「リスク」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

2020年、ウィズコロナ時代における忘年会への意識調査

【リリース】2020年、ウィズコロナ時代における忘年会への意識調査 望まれていることは万全な感染症対策 【リリース】2020年、ウィズコロナ時代における忘年会への意識調査 望まれていることは万全な感染症対策 法人向けのフードデリバリーサービス「くるめし弁当」「シェフコレ」を運営する日本フードデリバリー株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役:石川 聡)は「くるめし弁当」「シェフコレ」の会員を対象に、2020年、ウィズコロナ時代における忘年会に対する意識調査を行いました。その結果をご報告します

2020年7月23日NEXERフィードバック数:0社会/政治

【防災】46.0%がハザードマップを「確認していない」

/ / 【防災】46.0%がハザードマップを「確認していない」【防災】46.0%がハザードマップを「確認していない」自分の住んでいる地域のハザードマップ、確認していますか?近年、大雨や地震など自然災害が頻繁に発生し、日本各地で甚大な被害がおきています。災害から身を守るためには、お住まいの地域の災害リスクを知り、リスクを最小限にとどめるために事前に準備することが大切です。今回は、全国の男女300名ずつを対象に、市区町村で作成されている「ハザードマップ」に関するアンケートを実施しました。「ハザード

2020年6月5日LENDEXフィードバック数:0大型消費/投資

老後に向けた資産形成に関する調査

【老後の不安はやっぱりお金】4割以上の方が資産形成をできていない。老後資金に適しているのは少額?分散?どの投資から始めるべきなのか 安全・安心に高利回りの投資を。 株式会社LENDEX(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役:深澤 克己)は投資をしている40代後半~60代の男女を対象に、老後に向けた資産形成に関する調査を実施しました。 人生100年時代と言われるなかで、あなたは老後の備えはしっかりとできていますか?2019年に"老後資金2,000万円問題"が話題になり、老後に不安を感じられた方も多

2020年5月22日ポーラフィードバック数:0ライフスタイル

ステイホーム期間により、シミのリスクが減少しうるおいは低下、シワができやすく、皮脂量は増加傾向に

コンテンツエリアですTop企業情報ニュースステイホーム期間により、シミのリスクが減少しうるおいは低下、シワができやすく、皮脂量は増加傾向にあることを推測株式会社ポーラ(本社:東京都品川区、社長:及川美紀)は、新型コロナウイルスによる外出自粛などに伴うライフスタイルや生活体調の変化について、ポーラ公式LINEアカウントをフォローされている方を対象にアンケートを行いました。その結果、「ストレス」「PC・スマホを使用する」 「イライラすることがある」「肩や首がこりやすい」という項目において、外出自粛前

将来への収入不安と解消手段に関して、30歳以上の男女1,126人に聞きました

【これからの時代、投資は当たり前?】将来への収入不安と解消手段に関して、30歳以上の男女1,126人に聞きました あなたとともに、笑顔が増える みんなで大家さん販売株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:澤邊 博文)は、30歳以上の男女(年収1,500万円以下)を対象に、将来への収入不安と解消手段に関する調査を実施しました あなたは将来への不安と聞いて何を思い浮かべますか?お金、健康、仕事…と様々なことが挙げられると思います。その中でもお金(収入)の問題は特に気になる方も多いのではないでし

2018年12月20日ピーエムジーフィードバック数:0ビジネス

「起業」に関する調査

検索約60%の方が「資金不足」と「リスク」により起業を断念。「ファクタリングサービス」によるキャッシュフローの均一化で事業推進をより円滑に。【「起業」に関する調査】 現代の日本では起業希望者数は年々減少していますが、実際の起業数は年々増加傾向にあります。 このようなことが起きる背景には、不況による公務員志望の増加や、リスクを避けるといった考え方が一般的になったということがあります。 一方で、新たに起業する方に対しては国が助成金を出したり、会社設立の代行サービスなどがあり、起業に対するハードルが低

