調査のチカラ TOP > タグ一覧 > マーケティング分析

「マーケティング分析」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年12月24日CCCマーケティング★★フィードバック数:0マーケティング

CCCマーケティング、外食口コミ・SNS・テレビ・実購買データを複合分析した「クロスメディア・トレンド2021年間ランキング」を発表!

CCCマーケティング、外食口コミ・SNS・テレビ・実購買データを複合分析した「クロスメディア・トレンド2021年間ランキング」を発表! ~1位「マリトッツォ」 2位「生ジョッキ缶」 3位「マヌルパン」、来年は「モクテル」「サラダラップ」のブームが到来!?~ CCCマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:北村和彦、以下「CCCマーケティング」)は、食に関わるさまざまな企業向けマーケティング支援サービス「Market Watch(以下、MKW) トレンド版※1」において、外食口コ

2021年8月10日ヴァリューズフィードバック数:0ライフスタイル

【調査リリース】 2021夏の旅行トレンド全国調査

マナミナトップリサーチ【調査リリース】 2021夏の旅行トレンド全国調査 ~ 高齢層を中心に20年より意欲減少、検討者は若者中心へ。温泉需要が減少、1~5万円までの費用帯が増加 【調査リリース】 2021夏の旅行トレンド全国調査 ~ 高齢層を中心に20年より意欲減少、検討者は若者中心へ。温泉需要が減少、1~5万円までの費用帯が増加 インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、国内の20歳以上の男女10,003人を対象に、今夏の旅

2020年7月16日ヴァリューズフィードバック数:0ライフスタイル

ヴァリューズ

コロナ影響下での消費者動向、アフターコロナへの展望を調査

【調査リリース】コロナ影響下での消費者動向、アフターコロナへの展望を調査 収束後も日用品・食材・化粧品などのネット購入は継続傾向に◆健康・節約・動画配信サービスがコロナ影響後のトップトレンドに ◆コロナ影響拡大をきっかけにネット購入した商品・サービスはその後もネット購入継続意向 ◆収束後にやりたいことトップ3は国内旅行・外食・遊園地へのお出かけで、外出需要増インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長

2020年6月15日ヴァリューズフィードバック数:0ライフスタイル

コロナ影響下での消費者動向、アフターコロナへの展望を調査

【調査リリース】コロナ影響下での消費者動向、アフターコロナへの展望を調査 収束後も日用品・食材・化粧品などのネット購入は継続傾向に◆健康・節約・動画配信サービスがコロナ影響後のトップトレンドに ◆コロナ影響拡大をきっかけにネット購入した商品・サービスはその後もネット購入継続意向 ◆収束後にやりたいことトップ3は国内旅行・外食・遊園地へのお出かけで、外出需要増インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長

2018年6月21日Pathee★★フィードバック数:0マーケティング

Patheeパートナー店舗向けデジタルマーケティング意識調査

2018/6/20プレスリリース【Patheeパートナー店舗向けデジタルマーケティング意識調査】 約4割が店舗担当者は、来店者への対応に追われ、 未来の顧客確保に時間を確保できていないことが明らかに。駅から5分圏内検索エンジンの「Pathee」を提供する株式会社Pathee(パシー)(所在地:東京都品川区、代表取締役:寺田真介、以下当社)が展開する店舗向けデジタルマーケティング支援ツール「Patheeパートナー」で、20代~50代の店舗関連で働く男女1,500名を対象に「店舗向けのデジタルマーケ

2017年12月18日ビデオリサーチフィードバック数:0マーケティング

2017年10月度首都圏ラジオ調査

ニュース VR LINC、Datoramaとの接続開始~ビデオリサーチデータと外部データをシームレスに可視化・分析が可能に~VR LINC、Datoramaとの接続開始~ビデオリサーチデータと外部データをシームレスに可視化・分析が可能に~株式会社ビデオリサーチ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:加藤 讓)は、テレビ視聴データをはじめとした、保有するメディアデータおよびプロフィールデータを供給するデータ統合ソリューション「VR LINC(ブイアール リンク)」を通じて、マーケティング・インテ

2017年4月9日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

マーケティングオートメーション利用実態調査

マーケティングオートメーション利用実態調査MAツール認知度No.1は「Pardot」、2位は「SATORI」MAは、知名度よりも、費用やサポートなどの条件で選ぶ調査結果サマリーMAツール認知度No.1は「Pardot」、2位は「SATORI」MAについて詳しく知っているというマーケターの間で、認知度が最も高かったMAツールは「Patdot」(59.4%)でした。2位は「SATORI」(54.5%)、3位は「Adobe Marketing Cloud」(37.8%)でした。MAの選定では、知名度よ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着データ

お知らせ