調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ランサムウェア

「ランサムウェア」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年7月14日Ivanti Softwareフィードバック数:0ライフスタイル

【コロナ禍におけるサイバー攻撃に関する実態調査】日本、90%超がリモートワーク普及でサイバーセキュリティに不安抱える

【コロナ禍におけるサイバー攻撃に関する実態調査】日本、90%超がリモートワーク普及でサイバーセキュリティに不安抱える 巧妙化するフィッシング・ランサムウェア、1年以内で50%が被害経験 ~日本のIT人材の不足が顕著に~あらゆるIT接続をよりスマートに、より安全にするオートメーションプラットフォームを提供しているIvanti(本社:ユタ州ソルトレイクシティ、代表者:Jim Schaper)は、コロナ禍で働き方が変化しリモートワークの標準化が加速するなか、米国・英国・フランス・ドイツ・オーストラリア

2020年3月17日エフセキュアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2019年下半期の攻撃トラフィックレポート

ランサムウェアの悪質化が顕著に、エフセキュアが2019年下半期の攻撃トラフィックレポートを発表~増加するIoTデバイスに対する攻撃は継続傾向に~ 先進的サイバー・セキュリティ・テクノロジーのプロバイダであるF-Secure (本社: フィンランド・ヘルシンキ、CEO: Samu Konttinen、日本法人: 東京都港区、以下、エフセキュア) は、2019年下半期 (7月~12月) における攻撃トラフィックに関する調査レポートを発表しました。同期間においては、ランサムウェアの悪質化、感染

2019年1月22日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

数字で振り返る2018年のサイバー脅威

<Kaspersky Security Bulletin-3:数字で振り返る2018年のサイバー脅威>新たなバックドア型マルウェアが40%以上増加 2018年に検知した新たな悪意あるファイルのうち、バックドアと判明したマルウェアは昨年と比較して44%増、ランサムウェアは43%増加しました。また、ユーザーのコンピューターの30%が、この1年間で少なくとも一度はWebベースの攻撃に遭遇していました。これはマルウェア、特にバックドアとランサムウェアが依然としてコンピューターユーザーにとって重大なリス

2018年12月27日ウェブルートフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

最も危険なマルウェア2018

ウェブルート「最も危険なマルウェア2018」を発表 ~今年大きな被害をもたらしている攻撃性のある不正コードやマルウェアとは ~ セキュリティソフトをグローバルで展開し、セキュリティ業界をリードするウェブルート株式会社 (本社:東京都港区、 代表取締役社長:伊藤 誉三、以下 ウェブルート)は、企業団体・一般ユーザーのいずれにも有害となるマルウェアや攻撃性のある不正コードを紹介する最新版レポート 「最も危険なマルウェア2018」を発表いたします。脅威は常に進化しており、サイバーセキュリティ関連の教育

2018年のサイバー脅威の振り返りと2019年の予測

2018年のサイバー脅威の振り返りと2019年の予測本年も、脅威インテリジェンスチームUnit 42の調査結果やパロアルトネットワークスのセキュリティソリューションをもとに、国内外のサイバー脅威について振り返りつつ、2019年にはどのようなサイバー脅威に対して注意を払うべきか解説します。2018年のサイバー脅威の振り返り日々進化する攻撃者と脅威をよりよく理解し適切に対応するため、パロアルトネットワークスは様々なデータの収集・分析を行なっています。クラウド脅威解析サービスWildFire®と脅威イ

2018年8月17日NEXERフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

【9割はランサムウェアを正しく知らない】セキュリティ対策に関するアンケート

検索【9割はランサムウェアを正しく知らない】セキュリティ対策に関するアンケート インターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所在地:東京都豊島区、代表取締役:宮田 裕也)は、「QNAP Turbo NAS」の正規販売代理店であるテックウインド株式会社と共同で「セキュリティ対策に関するアンケート」を下記の通り実施し、調査結果に関連した記事を公開しました。 セキュリティ対策に関するアンケート結果を公開インターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所在地:東京都豊島区、代表取締役:宮田