2018年12月4日AXA Life Insuranceフィードバック数:0ビジネス

社長さん白書2018

全国の中小企業経営者に聞いた「老後の生活」の不安とは?2018年10月24日 | 医療技術の進歩などにより、先進国のなかでも著しく平均寿命が延びている日本。人生100年時代に突入し、誰もが多かれ少なかれ老後の不安を抱えながら生活を送っています。老後への備え、その必要性に迫られるなかで、企業経営者はどのようなライフプランを練っているのでしょうか。今回は、アクサ生命が発表した『社長さん白書2018』の調査結果をもとに、経営者が考える老後の生活の不安について考察していきます。『社長さん白書』は、中小

2018年11月15日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

女性に聞く「転職のリスク」意識調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース女性に聞く「転職のリスク」意識調査 7割が転職のリスク軽減のために、「転職先が決まってから退職する」と回答。転職を決断する前にやっておくべきこと、「キャリアプランの明確化」「今の仕事をやりきる」―『 エンウィメンズワーク 』ユーザーアンケート集計結果― 女性に聞く「転職のリスク」意識調査―『 エンウィメンズワーク 』ユーザーアンケート― 7割が転職のリスク軽減のために「転職先が

2018年11月1日マカフィーフィードバック数:0マーケティング

2018年版「インターネット検索で最もリスクの高い有名人」

マカフィー、2018年版「インターネット検索で最もリスクの高い有名人」を発表 ~今年の1位は女優のルビー・ローズ~ 昨年はミュージシャンがランキング上位を独占、今年はTVドラマ・映画スターがトップに ニュース ハイライト•2018年版「インターネット検索で最もリスクの高い有名人(McAfee Most Dangerous Celebrities™)」で女優のルビー・ローズがトップにランクイン•調査により、インターネット検索で悪意のあるWebサイトやマルウェア感染のリスクが最も高い有名人が明らかに

2018年7月21日リスキーブランド★★フィードバック数:0ライフスタイル

生活者分析| この10年の社会的価値観の動向

「冷笑主義」に向かう日本人。(この10年の社会的価値観の変化) 生活者分析|2008年から2018年までの10年間の時系列データ(各年約4,000サンプル)を使った、日本の社会的価値観の動向についてレポートします。 ブランドコンサルティング会社の株式会社リスキーブランド(本社:東京都渋谷区、代表:田崎和照)は、同社が2008年から実施している生活意識調査MINDVOICE®調査(約4,000サンプル/年)を用いて行なった「この10年の社会的価値観の動向」について報告いたします。サマリー日本の社会

2018年4月16日資生堂★フィードバック数:0ライフスタイル

働く20-30代女性の「新生活とメイク」に関する調査

<働く20-30代女性の「新生活とメイク」に関する調査> 心機一転したいシーズンの到来!? 新生活を機に「メイクを変えたい」女性が約5割! 一方、メイクを変えても「メイク落としの見直し意識」は変化なし!?「メイク残りによる“くすみリスク”を防ぐには、メイクに合わせたメイク落とし選びと丁寧なクレンジングを」(慶田朋子先生)資生堂のスキンケア総合ブランド「専科」は、20-30代の働く女性を対象に「新生活とメイク」に関する調査(以下、「本調査」)を実施しました。本調査では、2017年春に生活・職場環境

閉経後に動脈硬化症のリスク増 女性の糖尿病対策  糖質オフ・低糖質食品の購入経験者は7割以上

サンケイリビング新聞社リビングニュース 2018-02-22閉経後に動脈硬化症のリスク増女性の糖尿病対策糖質オフ・低糖質食品の購入経験者は7割以上 〜20代から80代の女性1345人にアンケートを実施〜サンケイリビング新聞社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長 和田直樹)では、「女性の糖尿病」についてアンケートを実施(※1)。2月24日号のリビング新聞(大阪・兵庫142万9761部発行※2)で、「糖質オフで糖尿病予防」を特集しています。有病者数が1000万人、今や国民病といわれる糖尿病は、

2017年11月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

地域金融機関2023年問題、リスクは金利が上がらないこと

地域金融機関2023年問題、リスクは金利が上がらないこと

2017年11月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

新興国マンスリー(2017年11月)

トップレポート・コラム経済分析新興国新興国マンスリー(2017年11月) ここから本文です新興国マンスリー(2017年11月)サマリー◆世界経済はすそ野の広い拡大過程にある。IMFはなお残るリスクとして先進国のインフレ率の低さを挙げ、緩和的な金融政策の継続が必要と論じている。しかし賃金上昇率の低さを伴う低インフレに金融政策のみで対応することは、金融緩和が過度に及ぶリスクを高めよう。それは先進国のみならず、新興国にバブルの種を植え付けることにもつながる。◆共産党大会を終えた中国では、安定的で比較的

