「マーシュ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2018年12月17日マーサージャパンフィードバック数:0ビジネス

新興国メガシティ15都市における従業員と雇用主に関する調査レポート

マーサー、新興国メガシティ15都市における従業員と雇用主に関する調査レポートを発表 新興国メガシティ(人口1,000万以上の巨大都市)の雇用主は、人材を惹きつける重要な要素の理解が不十分である。雇用主と従業員の間に認識の食い違いがある。経済的な成長と機会創出を実現するには両者のギャップをなくすことが極めて重要である。行政は「従業員の声」を都市計画立案のプロセスに取り入れる必要がある。組織・人事分野、資産運用、福利厚生におけるサービスを提供するグローバル・コンサルティング会社であるマーサーは、世界

2018年9月10日マーサージャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

高齢化が進むアジアの労働力に「職場の自動化」がもたらす影響

高齢化が進むアジアの労働力に「職場の自動化」がもたらす影響 (マーシュ&マクレナン社 グローバル・リスクセンターのレポート) マーシュ&マクレナン社(NYSE:MMC)のグローバル・リスクセンターがリリースした最新レポート『The Twin Threats of Aging and Automation(高齢化と自動化:2つの脅威)』によると、中国やアジア各国の高齢労働者は、職場における様々な業務プロセスが自動化されることによって、その仕事を奪われてしまう可能性が諸外国に比べて高い。高齢化と職場

2017年10月16日マーサー ジャパンフィードバック数:0大型消費/投資

日本株のESG評価状況

2017年9月28日日本, 東京世界的な資産運用コンサルタントであるマーサーの日本法人であるマーサージャパン株式会社は、日本版スチュワードシップ・コードの精神に則り、マーサーが運用機関の運用プロダクトの評価に当たって実施している、ESG評価の日本株運用における評価状況を発表しました。マーサージャパン株式会社は資産運用コンサルタントとして、2014年8月に日本版スチュワードシップ・コードの受け入れを表明しましたが、今回の発表はその受け入れ表明に基づいた3回目の発表となります。今回の発表では、2番目

2016年4月13日マーサー ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

M&Aにおける人事リスク調査レポート

マーサー、「M&Aにおける人事リスク調査レポート」を発表 2016年4月7日グローバル・日本, ニューヨーク・東京M&Aにおけるリスク上昇の主な要因は、短い検討時間、限られた情報開示、不十分な検討体制である世界のM&Aが32%増加 [1] したことを背景に、M&Aの買収側・売却側はともに、多くのリスクに直面している - 世界最大級の人事コンサルティング会社マーサーが最近まとめた「M&Aにおける人事リスク調査レポート」によると、買収側・売却側双方にとって、人的リスクが依然としてM&Aの最大の懸念事

2015年9月9日マーサー ジャパンフィードバック数:0ビジネス

日本株のESG評価状況

2015年9月9日日本, 東京マーサージャパン株式会社は、日本版スチュワードシップ・コードの精神に則り、マーサーが運用機関の運用プロダクトの評価に当たって実施している、ESG評価の日本株運用における評価状況を発表することとしました。マーサージャパン株式会社は資産運用コンサルタントとして、昨年8月に日本版スチュワードシップ・コードの受け入れを表明しましたが、今回の発表はその受け入れ表明に基づいたものとなります。マーサーは運用機関のアクティブ運用プロダクトを4段階のレーティングで評価していますが、そ

2015年2月27日マーサー ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

Mercer’s 2015 Themes and Opportunities

市場における収益機会が限られてくる中、機関投資家は投資機会を拡大する必要に迫られている -MERCER’S 2015 THEMES AND OPPORTUNITIES レポートより- 27-February-2015英国/日本, ロンドン/東京投資家は現在の「インベストメント・ブリーフ」(注:機関投資家各社が投資を行っていく上での指針として予め定めた信条)を見直し、従来なじみのなかった投資機会や制約の少ない投資戦略を受け入れる必要が生じている稀少な収益機会を獲得する上で、運用会社の能力がより重要

2014年12月17日マーサー ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

2014年度総報酬調査レポート

マーサー「2014年度総報酬調査レポート」を発表 17-December-2014日本, 東京参加企業数は過去最多の499社(前年比38社増加)総現金報酬(ボーナスを含む)は昨年比で目立った変化は見られず恒久的な賃金上昇のバロメーターである「昇給率」における中央値の2015年予想は2014年実績と変わらず2.0%となったが、トレンドとしては上昇傾向世界最大級の人事・組織コンサルティング会社マーサーの日本法人であるマーサージャパン株式会社は、日本における給与・福利厚生に関する市場調査「総報酬調査-

2014年9月10日マーサー ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

年間祝祭日数世界ランキング

マーサー、年間祝祭日数世界ランキングを発表 本ウェブサイトではご利用者のユーザーエクスペリエンス向上のためにクッキーを使用しております。本ウェブサイトご利用によってクッキー使用の同意をいただいたものとみなします。詳細については「個人情報に関する公表事項について」をご参照下さい。 プレスルーム マーサー、年間祝祭日数世界ランキングを発表世界一祝祭日の日数が多いのはコロンビアとインドで18日世界一祝祭日の日数が少ないのはメキシコで7日日本は15日で3位西欧諸国は全般に祝祭日が少なく、イギリス、ハ

2013年12月28日アスマークフィードバック数:0大型消費/投資

クルマに関する意識調査

「車検」の悩みレベルは「新車購入」と同等!?求めるものは「安... 「車検」の悩みレベルは「新車購入」と同等!?求めるものは「安さ&信頼」 「車検」もWEB比較の時代!WEB比較した人の方が安い結果にクルマに関する意識調査株式会社マーシュ(所在地:東京都世田谷区、代表取締役:町田 正一)は、クルマを所有している関東1都3県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)の18歳~81歳の男女370名を対象に「クルマに関する意識調査」を実施いたしました。 グラフ1 ■「車検」の悩みレベルは「新車購入」

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

  2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お知らせ