2018年6月8日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

日本と海外の脅威動向を分析した 「2018年第1四半期セキュリティラウンドアップ」を公開

トレンドマイクロについて プレスリリース 日本と海外の脅威動向を分析した 「2018年第1四半期セキュリティラウンドアップ」を公開 日本と海外の脅威動向を分析した「2018年第1四半期セキュリティラウンドアップ」を公開サイバー犯罪の狙いは「ランサムウェア」から「不正マイニング」へ トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン 東証一部:4704、以下、トレンドマイクロ)は、日本国内および海外における最新のセキュリティ動向を分析した報告書「2018

2018年3月29日trendmicroフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

日本と海外の脅威動向を分析した「2017年年間セキュリティラウンドアップ」

日本と海外の脅威動向を分析した「2017年年間セキュリティラウンドアップ」を公開セキュリティの常識を覆すサイバー犯罪の転換期~サイバー犯罪者の狙いは仮想通貨へ拡大~ トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン 東証一部:4704、以下、トレンドマイクロ)は、日本国内および海外のセキュリティ動向を分析した報告書「2017年年間セキュリティラウンドアップ:セキュリティの常識を覆すサイバー犯罪の転換期」を本日公開したことをお知らせします。2017年年間

2018年3月27日A10フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業のサイバー攻撃被害の実態やセキュリティ意識に関する 調査結果

Skip to ContentA10、企業のサイバー攻撃被害の実態やセキュリティ意識に関する 調査結果を発表日本は他国に比べてサイバー攻撃の被害を把握できておらず、 従業員のセキュリティへの関心のなさとポリシーの普及に悩まされていることが浮き彫りに セキュアアプリケーションサービスを提供するA10ネットワークス株式会社(本社:東京都港区、日本法人代表 兼 社長 米国本社ヴァイスプレジデント兼務:川口 亨、以下A10)は、日本を含むグローバルのIT管理者と従業員を対象に実施した、企業のサイバー攻

2017年12月のマルウェア検出レポート

2017年12月のマルウェア検出レポートを公開 ~バンキングマルウェアの感染を狙った攻撃が日本に集中~ キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:神森 晶久、以下キヤノンITS)は、2017年12月のマルウェア検出状況に関するレポートを公開しました。 ■2017年12月のマルウェア検出状況に関するレポートをウェブで公開キヤノンITSのマルウェアラボでは、国内で利用されているウイルス対策ソフト「ESETセキュリティ ソフトウェ

2018年1月26日trendmicroフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

トレンドマイクロ、「2017年国内サイバー犯罪動向」速報を発表

トレンドマイクロ、「2017年国内サイバー犯罪動向」速報を発表~「3つのセキュリティ上の欠陥」が企業に深刻な影響を与えた一年に~ トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン 東証一部:4704、以下、トレンドマイクロ)は、2017年※1に日本国内を中心に観測されたサイバー攻撃やトレンドマイクロ独自の統計データを元に分析した「2017年国内サイバー犯罪動向」をお知らせします。2017年はランサムウェア「WannaCry(ワナクライ)」による大規模な

2018年1月18日trendmicroフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2018年セキュリティ脅威予測

トレンドマイクロ、2018年の脅威動向を予測したレポートを公開ランサムウェアのビジネスモデルが定着する一方で、新たなネット恐喝手法が出現~IIoTへのサイバー攻撃や法令違反を材料としたネット恐喝の登場~ トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン 東証一部:4704、以下、トレンドマイクロ)は、2018年の国内外における脅威動向を予測したレポート「2018年セキュリティ脅威予測」を、本日公開したことをお知らせします。「2018年セキュリティ脅威予