2017年8月30日ドクタートラスト★フィードバック数:0キャリアとスキル

ストレスチェック全業種データ分析レポート【2】 4つの[ストレス要因]業種別ランキング ②仕事の負担 ~仕事の裁量と健康リスクの相関関係~

プレスリリース/ニュースリリース配信の共同通信PRWire 7万人超のストレスチェックで判明!ストレス要因業種別ランキング② 仕事の自由度が健康に影響か?株式会社ドクタートラストは、ストレスチェックの実施を受託した321の企業・団体、合計72,311人分の集団分析データをもとに[ストレス要因]業種別ランキングを算出しました。その結果、「医療・福祉」「運輸」「公務」で仕事の自由度が高く、「郵便等」「不動産」「教育」で自由度が低いことが判明しました。ストレスチェック全業種データ分析レポート【2】4

2017年6月28日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

事業継続計画(BCP)に対する企業の意識調査(2017年5月)

2017/6/14事業継続計画(BCP)に対する企業の意識調査(2017年5月)BCP策定意向企業は半数以下にとどまる〜BCP策定による効果、業務の効率化や取引先の信頼向上も〜はじめに近年、自然災害や情報セキュリティ事故など、さまざまなリスクによる企業活動への影響を想定し、企業活動を休止することなく、あるいは早期復旧させるなどして事業を継続させるため、予め防災・減災対策、災害発生時や発生後の対応措置などに対する重要性が高まっている。また、BCPがより効果的なものになるための地域との連携に関する議

2016年9月13日日本財団★★フィードバック数:0社会/政治

自殺意識大規模調査

対象4万人超「全国初」自殺意識大規模調査4人に1人が 過去に「本気で自殺したいと思ったことがある」 5人に1人が 身近な人を自殺で亡くしている 日時:2016年9月7日(水)15:00~16:00 場所:日本財団ビル(東京都港区赤坂1-2-2) 日本財団は、9月10日「WHO世界自殺予防デー」にあわせて、全都道府県4万人超を対象に初めてとなる自殺意識に関する大規模調査(インターネット調査)を実施しました。その分析結果から見えてきた自殺リスクの実態や自殺対策について、記者発表します。 日本の昨

2016年8月24日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「転職のリスク」についてアンケート

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース転職活動中の方の9割が、転職のリスクはあると回答。―『エン転職』ユーザーアンケート集計結果― 転職活動中の方の9割が、転職のリスクはあると回答。 具体的にリスクを感じていることとは…? ―『エン転職』ユーザーアンケート集計結果― 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する「入社後」までを見据えた日本最大級の総合求人・

2016年7月7日プルーフポイントフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

QUARTERLY THREAT SUMMARY: 2016年1-3月

Threat CenterProofpointのThreat Operation Centerについて学び、Threat Blogとレポートで最新のリスクについての情報を得て下さい。Learn More 脅威レポート 誰もが VAP(Very Attacked Person™) になりえます そして、VAPはあなたが予想している通りの人とは限りません。最新の「人を保護する」サイバーセキュリティ脅威レポートでは、誰がどのように標的にされているか、そしてそれに対して何ができ

2016年5月13日東洋経済新報社フィードバック数:0社会/政治

要注意!安倍政権下で外国人が買った200社

要注意!安倍政権下で外国人が買った200社アベノミクスの終焉で売られるリスク 円高懸念、企業業績悪化もあり続落している日経平均。5月2日は特に輸出企業の下落が目立った 外国人投資家の売りを、年金資金や日銀など公的資金が買い支える構図がすっかり定着した日本の株式市場。投資家の属性別の売買動向を見ると、株が天井を打った昨年夏以降、海外投資家が売り越し、信託銀行が買い越すパターンが、ほぼ一貫して続いている。かつて外国人投資家は、2012年末から始まったアベノミクスに期待して株高を演出してきた。だが

