調査のチカラ TOP > タグ一覧 > モビリティ

「モビリティ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年3月22日Earth Shipフィードバック数:0デジタル家電

電動キックボード、6割が“専用レーンで走行したい”と回答

電動キックボード、6割が“専用レーンで走行したい”と回答 〜電動モビリティ開発スタートアップ「KINTONE」が電動キックボードのアンケート結果を発表〜 この度、株式会社Earth Ship(読み:アースシップ、本社:茨城県常総市、代表取締役社長:谷 俊介 )の子会社 株式会社KINTONE(読み:キントーン、本社:茨城県常総市、代表取締役社長:船原 徹雄、以下KINTONE )は、243名を対象に電動キックボードの活用可能性や印象についてアンケート調査を行いました。本調査は、さまざまな交通手段

2020年1月24日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

Mobility Services: The Customer Perspective(モビリティ・サービス:顧客の視点)

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新調査――ドライバーの半数近くが自動運転の利用により、将来的に自家用車を手放すことを検討していることが判明 アクセンチュア最新調査――ドライバーの半数近くが自動運転の利用により、将来的に自家用車

デジタル自動車レポート2017

デジタル自動車レポート2017 - 急速に発展する「ロボコノミー」における自動車メーカーの戦略の再構築 PwCネットワークの戦略コンサルティングを担うStrategy&では、このたびグローバルで発行された『デジタル自動車レポート2017』の日本語版を作成しました。本レポートでは次のような内容をご紹介しています。モビリティ市場は2.2兆ドル規模へと成長する見通しです。2030年までに移動距離の最大37%はシェアードカーと自動運転車になり、シェアードモビリティ市場は現在のEコマースの世界市場

2016年5月23日J.D. Powerフィードバック数:0大型消費/投資

消費者の関心の高まりが、自動運転車実現への入り口

このサイトはCookieを使用しています。サイトを引き続きご覧になる場合はCookieの使用を許可して下さい。詳しくは“Cookie ポリシー”をご覧下さい. Main Menu (Japan)ニュース&イベントJ.D. パワーのビジネスは、クライアント企業の業務と、何が顧客ロイヤルティを向上させる要因かを把握することです。J.D. パワーがサービスを提供している世界中の業界において、アナリストがデータに基づいた実用性の高いインサイトの提供を行っています。 サービス提供業界/ ソリューシ

2015年3月12日アクセンチュア★フィードバック数:0ビジネス

アクセンチュアのレポートです。

デジタルビジネスを成長させる:アクセンチュア・モビリティ・リサーチ2015

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア最新調査――デジタル技術を全面導入することでビジネス変革の可能性がさらに拡大することが明らかに【モバイル・ワールド・コングレス、バルセロナ発:2015年3月2日】アクセンチュア(NYSE: ACN)の最新調査によると、大企業は、インタラクティブマーケティングやアナリティクス、モビリティ、クラウドを含むデジタル技術がもたらす変革の可能性に、明確な期待を寄せていることが明らかになりました。世界15ヵ国を対象にアクセン

2015年2月26日大和総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

運輸系の低炭素化についてのレポートです。

モビリティ低炭素化の展開(後編)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 モビリティ低炭素化の展開(後編)消費者の変化に対応するライフサイクルの視点 ◆運輸部門(旅客部門と貨物部門)のエネルギー消費量は、減少傾向にある。ただし、貨物部門のCO2排出量のほとんどが自動車(トラック)からのものであることから、政府等ではトラックのCO2排出量削減にかかわる取り組みを中心に運輸部門の低炭素化が進められている。◆CO2排出量を押し上げる要因の一つに、出荷1件当たりの重量(流動ロット)

2014年11月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

【移民レポート2】米国:国際的なヒトのモビリティの中心地

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 【移民レポート2】米国:国際的なヒトのモビリティの中心地卓越した人材獲得競争力 ◆移民の主たる出身地域が、かつての欧州から中南米、そしてアジアへと移り行く中で、米国の文化、社会も不断の変容を迫られてきた。国際的な人のモビリティを高める強い求心力を発揮すると同時に、モビリティの高さが同国の変化の原動力ともなる。ここに、米国が移民大国と呼ばれる所以があろう。◆近年の米国の移民政策の中心に位置付けられるのが

2010年11月4日シスコシステムズフィードバック数:7セキュリティ/ネットワーク

オフィスは本当に必要なのか? シスコのグローバル調査で、世界中で働く人の60%がオフィスにいなくても生産的な業務を行えると回答

オフィスは本当に必要なのか?シスコのグローバル調査で、世界中で働く人の60%がオフィスにいなくても生産的な業務を行えると回答 オフィスは本当に必要なのか? シスコのグローバル調査で、世界中で働く人の60%がオフィスにいなくても生産的な業務を行えると回答3人中2人が私物または会社支給のあらゆるデバイスで会社の情報にアクセスすることを希望 — 給料アップよりも、場所、時間に縛られずに働きたい 2010年10月26日 米国シスコ(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:CSCO、以下 シスコ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お知らせ