で、優先するテクノロジーにおいて米国と米国以外のマーケターの著しい相違が判明 どの地域のマーケターも顧客との新しいタッチポイントに期待しているが 2017年に導入すべきものに関しては意見が分散|マーケティングオートメーション(MA)ならMarketo Engageマルケトとは全世界で5000社以上の企業に導入されているエンゲージメント・マーケティング・プラットフォームのMarketo Engage 製品・サービスすべてのチャネルで一貫性のあるメッセージを届ける Marketo

2017年2月14日Comexposium Japanフィードバック数:0マーケティング

2017年のマーケティングトレンド予測

2017年のマーケティングトレンド予測1. AI活用のさらなる広がり昨年は、AIボットによる顧客との対話サービススタートなど、様々な業界において「AIの導入」がニュースとして取り上げられた。今年は、そうした先進的にAI導入に取り組んできた企業の効果・成果に関する情報が出てくることになる。そこには、新たな取り組みについていかに承認を得ていったのかという「社内承認プロセス」に関するものも含まれる。それを受けて他の企業が導入に動くことになる。またAIに何を学ばせるのか、何を導き出すためにAIを活用する

2017年1月26日TUNE★フィードバック数:0マーケティング

2017年モバイルマーケティング業界のトレンド予測

検索2017年モバイルマーケティング業界のトレンド予測 2017年のモバイルマーケティング業界において注目すべき5つのトレンド 北米最大手のモバイル効果の測定・分析ソリューションを提供するTUNE(読み方:チューン)は、2017年のモバイルマーケティング業界において注目すべき5つのトレンドを発表しました。1. モバイルユーザーの獲得競争は一層激化昨今、数多くのマーケティングキャンペーンがモバイル上で実施されていますが、キャンペーンの対象となるモバイルユーザー数は限られています。巨大な広告在庫を保

海外向けB2Bマーケティングの常識-Linkedinのインフォグラフィック LinkedIn

インフォグラフィックを世界に発信しよう!デザイナー・ブランド・メディアを繋げる世界最大のインフォグラフィックコミュニティー無料登録海外向けB2Bマーケティングの常識-Linkedinのインフォグラフィック海外に向けてマーケティングをしなさいと言われたら、どんなプラットフォームを使いますか?LinkedInが作成したこのインフォグラフィックでは、海外のマーケター達にLinkedIn,Facebook,Twitterなどの媒体がどのように評価されているかがまとめられています。詳しくはAdvertim

2016年2月3日Marketo★フィードバック数:0マーケティング

マルケト10周年 ~インフォグラフィックで振り返る~

マルケト10周年~インフォグラフィックで振り返る~|マーケティングオートメーション(MA)ならマルケトマルケトとは世界39か国・6000社以上の企業に導入されている Marketoのエンゲージメント・マーケティング・プラットフォーム 製品・サービスすべてのチャネルで一貫性のあるメッセージを届ける Marketoのエンゲージメントマーケティングサービス 導入事例 資料マーケティングオートメーションの基本からメリット、導入フローに至るまで、マーケティングオートメーションを知りたい方はまず

2015年2月13日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

デジタルブランド広告に関する調査

2015/02/12 ニールセン CMO Councilと実施したデジタルブランド広告に関する調査結果を発表 - 第2部レポートデジタル広告の効果測定指標が改善され、自社広告によるブランディング効果が実証できるようになれば、デジタルをさらに積極的に取り入れたいと考えている広告主は95%にのぼるメディア視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:宮本淳)は、ニールセンがCMO Councilと実施したデジタルブランド広告に関する調査結果をまとめた『

2015年2月2日PR TIMES★フィードバック数:0マーケティング

PR TIMESの調査です。

マーケター8割が「デジタルPR」に注目

[株式会社PR TIMES] ,広告 PR マーケティング 調査 デジタル 宣伝 戦略 マーケター

2014年10月13日Brightcove★フィードバック数:0マーケティング

B2Bマーケティングについての調査です。

B2Bコンテンツマーケティング:2015年のベンチマーク、予算、傾向 --北米レポート

コンテンツマーケティング戦略はエンゲージメントとコンバージョ... コンテンツマーケティング戦略はエンゲージメントとコンバージョンが最重要B2Bマーケターはより多くのコンテンツを作成し、 複数の施策を活用し視聴者へ配信Brightcove(NASDAQ:BCOV)の後援の下にContent Marketing InstituteおよびMarketingProfsが実施した最新の調査結果では、B2Bマーケターは顧客とのエンゲージメント、そしてコンバージョンに注力をおきながら、コンテンツがより

マーケター必見!話題の【O2O戦略】の効果と展望

マーケター必見!話題の【O2O戦略】の効果と展望

ソーシャルメディア分析が中心です。

マーケターのためのまとめサイト『ミシェル!』

マーケターのためのまとめサイト『ミシェル!』

2013年10月17日アイティメディア★フィードバック数:0マーケティング

ビッグデータについての調査です。

マーケティングのデータ活用に関するアンケート調査

テクノロジーがマーケティングを進化させる マーケティングのデータ活用に関するアンケート調査:【読者調査】57.1%の企業でデータサイエンティストが不在企業においてマーケティングのデータ分析状況はどこまで進んでいるのか? データ分析製品/サービスの導入状況、データサイエンティストの活動実態などを読者に聞いた。 ITmedia マーケティングとTechTargetジャパンは9月9日から25日にかけて、ITmedia マーケティング会員および、TechTargetジャパン会員を対象に「マーケティン

2013年8月14日ディレンマ★フィードバック数:0マーケティング

調査のチカラにも似たサービスです。

リサリサ リサーチをリサーチする。マーケターのための情報サイト

リサリサ|リサーチ・リサーチリサーチをリサーチする。マーケターのための情報サイト 新着リサーチ飲食店に特化したリサーチサービス「飲食店リサーチ」を運営するシンクロ・フードは、飲食店.COM会員を対象に、テイクアウト・デリバリーの...リサーチの続き ハースト婦人画報社が、カタログギフト大手のリンベルと共同運営する通信販売事業「婦人画報のお取り寄せ」は、今年の母の日ギフトについて、...リサーチの続き プラネットとTrue Data(トゥルーデータ)は、新型コロナウイルスの世界的感染拡大の影響によ

2012年12月4日ニールセンフィードバック数:0モバイル海外

インドネシア スマートフォン利用 主要トレンド

2012/12/04 [お知らせ] ニールセン、INFORMATE MOBILE INTELLIGENCEと戦略的提携を発表マーケターに消費者のモバイル動向及びその利用についてのインサイトを提供2012年 11月 20日、シンガポール – 消費者が何を見て何を購入するかについての情報およびインサイトをグローバルに提供するニールセンは本日、シンガポールに本社を構えるInformate Mobile Intelligence との戦略的提携を発表いたしました。Nielsen Informate Mo

2011年10月11日宣伝会議★フィードバック数:18マーケティング

Facebookについての海外の調査データのまとめ記事です。

Facebook上でユーザーは何をしている? ~Facebookマーケターが知っておくべき10の事実~

宣伝会議からのお知らせこのサイトについて関連サイト

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

  2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

特集データ

お知らせ