調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ミャンマー

「ミャンマー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月10日西日本シティ銀行フィードバック数:0ビジネス海外

ミャンマーの投資環境について

ミャンマーの投資環境について

2015年4月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC 利上げにはドル高是正も必要に

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FOMC 利上げにはドル高是正も必要にエネルギー以外の輸入物価の下落を懸念 2015年4月30日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆2015年4月開催のFOMC(連邦公開市場委員会)では、事実上のゼロ金利政策の維持を決定した。3月のFOMCで4月の利上げ開始の可能性が低いとしたことで、ゼロ金利政策維持は想定通りの結果となった。◆経済の現状認識は下方修正された。一時的要因を一部

2015年4月9日国際貿易投資研究所フィードバック数:0社会/政治

東アジアと日米及びミャンマー・カンボジアの貿易構造の特徴~中間財輸出の割合が高まるベトナムと低いミャンマー・カンボジア~

東アジアと日米及びミャンマー・カンボジアの貿易構造の特徴~中間財輸出の割合が高まるベトナムと低いミャンマー・カンボジア~ (1/6ページ)要約<ASEANの中間財のサプライチェーンに組込まれつつあるベトナム>中国とASEANとの相互の貿易が拡大しているが、これは2005年から発効しているASEAN中国FTA(ACFTA)の影響もあるものと思われる。また、中国とASEANは世界全体との貿易も増加させており、1999年~2013年における日本や米国の輸出入の伸びの倍の速さで成長している。中国や

2015年3月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し なおも金融政策が下支え

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し なおも金融政策が下支え悪天候にさらされ、企業は熟練労働者不足 2015年3月20日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆3月のFOMC(連邦公開市場委員会)で実質上のゼロ金利政策が維持される一方、「忍耐強く」なれるとする文言は削除された。FOMC参加者の政策金利の見通しが下方修正されたことで、想定される利上げ開始時期は先送りされ、利上げは経済情勢次第ということに

2015年3月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:高まる景気下振れリスクへの対応

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:高まる景気下振れリスクへの対応李克強首相はより強力な政策の用意を示唆 ◆国家発展改革委員会の「2014年の国民経済・社会発展計画の執行状況と2015年の国民経済・社会発展計画」によると、2015年の固定資産投資目標は前年比15.0%増と、2014年実績である同15.7%増を下回る想定である。一方、小売売上は2014年実績の同12.0%増⇒2015年目標は同13.0%増へと伸びの加速が計画されてい

2015年3月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ミャンマーのリスクシナリオは大統領選での民主派台頭

ミャンマーのリスクシナリオは大統領選での民主派台頭

2015年3月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

新興国マンスリー(2015年3月)景気拡大のすそ野の広がりに期待

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 新興国マンスリー(2015年3月)景気拡大のすそ野の広がりに期待~世界経済の不確実性が緩和~ ◆ギリシャのユーロ圏離脱というリスクが遠のいたことは、当面の世界経済、金融市場の不確実性の緩和に貢献している。ギリシャ支援の延長が問題の先送りにすぎないことは確かだが、今回の一連の交渉は、ギリシャ、EUともにギリシャのユーロ圏離脱回避に高いプライオリティを置いていることを示した。4月末、4か月後などのイベント

国ごとのトレンドです。

タイ、台湾、香港、シンガポールの自動車業界における日本ブランド検索トレンド調査

インバウンド・アウトバウンドに強いグローバルコンサルティング企業 タイ、台湾、香港、シンガポールの自動車業界における日本ブランド検索トレンド調査  アジア7拠点で、SEM(検索エンジンマーケティング)サービス、インターネット広告、ソーシャルメディアなどのグローバルマーケティングを展開するアウンコンサルティング株式会社(東証マザーズ:2459、本社:東京都文京区、代表取締役:信太明、以下アウンコンサルティング)は、このたび、タイ、台湾、香港、シンガポールにおける自動車ブランドの検索数を調査いたし

