調査のチカラ TOP > タグ一覧 > マーケティング調査

「マーケティング調査」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年2月19日ヴァリューズフィードバック数:0ライフスタイル

コロナ影響下で変化したマネー意識を調査 約6割がマネー不安と回答、利用サービスも変化

【調査リリース】コロナ影響下で変化したマネー意識を調査 約6割がマネー不安と回答、利用サービスも変化◆コロナ影響で約6割がお金の心配があると回答、倹約意識が上昇し使途見直しを図る ◆約6割が非接触型決済を積極利用、応援消費・資産運用にも関心増 ◆緊急自体宣言後、応援消費・資産運用関連サービスの利用ユーザー数大幅増インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸、以下「ヴァリューズ」)は、国内の

「企業が注力するマーケティング調査レポート」最新版発表

2021年に広告・マーケティング予算を増加予定の企業は38.3%。注力領域は「DXの推進」「オウンドメディア、コンテンツ強化」など ~「企業が注力するマーケティング調査レポート」最新版発表 「ad:tech tokyo」をはじめとした国内主要カンファレンス参加の広告主を対象にアンケートを行いました。2020年度の予算消化状況など、コロナ禍がもたらす影響についても聞いています。 マーケティングの国際カンファレンスを多数企画・実施しているコムエクスポジアム・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取

2020年10月1日ヴァリューズフィードバック数:0ライフスタイル

withコロナで変化する消費者意識を調査

【調査リリース】withコロナで変化する消費者意識を調査 増えた在宅時間を有意義に活用したい「自粛ポジティブ派」が約7割に◆「在宅時間を有意義に使いたい」が約7割。情報収集時間も増加傾向 ◆在宅時間が増えて興味をもったこと 1位は「断捨離」、2位に「筋トレ・ストレッチ」 ◆情報収集媒体は多様化。「投資」はネットの専門サイト、「筋トレ」は動画サイトからインターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本

2020年7月16日ヴァリューズフィードバック数:0ライフスタイル

ヴァリューズ

コロナ影響下での消費者動向、アフターコロナへの展望を調査

【調査リリース】コロナ影響下での消費者動向、アフターコロナへの展望を調査 収束後も日用品・食材・化粧品などのネット購入は継続傾向に◆健康・節約・動画配信サービスがコロナ影響後のトップトレンドに ◆コロナ影響拡大をきっかけにネット購入した商品・サービスはその後もネット購入継続意向 ◆収束後にやりたいことトップ3は国内旅行・外食・遊園地へのお出かけで、外出需要増インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長

2020年7月14日ヴァリューズフィードバック数:0ライフスタイル

緊急事態宣言解除後の消費者行動&実施時期を調査

【調査リリース】緊急事態宣言解除後の消費者行動&実施時期を調査 日用品・化粧品のEC利用や出前・宅配は約7割がアフターコロナでも継続意向 インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸、以下「ヴァリューズ」)は、国内の20歳以上の男女25,382人を対象に、新型コロナウイルス感染拡大後から緊急事態宣言解除後までの消費意識の変遷、そしてアフターコロナにおける消費意欲およびその実施時期に関するア

2020年6月15日ヴァリューズフィードバック数:0ライフスタイル

コロナ影響下での消費者動向、アフターコロナへの展望を調査

【調査リリース】コロナ影響下での消費者動向、アフターコロナへの展望を調査 収束後も日用品・食材・化粧品などのネット購入は継続傾向に◆健康・節約・動画配信サービスがコロナ影響後のトップトレンドに ◆コロナ影響拡大をきっかけにネット購入した商品・サービスはその後もネット購入継続意向 ◆収束後にやりたいことトップ3は国内旅行・外食・遊園地へのお出かけで、外出需要増インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長

2020年6月13日原宿サン・アド★★フィードバック数:0マーケティング

コロナウイルスがもたらした、企業・広告に対する消費者意識の変容調査

【コロナ調査】テキストマイニングで見えた消費者心理の深層。"コロナウイルスがもたらした、企業・広告に対する消費者意識の変容調査"から見えた、消費者の本音とは 広告会社の株式会社原宿サン・アド(代表取締役:村井恵一 https://h-sunad.co.jp/)は、マーケティング機能強化の一環として「消費者未来ミエル化プロジェクト」を発足いたしました。プロジェクトの第1弾として、"コロナウイルスがもたらした、企業・広告に対する消費者意識の変容調査"をマーケティング調査会社のマイボイスコム株式会社