2018年1月15日Webrootフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

最も危険なランサムウェア トップ10

ウェブルート、最も危険なランサムウェア トップ10を発表 セキュリティソフトをグローバルで展開し、セキュリティ業界をリードするウェブルート株式会社 (本社:東京都港区、 代表取締役社長:伊藤 誉三、以下 ウェブルート)は2017年最も脅威だったランサムウェアを調査し、その結果をランキング形式のインフォグラフィックとして公開いたしました。【最も脅威のランサムウェアは「NotPetya」】ウェブルートのリサーチチームによると調査の結果、 2017年に最も破壊性が高いランサムウェアは、世界中に被

2017年12月28日trendmicroフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年第3四半期セキュリティラウンドアップ

国内外の脅威動向を分析した「2017年第3四半期セキュリティラウンドアップ」を公開~不正な手法で仮想通貨のマイニングツールを配布するサイトが約12倍に増加~ トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン 東証一部:4704、以下、トレンドマイクロ)は、日本国内および海外のセキュリティ動向を分析した報告書「2017年第3四半期セキュリティラウンドアップ:サイバー犯罪者の狙いは仮想通貨に拡大」を本日公開したことをお知らせします。2017年第3四半期セキ

2017年10月 マルウェアレポート

キヤノンMJがお届けする安全なデジタル活用のためのセキュリティ情報 2017.11.30 2017年10月 マルウェアレポートショートレポート「2017年10月マルウェア検出状況」トピック10月の概況についてDDEを悪用したダウンローダー新種のランサムウェアの出現マイニングマルウェアの流行 1. 10月の概況について2017年10月1日から10月31日までの間、ESET製品が国内で検出したマルウェアの比率は、以下のとおりです。10月はVBS(VBScript)形式のダウンローダーは減少し、V

2017年10月9日trendmicroフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年上半期セキュリティラウンドアップ

Trend Labs 2017年上半期 セキュリティラウンドアップ ダウンロード 2017年1月~6月の最新脅威動向をまとめたレポートを以下よりダウンロードいただけます。 日本セキュリティラウンドアップ・脆弱性を利用したワーム活動で大きな被害、「WannaCry」が残した教訓・国内ネットバンキングを狙う新たな動きを顕在化させた「URSNIF」と「RAMNIT」・ランサムウェア「多様化」の傾向が日本にも流入・6ヵ月間で240万件の重要情報を侵害した「公開サーバへの攻撃」・IT発展の裏側で未成年者の

2017年10月3日trendmicroフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内法人組織におけるセキュリティ実態調査 2017年版

国内法人組織におけるセキュリティ実態調査 2017年版を発表~約4割がセキュリティの重大被害を経験、年間被害額は過去最高の平均2億3,177万円~ トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:エバ・チェン、東証一部:4704 以下、トレンドマイクロ)は、官公庁自治体および民間企業における情報セキュリティ対策の意思決定者および意思決定関与者1,361名を対象に、セキュリティ被害と対策状況の実態を明らかにする調査「法人組織におけるセキュリティ実態調査 2017年版」を

2017年8月4日KASPERSKY labフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

KSNレポート - ランサムウェアの脅威状況(2016~2017年)

KSNレポート - ランサムウェアの脅威状況(2016~2017年)

2017年2月12日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

情報セキュリティ10大脅威 2017

情報セキュリティ10大脅威 2017 最終更新日:2017年5月30日職場に迫る脅威! 家庭に迫る脅威!? 急がば回れの心構えでセキュリティ対策を「情報セキュリティ10大脅威 2017」は、2016年に発生した社会的に影響が大きかったと考えられる情報セキュリティにおける事案から、IPAが脅威候補を選出し、情報セキュリティ分野の研究者、企業の実務担当者などからなる「10大脅威選考会」が脅威候補に対して審議・投票を行い、決定したものです。資料は、下記の3章構成となっています。第1章 情報セキュリティ

2017年1月13日Cylanceフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Total Economic Impact

