「ヤフオク」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2019年4月19日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

「メルカリ」の利用率が、「ヤフオク!」超え

「メルカリ」の利用率が、「ヤフオク!」超え Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2019年2月度)「メルカリ」の利用率が、「ヤフオク!」超え4割強が、「ECの試着サービスに、興味あり」調査結果サマリー「メルカリ」の利用率が、「ヤフオク!」超え 個人間商取引(CtoCサービス)を利用した経験がある人のうち、現在利用中のサービスとして「メルカリ」を挙げた人は47.1%で、「ヤフオク!」の46.2%を上回りました。「メルカリ」の利用率を年代別に見てみると、10代(70.0%)、20代(62.3%)

2018年5月8日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

ネットで個人が所有物を売るときは、「ヤフオク!」「メルカリ」が2強

ネットで個人が所有物を売るときは、「ヤフオク!」「メルカリ」が2強 Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2018年3月度)ネットで個人が所有物を売るときは、「ヤフオク!」「メルカリ」が2強最も利用されている“個人の所有物を売れるサービス”は、「リアル店舗」調査結果サマリーネットで個人が所有物を売るときは、「ヤフオク!」「メルカリ」が2強インターネットオークションやフリマアプリなど、個人の所有物を売ることができるネット上のサービスを利用した経験がある人に、過去、どういったサービスを使ったことが

2018年5月7日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

ネットで個人が所有物を売るときは、「ヤフオク!」「メルカリ」が2強

ネットで個人が所有物を売るときは、「ヤフオク!」「メルカリ」が2強 Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2018年3月度)ネットで個人が所有物を売るときは、「ヤフオク!」「メルカリ」が2強最も利用されている“個人の所有物を売れるサービス”は、「リアル店舗」調査結果サマリーネットで個人が所有物を売るときは、「ヤフオク!」「メルカリ」が2強インターネットオークションやフリマアプリなど、個人の所有物を売ることができるネット上のサービスを利用した経験がある人に、過去、どういったサービスを使ったことが

2016年2月26日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

オークション/フリマサービスのスマホ、PCからの利用状況

スマホユーザーの51%にあたる2,656万人がオークション / フリマサービスを利用 スマホからの利用者数では「ヤフオク」が1位、「メルカリ」は前年比2.1倍で2位「ヤフオク」、「メルカリ」ともにアプリの利用者数が増加「ヤフオク」、「メルカリ」ともに40歳以上の増加率が最も高い視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(東京都港区、代表取締役社長兼COO 宮本淳)は、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView (ニールセン・モバイル・ネットビュー)およびPC版イン

2015年9月28日ヤフオク!フィードバック数:0マーケティング

数字で見るヤフオク!

ヤフオク!についていつでも、どこでも、すべての人にリユースするワクワクを サクッと売り買いしたいものはフリマで。とっておきのものはオークションで。 「安心して、楽しくリユースできる」場を提供するために、ヤフオク!は日々改善しています。 またヤフオク!ならではのスケールの大きなチャリティ企画、社会貢献にも力を入れています。プロダクトリリースヤフオク!、偽物出品対策を強化 従来の機械学習に加えて、スパコン・ディープラーニングを活用開始 ヤフオク!、11月12日よりオークション出品を月額費無料で利用可

2013年4月29日Yahoo!フィードバック数:11エンタテインメント

そろそろ定着? 「ヤフオク!ドーム」

そろそろ定着? 「ヤフオク!ドーム」「福岡ソフトバンクホークス」の本拠地の名称が、2月1日から「福岡ヤフオク!ドーム」に変更されました。 新旧の名称の検索数をみると、野球の世界一決定戦「WBC」で試合が開催されたのを境に、新名称での検索が多くなっています。一方、同じく名称を変更した清水エスパルスの本拠地をみると、旧称も依然として検索されています。「福岡ヤフオク!ドーム」のように大きなイベントで使われると、新名称の定着が進むようですね。「ヤフオクドーム」「ヤフードーム」の検索数推移集計期間:201

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