「ラジオ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年6月23日ビデオリサーチ★★フィードバック数:0マーケティング

「Z世代と音声メディア」について

ニュース Z世代に拡がる「音声メディア」、音楽配信は6割が利用~耳をマルチタスクに使い分け、テキストより通話、女性は“人の声”で寂しさ解消~Z世代に拡がる「音声メディア」、音楽配信は6割が利用~耳をマルチタスクに使い分け、テキストより通話、女性は“人の声”で寂しさ解消~株式会社ビデオリサーチ(東京都千代田区、代表取締役社長執行役員:望月 渡)は、スポティファイジャパン株式会社(東京都渋谷区)と共同で「Z世代と音声メディア」についての調査と分析研究を行いました。 この研究から、Z世代は他世代に比

運転には音楽がポジティヴな影響を与えている! 約80%が精神的なヒーリング効果を実感している「音楽のチカラ」

運転には音楽がポジティヴな影響を与えている! 約80%が精神的なヒーリング効果を実感している「音楽のチカラ」 <全国2,000人に聞いた「音楽のチカラ」に関する調査> ハーマンインターナショナル株式会社(本社:東京都千代田、代表取締役社長:トム・メッツガー)は、音楽が人々に与える効果を探るため、全国の10~60代の男女(その他含む)計2,000名を対象に、「音楽のチカラ」に関する意識調査を実施しました。昨今の新型コロナウィルス感染拡大の影響もあり、通勤時の密を避け、車通勤に切り替えた人や車で買い

2020年7月10日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

新型コロナウイルス流行後に、ラジオを聴く機会が増えた人は35.9%

新型コロナウイルス流行後に、ラジオを聴く機会が増えた人は35.9% モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2020年5月度)~ラジオがきっかけで、「商品を購入した」人は約2割~株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2020年5月度)』の結果を発表します。本調査は、17歳~

台風19号の災害情報等における事前対応に関する訪日外国人調査

台風19号の災害情報等における事前対応に関する訪日外国人調査日本列島を縦断した台風19号では、主要空港や鉄道各社などの公共交通機関を中心として「台風情報に対しての計画運休」が本格的に実施されました。また、公共交通機関の対応に準じて多くの大規模小売店等の事業者やイベント主催者等が時間を繰り上げた閉店や中止を決めました。一方、公共放送機関では気象予警報を多言語で提供するなど、訪日外国人対策も取られました。今回の調査は、日本人でも情報の収集と理解及びその対応が困難であった中、訪日外国人はどのように情報

「新聞」に関するアンケート

● 「紙」の新聞は、今もニュースを見聞きする主要な手段の一つ・・・普段の利用は61.8%● 「紙」か「電子版」かでは、今後も「紙」中心の利用?若い世代は新聞離れが顕著!インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、「新聞」についてアンケートを行い、ネットニュース利用が広がりをみせる中での、「紙」の新聞の利用状況、「紙」と「電子版」の新聞についての今後の利用意向、「新聞」に関するエピソードなどについてまとめました。調査は2016年2月23日〜3月4日にかけて実施し、D

2016年3月14日ウェザーニューズフィードバック数:0社会/政治

減災調査2016

ニュース 2016.03.10 ウェザーニューズ、全国2.4万人と『減災調査2016』を実施震災から5年、被災地とその他地域で“現地の今”の認識にズレ・被災地の8割の人は復旧を実感も、その他地域の4割は被災地が震災直後のままと認識・災害時の情報入手に地域差、東北・北関東はラジオ、南関東・中部はテレビを頼りに 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、減災・避難活動における対策・対処の一助とすることを目的として、減災に対する意識や対策の状況を調査する『減災調査20

ドライブデートについての調査です。

ドライブデートに関する意識調査アンケート

助手席では運転中の彼に感謝の気持ちを持った行動を。運転の荒さは気性の荒さと判断されるのでNG。安全運転で、移動中もデートを楽しみましょう!観光地や夜景スポットへ足を運ぶなど、季節を問わず楽しめるドライブデート。移動中の車内は2人の距離を縮めるチャンス。女性に引かれる運転中の男性の行動とは?男性がイラッとする助手席の女性の行動とは?今回の調査結果を参考に、ドライブデートで好印象を残しましょう。最後におすすめのドライブデートコースもご紹介します!対象:フィオーレ会員アンケート実施期間:2014年10

2014年9月30日ビデオリサーチ★フィードバック数:0ライフスタイル

コンビニコーヒーについての調査です。

コンビニコーヒーを飲み始めた主婦たち~ 平日午前中にラジオを♪ ~

ニュース コンビニコーヒーを飲み始めた主婦たち~ 平日午前中にラジオを♪ ~コンビニコーヒーを飲み始めた主婦たち~ 平日午前中にラジオを♪ ~ニュース お問い合わせ

