調査のチカラ TOP > タグ一覧 > メッセージアプリ

「メッセージアプリ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年3月15日アイデムフィードバック数:0キャリアとスキル

仕事探しに関するアンケート調査

【2020年12月~2021年1月 イーアイデム会員対象 仕事探しに関するアンケート調査】企業からの初回連絡方法で「メッセージアプリ」を希望する30代以下は約4割 オンライン面接を希望する人は約3割、30代以下は5割弱が希望 【2020年12月~2021年1月 イーアイデム会員対象 仕事探しに関するアンケート調査】企業からの初回連絡方法で「メッセージアプリ」を希望する30代以下は約4割 オンライン面接を希望する人は約3割、30代以下は5割弱が希望 総合求人サイト『イーアイデム』の会員を対象に

2020年9月24日ソニー生命保険フィードバック数:0ライフスタイル

シニアの生活意識調査2020

ニュースリリース(2020年度)シニアの生活意識調査20202020年9月11日このたび、ソニー生命保険株式会社(代表取締役社長 萩本 友男)は、2020年8月3日~8月4日の2日間、全国のシニア(50歳~79歳)の男女に対し、今年で8回目となる「シニアの生活意識調査」をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有効サンプルの集計結果を公開しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)調査結果 概要【シニアの楽しみ】 シニアの現在の楽しみ 1位「旅行」、旅行にかける金額は平均2.4万円

2018年10月10日マンダム★フィードバック数:0ライフスタイル

視線耐性とデジタルコミュニケーションに関する調査

2人に1人が「他者の視線が怖い…」全世代で「視線耐性」の低さが明らかに!若い年代ほど低く、平成世代の7割が視線にストレス 視線耐性には「デジタル依存度」「対人経験度」「自信」が関係 〈視線耐性とデジタルコミュニケーションに関する調査〉 株式会社マンダム(本社:大阪市、社長執行役員:西村元延、https://www.mandom.co.jp/)は、視線耐性とデジタルコミュニケ―ションに関する調査を実施しましたのでご報告します。【調査概要】 インターネットリサーチ 調査時期:2018年8月実施 調査

2017年11月20日楽天リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

『既婚者の約7割は結婚生活に「満足」、結婚生活を始めるのに必要な夫婦合計年収は「400万円~500万円未満」が最多に』結婚に関する調査

『既婚者の約7割は結婚生活に「満足」、結婚生活を始めるのに必要な夫婦合計年収は「400万円~500万円未満」が最多に』結婚に関する調査 2017年11月7日楽天インサイト株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:田村 篤司、以下「楽天インサイト」)は、「結婚に関する調査」をインターネットで実施しました。今回の調査は、2017年10月13日(金)から10月14日(土)の2日間、楽天インサイトに登録しているモニター(約230万人)の中から、全国の20代から60代の男女1,000人を対象に行いま

2017年6月13日楽天リサーチフィードバック数:0社会/政治

父の日に関する調査

『認知度は「母の日」、予算は「父の日」が高い結果に』父の日に関する調査 2017年6月1日楽天インサイト株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:田村 篤司、以下「楽天インサイト」)は、「父の日に関する調査」をインターネットで実施しました。今回の調査は、2017年5月15日(月)から16日(火)の2日間、楽天インサイトに登録しているモニター(約230万人)の中から、全国の20代から60代の男女1,000人を対象に行いました。 ■父親の記念日は母親に比べ認知度が低い結果に。今年の「父の日」に

子どもとのコミュニケーションについての調査です。

母と子のコミュニケーション実態調査

ソフトブレーン・フィールドは営業効果を高めたい企業と全国規模で店舗売場を店頭調査する消費者モニターとを結ぶ企業パートナーです。 ホーム > 新着情報 > 【プレスリリース】「〜母と子のコミュニケーション実態調査〜半数以上のママが子供との会話時間を「増やしたい」と思っている!高校生以上の子供がいる家庭の約4割がLINE等を活用」 法人企業のお客さまへ 働きたい主婦の皆さまへ 【プレスリリース】「〜母と子のコミュニケーション実態調査〜半数以上のママが子供との会話時間を「増やしたい」と思っている!

2015年1月15日マイナビフィードバック数:0モバイル

LINEで相手が入力中に「・・・」と表示される機能って必要?

レポート LINEで相手が入力中に「・・・」と表示される機能って必要? - マイナビニュース調査 LINEは2014年12月16日に、アメリカ、ロシア、韓国などの国に公開されているLINEアプリにおいて、相手がテキストを入力している際「…」という吹き出しが表示される機能を追加した。日本版での対応については未定だが、こうした新機能を実装して欲しいと思うか、LINEユーザーのマイナビニュース会員500人を対象にアンケート調査を行った。LINEユーザーの半数以上が「新機能必要なし」まずは、新機能を

2014年9月5日マイナビフィードバック数:0モバイル

「comm」「カカオトーク」ユーザーはどれだけいるのか

レポート 「comm」「カカオトーク」ユーザーはどれだけいるのか - マイナビニュース調査 スマホユーザーのみなさんは、メッセージアプリを使用しているだろうか。ただし、「LINE」以外で。日本国内では「LINE」が大人気なのは知っている。では、「LINE」以外のアプリだったら、どのようなアプリが人気なのだろうか。また、なぜそのアプリを使っているのだろうか。スマートフォンユーザーのマイナビニュース会員500人に聞いてみた。「comm」より「カカオトーク」の方がわずかにユーザーが多い質問を作成す

「父の日」に向けた親子でのスマートフォン利用について調査

So-netが「父の日」に向けた親子でのスマートフォン利用について調査 ~「約5人に1人は、父親がスマートフォンを持っているとコミュニケーションが増える」と回答~ソネット株式会社(So-net) は、株式会社クロス・マーケティングの協力のもと、スマートフォンを持たない父親を持つ男女を対象に、親子でのスマートフォン利用に関するアンケート調査を実施しました。■約5人に1人は父親がスマートフォンを持っているとコミュニケーションが増えると回答Q:父親がスマートフォンを持っていると、コミュニケーションの頻

2013年6月3日日経BP★フィードバック数:25セキュリティ/ネットワーク

子供のスマートフォン利用についての調査です。

スマホ少女の憂鬱、スマホ少年の暴走~今、10代が危ない

日経クロステック トップITセキュリティスマホ少女の憂鬱、スマホ少年の暴走~今、10代が危ないスマホ少女の憂鬱、スマホ少年の暴走~今、10代が危ない スマホ少女の憂鬱、スマホ少年の暴走~今、10代が危ない少女たちは無料通話/メッセージアプリで長時間友達とつながり、相手から届いたテキストの内容に一喜一憂する。少年たちはゲームアプリに没頭してバイト代をつぎ込み、寝食を忘れてネットの世界で活動する――。小学校高学年から中学生、高校生たちに急速にスマートフォンが広がるなか、従来にはなかった課題が浮上して

2013年3月26日マイナビフィードバック数:31モバイル

LINEユーザーは"カカオトーク"や"comm"も使っているのか?

レポート LINEユーザーは"カカオトーク"や"comm"も使っているのか? - マイナビニュース調査 LINEユーザーはどのようにサービスを活用しているのか。無料通話は使っている? スタンプの購入経験は? LINEのプロフィールは自分の顔写真なの? などなど、瑣末なことかもしれないが、そうしたことを知りたい人は多いはず。そこで、マイナビニュースでは、LINEユーザー500人を対象に行った調査をもとに、前回に続き、LINEの使い方の実態を紹介しよう。今回は「LINEユーザーは"カカオトーク"

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