住宅地盤に関する意識調査

ハイアス・アンド・カンパニーがお届けする、住宅・土木・不動産業界の経営革新情報サイト 住宅地盤に関する意識調査 (ページ:1/1)「土地購入の前に地盤の強さを知りたい93%」~消費者の住宅地盤への意識の高まりと住宅会社への要望が明らかに~調査概要1) 実施期間 :2015年10月24日~11月4日2) 調査方法 :ハイアス運営サイトでアンケートにて選択式で回答を得た3) 調査対象 :20歳以上のマイホーム建築前後、および建築中のインターネットユーザー4) 有効回答数 :1059(男性:712、

中堅企業調査レポート2015

プレスリリース/ニュースリリース配信の共同通信PRWire 日本の中堅企業235社の財務責任者を対象とした意識調査アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc. 日本の中堅企業235社の財務責任者を対象とした意識調査日本の中堅企業の半数が「転換期」6割が同業界における「競争優位性」に自信~財務責任者は後継者育成・経営への責任・影響力が増す~ アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.(東京都杉並区/日本社長:清原正治)は、日本の中堅企業(年間売上規模が約5億円以上200

2015年7月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

家計によるリスク資産への投資が増加 資金循環統計(2015年1-3月期)

トップレポート・コラム金融資本市場分析資産運用・投資主体家計によるリスク資産への投資が増加 ここから本文です家計によるリスク資産への投資が増加資金循環統計(2015年1-3月期)サマリー◆日本銀行(以下、日銀)から2015年1-3月期の資金循環統計(速報)が公表された。株価上昇等を背景に金融資産残高を増加させた主体が多い。◆家計の金融資産残高は、株高による残高増加に加え、投資信託、保険・年金準備金、外国証券への資金流入等を背景に過去最高を更新した。依然として、現金・預金がポートフォリオの中心では

2015年6月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

交渉決裂で高まるGrexitのリスク~ギリシャ支援協議の現状と展望~

交渉決裂で高まるGrexitのリスク~ギリシャ支援協議の現状と展望~

2015年6月26日トレンダーズフィードバック数:0ライフスタイル

「子供と食卓菌」に関するレポート

検索梅雨シーズンに要注意の“食卓菌”調査・第2弾 手に約1,000個の“食卓菌”!子供に迫るリスクを解説梅雨から夏のマスト対策、ママに求められる「アルコール除菌」 生活者の意識・実態に関する調査を行うトレンド総研(東京都渋谷区、URL:)と、細菌やカビなどの微生物による環境や健康への影響に関する研究を行う衛生微生物研究センター(東京都葛飾区、URL:)は、カビや菌が増殖しやすい梅雨から夏のタイミングに合わせて、食卓に潜む菌、“食卓菌”に関する調査を行いました。 梅雨から夏にかけて気になるカビや食

2015年6月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

ギリシャ危機の波及はあるのか?~警戒すべき政治面での波及リスク~

ギリシャ危機の波及はあるのか?~警戒すべき政治面での波及リスク~

2015年6月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0大型消費/投資

NISAの現状と今後の課題-利用拡大に欠かせない金融機関からの情報提供の充実

NISAの現状と今後の課題-利用拡大に欠かせない金融機関からの情報提供の充実 基礎研REPORT(冊子版) 2015年6月号 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > NISAの現状と今後の課題-利用拡大に欠かせない金融機関からの情報提供の充実NISAの現状と今後の課題-利用拡大に欠かせない金融機関からの情報提供の充実基礎研REPORT(冊子版) 2015年6月号 生活研究部 主任研究員 井上 智紀基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマ

2015年6月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【プロが解説 ゼロ金利下の金融政策4(最終回)】資産縮小には時間日銀に「逆ざや」リスク

【プロが解説 ゼロ金利下の金融政策4(最終回)】資産縮小には時間日銀に「逆ざや」リスク

ごはん食はメタボリックシンドロームのリスクにはならない~ごはんの摂り方が大切~

ごはん食はメタボリックシンドロームのリスクにはならない~ごはんの摂り方が大切~

2015年5月13日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスとリスク・オン経済

アベノミクスとリスク・オン経済松元 崇 (株式会社第一生命経済研究所特別顧問) アベノミクスは、第1の矢として米欧が採用したのと同様の思い切った量的金融緩和政策を打ち出したが、その背景にあったのがベルリンの壁崩壊以降の世界経済のドラスティックな変化である。今や世界は、かつての資金不足の下でインフレを心配していた世界から、金余りでデフレを心配しなければならない世界にと、180度正反対の姿に変化している。そこでは、グローバルに動き回るマネーが発展途上国の成長の原動力となる一方で、先進国市場ではバブル

