調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ランサムウェア被害

「ランサムウェア被害」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2021年12月29日CrowdStrikeフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2021年度版グローバルセキュリティ意識調査結果を発表

CrowdStrike、2021年度版グローバルセキュリティ意識調査結果を発表 ~国内組織の61%がランサムウェア被害を体験、高騰する身代金は平均2億5,875万円相当、身代金を支払った組織すべてが二重恐喝により平均95万ドル(1億925万円相当)を追加支払い~ クラウドベースのエンドポイント保護とクラウドワークロード保護の業界リーダーであるCrowdStrike, Inc.(Nasdaq:CRWD、日本支社:東京都港区、以下「CrowdStrike」)は本日、独立調査会社 Vanson Bou

2017年3月8日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年年間セキュリティラウンドアップ

「ランサムウェアビジネス」が法人にもたらす深刻な被害 Trend Labs 2016年 年間セキュリティラウンドアップ ダウンロード 2016年の最新脅威動向をまとめたレポートを以下よりダウンロードいただけます。 日本セキュリティラウンドアップ・日本で過去最大の「ランサムウェア」被害、世界的なばらまき型攻撃が流入・水面下で続く「標的型サイバー攻撃」が組織の持つ情報を脅かす・検出台数10万件突破、国内ネットバンキングを狙う攻撃が過去最大の拡散・「公開サーバへの攻撃」が300万件以上の重要情報

2016年9月1日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年上半期 セキュリティラウンドアップ

凶悪化・巧妙化が進むランサムウェア、国内では過去最大の被害 Trend Labs 2016年上半期 セキュリティラウンドアップ ダウンロード 2016年1月~6月の最新脅威動向をまとめたレポートを以下よりダウンロードいただけます。 日本セキュリティラウンドアップ・日本国内で過去最大のランサムウェア被害・水面下で継続する標的型サイバー攻撃・マルウェアスパムによる金銭目的脅威の拡散が顕著・ネットバンキングを狙う脅威も拡大、検出台数は2倍・公開サーバ上の情報を狙う攻撃で日本特有の脆弱性利用を確認

2016年8月8日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業におけるランサムウェア実態調査 2016

~ランサムウェアの被害に遭わないと思う理由、45.7%が「自社は大企業または有名企業ではないから」と回答~ トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン、東証一部:4704、以下、トレンドマイクロ)は、2016年6月に、企業・組織においてITに関する意思決定者および関与者534名を対象に「企業におけるランサムウェア実態調査 2016」を実施しました。本調査の調査結果は以下の通りです。※ 調査結果のパーセンテージは、小数点以下第二位を四捨五入した数値

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