2015年2月24日SURVEY MY★フィードバック数:0モバイル海外

ミャンマーのモバイル事情です。

ミャンマーの携帯電話ユーザーに対して携帯電話に関する調査

2015年2月:[自主調査企画]ミャンマーの携帯電話ユーザーに対して携帯電話に関する調査を実施しました。調査概要は以下の通りです。・調査対象 :ミャンマーに居住している16歳以上の男女で携帯電話保有者・回収サンプル数 :233サンプル・調査期間 :2015年2月4日-14日・調査実施主体 :合同会社サーベイマイ結果概要■保有ブランドはHuaweiが4割でトップ、次いでSamsung、以下Apple、Sonyと続く。Q 保有している携帯電話のブランドと機種を記入してください。複数ある場合にはもっ

2015年2月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

世界に広がるディスインフレの波

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 世界的にインフレ圧力は後退し、主要先進国でディスインフレまたはデフレ傾向が強くなっている。これは原油価格の下落によるものだけではなく、緊縮財政と各国それぞれに内在する経済の脆弱性が影響している。ユーロ圏のデフレリスクは小さいとする見方の根拠は、コアインフレ率の高さにあったが、1月は過去最低に低下。日本は消費増税分が剥落する4月以降、インフレ率が2%ポイント近く低下する。賃金上昇による後押しがなければイ

2015年2月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2015年2月号)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 アメリカ経済グラフポケット(2015年2月号)2015年2月9日発表分までの主要経済指標 GDP雇用環境個人消費住宅市場企業動向物価動向輸出入・経常収支金融・財政この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェ

2015年2月3日野村総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

ミャンマーにおけるインフラ開発の現状と今後の課題

ミャンマーにおけるインフラ開発の現状と今後の課題

2015年1月29日Resorzフィードバック数:0企業情報システム

ホンネ調査第1弾 『オフショア開発会社100社』に聞きました!「実際、オフショア開発は国内と比べてどのくらいコストダウンできるのか?」

検索ホンネ調査第1弾 『オフショア開発会社100社』に聞きました!「実際、オフショア開発は国内と比べてどのくらいコストダウンできるのか?」 株式会社Resorzが運営する、オフショア開発に特化したポータルサイト「オフショア開発.com」にて、オフショア開発会社100社に「実際、開発コストはどのくらいコストダウンできるのか?」について調査を行いましたので、本日その結果を発表いたします。 2015 年1月29 日報道関係各位株式会社Resorz株式会社Resorz(本社:東京都目黒区)が運営する、

2015年1月26日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

ギリシャ選挙の勝者は緊縮財政反対のSYRIZA

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ギリシャ選挙の勝者は緊縮財政反対のSYRIZA「現実路線」に転換できるか、できないか ◆1月25日のギリシャ総選挙では、最大野党のSYRIZA(急進左派連合)が予想以上の大差をつけて第1党に躍進した。ギリシャ内務省の速報によれば、開票率99.8%でSYRIZAの得票率は36.3%となり、300議席中149議席を獲得する見込みである。一方、与党だったND(新民主主義党)の得票率は27.8%と伸び悩み、獲

2015年1月4日Resorzフィードバック数:0ビジネス

『今、進出しておくべき国&進出難易度が高い国』ランキングTOP10

検索海外ビジネスのプロ150人が選んだ『今、進出しておくべき国&進出難易度が高い国』ランキングTOP10 ~注目されるASEAN進出、1位はイスラム文化圏のあの国~ 株式会社Resorzが運営する、海外ビジネスに特化したプラットフォーム「Digima~出島~」にて、海外ビジネス支援事業者に対して「今、進出しておくべきだと思う国」と「今は進出が困難だと思う国」についてのイメージ調査を行いましたので、本日その結果を発表いたします。 2014 年12月29 日報道関係各位株式会社Resorz株式会社

