調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ユースケース

「ユースケース」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年9月24日Splunkフィードバック数:0ビジネス

「Data Age - データの時代」における データ量の急増と価値の飛躍的な向上が明らかに

【Splunk調査レポート】 「Data Age - データの時代」における データ量の急増と価値の飛躍的な向上が明らかに 新しいデータの時代への対応とデータがもたらす機会の活用に対するプレッシャーとは サンフランシスコ – 2020年9月11日 – Data-to-Everythingプラットフォームを提供するSplunk Inc. (NASDAQ:SPLK)は、来たる「データの時代」に対する企業のデータ活用状況に関する調査レポート「Data Age - データの時代に備える」を発表しま

2020年AI予測調査日本版

2020年AI予測(日本) 日本企業はAI活用への準備ができているのか 2019年のラグビーワールドカップ。日本代表が歴史的偉業を成し遂げたことは、多くの人々に勇気を与えました。同年7月末の世界ランキングは11位、誰もが予選リーグを2位以上で通過するのは難しいと予想していた中、彼らはロシア(世界ランキング20位、以下同様)、アイルランド(3位)、サモア(16位)、スコットランド(7位)を連破し予選リーグを全勝で通過したのです。この快進撃は、その後、イングランドを決勝で破り優勝した南アフリ

2019年9月26日IDCフィードバック数:0企業情報システム

人工知能システムに対する世界の支出額は2023年に約980億ドルに拡大

18 Sep 2019人工知能システムに対する世界の支出額は2023年に約980億ドルに拡大 Japan, 2019年9月18日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、世界の人工知能(AI:Artificial Intelligence)システムに対する支出額予測を発表しました。Worldwide Artificial Intelligence Systems Sp

2019年9月10日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

顧客エクスペリエンステクノロジーへのIT支出額は2022年に6,410億ドルに達する見通し

03 Sep 2019顧客エクスペリエンステクノロジーへのIT支出額は2022年に6,410億ドルに達する見通し Japan, 2019年9月3日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、世界の顧客エクスペリエンス(CX)テクノロジーに対するIT支出額予測を発表しました。Worldwide Semiannual Customer Experience Spending

2019年7月19日IDCフィードバック数:0企業情報システム

スマートシティ・イニシアティブは2023年の支出が1895億ドルに拡大すると予測

16 Jul 2019スマートシティ・イニシアティブは2023年の支出が1895億ドルに拡大すると予測 Japan, 2019年7月16日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、世界のスマートシティ・イニシアティブに対する支出額予測を発表しました。W orldwide Semiannual Smart Cities Spending Guide による新しい予測では

2018年9月28日キャップジェミニフィードバック数:0企業情報システム

没入型技術の到来:今後3年間でARおよびVRがビジネスオペレーションの主流となる

没入型技術の到来:今後3年間でARおよびVRがビジネスオペレーションの主流となるーキャップジェミニの最新調査レポートより 新しい調査レポートの所見:1. 没入型技術は、企業の効率性、生産性、安全性を向上させる2. 完全な「仮想」よりむしろ「拡張」現実がビジネスオペレーションをリードする【2018年9月6日:パリ発】キャップジェミニ・リサーチ・インスティテュートは、新しくリリースしたレポートで、「企業は拡張現実(AR)と仮想現実(VR)を活用して、ビジネスオペレーションを強化している」ことを明らか

2017年8月24日IDC★★フィードバック数:0デジタル家電

世界AR/VR関連市場予測

2021年にかけて、世界AR/VR関連市場は年率100%以上で成長 世界の多くの地域で産業向けのAR/VR利用の急成長が見込まれる 日本市場は年率60%以上の堅調な成長を続けるが、世界への追い上げが課題に IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、世界のAR(Augmented Reality)/VR(Virtual Reality)のハードウェア、ソフト

2017年8月10日IDC★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

世界ロボティクス関連市場予測

世界ロボティクス関連市場は加速度的に拡大、2021年には2,307億ドルに 2017年は日本を除くアジア太平洋地域が最大の市場。日本、米国、西欧が続く 日本を除くアジア太平洋地域が、2021年まで市場全体の半分以上を占める IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、世界のロボティクスおよび関連サービス市場の予測を発表しました。最新の「Worldwide S

2017年2月24日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内IoT市場 ユースケース(用途)別/産業分野別予測

国内IoT市場 ユースケース(用途)別/産業分野別予測を発表 国内IoT市場は2021年まで年間平均成長率17.0%で成長、市場規模は11兆円に達する 高い成長性が期待されるユースケースは、農業フィールド監視、小売店舗内個別リコメンデーション、院内クリニカルケア、スマートグリッド、テレマティクス保険、ホームオートメーション、スマートアプライアンス 2020年以降もベンダーがIoTビジネスを継続的に成長させるためには、新たなユースケースの立ち上げに向けて、産業分野の開拓や新興企業との提携を進

2016年11月23日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内IoT市場 コグニティブ(AI)活用動向調査

国内IoT市場 コグニティブ(AI)活用動向調査結果を発表 2020年にかけて、「収集可能なデータの最大化」をけん引するのがIoT、IoTデータ/非IoTデータの双方において「有効活用可能なデータの最大化」をけん引するのがコグニティブ IoT/コグニティブの双方を活用するユースケースとして、製造品質改善や製造機械の故障予兆検知、小売店舗内での販売促進、フリート管理や輸送貨物管理などが挙げられる ユーザー企業は、IoT/コグニティブを本番運用で活用する過程でROIを見極め、試行錯誤を通じて、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