私たちは環境に応じてデバイスを使い分けていますセキュリティも、働き方によって変わらなければなりません サイバーセキュリティ、災害などの重大インシデント管理、そしてIOTまで、BlackBerry は場所、用途を問わずお客様をサポートし続けます サイバーセキュリティはこちらマルウェア | ランサムウェア | 内部からの脅威 重大イベント管理 英語サイトCyberattacks | IT Outages | Disruptions | Safety モノのインターネット (IoT) 英

JNSA 2016 セキュリティ十大ニュース

2020年12月25日セキュリティ十大ニュース選考委員会委員長 大木 榮二郎 2020年は、新型コロナ ウイルス感染症(COVID-19)が爆発的に世界に広まり、パンデミックとなって 8000万人の感染者と 170万人を超える死者を出し、世界経済や市民生活、さらには世界の政治体制にも大きな影響を及ぼした一年であった。このパンデミックは、まだ収束するに至らず現在進行形でさらに大きな被害をもたらすと、WHOや各国政府からたびたび警告が発せられ、ロックダウンなどの措置も引き続きあちこちで検討されている

2016年11月28日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Kaspersky Labレポート:デジタル健忘症

2018年11月に提唱された「パリ・コール」の一環として設けられたワーキンググループのひとつにおいて、当社はフランスの大手企業と行政機関で構成されるデジタル連合「Cigref」と共同で議長を務め、ICTサプライチェーンのセキュリティを強化する具体的な手段を紹介する報告書をまとめました。情報セキュリティリスクに関する年次調査の結果、大規模企業においてデータを共有しているサプライヤーを通じて企業が間接的に被るデータ侵害コストの平均が136万ドルに達し、最も影響のあるインシデントとなりました。当社がイ

2016年11月25日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年第3四半期 セキュリティラウンドアップ

2016年第3四半期セキュリティラウンドアップアンダーグラウンドが加速させるランサムウェアの脅威 Trend Labs 2016年第3四半期 セキュリティラウンドアップ ダウンロード 2016年7月~9月の最新脅威動向をまとめたレポートを以下よりダウンロードいただけます。 日本セキュリティラウンドアップ・メール経由での不正プログラム拡散が激化し、検出台数は5倍に拡大・前年同期比24.4倍、過去最大規模の拡大が続くランサムウェア・国内ネットバンキングを狙う脅威も過去最大39,900件の検出台

2016年11月25日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Kasperskyサイバー脅威レポート:2016年7月~9月

<Kasperskyサイバー脅威レポート:2016年7月~9月>暗号化型ランサムウェアの攻撃を受けたユーザーは82万人にのぼり、2016年4月~6月の2.6倍に暗号化型ランサムウェアは世界中でますます猛威を振るっています。日本は標的になった国で2四半期連続でトップとなり、カスペルスキー製品ユーザーの4.83%が攻撃に遭遇し、前四半期の2.4%から2倍に増加しています。~日本は2四半期連続で暗号化型ランサムウェアの標的になった国のトップに ~[本リリースは、2016年11月3日にKaspersky

2016年11月7日ラックフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

JSOC INSIGHT vol.13

企業や組織のセキュリティ事故発生時はこちら緊急対応窓口:サイバー救急センター®ご相談は予約不要、24時間対応 ラック、JSOCが検知した攻撃の実態レポート「JSOC INSIGHT vol.13」を公開 ~相次ぐApache Struts 2の脆弱性公開やUrsnifの感染事例の急増などについての解説を公開~2016年10月31日 | プレス株式会社ラック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙梨 輝彦、以下ラック)は、自社で運営する日本最大級のセキュリティ監視センター「JSOC(ジェイソ