2015年4月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀のETF購入と株式市場~日本株の下支え効果の検証と内包するリスク~

日銀のETF購入と株式市場~日本株の下支え効果の検証と内包するリスク~

2015年4月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

世界経済のリスク要因

トップレポート・コラム経済分析日本世界経済のリスク要因 ここから本文です世界経済のリスク要因サマリーIMFは4月の世界経済見通しで、世界経済の成長率は2015年に加速するとし、先進国では日本とユーロ圏の成長率を1月の見通しから上方修正した。一方、新興国の成長率については2015年も低下するとし、2011年から5年連続となる減速を予想している。日本とユーロ圏の成長加速要因は、主に原油価格下落と為替レートの減価によるものだが、それらは世界経済にとってのリスク要因としても位置付けられている。原油価格の

2015年4月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:「賃上げの春」がやってきた!

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:「賃上げの春」がやってきた! ここから本文です日本経済見通し:「賃上げの春」がやってきた!アベノミクスによる好循環が日本経済を下支えリサーチ本部 副理事長 兼 専務取締役 リサーチ本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 小林 俊介 サマリー◆賃上げの春がやってきた!:アベノミクスによる経済の好循環が加速してきた。4月16日に経団連が発表した一次集計によれば、2015年の春闘における賃上げ率(ベースアップと定期昇給の合計)は2.59%と17年振

2015年3月31日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

対策進む中国の地方政府債務問題~地方財政に生じうる財源不足が当面のリスクに~

対策進む中国の地方政府債務問題~地方財政に生じうる財源不足が当面のリスクに~

2月マネー統計~リスク性資産にもマネーが流入

2月マネー統計~リスク性資産にもマネーが流入 | ニッセイ基礎研究所 2月マネー統計~リスク性資産にもマネーが流入 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貸出動向: 伸び率は横ばい・マネタリーベース: 増勢はほぼ止まったが問題なし・マネーストック: リスク性資産にもマネーが流入2月の銀行貸出(平均残高)の伸び率は前年比2.6

中国経済見通し:15年は7.1%、16年は6.9%~リスクは住宅市場に在り

中国経済見通し:15年は7.1%、16年は6.9%~リスクは住宅市場に在り | ニッセイ基礎研究所 中国経済見通し:15年は7.1%、16年は6.9%~リスクは住宅市場に在り 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 中国では14年の国内総生産(GDP)が63兆6463億元と日本の2倍を超えてきた。14年の実質成長率は前年比7.4%増

2015年2月13日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

下振れリスク高まるブラジル経済~2015年はマイナス成長転落へ~

下振れリスク高まるブラジル経済~2015年はマイナス成長転落へ~

2015年2月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

今年最大のリスクは米国の思いがけない鈍化

今年最大のリスクは米国の思いがけない鈍化

2015年1月23日アイティメディア★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

パスワードなどの認証についての調査です。

企業における業務用PCとユーザー認証についての実態調査

「プライベートと勤務先で同じパスワード」 危険と認識、まだ2割:ITmedia エンタープライズ読者調査 ITmedia エンタープライズと富士通は、企業における業務用PCとユーザー認証についての実態調査を実施した。 ITmedia エンタープライズと富士通はこのたび、企業における業務用PCとユーザー認証方法についての読者調査を実施した。調査によると、懸念されるセキュリティ課題のうち「端末の紛失と盗難」と「内部関係者による情報の持ち出し」への対策が懸念とする回答がそれぞれ6割に達するという結果と

2015年1月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:日本経済のリスク要因を検証する

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:日本経済のリスク要因を検証する ここから本文です日本経済見通し:日本経済のリスク要因を検証する景気は緩やかな回復軌道を辿る見通しだが、4つのリスクに要注意リサーチ本部 副理事長 兼 専務取締役 リサーチ本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 サマリー◆:日本経済は、2014年1月をピークに景気後退局面入りしたとみられるものの、今回の景気後退は極めて短期間で終了した可能性が高い。2015年以降も、日本経済は、①アベノミクスによる好循環が継続する

