「リスク」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2014年6月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0ビジネス

2013年度の報告書 - 日本企業のアジア立地とサプライチェーン -

2013年度の報告書 - 日本企業のアジア立地とサプライチェーン - が完成しました。2014-05-28 本研究は、国際産業立地といった地理的・空間的な側面から、日本企業のアジア進出や国際分業進展について検討することで、アジア地域の発展と並立しうる日本企業の真のグローバル化の道を探ることを目的としています。繊維・アパレル、電機、自動車、外食など産業別の分析に、中国、タイ、ベトナム、インドネシアなど市場(地域)の視点を絡め、企業の実践的な海外展開戦略立案に資する研究を行いたいと考えております。

2014年5月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

トルコ 喉元過ぎれば…で利下げ実施 ~構造問題を抱えるなかでの利下げ実施は信認低下に繋がるリスクも~

トルコ 喉元過ぎれば…で利下げ実施 ~構造問題を抱えるなかでの利下げ実施は信認低下に繋がるリスクも~

2014年5月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州議会選挙の注目点:苛立つ欧州市民 ~反体制派の躍進で政情不安が再燃するリスク~

欧州議会選挙の注目点:苛立つ欧州市民 ~反体制派の躍進で政情不安が再燃するリスク~

2014年5月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2014年5月19日~) ~ウクライナ選挙を前にリスク警戒継続か~

Weekly Market Report(2014年5月19日~) ~ウクライナ選挙を前にリスク警戒継続か~

2014年5月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、外需に光も内需には足かせだらけ ~下振れリスクはくすぶるが、当面政府は景気下支えを行わないと予想~

中国、外需に光も内需には足かせだらけ ~下振れリスクはくすぶるが、当面政府は景気下支えを行わないと予想~

2014年5月13日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ウクライナの天然ガス途絶リスクはあるか?

ウクライナの天然ガス途絶リスクはあるか?

2014年4月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ウクライナ情勢とガス途絶リスク~ロシアの天然ガス価格引き上げの影響にも要注視~

ウクライナ情勢とガス途絶リスク~ロシアの天然ガス価格引き上げの影響にも要注視~

2014年4月11日日本銀行フィードバック数:0ビジネス

会計上の保守主義が企業の投資水準・リスクテイク・株主価値に及ぼす影響

ディスカッションペーパーシリーズ(日本語版) 2014-J-4 会計上の保守主義が企業の投資水準・リスクテイク・株主価値に及ぼす影響中野 誠、大坪 史尚、髙須 悠介 本稿では、投資家(株式市場)の視点から、条件付保守主義、無条件保守主義の2つの会計上の保守主義(accounting conservatism)の経済的影響についてそれぞれ検証する。具体的には、2つの保守主義が日本企業の投資水準・リスクテイクおよび株主価値(株式リターン)にいかなる影響を及ぼしているかを実証的に分析する。主な分析結果

2014年4月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2014年3月)安定性は強化、だが遠い成長再開

トップレポート・コラム経済分析新興国新興国マンスリー(2014年4月)安定性は強化、だが遠い成長再開 ここから本文です新興国マンスリー(2014年4月)安定性は強化、だが遠い成長再開~ウクライナ危機がロシア経済凋落のきっかけに?~サマリー◆ロシアと欧米の間では、経済的相互依存関係の強まりが制裁の抑止力として機能していることが示されている。ウクライナ危機の短期的なグローバル経済へのインパクトは小さい。しかし、徐々にロシア経済の苦境が強まり、プーチン政権が政権延命の方策として対外的強硬策を繰り返すリ

2014年4月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

4月ECB政策理事会:低インフレ超長期化リスクに非伝統的手段も用いることで全員一致

4月ECB政策理事会:低インフレ超長期化リスクに非伝統的手段も用いることで全員一致 | ニッセイ基礎研究所 4月ECB政策理事会:低インフレ超長期化リスクに非伝統的手段も用いることで全員一致 経済研究部 研究理事 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 欧州中央銀行(ECB)が3日に4月の政策理事会を開催した。今回は具体的な行動は見送ったが、「低インフレ超

2014年4月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2014年4月号 景気は減速、企業のデフォルトが続くリスク

中国経済展望2014年4月号 景気は減速、企業のデフォルトが続くリスク

2014年3月31日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

駆け込み需要の途中経過 ~各種消費データから反動減のリスクを読む~

駆け込み需要の途中経過 ~各種消費データから反動減のリスクを読む~

引続き緩慢さが見込まれるユーロ圏の景気回復の足取り~限られた改善傾向と依然続く下振れリスク~

引続き緩慢さが見込まれるユーロ圏の景気回復の足取り~限られた改善傾向と依然続く下振れリスク~

2014年3月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

「マッチョ」なロシアへの回帰でご満悦? ~印象の力強さを求めた結果、経済的な力強さを失うリスクは拡大~

「マッチョ」なロシアへの回帰でご満悦? ~印象の力強さを求めた結果、経済的な力強さを失うリスクは拡大~

2014年3月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:消費税増税の影響をどう捉えるか?