2016年8月7日ねこじゃらしフィードバック数:0企業情報システム

法人向けクラウドバックアップサービス「BackStore」のバックアップ利用状況を分析したレポート

[株式会社ねこじゃらし] ,セキュリティ インターネット トレンド バックアップ 分析 クラウド BCP ランサムウェア IT クラウドバックアップ

ランサムウェアに関する調査レポート

パロアルトネットワークス、 ランサムウェアに関する調査レポート要約を公開 次世代セキュリティ企業のパロアルトネットワークス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:アリイ ヒロシ、以下パロアルトネットワークス)は、独自にまとめたランサムウェアに関する調査レポートの要約日本語版を公開しました。レポート内では日本で見つかっているランサムウェアも紹介しています。 本レポートは、米国本社の脅威インテリジェンスチーム「Unit 42」が作成し、5月10日にレポートを公開したものです。ランサムウ

2016年5月29日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年第1四半期 セキュリティラウンドアップ

2016年第1四半期セキュリティラウンドアップ止まらぬランサムウェアの猛威、メール経由の拡散が顕著 Trend Labs 2016年第1四半期 セキュリティラウンドアップ ダウンロード 2016年1月~3月の最新脅威動向をまとめたレポートを以下よりダウンロードいただけます。 日本セキュリティラウンドアップ・止まらぬランサムウェアの猛威、過去最悪の感染被害・金銭目的脅威の拡散でマルウェアスパムの使用が顕著、1万4000台以上に影響・ネットバンキングへの攻撃も拡大中、検出台数1万5000件に急

2016年3月2日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Trend Labs 2015年 年間セキュリティラウンドアップ

情報と金銭を狙ったサイバー犯罪の矛先が法人に 2015年の最新脅威動向をまとめたレポートを以下よりダウンロードいただけます。 日本セキュリティラウンドアップ・気づけない標的型サイバー攻撃、4社に1社は侵入済み、発覚までに5か月以上・日本を狙う「正規サイト汚染」、気づけない不正広告が7000サイト以上に影響・脆弱性を利用した「自動感染」、国内からの720万アクセスに影響・金銭を狙う攻撃:ランサムウェアとネットバンキングの被害が国内法人で拡大、PoSマルウェアも日本で検出増・情報漏えいに繋がる

2016年2月18日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

情報セキュリティ10大脅威 2016

情報セキュリティ10大脅威 2016個人と組織で異なる脅威、立場ごとに適切な対応を 本資料は、情報セキュリティ分野の研究者、企業の実務担当者など69組織108名から構成される「10大脅威選考会」メンバーの審議・投票によってトップ10を選出し、各脅威についてメンバーの知見や意見を集めて解説したものです。資料は、下記の3章構成となっています。第1章 10大脅威の10年史過去10年の「10大脅威」を振り返り、社会的背景、脅威や攻撃手法の移り変わりとの関係を解説しています。第2章 情報セキュリティ10大

2016年2月2日カスペルスキー★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

数字で振り返る2015年のサイバー脅威

<Kaspersky Security Bulletin> 数字で振り返る2015年のサイバー脅威:モバイルバンキング型マルウェア、初めて金融系マルウェアのトップ10に2015年には、Androidデバイスを狙うモバイルバンキング型マルウェアが、金融系マルウェアのトップ10に初めてランクインしました。ランサムウェアの急速な拡大も憂慮すべきトレンドで、実際に世界200の国と地域でカスペルスキー製品がランサムウェアを検知しています。[本リリースは、2015年12月15日にKaspersky Labが

モバイルセキュリティ脅威動向調査2016

デジタルPRとプレスリリース配信info@digitalpr.jp受付 10:00〜18:00(土日祝日を除く) カスタマーサポートデスクは、新型コロナウイルス対策のため在宅対応につき、電話での対応を行っておりません。お問い合わせは info@digitalpr.jp までお願いいたします。運営会社からのお知らせはこちらスマートフォンセキュリティ脅威の動向を調査 ランサムウェア・データトラフィック盗用ウイルスが増加「360セキュリティ」でスマートフォンのセキュリティ対策を 360モバイル・セキ

2015年11月26日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2015年第3四半期 セキュリティラウンドアップ

