調査のチカラ TOP > タグ一覧 > リクナビNEXT

「リクナビNEXT」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2019年3月22日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

40歳以上のミドル・シニアに聞いた、転職の不安とは

プレスリリース記事詳細~40歳以上のミドル・シニアに聞いた、転職の不安とは?~「年齢によって選考の際不利になる」が8割を超える リクナビNEXT登録者アンケート集計結果株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林 大三)は、転職情報サイト『リクナビNEXT』の登録者を対象にアンケートを行いました。今回は回答者の中から、40歳以上を対象に結果をまとめましたので、その一部を、ご報告いたします。調査結果トピックス転職活動の不安は、「年齢によって選考の際不利になる」が8割を超え

2018年1月29日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

転職活動者に聞く転職中に企業に求めることは? 配属される職場の情報 ~職場長との会話の場・具体的な仕事内容の開示~ -「リクナビNEXT」登録者アンケート集計結果-

プレスリリース リクルートホールディングスのプレスリリース一覧はこちら PDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。 Adobe® Reader® はアドビシステムズ社より無償配布されています。 株式会社リクルート 公式SNSリクルートホールディングスリクルートRGF OHRRGF Staffing(c) Recruit Co., Ltd.

【保存版】有効求人倍率からハロワ?クの数まで転職に関わるデータまとめ!都道府県毎の雇用データを徹底調査(簡易解説付き)

有効求人倍率からハローワークの数まで徹底調査【都道府県別データあり】 2017/07/21 2019/03/16東京都、神奈川県、大阪府、福岡県…などの都道府県毎の雇用指数を徹底調査しました。同じ日本と言えど、エリアによって転職事情は大きく異なります。他県での転職を検討されている方に向けて、転職関連の統計情報を調査しました。有効求人倍率(資料出所 : 厚生労働省「一般職業紹介状況」 / 2017年5月)有効求職者数(資料出所 : 厚生労働省「一般職業紹介状況」 / 2015年)有効求人数(資料出

ヘッドハンターの転職サイトの利用動向調査

市場調査とコンサルティングのシード・プランニングヘッドハンターの転職サイトの利用動向調査 − 調査結果 [調査結果のポイント]ヘッドハンターの、• 求職者情報収集方法の主力は、「人からの紹介」、「転職サイトの活用」• 探す人材は、「管理職」や「特化した人材」が多い• 利用したことがある転サイトは、「ビズリーチ」、「エン転職」、「リクナビNEXT」など• 評価が高いサイトは、→ 管理職を探す場合 ①ビズリーチ ②リクナビNEXT ③エン転職→ 特化した人材を探す場合 ①リクナビNEXT ②ビズリー

転職サイトの利用動向調査

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング転職サイトの利用動向調査 − 調査結果 [調査結果のポイント]• 登録・利用しているサービス トップ5→ 「リクナビNEXT」「エン転職」「マイナビ転職」「DODA」「ビズリーチ」• 登録・利用しているサービスの評価→ 「現在の役職と同等以上の求人が多い」、「現在の個人年収と同等以上の求人が多い」と評価されたサービス トップ3は、「ビズリーチ」「リクナビNEXT」「エン転職」• 年収800万円以上の人の傾向→ 登録・利用しているサービス トップ5は

2014年11月27日リクルート★フィードバック数:0キャリアとスキル

男性の育児についての調査です。

子育て中の男性ビジネスパーソン1000名アンケート

転職トップ > 育児中の男性1000人アンケートから見えてきたものとは?育児、家事に参加する男性は、シゴトも充実している!? ビジネスの場における女性の活躍を促進するためには、「男性の育児、家事への参加」が有効策の一つと言われている。イクメン、イクボスと呼ばれる、育児や家事と仕事を両立する男性ビジネスパーソンが増えつつあるが、実際はどうなのだろうか?リクナビNEXT編集部では、共働き、小学生以下の子どもがいる男性ビジネスパーソン1000名にアンケートを実施。アンケート結果をもとに、彼らの育児、

2014年2月26日リクルート★フィードバック数:0キャリアとスキル

男女比較になっています。

女性管理職に関する調査

安倍政権が推進する「成長戦略」のひとつである、女性の活用にいま注目が集まっている。2013年、安倍首相は、ゴールドマン・サックス証券のチーフストラテジスト、キャシー・松井氏が1999年に提唱した「ウーマノミクス(Womenomics)」についても言及し、「指導的地位に占める女性の割合を2020年までに30%程度にしたい」と目標を掲げ、「全上場企業において、積極的に役員・管理職に女性を登用していただきたい。まずは、役員に、一人は女性を登用していただきたい」と発言しており、国の動きは勢いを増している

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

お知らせ