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:消費税増税の影響をどう捉えるか? ここから本文です日本経済見通し:消費税増税の影響をどう捉えるか?日本経済は緩やかな景気拡大を続ける見通し調査本部 常務取締役 調査本部副本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 サマリー◆経済見通しを改訂:2013年10-12月期GDP二次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2013年度が前年度比+2.2%(前回:同+2.3%)、2014年度が同+1.0%(同:同+1.0%)、2015年度

2014年3月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:「無理」をした成長率維持へ

トップレポート・コラム経済分析中国中国:「無理」をした成長率維持へ ここから本文です中国:「無理」をした成長率維持へ明確な回復感はなく、問題も先送りサマリー◆2013年の中国経済は地方政府債務やシャドーバンキングが急膨張するなか、従来型の投資主導で7.7%成長となった。この3月の全人代では2014年の実質GDP成長率目標は7.5%前後に据え置かれた。中国は2014年も形は多少変わるとしても、やはり「無理」をして成長率を維持することを選んでしまったのである。◆3月13日に行われた記者会見で李克強首

米国経済の見通し-寒波の影響は限定的、テーパリングは淡々と

米国経済の見通し-寒波の影響は限定的、テーパリングは淡々と | ニッセイ基礎研究所 米国経済の見通し-寒波の影響は限定的、テーパリングは淡々と 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国経済は、寒波の影響により経済活動が一時的に低迷している。最近の経済指標も寒波の影響でかく乱されており、米国経済の「実力」を読み取ることは難しい状況

2014年3月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

『政府活動報告』に目新しさなし。中国の安定成長が目指すものは ~「安定成長」を目指すには、着実な構造改革によるリスク低減が望まれる~

『政府活動報告』に目新しさなし。中国の安定成長が目指すものは ~「安定成長」を目指すには、着実な構造改革によるリスク低減が望まれる~

2014年3月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

CPIの上振れリスクを考える(消費税とCPI(2)) ~「消費増税によるCPIコアへの影響」は本当に2%なのか~

CPIの上振れリスクを考える(消費税とCPI(2)) ~「消費増税によるCPIコアへの影響」は本当に2%なのか~

資産配分とリスク配分どちらに注目?

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年3月7日金融資産の変動が大きくなる中、様々な資産に投資するバランスファンドでは、「リスク配分」に着眼した「リスク・パリティ」という考え方を用いて資産配分を行なうファンドが増えています。これまでバランスファンドといえば、「資産配分」を中心とした考え方をベースとした、資産配分を均等にした分かりやすいファンドが多く設定されてきました。これらのファンドは各資産の配分を一定に保つため、リバランス効果(値上がりした資産を売却し、値下がりした資

2014年3月9日日本政策金融公庫★フィードバック数:0マーケティング

海外向けのEC展開についてのレポートです。

期待される越境ECとそのリスク

期待される越境ECとそのリスク

2014年3月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:リスク要因としての成長率7.5%目標

トップレポート・コラム経済分析中国中国:リスク要因としての成長率7.5%目標 ここから本文です中国:リスク要因としての成長率7.5%目標サマリー◆2014年3月5日から開催されている中国の第12期全国人民代表大会(全人代=日本の国会に相当)第2回会議では、李克強氏が首相に就任して初めての政府活動報告を行い、注目された2014年の実質GDP成長率目標は7.5%前後となった。◆実質GDP成長率目標の7.5%設定は2012年から3年連続であり、潜在成長率の低下が指摘されるなか、マーケットは目標が引き下

2014年3月2日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本企業のアジア進出 ―国際産業立地論から考える―

日本企業のアジア進出 ―国際産業立地論から考える―2014-02-24 関連論文日系企業アジア地域のサプライチェーンのあり方 [ 2014年度/アジア太平洋地域の経済成長と発展形態 ]Abstract/Keywordsアジア立地戦略、海外展開、産業比較リサーチリーダー 主席研究員 鈴木洋太郎 大阪市立大学教授 研究目的 産業別の分析に地域の視点を絡め、企業の実践的な海外展開戦略立案に資する研究を行う。日本企業のアジア立地戦略とアジア地域におけるサプライチェーンに関する論点やフレームワークを整理