2015年第3四半期セキュリティラウンドアップ見ただけで感染する「正規サイト汚染」の脅威 Trend Labs 2015年第3四半期 セキュリティラウンドアップ ダウンロード 2015年7~9月の最新脅威動向をまとめたレポートを以下よりダウンロードいただけます。 日本セキュリティラウンドアップ・「正規サイト汚染」による被害急増、3500サイトで不正広告を表示・脆弱性攻撃の深刻化が継続、攻撃サイトへ国内から170万アクセス・金銭を狙う攻撃が激化、オンライン銀行詐欺ツールとランサムウェアが共に

2015年5月28日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2015年第1四半期セキュリティラウンドアップ

トレンドマイクロについて プレスリリース 「不正広告」と「ゼロデイ脆弱性」を組み合わせた攻撃を初確認 古い攻撃手法「マクロ型」が復活 -日本と海外の脅威動向を分析した「2015年第1四半期セキュリティラウンドアップ」を公開-「不正広告」と「ゼロデイ脆弱性」を組み合わせた攻撃を初確認 古い攻撃手法「マクロ型」が復活 トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン 東証一部:4704、以下、トレンドマイクロ)は、日本国内および海外のセキュリティ動向を

2015年4月30日エフセキュアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2014年下半期脅威レポート

エフセキュア、新しい調査レポートで恐喝型マルウェアの拡大を警告2015年04月30日08:00ツイートfsecure_blogヘルシンキ発サイバーセキュリティ企業であるエフセキュアは、新しい調査レポートを公開し、無防備な携帯電話ユーザやPCユーザから金銭を恐喝するマルウェアが増加していることを指摘しています。新しい脅威レポートによると、トロイの木馬やランサムウェアを送信するプレミアムSMSメッセージなどのマルウェアは拡大を続けており、今日、デジタルの脅威の状況において注意を要する存在となっていま

2015年2月25日トレンドマイクロ★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

トレンドマイクロのレポートです。

Trend Labs 2014年 年間セキュリティラウンドアップ

2014年の最新脅威動向をまとめたレポートを以下よりダウンロードいただけます。 日本セキュリティラウンドアップ・正規サイトでも危険、不正広告が10 万人を脅威へ誘導・日本を狙うネット詐欺が急増:ネット通販の偽サイトが10 万人以上に影響・ネットバンキングを狙う攻撃が倍増、被害は法人でも拡大・顧客情報を奪う攻撃が企業を脅かす・Android 不正アプリの脅威拡大、iOS 安全神話にも陰りが・2014 年を通じ、不正プログラム検出台数でアドウェアがトップ3 を独占グローバルセキュリティラウンドアップ

10大ニュースです。

2014セキュリティ十大ニュース

2020年12月25日セキュリティ十大ニュース選考委員会委員長 大木 榮二郎 2020年は、新型コロナ ウイルス感染症(COVID-19)が爆発的に世界に広まり、パンデミックとなって 8000万人の感染者と 170万人を超える死者を出し、世界経済や市民生活、さらには世界の政治体制にも大きな影響を及ぼした一年であった。このパンデミックは、まだ収束するに至らず現在進行形でさらに大きな被害をもたらすと、WHOや各国政府からたびたび警告が発せられ、ロックダウンなどの措置も引き続きあちこちで検討されている

2014年2月6日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

悪質なスパムの標的:3年連続で金融関連のデータがトップ

2018年11月に提唱された「パリ・コール」の一環として設けられたワーキンググループのひとつにおいて、当社はフランスの大手企業と行政機関で構成されるデジタル連合「Cigref」と共同で議長を務め、ICTサプライチェーンのセキュリティを強化する具体的な手段を紹介する報告書をまとめました。情報セキュリティリスクに関する年次調査の結果、大規模企業においてデータを共有しているサプライヤーを通じて企業が間接的に被るデータ侵害コストの平均が136万ドルに達し、最も影響のあるインシデントとなりました。当社がイ

