調査のチカラ TOP > タグ一覧 > メールマガジン

「メールマガジン」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2017年6月30日グリーゼ★フィードバック数:0マーケティング

「BtoBメール閲覧実態の把握」調査

検索BtoBメールマガジンの適切な長さは、「1スクロール以内」~「BtoBメール閲覧実態の把握」調査結果発表~ ビジネスパーソンに向けたアンケートで、「企業から送られてくる事業者向けのメールマガジンやニュースレターをスマートフォンで読むときの長さは、どのくらいが適切だと思いますか?」と質問したところ、「1スクロール以内」と回答した人が、半数を超えました。コンテンツマーケティング事業を手掛ける、株式会社グリーゼ(所在地: 東京都世田谷区、代表取締役:江島 民子)は、BtoBメール閲覧に関する実態調

2016年2月23日FUNRiDEフィードバック数:0大型消費/投資

2015年、自転車にいくら使いましたか?

2016年02月18日 2015年、自転車にいくら使いましたか?【FUNRiDEアンケートより】毎週木曜日配信中のメールマガジン、WEEKY FUNRiDEにて「2015年の自転車用品の購入費用は?」というアンケートを行ったところ以下の結果に。「2015年は自転車用品の購入費用は?」 1位 10~30万円未満 63人 2位 5~10万円未満 43人 3位 30~50万円未満 28人 4位 50~100万円 27人 5位 1~5万円未満 26人 6位 0~1万円未満 12人 7位 100万円以上 

2014年10月5日科学技術振興機構フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

中国科学技術月報2014年10月号(第96号)

第96号:資源中国科学技術月報2014年10月号(第96号)2014.10.1発行Science Portal China メールマガジンのご案内 中国科学技術月報では、科学技術関係機関のリーダーへのインタビュー記事をはじめ、今現在の中国の飛躍的な発展振りを伝える現地レポート、中国科学技術最新トピックなどをご紹介しています。 無料配信中のScience Portal China メールマガジンでは、当科学技術月報の最新トピックを毎月一回、各種イベント情報なども随時お知らせしています。ぜひご活用く

第64回:「ら抜き」は気になる?企業が使用する少し気になる表記

ブランドなんでもランキング第64回:「ら抜き」は気になる?企業が使用する少し気になる表記Webサイトやメールマガジン、ブログ、twitter、Facebookなど企業が発信するツールが多様化し、企業が顧客と直接つながる機会が増えています。それらの中で本来日本語として誤っているものや、文法的に気になる表記を目にした場合、人々はどのような印象を受けるのでしょうか。今回は「ら抜き言葉」「二重敬語」「行頭の句点」「誤変換」「略語表記」について調べてみました。結論を先に述べると、・ 「ら抜き言葉」は公式な

第48回 メールマガジン読んでますか? 2001.11.15~2001.11.21

メールマガジンのことならハッピー・ノート.com! ●分析サイトオープン1周年をきっかけに、毎週皆さんのもとにお届けしているメールマガジンを見直してみよう…というわけで、今回はメルマガについてアンケートをお願いしました。お答えいただいたのは112名の方々。パソコンにたくさん届くメルマガ。その中であなたが読んでいるのは、またお気に入りなのはどんなメルマガ? 55192メールも役立っているかな? と全国のパパママに聞いてみたいことがいっぱい! さて皆さんのご意見はいかに?? Q1.メールマガジ

第237回 メールマガジン読んでますか? 2005.10.06~2005.10.12

メールマガジンのことならハッピー・ノート.com! ●分析インターネットから情報を得たり、メールで連絡を取り合ったりが、当たり前となりつつある現在。55192ママパパもインターネットやメールを駆使されているのではありませんか?ホームページやブログ、掲示板など、情報の発信源も多彩にありますが、その中のひとつがメールマガジン。インターネットでお買い物をしたり、何かに会員登録したりすると、送られてくるのでは?今回はそのメールマガジンの活用状況をリサーチしてみました。 Q1-1. まず、メールの利用

2011年9月29日ディレクタスフィードバック数:0マーケティング要登録

BtoB企業におけるEメールマーケティング活用実態調査レポート

資料ダウンロード ― BtoB企業におけるEメールマーケティング活用実態調査レポート資料ダウンロード― BtoB企業におけるEメールマーケティング活用実態調査レポート平成23年9月28日、BtoB企業におけるEメールマーケティングの活用状況に関して、慶應義塾大学ビジネス・スクールの余田拓郎教授研究室と共同で実施した調査結果を発表しました。BtoBマーケティングにおいて、Eメール

2010年1月26日マクロミル★フィードバック数:13マーケティング

マクロミルによるメルマガに関する調査結果です。

メールマガジンに関する調査

2010年01月25日パソコンで受信しているメルマガ数は平均12.2種類。そのうち、「いつも読む」のは4.9種類。受信しているメルマガのジャンル、1位「ショッピング(69%)」2位「旅行・レジャー(40%)」「グルメ・料理レシピ(40%)」「メルマガを読んで、紹介されている商品を買うことがある」45%「タイトルで読むか読まないか決める」8割超。インターネット調査会社の株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表:杉本哲哉)は、全国の20~40代を対象に、「メールマガジンに関する調査」を実施いたしま

2009年2月9日翔泳社★フィードバック数:4マーケティング

メルマガの利用に関する意識調査です。

「メルマガの件名で読む・読まないを決める」6割、PCでは「夜読む派」、モバイルは「すぐ読む派」【PCと携帯メルマガ購読調査】

「メルマガの件名で読む・読まないを決める」6割、PCでは「夜読む派」、モバイルは「すぐ読む派」【PCと携帯メルマガ購読調査】「メールの件名」で読む・読まないを決める、読むのは圧倒的に「夜」 アルトビジョンは、オプトインメールサービス「Vmail」の会員を対象に、2008年11月から12月にかけて、「メールマガジン登録・閲読状況アンケート」を実施し、9,044件の有効回答を得た。 パソコンで使用しているメールソフトで最も多いのは、「Outlook Express」で4割を超えている一方、「Yaho

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着データ

お知らせ