2015年1月14日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

緩和が進む米銀の貸出基準~当局は銀行の過度なリスクテイクを懸念~

緩和が進む米銀の貸出基準~当局は銀行の過度なリスクテイクを懸念~

2015年1月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(2015年1月号)~原油安に潜む少し先のリスク

金融市場の動き(1月号)~原油安に潜む少し先のリスク | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(1月号)~原油安に潜む少し先のリスク 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (金融市場) 年明けの金融市場は波乱の幕開けとなった。その一因は原油安だ。原油価格はさらに下値を模索する展開も有り得、下がれば下がるほど、その悪影響への懸念も

リスク・オフ・ムードに押される新興・資源国経済~商品安を受けて株、通貨の連鎖安~

リスク・オフ・ムードに押される新興・資源国経済~商品安を受けて株、通貨の連鎖安~

2014年12月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年の日本経済見通し

トップレポート・コラム経済分析経済予測2015年の日本経済見通し ここから本文です2015年の日本経済見通し景気は緩やかな回復軌道を辿る見通しだが、4つのリスクに要注意リサーチ本部 副理事長 兼 専務取締役 リサーチ本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 サマリー◆:2014年7-9月期GDP二次速報を受けて、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2014年度が前年度比▲0.5%(前回:同▲0.5%)、2015年度が同+1.8%(同:同+1.8%)である(→詳細は、熊谷亮丸他「第183回

2014年12月10日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

インドネシア燃料補助金削減の景気への影響-景気減速長期化のリスク、求められる迅速なビジネス環境の改善

インドネシア燃料補助金削減の景気への影響-景気減速長期化のリスク、求められる迅速なビジネス環境の改善

11月マネー統計~預金大幅増、リスク性資産は鈍化

11月マネー統計~預金大幅増、リスク性資産は鈍化 | ニッセイ基礎研究所 11月マネー統計~預金大幅増、リスク性資産は鈍化 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貸出動向: 円安もあって急拡大・マネタリーベース: 年末見通しまで残り12兆円・マネーストック: 預金大幅増、リスク性資産は鈍化11月の銀行貸出(平残)の伸び率は前

“3度目の正直”より気掛かりな、日米株価の下落リスク-バブルではないが、悪いニュースに反応しやすい

“3度目の正直”より気掛かりな、日米株価の下落リスク-バブルではないが、悪いニュースに反応しやすい | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > > 証券市場 > “3度目の正直”より気掛かりな、日米株価の下落リスク-バブルではないが、悪いニュースに反応しやすい“3度目の正直”より気掛かりな、日米株価の下落リスク-バブルではないが、悪いニュースに反応しやすい 金融研究部 上席研究員 チーフ株式ストラテジスト 井出 真吾基礎研 Report Head Lineではそんなあなた

ユーロ圏のデフレ・リスク-政策対応は十分か?

ユーロ圏のデフレ・リスク-政策対応は十分か? | ニッセイ基礎研究所 ユーロ圏のデフレ・リスク-政策対応は十分か? 経済研究部 研究理事 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ユーロ圏のインフレ率はユーロ高が修正された後も低位での推移が続く。景気回復のペースが上がらず、大幅なGDPギャップが解消しないためだ。国債買い入れによる量的緩和への期待は高いが制約

2014年12月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

2015~16年米欧経済見通し-グレート・リセッションの後遺症が残る米国と、下振れリスクを抱える欧州

2015~16年米欧経済見通し-グレート・リセッションの後遺症が残る米国と、下振れリスクを抱える欧州

2014年12月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国:QE3の効果とコストの顕在化リスク

トップレポート・コラム経済分析米国米国:QE3の効果とコストの顕在化リスク ここから本文です米国:QE3の効果とコストの顕在化リスク『大和総研調査季報』 2014年秋季号(Vol.16)掲載サマリーFRB(連邦準備制度理事会)は、2012年9月から総額と期限を定めない資産の買入れを開始し、2014年10月で終了する見込みとなった。QEに伴うMBS(住宅ローン担保証券)の買入れは、住宅ローンの組成を促し、住宅市場の回復につながった。また、株価や住宅価格の上昇は、資産効果や家計のバランスシート調整に

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