2014年1月16日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

数字で振り返る 2013年:1日に315,000個もの新種のマルウェアが発生

2018年11月に提唱された「パリ・コール」の一環として設けられたワーキンググループのひとつにおいて、当社はフランスの大手企業と行政機関で構成されるデジタル連合「Cigref」と共同で議長を務め、ICTサプライチェーンのセキュリティを強化する具体的な手段を紹介する報告書をまとめました。情報セキュリティリスクに関する年次調査の結果、大規模企業においてデータを共有しているサプライヤーを通じて企業が間接的に被るデータ侵害コストの平均が136万ドルに達し、最も影響のあるインシデントとなりました。当社がイ

2014年1月14日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2013年の脅威の展望を決定付けた主なセキュリティインシデント

当社がインシデントレスポンス対応したサイバー攻撃を分析した結果、企業ネットワーク環境への初期侵入経路は、パスワードの総当たり攻撃と外部公開されたアプリケーションの脆弱性の悪用が多く、強固なパスワードポリシーと適切なパッチ管理によって攻撃リスクを最大63%減少できる可能性があります。この買収により、当社のクラス最高のセキュリティソリューションと技術に、Brain4Netのネットワークのオーケストレーションと制御機能や専門知識を組み合わせた、統合型プラットフォームとしての全く新しいSASEソリューシ

2013年12月26日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2013年10月のスパムレポート:サンタ、詐欺、そして魔術

2018年11月に提唱された「パリ・コール」の一環として設けられたワーキンググループのひとつにおいて、当社はフランスの大手企業と行政機関で構成されるデジタル連合「Cigref」と共同で議長を務め、ICTサプライチェーンのセキュリティを強化する具体的な手段を紹介する報告書をまとめました。情報セキュリティリスクに関する年次調査の結果、大規模企業においてデータを共有しているサプライヤーを通じて企業が間接的に被るデータ侵害コストの平均が136万ドルに達し、最も影響のあるインシデントとなりました。当社がイ

2013年12月25日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2013年第3四半期-データを狙う脅威の増加に懸念

2018年11月に提唱された「パリ・コール」の一環として設けられたワーキンググループのひとつにおいて、当社はフランスの大手企業と行政機関で構成されるデジタル連合「Cigref」と共同で議長を務め、ICTサプライチェーンのセキュリティを強化する具体的な手段を紹介する報告書をまとめました。情報セキュリティリスクに関する年次調査の結果、大規模企業においてデータを共有しているサプライヤーを通じて企業が間接的に被るデータ侵害コストの平均が136万ドルに達し、最も影響のあるインシデントとなりました。当社がイ

2013年12月12日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インターネットユーザーの約3分の1が銀行を装った偽メールを受信

この攻撃グループが産業分野を対象にしたとみられる直近の攻撃を分析したところ、Pythonで書かれたWindowsとmacOSの両方を標的としたマルウェアを発見しました。 『間違いだらけの“感染対策”を考える』と題しまして、課題やニーズに対する最適かつ現実的な解を導き出すためのオンラインセッションを開催いたします。~ iPhoneやiPadで安全にインターネットを利用するための総合セキュリティアプリ。危険サイト対策やWi-Fi安全性診断などの機能を搭載 ~Fnaticと共同で取り組む一連の活動やコ

2013年12月11日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2013年第3四半期のスパム:ユーザーのデータを標的とする悪質なスパムが急増

当社がインシデントレスポンス対応したサイバー攻撃を分析した結果、企業ネットワーク環境への初期侵入経路は、パスワードの総当たり攻撃と外部公開されたアプリケーションの脆弱性の悪用が多く、強固なパスワードポリシーと適切なパッチ管理によって攻撃リスクを最大63%減少できる可能性があります。この買収により、当社のクラス最高のセキュリティソリューションと技術に、Brain4Netのネットワークのオーケストレーションと制御機能や専門知識を組み合わせた、統合型プラットフォームとしての全く新しいSASEソリューシ