2014年12月25日SURVEY MY★フィードバック数:0エンタテインメント海外

スポーツについての調査です。

大メコン圏5か国のインターネットユーザーのインターネットユーザーに対してスポーツおよび趣味に関する調査

2014年12月:[自主調査企画]大メコン圏5か国のインターネットユーザーのインターネットユーザーに対してスポーツおよび趣味に関する調査を実施しました。調査概要は以下の通りです。・調査対象 :大メコン圏5か国(ミャンマー、カンボジア、ラオス、タイとベトナム)に居住している16歳以上の男女(ミャンマー、カンボジア、ラオス)Facebook上の自社で運営するコミュニティ「Smaphone」で募集(タイとベトナム)パートナーのオンラインパネルにて募集・回収サンプル数 :1075サンプル・調査期間 :

2014年11月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2014.11)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでな

2014年11月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治

量的金融緩和への依存は続く

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国の内需はリーマン・ショック直前のピーク水準を約6%上回っているが、消費税増税の影響が色濃く表れた日本の内需は約1%上回るに過ぎない。それでもショック直前の水準を約5%下回るユーロ圏よりもまだ良いとも言える。世界経済はまだら模様の状態にあり、各国ごとの景況感の差は大きい。量的緩和をいち早く大胆に展開し景気を回復軌道に乗せた米国、結果論だが量的緩和による景気回復の途上で消費税増税のタイミングが早すぎた

2014年11月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2014年11月)ドル高・原油安下の新興国

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 新興国マンスリー(2014年11月)ドル高・原油安下の新興国~QE3 終了による混乱は回避~ ◆ドル高が進む中でも主要新興国通貨の実効レートは総じて安定しており、QE3の終了がリスク・オフ的状況を引き起こさなかったことが確認される。来るべき米金利の上昇が新興国にとって脅威となり得ることは確かだが、日銀の追加緩和がドル高に拍車をかけたことは、米利上げ時期を先送りさせる要因である。新興国はリスク・オフへの

2014年10月27日大和総研フィードバック数:0ライフスタイル海外

米国の公的医療保険、メディケア

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国の公的医療保険、メディケア(その1)主に高齢者を対象とし、4つのプログラムから成る ◆メディケア(Medicare)は、65才以上の高齢者と65才未満の障害者向けの米国の公的医療保険プログラムである。米国の65才以上の高齢者のほぼ全員がメディケアに加入し、その数は2013年において4,350万人に上った。また、障害者の加入者数は880万人であり、合計すると5,230万人、国民全体の約6人に1人がメ

2014年10月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:地方政府債務問題に大ナタ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:地方政府債務問題に大ナタ「減らすだけで増やさない」 ◆中国財政部は、地方政府債務の抜本的かつ包括的な処理方針を固めた。基本方針となる「地方政府債務残高の整理・処理方法」は、既に地方各レベルの財政部門に意見聴取版として送付されており、必要な修正の後に、数ヵ月以内に正式発表される見込みである。◆特に、重要な方針は、①地方政府債務を分類し、残高を確定した上で、今後は「減らすだけで増やさない」との強い姿

2014年10月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

欧州と中国の同時停滞で外部環境が不安定化

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州と中国の同時停滞で外部環境が不安定化 日本経済は2012年5月から11月にかけて景気後退に陥った。短期間とはいえ後退局面に至ったのは、スペインやイタリアの財政問題を起点にユーロ圏の金融不安が高まり、欧州経済の悪化につながったことによる。この時、欧州向け輸出比率の高い中国経済がその余波を受け、日本の輸出は対欧州だけでなく、対中国でも大きく減少した。現在、ユーロ圏はデフレを阻止するためECBが量的緩和

2014年10月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 勢いを失ったドイツ景気

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 勢いを失ったドイツ景気投資促進を目指す政策の具体化は12月か ◆世界的な株価急落の一因となったドイツの8月の鉱工業生産の急失速の背景には、今年に限って自動車工場の夏休みが8月に集中し、生産が急減したという特殊事情があった。9月の自動車生産台数は7月の水準まで持ち直しており、ドイツ経済の急失速を懸念するのは行き過ぎであろう。もっとも、企業景況感の悪化は秋になっても継続しているため、ユーロ

