調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ユーザー評価

「ユーザー評価」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年4月19日TableCheckフィードバック数:0ライフスタイル

【第2回グルメサイト意識調査】グルメサイト評価、「信頼しない」飲食店6割。飲食店探しは「Googleマップ」「ウェブ検索」が急増

【第2回グルメサイト意識調査】グルメサイト評価、「信頼しない」飲食店6割。飲食店探しは「Googleマップ」「ウェブ検索」が急増飲食店に予約・顧客管理システムの開発・提供等を行う株式会社TableCheck(本社:東京都中央区、代表取締役社長:谷口優、以下、テーブルチェック)は、20~60代の全国の男女1100名と、20~50代の飲食店に勤務する全国の男女660名を対象に、「グルメサイトに関する意識調査」を実施しましたので、調査結果をお知らせいたします。■「グルメサイト」とは飲食店などの情報を中

企業情報サイト調査 2020

基本コンセプト企業情報サイトの主な目的として、情報公開を通じ、顧客、株主、地域など様々なステークホルダーによりよい印象与え、企業に対する意識を向上させることが挙げられます。 「企業情報サイト調査2020」では、企業に対する印象や意識向上への企業情報サイトの寄与度を明確化することによって、企業情報サイトの目標設定と成果の検証を可能とします。 主要調査事項「企業情報サイト調査2020」における主要検討事項は以下の3点です。■コンテンツの評価と改善点ユーザーにコンテンツを指定して閲覧してもらい、現状

企業情報サイトのユーザー評価

企業情報サイトのユーザー評価 総合ランキング1位は2年連続『... 企業情報サイトのユーザー評価総合ランキング1位は2年連続『ヤマハ』 -トライベック・ブランド戦略研究所調べ-株式会社トライベック・ブランド戦略研究所(本社:東京都港区、代表取締役社長:後藤 洋)は、有力企業237社の企業情報サイトについてユーザーからの評価を行い、その結果を発表した。■1位はヤマハ昨年に続き、ヤマハが1位となった。同社のサイトは評価対象である「会社案内」「ニュースリリース」「技術・品質・安全」「CSR・環境

企業情報サイト調査 2017

企業情報サイトのユーザー評価、1位はヤマハ2位はサントリー、3位はTOTO 株式会社トライベック・ブランド戦略研究所(本社・東京都港区、代表取締役社長・後藤 洋)は、有力企業240社の企業情報サイトについてユーザーからの評価を行い、その結果を公表した。 ■1位はヤマハ 前回10位だったヤマハが1位に躍進した。同社のサイトは「会社案内」「ニュースリリース」「CSR・環境」の評価でそれぞれ1位、「理念・ビジョン」で2位になるなど多くのコンテンツで高い評価を得た。 次いで2位はサントリー、3位TOTO

2017年2月19日GYAOフィードバック数:0エンタテインメント

作品ユーザーレビュー投稿による年間ランキング

「Yahoo!映画」作品ユーザーレビュー投稿による年間ランキングを発表 数々の話題作を抑えディズニーアニメ『ズートピア』がユーザー評価1位! イメージワードは「泣ける」が圧倒的多数の投票数を獲得、2016年ユーザーが観たかったのは泣ける映画株式会社GYAOがヤフー株式会社と協力して運営する映画情報総合サイト「Yahoo!映画」より、ユーザーレビュー投稿による評価、投稿数、イメージワードの年間ランキングをお知らせいたします。ユーザー評価ランキングはユーザーによる評価の平均点のランキング、投稿数ラン

企業情報サイト調査 2016

企業情報サイトのユーザー評価、1位はサントリー2位は資生堂、3位はトヨタ自動車 株式会社トライベック・ブランド戦略研究所(本社・東京都港区、代表取締役社長・榛沢明浩)は、有力企業240社の企業情報サイトについてユーザーからの評価を行い、その結果を公表した。 ■1位はサントリー  前回3位だったサントリーが一年ぶりに1位に返り咲いた。同社のサイトは「技術・品質・安全」「ニュースリリース」の評価でそれぞれ1位、「CSR・環境」「理念・ビジョン」で2位になるなど多くのコンテンツで高い評価を得た。 次い

企業情報サイト調査結果分析2014「第5回:CCサイト指数の推移」

企業情報サイト調査結果分析2014第5回:CCサイト指数の推移企業の改善成果を反映し上昇傾向に多くの企業ではサイト改善に際してKPIを設定しているが、その一つとしてユーザー評価を組み入れいている企業は少なくない。たとえば、毎年・毎月の改善の積み重ねの成果については「企業情報サイト調査」で確認し、大規模リニューアルについては、リニューアルの目的に応じて改めて評価項目を設定し、独自にユーザー調査を行うといったアプローチが採られるといったケースが見られる。図1はCCサイト指数の過去5年間の推移を示した

サイトイメージとアクセス後購入率

Web Equity調査結果分析2013第4回:サイトイメージとアクセス後購入率アドテクノロジーの隆盛とともに、より効率よく広告ターゲットにインターネット広告配信ができるようになっている。だからといって、コンテンツの重要性が低下するということは決してない。アクセスを呼び込み、購入にまで至らしめるためには、ユーザーを迎える企業サイトにおいて良質なコンテンツを提供し続けることが重要である。グラフは耐久消費財において、ユーザーが接触後にどのような印象を抱いたかを把握し、いくつかあるイメージ項目の中から

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

特集データ

新着データ

お知らせ