2013年11月19日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

被害者の3分の1以上が予定外の出費を余儀なくされている

2018年11月に提唱された「パリ・コール」の一環として設けられたワーキンググループのひとつにおいて、当社はフランスの大手企業と行政機関で構成されるデジタル連合「Cigref」と共同で議長を務め、ICTサプライチェーンのセキュリティを強化する具体的な手段を紹介する報告書をまとめました。情報セキュリティリスクに関する年次調査の結果、大規模企業においてデータを共有しているサプライヤーを通じて企業が間接的に被るデータ侵害コストの平均が136万ドルに達し、最も影響のあるインシデントとなりました。当社がイ

2013年11月15日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2013年8月のスパムレポート:スパマー達も夏季休暇?

2018年11月に提唱された「パリ・コール」の一環として設けられたワーキンググループのひとつにおいて、当社はフランスの大手企業と行政機関で構成されるデジタル連合「Cigref」と共同で議長を務め、ICTサプライチェーンのセキュリティを強化する具体的な手段を紹介する報告書をまとめました。情報セキュリティリスクに関する年次調査の結果、大規模企業においてデータを共有しているサプライヤーを通じて企業が間接的に被るデータ侵害コストの平均が136万ドルに達し、最も影響のあるインシデントとなりました。当社がイ

2013年10月25日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

61%のユーザーは被害をうけたデータを完全には復元できない

2018年11月に提唱された「パリ・コール」の一環として設けられたワーキンググループのひとつにおいて、当社はフランスの大手企業と行政機関で構成されるデジタル連合「Cigref」と共同で議長を務め、ICTサプライチェーンのセキュリティを強化する具体的な手段を紹介する報告書をまとめました。情報セキュリティリスクに関する年次調査の結果、大規模企業においてデータを共有しているサプライヤーを通じて企業が間接的に被るデータ侵害コストの平均が136万ドルに達し、最も影響のあるインシデントとなりました。当社がイ

2013年10月23日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業はITセキュリティ分野で深刻な予算不足を抱えている

2018年11月に提唱された「パリ・コール」の一環として設けられたワーキンググループのひとつにおいて、当社はフランスの大手企業と行政機関で構成されるデジタル連合「Cigref」と共同で議長を務め、ICTサプライチェーンのセキュリティを強化する具体的な手段を紹介する報告書をまとめました。情報セキュリティリスクに関する年次調査の結果、大規模企業においてデータを共有しているサプライヤーを通じて企業が間接的に被るデータ侵害コストの平均が136万ドルに達し、最も影響のあるインシデントとなりました。当社がイ

2013年10月21日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

オンライン詐欺被害者の41%は被害金をまったく取り戻せず

2018年11月に提唱された「パリ・コール」の一環として設けられたワーキンググループのひとつにおいて、当社はフランスの大手企業と行政機関で構成されるデジタル連合「Cigref」と共同で議長を務め、ICTサプライチェーンのセキュリティを強化する具体的な手段を紹介する報告書をまとめました。情報セキュリティリスクに関する年次調査の結果、大規模企業においてデータを共有しているサプライヤーを通じて企業が間接的に被るデータ侵害コストの平均が136万ドルに達し、最も影響のあるインシデントとなりました。当社がイ

2013年8月16日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

45%の企業がITインフラへの複合的な攻撃を懸念

当社がインシデントレスポンス対応したサイバー攻撃を分析した結果、企業ネットワーク環境への初期侵入経路は、パスワードの総当たり攻撃と外部公開されたアプリケーションの脆弱性の悪用が多く、強固なパスワードポリシーと適切なパッチ管理によって攻撃リスクを最大63%減少できる可能性があります。この買収により、当社のクラス最高のセキュリティソリューションと技術に、Brain4Netのネットワークのオーケストレーションと制御機能や専門知識を組み合わせた、統合型プラットフォームとしての全く新しいSASEソリューシ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