2014年10月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 近づく政策変更の節目

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 近づく政策変更の節目悪天候後の回復過程の裏と金融市場の動揺が実態を見えにくく 2014年10月21日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆雇用者数が順調に増加しているが、労働市場の質的側面の改善は遅々としている。個人消費に減速懸念はあるが底堅く、住宅市場もまた底堅い。内需に支えられた企業活動がより活発化すれば、経済の好循環が進展することが期待されよう。◆金融市場

2014年10月16日大和総研★フィードバック数:0社会/政治海外

ミャンマーの人口です。

ミャンマーで30年ぶりの人口センサス実施

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ミャンマーで30年ぶりの人口センサス実施「6,000万人市場」から5,000万人市場へ 2014年10月16日アジア事業開発グループ シニアコンサルタント 高橋 陽子2014年8月、ミャンマーの人口センサス暫定結果が発表された。総人口5,141万人という発表値は、従来の推計値(ミャンマー政府6,100万人、国際機関5,200-6,600万人)を大きく下回り、各方面で驚きをもって受け止められた。今回の暫

2014年10月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:国慶節の礼物は住宅市場テコ入れ策

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:国慶節の礼物は住宅市場テコ入れ策住み替えのための2軒目の住宅ローンは1軒目と同様に優遇 ◆中国人民銀行と中国銀行業監督管理委員会は2014年9月29日付けで、低迷する住宅市場のテコ入れを目的とした通知を発表した。①居住目的の1軒目の一般住宅を購入する家計が利用する住宅ローンについては、頭金比率を最低30%以上、ローン金利の下限は基準金利の0.7倍とし、具体的な貸出条件は銀行がリスク状況を鑑みて自

2014年9月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済の不振

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 8月の中国の鉱工業生産は前年比6.9%と、2008年のリーマン・ショック以来の低い水準に止まった。これを好意的にとらえるなら、中国経済が投資に過度に依存した体質からの脱却を図っている一つの証左ということになる。しかし、8月は固定資産投資、小売売上、自動車販売などの伸び率がいずれも鈍化、不動産価格が下落する都市が拡散し、住宅販売床面積のマイナス幅は拡大、発電量が前年割れするなど、中国経済の不振は至るとこ

2014年9月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2014.9)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでな

2014年9月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC 利上げ開始時期は示唆されず

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FOMC 利上げ開始時期は示唆されず声明文の変更はわずかでQE3の縮小完了が10月と明示された 2014年9月18日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆9月開催のFOMC(連邦公開市場委員会)では、いわゆるQE3(量的緩和第3弾)に伴う資産買い入れ規模が月150億ドルに縮小された。声明文に、次回、10月のFOMC会合で資産買い入れ額をゼロにする決定が行われることが明示された。

2014年9月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 景気停滞打破の切り札は?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 景気停滞打破の切り札は?今こそ財政政策の有効活用を ◆ECB(欧州中央銀行)は9月4日の金融政策理事会で追加利下げと、ABS(資産担保証券)とカバード・ボンドを対象とする資産買取計画の10月導入を決めた。9月18日開始のTLTRO(民間向け貸出増を意図した条件付き長期オペ)と併せ、銀行貸出の促進が狙いである。6月に決めたTLTROが始動する前に、ECBが追加緩和に動いた背景には、ユーロ

2014年9月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 均せば安定成長

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 均せば安定成長金融政策の先行きはまだわからない 2014年9月18日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆9月のFOMC(連邦公開市場委員会)では、いわゆるQE3(量的緩和第3弾)に伴う資産買い入れ規模が縮小され、10月の会合で買い入れ停止を決定することが明示された。利上げ開始時期は示唆されず、経済指標次第で2015年中に始まる可能性が高いことが確認されたにとど

2014年9月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:景気減速でも当局が強気なのは?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:景気減速でも当局が強気なのは?「三中全会」の積極的改革路線への回帰=成長率低下 ◆2014年8月の鉱工業生産は前年同月比6.9%増と7月の同9.0%増から大きく減速し、リーマン・ショック後の2009年1月~2月の同3.8%増以来の低水準となるなど、中国経済は減速傾向を強めている。◆国家統計局は、それでも「一部経済指標は伸びが鈍化したものの、経済全般は安定のなかにも好転や質的向上が見られる」とし、