2013年11月15日Yahoo!★フィードバック数:0モバイル

スマートフォンアプリの検索トレンドです。

スマホアプリの検索トレンドは、昔からある「○○」

スマホアプリの検索トレンドは、昔からある「○○」2013年上半期のスマートフォン出荷台数は1216万台。前年同期に比べると14.5%も少なくなっています。その影響もあってか、「スマホ アプリ」「iPhone アプリ」「アンドロイド アプリ」など、「アプリ」を検索する人も減少しています。「iPhone アプリ」の検索数は、9月20日に「iPhone 5s」「iPhone 5c」が発売されて以降、若干回復していますが、以前の盛り上がりには達していません。そんな中、検索数が上昇している「アプリ」があり

2013年10月4日インサイトフィードバック数:0マーケティング

ラジオについて [2009.07.06]

ラジオについて [2009.07.06]

2013年4月1日マイボイスコムフィードバック数:6社会/政治

マイボイスコム 地震対策(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ大規模地震発生に対する不安を感じる人は8割弱。2005年、2007年調査と比べ「非常に感じる」は減少傾向。東北では9割近く、関東、中部で8割強。大規模地震発生時に不安に感じることは「建物の倒壊」「水・電気・ガスなどライフラインの寸断」が上位2位 大規模地震発生時の帰宅ルート認知率は6割強、「詳しく知っている」は2割弱。災害時の「地域の指定避難場所を知っている」は6割弱、「自分や家族の避難場所を決めている」は2割強、「勤務先や学校等にいる時の

都道府県別の主要6メディア接触状況を5つのクラスターに分けて分析しています。

全国47都道府県メディア接触分析

全国のメディア接触パターンは5通り。ネット利用が多い東京。ラジオ利用が多い沖縄。 ~博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所 「全国47都道府県メディア接触分析」~ 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2012年11月27日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:吉田弘)は、全国47都道府県に住む生活者の主要6メディア(テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・PCネット・携帯ネット)に対する接触状況を分析する「全国47都道府県メディア接触分析」を行い

70代にフォーカスした調査です。

70代のメディア接触と消費行動に関する調査報告

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2012年6月5日 博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区社長:大森壽郎以下博報堂DYメディアパートナーズ)は、昨年度に引き続き、首都圏に住む70代のメディア接触と消費行動に関する調査を行い、70代は現役世代と比べて自由な時間とお金を持ち、質にこだわり楽しみながら買い物をすることがわかりました。ラジオ、テレビなどの登場と共に人生を送ってきたと言っても過言ではない彼らはマスメディアによく接触し、消費行動にも強い影響を受けている様子が伺えます。また、マ

2012年3月8日総務省フィードバック数:37セキュリティ/ネットワーク

災害時における情報通信の在り方に関する調査結果

報道資料災害時における情報通信の在り方に関する調査結果総務省は、株三菱総合研究所に委託し、東日本大震災の発災時から平成23年4月末頃までにおける被災者の方々の情報行動やICTの活用状況についてインタビュー調査を実施し、その結果を取りまとめましたので、公表します。 調査対象者岩手県宮古市・大槌町・釜石市・大船渡市・陸前高田市、宮城県気仙沼市・南三陸町・石巻市・仙台市・名取市及び福島県南相馬市・いわき市で被災された方・ボランティア等の活動をされている方:306件フェースシートを事前配布し基本属

震災後のメディア利用についての調査結果です。

「東日本大震災 情報行動調査」(速報版)

プレスリリース iSPP 「東日本大震災 情報行動調査」(速報版) 2011年7月26日情報支援プロボノ・プラットフォーム東日本大震災における迅速な復興に寄与することを目指す非営利団体「情報支援プロボノ・プラットフォーム(iSPP)」は、被災地域の住民を対象に、震災発生直後から3 カ月後までの情報行動について調査した「情報行動調査」を実施しました。本調査は、岩手・宮城・福島の東北3 県の被災地域に居住する10 代~60 代の男女を対象に、インターネット経由で7 月初旬~中旬に実施したもので、有

2011年3月18日ウェザーニューズ★フィードバック数:5社会/政治

ウェザーニューズによる調査結果です。

速報版:全国3万7千人と記録した「東日本大震災」の実態調査結果

発行日 : 2011年03月18日速報版:全国3万7千人と記録した「東日本大震災」の実態調査結果・津波の警報を知ったのは地震発生後、平均17分・海岸の近くにいた46%の人は津波からの退避行動に移れず・離れた家族や友人と最初に連絡が取れたのは地震発生後、平均3時間3分twitterやmixi等のソーシャルメディアを活用した人の平均は2時間3分・7割以上の人が避難時に近所の人と“連携”※本ニュースリリースは速報版です。詳細調査結果は、4月28日のニュースリリース()をご覧ください。3月11日、日本は

2010年5月24日MMDLaboフィードバック数:22マーケティング

メディア接触調査(全年代編)

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 メディア接触調査(全年代編) MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)では、協賛モバイルメディア8サイトの協力の下、「メディア接触調査(全年代編)」を実施致しました。【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】■ 全体の83.2%が「毎日テレビを見ている」 ■ 全体の92.7%が「毎日携帯サイトにアクセスしている」 ■ 全体の38.3%が「自宅

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