2014年2月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インドネシア、利上げ見送りもまたも安息は出来ず ~昨年8月の「二の舞」になるリスクは小さくないと見込まれる~

インドネシア、利上げ見送りもまたも安息は出来ず ~昨年8月の「二の舞」になるリスクは小さくないと見込まれる~

2014年2月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

新興国での動揺の背景と今後の展望 ~マネー縮小による潜在的リスクは残る展開が予想される~

新興国での動揺の背景と今後の展望 ~マネー縮小による潜在的リスクは残る展開が予想される~

2014年2月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2014年2月10日~) ~寒波による下押しリスクへのFRB議長の言及がカギ~

Weekly Market Report(2014年2月10日~) ~寒波による下押しリスクへのFRB議長の言及がカギ~

2014年2月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(2月号)~円相場と日本株の宿命とは?

金融市場の動き(2月号)~円相場と日本株の宿命とは? | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(2月号)~円相場と日本株の宿命とは? 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替・株) 1月下旬から2月上旬にかけて、新興国不安や米国経済の先行き懸念などから世界的にリスクオフ地合いとなった。これらは完全な海外発材料にもかかわらず、

2014年2月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州金融見通し 新興国からのリスクオフと欧州銀行

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州金融見通し 新興国からのリスクオフと欧州銀行 ここから本文です欧州金融見通し 新興国からのリスクオフと欧州銀行銀行同盟に向けストレステスト及び資産査定(AQR)の内容が一部発表にロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト(LDN駐在) 菅野 泰夫 サマリー欧州金融セクターおよび各アセットクラス(株式、債券、オルタナティブ)の動向をピックアップした。◆欧州のソブリン危機は収束したのか?◆新興国からのリスクオフにより欧州銀行のバランスシート調整は進むのか?◆日

2014年1月31日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

南アフリカも「通貨防衛」競争に参戦 ~ファンダメンタルズの脆弱さは潜在的リスクとして残るであろう~

南アフリカも「通貨防衛」競争に参戦 ~ファンダメンタルズの脆弱さは潜在的リスクとして残るであろう~

2014年1月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

「新重商主義」とアベノミクスのリスク

「新重商主義」とアベノミクスのリスク

2014年1月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014年1月決定会合、動かざる意図 ~景気・物価シナリオに自信を深める日銀~

BOJ Watching日本銀行分析レポート2014年1月決定会合、動かざる意図発表日:2014年1月22日(水)~景気・物価シナリオに自信を深める日銀~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)今のところ、日銀の景気シナリオは順調に進んでいる。黒田総裁の記者会見では、「これまでのところリスクは顕在化していないし、顕在化しなければ現在の政策は続く」と追加緩和期待をけん制する発言もあった。日銀にすれば、基本シナリオが崩れない限り、大規模な追加緩和をすると矛盾に陥る

2014年1月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:景気回復傾向が強まる

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:景気回復傾向が強まる ここから本文です日本経済見通し:景気回復傾向が強まるただし、中国経済の下振れリスクには要注意調査本部 常務取締役 調査本部副本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 サマリー◆景気回復傾向が強まる:日本経済の回復傾向が強まっている。政府は1月17日に発表した月例経済報告において、景気が「緩やかに回復している」との表現を8年振りに使用した。当社も、今後の日本経済は、①米国経済回復による輸出の持ち直し、②日銀の金融緩和を受けた

2013年12月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

2014年の中国経済を展望する

トップレポート・コラムコラム2014年の中国経済を展望する ここから本文です2014年の中国経済を展望する中国経済が構造改革を進めていくべき時期にさしかかっているという認識は、注目された11月の三中全会、その後の党政治局会議、党と国務院による中央経済工作会議(以下、工作会議)で強く打ち出され、特に三中全会では、改革の実行を担保するための改革指導チーム(領導小組)も立ち上げられた。2014年は、三中全会の決定に沿って‘全面深化改革’が進み、中期的に中国がうまく転換期を乗り越えられるかどうかを占う重