2014年9月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国のアジアインフラ投資銀行構想の光と影

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国のアジアインフラ投資銀行構想の光と影 ◆中国は、アジアインフラ投資銀行(AIIB)の設立に注力している。2014年11月に北京で開催されるAPEC首脳会議に向けて、中国は関係諸国と「アジアインフラ投資銀行創設準備に関する政府間枠組覚書」(MOU)を締結する意向である。◆AIIB構想はインフラ整備資金の調達の観点からみれば、アジア地域全体にメリットがある。インフラを整備したい国にとって、その整備資金

2014年9月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2014年9月号)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 アメリカ経済グラフポケット(2014年9月号)2014年9月8日発表分までの主要経済指標 ・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでない方

2014年9月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

スコットランドの独立は秒読みか?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 スコットランドの独立は秒読みか? 独立しなくとも通貨ポンドと金融市場への影響は大きい 2014年9月9日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫◆英国の北部に位置するスコットランドは、人口は約530万人(英国全体の8.3%、2012年時点)、首都はエジンバラに置かれている。そのスコットランドが、2014年9月18日に、独立の是非を問う住民投票を行う予定であり、現在、全英が注目している。

2014年9月8日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米雇用者数の増加幅の鈍化は一時的だろう

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米雇用者数の増加幅の鈍化は一時的だろう2014年8月の米雇用統計:質的には限定的な改善 2014年9月8日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆8月の非農業部門雇用者数は前月から14.2万人増加し、失業率は前月から0.1%ポイント低下して6.1%となった。雇用者数の増加ペースは事前の市場予想を下回り、失業率は市場予想と一致した。◆雇用は、業種別では主に企業向けサービスと教育・医

2014年9月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

ドラギ・マジック再び?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ドラギ・マジック再び?追加利下げとABS、カバード・ボンドの買取計画を発表したECB ◆9月4日のECB金融政策理事会は追加利下げを決め、政策金利は0.15%から0.05%へ引き下げられた。8月末の米ジャクソンホールでのスピーチで、ドラギECB総裁がインフレ期待の低下に懸念を表明して以来、追加緩和策への期待が高まっていたが、利下げは予想外の決定であった。これに加えて、ABS(資産担保証券)とカバード・

2014年9月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2014年9月)インドとブラジルの明暗を分けるもの

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 新興国マンスリー(2014年9月)インドとブラジルの明暗を分けるもの~成功体験の積み上げが求められる~ ◆4-6月期のGDP統計ではインドとブラジルの明暗がはっきり分かれた。インドでは政権交代への期待、その実現がすでに投資の回復をもたらし始めている可能性がある。ブラジルは今のところ景気回復のきっかけが見えずにいるが、同国でも政権の統治能力の低さが経済の足かせになっているという見方が共有されており、政権

2014年8月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2014.8)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでな

2014年8月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治

円安で輸出が伸び悩む一つの背景

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 円相場の大幅な減価にもかかわらず、日本の輸出は伸び悩んでいる。もちろん円高が是正されていなければ輸出はもっと低迷していただろう。輸出が伸び悩む理由の一つは、世界経済が力強さを欠く貿易環境にある。新興国は全般に成長率を鈍化させ、欧州では牽引役のドイツが地政学的リスクの影響もあり失速気味となっている。もう一つの理由は、日本企業の海外現地生産の拡大にあり、これはアジア諸国の関税制度とも関係している。日本の基

2014年8月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 労働資源の活用が進む兆候

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 労働資源の活用が進む兆候緩やかでもしっかりとした回復ペースへ 2014年8月20日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆4-6月期の実質GDP成長率は1-3月期のマイナス成長からの反動で予想を上回り、1-3月期の統計も上方修正された。今後の見通しに変更はないが、上半期の成長ペースが上方修正されたことに伴い、2014暦年の成長率見通しを引き上げた。◆7月開催のFO

