調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ユーザー企業

「ユーザー企業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2020年6月18日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2020年 国内マルチクラウドのデータ運用成熟度調査分析結果を発表

08 Jun 20202020年 国内マルチクラウドのデータ運用成熟度調査分析結果を発表 Japan, 2020年6月8日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内の従業員数100人以上のユーザー企業において社内(組織内)全体のデータ管理、具体的には1.データの整合性/品質の維持、2.データの保全(障害からの回復)、3.データのセキュリティ/コンプライアンス維持の

2018年1月10日スマートキャンプフィードバック数:0企業情報システム

クラウド事業者が選ぶ2017年SaaS業界「10大キーワード」1位は○○! Dropbox、freeeなど【ボクシル調査レポート】

クラウド事業者が選ぶ2017年SaaS業界「10大キーワード」1位は〇〇!Dropbox、freeeなど【ボクシル調査レポート】 3位「インサイドセールス」、2位「セールス・マーケの連携強化」、第1位は? クラウドサービス比較サイト「Boxil(ボクシル)」(HP: https://boxil.jp/)を運営するスマートキャンプ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:古橋 智史、以下、当社)は、SaaS・クラウドサービス提供企業に「SaaS業界2017年のキーワード」に関する独自アンケートを行い

第2回超高速開発ツール 伸び率調査

「第2回超高速開発ツール 伸び率調査」の結果を発表 「第2回超高速開発ツール 伸び率調査」の結果を発表~前回調査と比較し、ライセンス出荷数234%、導入企業数が167%の伸び~ 国内で超高速開発に取り組むユーザー企業とSIer、ツールベンダーが集う「超高速開発コミュニティ」(会長 関 隆明)は2016年7月12日(火)、「超高速開発ツールの伸び率調査 2016 年版」を公開しました。この調査から、4年前と比較した今年の伸び率はライセンス出荷数が234%、導入企業数が167%といずれも高い成

2016年2月2日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

2016年IT投資動向

関連キーワードクラウドコンピューティング | 情報漏えい対策 | オブジェクトストレージ | 標的型攻撃  TechTargetジャパンは2015年11、12月に、TechTargetジャパン会員を対象に「TechTargetジャパンご利用に関するアンケート調査」を実施した。回答したのは433人の会員で、「情報システム部門で主に導入・検討や運用に関わる立場」の方が約3割を占めた。「一般部門でユーザーとして利用、かつ導入・検討も行う立場」の方も2割強いた。本稿では、アンケート調査から見えてきた読者

2013年6月3日日経BP★フィードバック数:1企業情報システム

JUASの調査についての連載です。

早読み「企業IT動向調査2013」

日経クロステック トップITセキュリティ早読み「企業IT動向調査2013」早読み「企業IT動向調査2013」 早読み「企業IT動向調査2013」 株高や円安などにより、国内の景況感が好転している。これまで長きにわたり、多くの日本企業は強い向かい風の中を進んできた。風向きが追い風に変わった今こそ、事業のグローバル化や新規事業の創出といった「攻め」のアクセルを踏み込むときだ。 ユーザー企業のシステム部門は、こうした経営環境の変化を的確にとらえながらIT戦略を立案・遂行していく必要がある。そこで本連載

2012年6月11日日経BP★フィードバック数:30キャリアとスキル

エンジニアのキャリアやスキルについての意識です。

今後の技術力とスキルに不安強く、主な自己研鑽は「独学」

日経クロステック トップITキャリアアップ「IT人材白書2012」で読み解くIT人材の今と未来第3回 今後の技術力とスキルに不安強く、主な自己研鑽は「独学」 第3回 今後の技術力とスキルに不安強く、主な自己研鑽は「独学」連載第3回の今回は、IT人材個人を対象にした意識調査の結果をピックアップする。 まず、調査の対象となっているIT人材のプロフィールを確認しよう。表1は、回答者の属性情報である。回答者には大きく3つの区分がある。IT企業に所属するIT技術者(ベンダーIT技術者)、ユーザー企業に所属

2012年2月8日日経BP★フィードバック数:3企業情報システム

在宅勤務システムについての調査です。

在宅勤務の支援システムを導入していますか?

Activeトップユーザー企業に聞きました在宅勤務の支援システムを導入していますか? 在宅勤務の支援システムを導入していますか?導入率は3割強、電力不足対策としての効果には懐疑的な声も出典:日経コミュニケーション 2011年7月号p.7 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります) 震災後、東北や関東にとどまらず、中部以西でも電力供給体制の安定性が損なわれ、企業もオフィスの節電や、大規模停電が発生した場合の事業継続計画(BCP)対策を立てる必要に迫られている。そこで、在宅勤

2011年9月28日日経BP★フィードバック数:1企業情報システム

ITproによる恒例のIT顧客満足度調査です。

第16回顧客満足度調査:ITpro

日経クロステック トップITシステム第16回顧客満足度調査第16回顧客満足度調査 第16回顧客満足度調査ここ数年、ITコストの削減やクラウドへの移行などが進み、ITベンダーとユーザー企業の関係は希薄になる一方だった。だが東日本大震災を経験した後、人と人、企業と企業の間にある「絆」が再評価されている。第16回顧客満足度調査では、23分野のうち半分以上の12分野で首位が入れ替わった。まずはこれらの分野別順位を紹介した後、ユーザーの評価軸がどう変化したのかを分析、それらを物語るユーザーの経験談も紹介し

2011年2月7日アイティメディア★フィードバック数:13企業情報システム

ITRによるクラウドに関する調査結果の関連記事です。

クラウド活用につきまとう不安――その中身を知る

クラウド活用につきまとう不安――その中身を知る:クラウドと向き合うための勘所 企業のクラウド活用において、ユーザーはどんなところに不安を抱いているのか。「メディア横断企画 クラウド討論会2011」では、不安の具体的な内容と解決の方向性について、メディア各社のトップが活発な議論を展開した。 クラウドの本格普及に求められるものとは――アイ・ティ・アール(ITR)主催による「メディア横断企画 クラウド討論会2011」が1月下旬に行われた。主要IT系メディア(ITmedia/CNET Japan/TEC

2010年6月8日日経BP★フィードバック数:0企業情報システム

IT投資動向、決定権者に関する調査です。

徹底調査! 真の意思決定者は誰か - 徹底調査! 真の意思決定者は誰か

日経クロステック トップIT経営徹底調査! 真の意思決定者は誰か徹底調査! 真の意思決定者は誰か 徹底調査! 真の意思決定者は誰か 景気の先行きは見通せない状況が続いているが、「守り」から「攻め」に転じる準備を進める国内企業は着実に増えている。日経コンピュータと日経BPコンサルティングは、システムの利用企業(ユーザー企業)のCIO(最高情報責任者)やシステム部長といった情報化戦略のキーパーソンを対象に、四半期に1度「景況・IT投資動向調査」を実施している。最新の調査結果を基に、IT投資再開に向け

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