2019年10月23日サウスポー★フィードバック数:0マーケティング

口コミの影響力に関するマーケティング調査

検索口コミには鮮度がある! 女性消費者の多くが「6ケ月以上前の口コミは、商品購入の際の参考にしない」というマーケティング調査結果から考える、SNS・口コミ対策とは 継続的に実施するのが効果的な口コミ対策。SNS・口コミ対策のプロが、ノウハウをまとめた書籍『多馬力マーケティング 選ばれる商品になるための口コミの強化書』を刊行。「口コミ施策」のタイミングを思案する、化粧品メーカー・食品メーカーの販売促進・PR・マーケティング担当者に。 生活者動向をとらえ販売促進につなげるサービスを提供している株式会

2018年12月13日Brightcove★★フィードバック数:0マーケティング

2018年版動画マーケティング調査

動画コンテンツがミレニアル世代の購買決定に影響を与えていることが ブライトコーブの調査で判明※当リリースは 2018 年 11 月 6 日に米国で発表されたリリースの抄訳をベースにしています動画用クラウドサービスの大手プロバイダーであるBrightcove Inc.(NASDAQ:BCOV、以下ブライトコーブ)は、2018年版動画マーケティング調査(2018 Video Marketing Survey)の結果を発表しました。本調査は、動画コンテンツが消費者の購入決定にどのような影響を与えるかを

2018年7月6日コズレフィードバック数:0マーケティング

『消費者の見えない気持ちを読み取るためには?』~家事代行サービス業者を選択する際に消費者が重視すること~

// 『消費者の見えない気持ちを読み取るためには?』~家事代行サービス業者を選択する際に消費者が重視すること~『消費者の見えない気持ちを読み取るためには?』~家事代行サービス業者を選択する際に消費者が重視すること~1.はじめに私は家事が苦手だ。正確に言うと、必要最低限のことしかやらないため、苦手かどうかさえわからない。洗濯と目に見える範囲内の掃除のみだ。料理はしない。目に見えない箇所はずっと綺麗なままと信じ掃除はしない。そんな私でさえ、それしかしない私でさえ、洗濯も目に見える範囲内の掃除も面倒く

「RDIT」による衆議院議員選挙予測調査

「RDIT™」による衆議院議員選挙予測調査の実施2017 / 11 / 17株式会社クロス・マーケティング クロス・マーケティング調査手法RDIT™を用いて選挙結果を予測衆議院選挙2017選挙期間中の変動をとらえる -選挙トレンドつかむ「アザー・キャスティング方式」と総得票数比率に近似する「好ましい政党」- 株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、業務提携をしているRIWI Corporation(リーウィーコーポレーション 本社:カナダオンタ

2016年2月11日Ginzamarkets★フィードバック数:0マーケティング

コンテンツマーケティング調査レポート2016年版

コンテンツマーケティング調査レポート2016年版日本におけるコンテンツマーケティングへの取り組み実態について、2016年版のBtoC向け調査を実施しました。調査実施は2016年1月、151名のマーケター(内、企業規模100名以上が66%、)の回答によるレポートとなります。※2014年版、2015年版の調査レポートはこちらよりご覧いただけます。日本のBtoC企業のマーケター約100名によるコンテンツマーケティング調査レポート(2014年) https://www.demandsphere.jp/b

2015年2月2日Ginzamarkets★フィードバック数:0マーケティング

コンテンツマーケティングについてのレポートです。

日本国内BtoCマーケターによるコンテンツマーケティング調査レポート2015年版

日本国内BtoCマーケターによるコンテンツマーケティング調査レポート2015年版日本における、BtoCマーケターによるコンテンツマーケティングへの取り組み実態について、2015年版の調査を実施しました。調査実施は1月、100名のマーケター(内、企業規模100名以上が60%)の回答によるレポートとなります。※2014年版の調査レポートはこちらよりご覧いただけます。 日本のBtoC企業のマーケター約100名によるコンテンツマーケティング調査レポート2014年と2015年で大きなトレンドの違いはないも

2010年9月30日電通フィードバック数:19マーケティング

人間の心理欲求に着目したマーケティング調査手法「欲求クラスター」を開発し、データ提供を開始

人間の心理欲求に着目したマーケティング調査手法「欲求クラスター」を開発し、データ提供を開始

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お知らせ