2014年8月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 4-6月期の失速は一時的

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 4-6月期の失速は一時的リスクシナリオはロシアとの経済制裁の応酬合戦 ◆ユーロ圏の4-6月期成長率は前期比横ばいで、過去1年続いた景気持ち直しの動きが中断してしまった。加盟国別ではドイツが同-0.2%と予想以上に落ち込んだことが目を引く。輸出が伸び悩み、投資が縮小したことが原因とされる。◆ドイツ経済は7-9月期は持ち直すと予想するが、最近の製造業受注や企業景況感などの景気先行指標は軟調

2014年8月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

遂に住宅バブル対策に本気になり始めたBOE

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 遂に住宅バブル対策に本気になり始めたBOE 差し迫る金利引き上げに怯えるスクイーズドミドル 2014年8月12日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫◆英国中央銀行(BOE)カーニー総裁は、7月15日の議会証言で、過熱する英国の住宅市場に対して「(各金融機関の)住宅ローン審査が甘く、無理に許容度を超えて貸し出しすることを懸念している」と発言し、リスクを軽視して過大な住宅融資に走る金融

2014年8月3日国土交通省フィードバック数:0ビジネス

アジアにおける建設・不動産分野の法律・制度整備支援に向けた調査

アジアにおける建設・不動産分野の法律・制度整備支援に向けた調査結果概要について(ベトナム、ミャンマー) 平成26年8月1日 国土交通省 土地・建設産業局では、「アジアにおける建設・不動産分野の法律・制度整備支援に向けた調査」を実施しましたので、調査結果の概要を公表いたします。本調査では、日系建設企業の進出数が最も多い一方で法制度上の課題も多く抱えるベトナムと、今後の有望な建設・不動産市場と目されるミャンマーを調査対象国とし、建設・不動産分野の法律・制度整備の最新状況を調査し、我が国建設・不動産

2014年8月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国GDP成長率は予想を上回る反動増

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国GDP成長率は予想を上回る反動増2014年4-6月の実質GDP成長率は悪天候での落ち込みから4.0%増へ 2014年7月31日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆2014年4-6月の米国の実質GDPは、季節調整済み年率換算で4.0%増と、1-3月期のマイナス成長から、予想を上回るプラス成長に転換した。1-3月期のマイナス成長は悪天候や在庫調整などの一時的要因による落ち込み

2014年8月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC 利上げに向けて半歩前進か

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FOMC 利上げに向けて半歩前進かQE3の縮小が続き、経済の現状認識を上方修正 2014年7月31日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆7月開催のFOMC(連邦公開市場委員会)では、いわゆるQE3(量的緩和第3弾)に伴う資産買い入れ規模が月250億ドルに縮小された。イエレン議長の議会証言からは、10月のFOMC会合で資産買い入れ額をゼロにする決定が行われる見込みである。◆経済

2014年7月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

需給ギャップとインフレ圧力

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 インフレ圧力を測る際の代表的な指標の一つである需給ギャップは、実際のGDPと供給力を表す潜在GDPとの乖離を表したものである。しかし、潜在GDPは推計方法によって変わり得るため、真の需給ギャップの測定は難しい。内閣府は1-3月期の日本の需給ギャップをマイナス0.2%と推計しているが、日銀はすでにプラスになったと推計している。今年10月にQE3による資産買い入れを終了するとされるFRBの次の政策の焦点は

2014年7月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

EUの移民政策と英国への影響

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 EUの移民政策と英国への影響欧州の移民政策は日本の成長戦略の参考になるのか 2014年7月24日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫◆5月22日から25日に行われた欧州議会選挙では、反EUを公約に掲げる各国の極右勢力が躍進した。彼らは若年層失業率の上昇や、社会保障費の増大等を理由に移民排斥を主張し、現行のEUの移民政策の廃止を訴えている。◆英国では労働党政権下(1997年~2010

2014年7月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2014.7)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでな

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

特集データ

新着データ

お知らせ