2013年12月24日内閣府フィードバック数:0社会/政治海外

欧州不良債権問題の現状とリスク

欧州不良債権問題の現状とリスク

資金循環統計(13年7-9月期)~個人金融資産は前年比90兆円増の1598兆円

資金循環統計(13年7-9月期)~個人金融資産は前年比90兆円増の1598兆円 | ニッセイ基礎研究所 資金循環統計(13年7-9月期)~個人金融資産は前年比90兆円増の1598兆円 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・個人金融資産(13年9月末): 前期比では7兆円増・資金流出入の詳細:“貯蓄から投資へ”の流れはまだ・部

2013年12月11日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

再減速するブラジル経済~懸念される財政悪化と格下げのリスク~

再減速するブラジル経済~懸念される財政悪化と格下げのリスク~

2013年12月9日日本総研フィードバック数:0大型消費/投資

拡大する住宅リフォームの潜在需要-高齢単身世帯の増加で下振れのリスク

拡大する住宅リフォームの潜在需要-高齢単身世帯の増加で下振れのリスク

2013年12月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2013年12月)リスク・オフの継続か米国発バブルか

トップレポート・コラム経済分析新興国新興国マンスリー(2013年12月)リスク・オフの継続か米国発バブルか ここから本文です新興国マンスリー(2013年12月)リスク・オフの継続か米国発バブルか~新興国が株高に乗れないわけは?~サマリー◆米国を中心に先進国の株価が上昇基調にある中、多くの新興国はその流れに乗れていない。これは、金融市場でリスク・オンに転換したにもかかわらず新興国がその恩恵を受けていないのではなく、リスク・オンに転換するに足る世界経済の改善が進んでいないことを意味していよう。◆まず

【ブラジルGDP】成長鈍化、回復中だがリスクも多い

【ブラジルGDP】成長鈍化、回復中だがリスクも多い | ニッセイ基礎研究所 【ブラジルGDP】成長鈍化、回復中だがリスクも多い 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ブラジルの地理統計院(IBGE)は12月3日、2013年7-9月期の国内総生産(GDP)を公表した。実質GDP成長率は前年同期比(原系列)で2.2%の増加となり、前期

2013年12月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

タイ中銀が予想外の利下げ決定(Asia Weekly (11/25~11/29)) ~景気が力強さを欠くなか、政情混乱による下振れリスクに対応~

タイ中銀が予想外の利下げ決定(Asia Weekly (11/25~11/29)) ~景気が力強さを欠くなか、政情混乱による下振れリスクに対応~

個人の資産形成を見直す契機に

個人の資産形成を見直す契機に | ニッセイ基礎研究所 個人の資産形成を見直す契機に 金融研究部 企業年金調査室長 年金総合リサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任 梅内 俊樹基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 昨年の政権交代からおよそ1年が経過し、日経平均は60%強上昇し、円ドルレートも20%強円安が進みました。こうした市場環境の改善を受け、個人の投資行動にも

2013年11月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

日米物価上昇率の逆転と為替 ~将来リスクとしての米国デフレ~

日米物価上昇率の逆転と為替 ~将来リスクとしての米国デフレ~

中国経済見通し~7%台で一進一退へ、リスクは長期金利の上昇

中国経済見通し~7%台で一進一退へ、リスクは長期金利の上昇 | ニッセイ基礎研究所 中国経済見通し~7%台で一進一退へ、リスクは長期金利の上昇 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年7-9月期の実質GDP成長率は前年同期比7.8%増と3四半期ぶりに前四半期の伸び(同7.5%)を上回った。また、1-9月期では前年同期比7.

2013年11月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

「底」は脱したものの、勢いを欠くタイ経済 ~外需主導の回復の一方、内需は力強さを欠き、政治的不安定もリスクに~

「底」は脱したものの、勢いを欠くタイ経済 ~外需主導の回復の一方、内需は力強さを欠き、政治的不安定もリスクに~

2013年11月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

先進国を襲う日本化リスク ~ディスインフレからデフレ方向へ~

先進国を襲う日本化リスク ~ディスインフレからデフレ方向へ~

2013年11月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2013年11月18日~) ~リスクオンに傾けられるほどのファンダメンタルズかどうかを確認~

Weekly Market Report(2013年11月18日~) ~リスクオンに傾けられるほどのファンダメンタルズかどうかを確認~

2013年11月3日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

流動性相場で株価上昇は本当か~目先調整リスクが高まる米国株式相場~

流動性相場で株価上昇は本当か~目先調整リスクが高まる米国株式相場~

五輪終了後の日本経済に待ち構えるリスク

五輪終了後の日本経済に待ち構えるリスク

2013年10月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスの最大のリスクは米国にあり

アベノミクスの最大のリスクは米国にあり

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お知らせ